1エントリーだけ、ケルピーを語る[カルドセプトリボルト紹介]

INOVのカードが面白いので遊戯王も勿論やっていますが、最近はそれに加えて別のゲームにお熱です。

 カルドセプト リボルト

大宮ソフトという老舗有限会社が発売しているカードゲーム&ボードゲームのハイブリットなゲームです。
ボードゲーム要素による運が絡むために、バランス調整間違えたTCGのようにデッキ構築や初手の塩梅だけで蹂躙ゲーになることはほぼない独自性のあるゲームシステム。
一方でただのすごろくのように運だけが全てでもなく、構築力もプレイングもプレイヤー自身の実力が試される絶妙なバランス。
カードゲームとはいいつつアナログ処理はなかなか難しそうな、複雑で奥深い関係性。
好きな人は垂涎ものの楽しいゲームです。

で、前作はそれでも「俺はすきだよ、まあ」といった程度で、ちょっと他人に薦めるには重い部分のあるゲームかなーといった印象でした。
今作はそういったちょっとモヤモヤした部分が軒並みブラッシュアップ。リボルト=反乱の名に恥じない革命的な仕上がりです。
自分は前作「3DS」からのプレイヤーで、まだまだ深淵に触れたセプター(類意:デュエリスト)でもないのですが、それでも今作が素晴らしいってのはわかります。
そんだけ良い物なので、このブログでも取り上げて勧誘してみよう!ってのがこの記事の発端の一つです。
カードゲーマーを名乗っておきながら遊戯王しかやってない奴ですからね、こういったテンションで重い腰をあげたのが他にご当地大戦しか無いってあたり、察して頂けると幸いです。

とはいえ包括的な記事は他の方も書かれているので、自分はいきなり趣味に走らせて頂きます。
今までの遊戯王デッキ記事でもお分かりになると思いますが、ひねくれ者なので尖ったカードが大好きです。
そんな私の愛するカードの中に、「今作めっちゃ強化されてね?」と思った奴がいます。






3DS版 47922711.jpg

 お前、今まではもっとシーホースみたいなゲテモノやったやないかい!!!

まさかのイラストアドから大幅強化を得てしまった「ケルピー」
色々イラストが更新されたカード達の中でも、ひときわ目立つ変化。魚族から幻竜族になってる。
そんな奴ですが、単体ではむしろ配置コストが70→80に上がってるし、使用可能アイテムの縛りも増えているしとパッと見は規制をされた側。
しかし、ルール変更や新カード達による環境の変化を一身に受け、むしろ追い風に溢れていると思うのです。

そんなケルピーたんを軸に、旧作からリボルトされた部分をご紹介したいと思います。

続きを読む -1エントリーだけ、ケルピーを語る[カルドセプトリボルト紹介]-

スポンサーサイト

テーマ : カルドセプト リボルト
ジャンル : ゲーム

くまみこWriting

どうもさほど初期から読み込んでいるわけでもない作品を語るのに躊躇いが生じるセルフにわか乙厨ですが、おそ松さんの女子受け戦略みたいなノリで語りたいなぁと思った程度のネタなのでなんとなく語る。

news_header_kumamiko-ill.jpg

くまみこ

まぁ読めよ。

とまぁ原作者もペーパーでこんな反応しちゃう程度のまったり田舎コメディなわけですよ。
萌えアニメと称そうにも、主要女子はほぼまち独りのみという。脇含めたネームド数えても2桁いかない。
その上、相手役は固定でずっとイチャイチャしてる。熊と。
主人公一人に選択肢を与え派閥戦争させる昨今のハーレム方策の真逆を行く限界集落アニメなわけです。
親戚のような目で愛でる、それが紳士の嗜みである。

で、ぶっちゃけ低予算アニメくさい出来ではあるわけですよ。
主演声優もほぼ無名の新人さんだしね。

しかしこの作品にはそれでいい。 みたいな話をします。

続きを読む -くまみこWriting-

いいぞ以外を言いたい人のための映画ガルパン視聴紀

ガルパンは
 いいぞと君ら
  言ったから
 ガルパンはいいぞ
 ガルパンはいいぞ

   記:戸付湯歌 字余り



こんな気持ちを味わったあくる日。

「ガルパンはいいぞ」としか感想を述べられないガルパンおじさん現象がある特定の一世を風靡して久しい昨今。
アウトデラックスにて蝶野ニキがガルパン大使愛をカミングアウトする様をいじり倒す何とも言えない光景も放送され、なんかいい加減スルーし続けるのも寂しくなってきたので1/11以来で映画館に足を運んだ所存。

まぁ上のツイート、見る前に「まぁ面白かったらこんな感じの呟いてやろう」ぐらいの気持ちでネタありきで考えてたんですよ。
実際みてみたら、あれはたしかに「ガルパンはいいぞ」としかいえない。

ともあれ、それだけのエネルギーは受け止めつつも、「何が良かったのか」は自分の言葉で確認したくて筆をとりました。
いいとだけ言われても、何がいいのかわからなくてノリだけが独り歩きしてる状況を敬遠している人もいると思うんです。
私もそうでした。
野暮なのはわかっている。だけどそんな人のために何がよかったのかを以下に記します。

続きを読む -いいぞ以外を言いたい人のための映画ガルパン視聴紀-

0.0909の想いを重ね【映画1/11感想】

映画館の位置を誤認していて、アニメイトから来た道を戻り劇場へ滑り込んだ今日この頃。

そんなわけで、いつ以来かわからないぶりに劇場に足を運び、観てきましたじゅういちぶんのいち

こちらの記事でも年表を整理していますが。

1巻収録/#3 越川凜也 役:工藤阿須加
3巻収録/#7 小田麻綾 役:東亜優
1巻収録/#2 篠森仁菜 役:上野優華(主題歌)
1巻収録/#1 若宮四季 役:竹富聖花

この4編の話を基とした、90分の実写映画版。
原作からの大きな改変と言えば演劇部員・七海(福地亜紗美)の存在程度で、本筋としては忠実な造り。
そのため、原作ファンも実写化補正云々による大きな不満はなく観られる佳作だと思います。

とはいえ、個人的な感想としては。

「ドキュメンタリーを見ているようだった」

といった所でしょうか。

原作自体も作者自ら小説版を書き上げてしまうほど漫画として特殊な作風でもありますが。
これを1編の作品としてまとめあげた事による雑感を、つらつらと。

続きを読む -0.0909の想いを重ね【映画1/11感想】-

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Cookie Clicker 症候群

「拡散」という形でどこからともなく広がっていくソーシャルメディアの力をひしひしと感じる今日この頃いかがお過ごしですか。

そんなこんなで、Cookie Clicker なるゲームがにわかに流行ったこの3連休。
私も半日回してた程度ではありますが、考察とまでいかないまでも色々思う所があったため流行に乗って記事をしたためてみた次第です。
 まぁにわかやな、そこは勘弁してください。にわかじゃなくなったらそれは廃人や。

○第一印象:「皆して同じ話題を・・・洗脳かよ」
 A:洗脳でした。

ゲームとしてはただクリックとオート処理アイテムでクッキーの数を増やしていくだけ、というもの。
実際問題、「クッキー増やすためのアイテム」を増やすためにクッキーを増やす、というゲシュタルト崩壊を起こしそうな無限ループに身を置くのみ。
手に入れたクッキーで他に何ができるわけでなく、手段も目的も増殖のみ。
これはこれで原初生物的な根本願望みたいだとか思ったりもしますがさておき。
雰囲気では一体何が面白いのかわからないものですが、実際に触れるとそこには中毒性があった。

―私が陥ったスパイラル―


といったカンジ。
ながら運転のつもりがちょこちょこ触っているうちにズルズルと作業における比重が上がってゆく。
ある程度成果が見えたらそのままやりこみプレイの発想に引きずり込まれ、廃人の道を歩む。

○中毒性の源は何か
 なぜ目的の無いものに理由もなく触り続けてしまうのか。
 狙ってか偶然か、それはこのゲームの仕様にあると感じました。

1・無料、ロードなし
2・クリックして増やしてもいいし、婆ちゃんに任せて放置してもいい
3・買えるクッキー量を満たしたら、自動更新ですぐにわかる
4・刻々と途切れなく変化する生産クッキー量
5・起動中は自動増加、閉じると停止
6・申し訳程度の収集要素
7・しれっと投入されたランダム要素
8・わけのわからない、バカバカしい世界観設定

これらが相乗効果を生み、「やめられない」状況を生んでいる、そのように感じました。

以下、これらの項目の個人的雑感による解説。

続きを読む -Cookie Clicker 症候群-

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ