人気ブログランキングへ

春の自由研究【変幻の亡霊】

店舗代表 進捗駄目でした。

3か月ろくにブログを触らず対戦に集中してきましたが、今期は代表逃し。
メタビ思考な人間だと、多様環境で苛烈に挿すメタが散ると苦手なんでしょうね。
まぁそんな引いたもん勝ち環境不健全ですし、バラエティーに富んで飽きない環境で楽しかったです。

改定まではいつも通りカエル使ったり色々試していたのですが、中盤からはカードを揃えて【オルターガイスト】を軸に参加していました。
このデッキ自体は「選択肢が固定で飽きやすい」「応用力がない」「一発で終わって駆け引きがない」といった自分が好まないデッキの真逆を行く多様性の塊の様なデッキなので超好みだったのですが、やはり習熟が間に合いませんでしたね。
決勝で逃すこと数度、なかなか苦しい戦いでした。

さて、ネタバレ防止も兼ねてデッキ論の話は避けていたのですが、「オルガはわからん」っていわれることが多々ありました。
初見殺しで最初から諦められても面白くないので、啓発がてらそろそろまとめてみようかと。
まぁ結果を出せなかった負け犬の遠吠えなので話半分にご覧ください。
最近「結果からクソブログが寄生した浅い外野のたかがコンボ解説」ばかりで「使用者によるデッキ解説」みたいのを見る機会減った気がするので、久々にやりたくなっただけです。

続きを読む -春の自由研究【変幻の亡霊】-

スポンサーサイト

くそでっき再び【魂を吸うヴァイオン】Act2

さて、先日「ヴァイオンからハメコンボを作れる例」を紹介しました。

ゲームテキストは地味にセンス高い
take (3) take (8)



このロックは以下の要素で成り立っています。
《異星の最終戦士》:召喚ロック(攻め手の封殺)
《魂を吸う竹光》:ドローロック(解決手段入手の封殺)
《妖刀竹光》:直接攻撃手段(抜け道・セットの無視)

妖刀+魂を吸う の竹光コンボは無駄なく強力で、完全ロックの最終戦士以外にも応用が利きます。
さて、記事を塩漬けしているあいだに発売された新段にて登場した【トロイメア】。


《夢幻崩界イヴリース》
 ・相手の場でリンク以外のSSをロック
 ・リクルート手段が比較的容易い(別名2種→リンク2トロイメア→マーメイド+手札コスト1)


 おっ、これは融合素材3枚を要する最終戦士と比べて用意がしやすそうですね
 代わりに「イヴリースに自爆特攻させない」という別の制約も生じますが。
 召喚は通すのでアドバンス召喚や素材指定なしリンク2の警戒も必要で、そもマーメイド採用で対策できるロックでもあります。

08796.jpg

《トロイメア・グリフォン》 
 ・リンク召喚時:手札コスト1→墓地の魔法罠セット 相互リンク時の1ドローでコストのカバー
 ・リンク状態でないSSモンスターの効果発動封殺(=自身もリンク状態で召喚する必要あり)

 ん?こいつ《ヴァイロン・スフィア》と同じ役割持てへんか?

ということで、前回に引き続き「イゾルデ竹光ムーブを起点としたロック形成」の研究報告です。
修士号とれるかな。

続きを読む -くそでっき再び【魂を吸うヴァイオン】Act2-

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

くそでっき再び【魂を吸うヴァイオン】

環境の次点・対策的位置に常に潜む、息の長いデッキ、【HERO】。

古くは【光デュアル】としてのメタビから【アライブHERO】のような後攻ワンキル、ダークロウ登場後は制圧に寄り手を変え品を変え生き残ってきたバリエーション豊かなデッキです。広い意味ではD-HERO軸の【ドグマブレード】も含まれるでしょうか。
《D-HERO ディアボリックガイ》も生贄にシンクロ素材と、ちょくちょく単体で成果を上げてきました。

制限経験の強力なカードも多い中、まだ未規制ながら高いポテンシャルを持つ1枚が昨年登場のこのカード。

take (1)

《V・HERO ヴァイオン/Vision HERO Vyon》  星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から「HERO」モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「融合」1枚を手札に加える。


本来は墓地肥しor融合サーチの2択ともいえる一連の効果。
シャドーミストと組むことで1枚から2枚サーチというエアーマンもびっくりな成果を上げてきます。
とはいえ、そもそも消費の激しい正規融合のサポートを前提とした回収能力とも言えます。
後続ルートとしても、更に数を増やせるディアボリックガイあってこそというか。
なんだかんだ、最終成果はデッドリーを経由したランク6ベアトリーチェ程度まででした。


しかして、手札があふれんばかりのサーチを平気で独力で行ってくるのが現代遊戯王。
複数キープは珍しくもなくなりつつあり、こんなサーチ&SSを独力でできるカードだってあります。

take (2)

《聖騎士の追想 イゾルデ/Isolde, Two Tales of the Noble Knights》L2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】 戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。

(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。


「無償サーチはできるがコスト・素材にしか使えない」「レベルに応じてデッキ内の装備魔法数が必要」と、構築段階の制約をつけつつも手札面でいえば消費もなく、単純な+2でリンク素材2体分の消費を余裕で補います。
ちなみに、墓地に落とすことでメリットになる装備魔法はサーチ効果のある《妖刀竹光》のみです。

素材代用に戦士族が居ないので調達員さんに代用願いました take (2) take (4) take (3)

ん、素材?融合?ディアボ?竹光・・・?これは出会ってはいけない奴らが結集してないか?


というわけで、何が起こりうるのかを思考整理として解説。

このブログでいう「くそでっき」とは、「ゆかいなソリティアデッキ」位を指すと思ってください。
 過去にはこんなのも。  →【ブリリアント海皇】 
 広い意味ではこれもかな・・・ →【翠星の最終防衛戦線】
 

続きを読む -くそでっき再び【魂を吸うヴァイオン】-

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【妨げられた餅の分裂】LINK EDITION

どうも芝刈リストです。 とはいえシラユキが制限になってからはギミック達成難度が上がり、振るわないのも事実です。
新型の調整過程でカエルも試したんですが、実はこれ粋+コスト両方落ちないと鳴かず飛ばず。
あくる日の遊戯王の日で完全特化の【芝刈りガエル】を使う同志にお会いできたこともあり生半可なことはやってられないぞとカエルは元のグレイドルとで普通に40枚ちょいを組みなおしました。おかえり【壊獣ガエルグレイドル】。バジェもいれてリンクもはじめたよ。


優勝できたよ。

LINKVRAINSPACKにて得た新しい力を基にリンクヴレインズへログインした結果、十分な戦果を挙げられそうです。

ということでとりあえず現在の設計思想ぶちまけていきます。
ちょこちょこ【ガエルバジェ】での成果も見かけるので、こちらからも水族の世界に誘います。
みんなもっとカエルに堕ちればいいんだ。

続きを読む -【妨げられた餅の分裂】LINK EDITION-

ジャックナイツ修行中

10期システムに順応しようと悪戦苦闘の日々です。

そんなこんなでリンクマーカーとは別に位置を参照する【天気】などを組んで楽しんでいます。
 しかしまだまだ「自分がつかうための位置」が多く、読みあい要素の一つとしては発展途上です。
そんないい時期なので位置プレイングを相手にも要求するデッキをぜひとも組んでみましょうのコーナー。

ジャックナイツ

今回は本気のデッキというよりも、入門用サンプルデッキ志向です。
そのためなるべく純ギミックに寄せてみました。
どんな感じでギミックを活かしていけるか、修行中の構築です。

・・・・・・。

え、7種類入ってなくて傷跡の必殺技が撃てない?

勘弁してください。

続きを読む -ジャックナイツ修行中-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ