FC2ブログ
人気ブログランキングへ

伝説のロックデッキ・バンド【カイオルフェ】

構築思想-【オルフェゴール】

【幻影オルフェゴール】始動に必要な枚数・条件が非常に軽いことを長所とした強力なデッキです。
展開例は別途参照して頂くとして、必要条件としては
◎《オルフェゴール・ディヴェルorトロイメア》を墓地に確保しつつガラテアをリンク召喚する
↑そのために《トロイメア・マーメイド》でオルトロをデッキから並べる
↑リンク素材確保のために別名2種以上でトロイメアをつくるorイヴリース・イドリース

ことが求められます。

まぁつまり、最も確保しやすい「トロイメア」であるフェニックス・ケルベロスの条件『2種類揃える』を達成しマーメイドに繋げられるデッキは、総て【オルフェゴール】混成になりうる才能を秘めているというわけです。そんなん殆ど全員じゃんっていうね。


 《マスマティシャン》等で直接ディヴェルを発動した場合、オルトロ→星杖を経由してガラテア→バルディッシュまでは到達できますが、スケルツォンへのアクセスまで足りなくなってしまい、別途展開手段を使わなければディンギルス等まで構えることはできません。

 そのため、直接落とすよりも一旦オライオン・デストルドー等の展開追加を経由し、あくまでマーメイドから始動=オルフェゴールの効果を残したままガラテアを召喚した方が強力な布陣に繋がると考えられます。

 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》など闇属性の埋葬ギミックが優先される理由は、別途特殊召喚(うららで無効化されたマーメイド)等で3体揃えば自身をバルディッシュの素材にできるため、星杖で闇のリンク素材を確保する必要が無くスケルツォンの追加展開が可能なためだと思われます。


このデッキのギミックでは始動1種+コスト1~2枚の成果として
 ・ガラテアからの「オルフェゴール」カード
 ・バルディッシュからの「幻影」カード2枚
 ・ディンギルスによる全体破壊耐性1~2回
 ・バルディッシュ+ディンギルスによる除去1~2発

凡そ6つ分前後のアドバンテージが得られるとおおまかに考えられます。

一方で、妨害に対してのもろさが展開型デッキ共通の悩み。特にルートが一本道かつ終盤で干渉札を確保していく性質上、序盤の展開を繋げる過程で中断することが難しいのが難点です。
 その解決を、幅広い「2種類の展開手段」の選択肢からアプローチしたいところ。



構築思想-【海皇】

 《海皇子ネプトアビス》の登場により、1枚で《氷霊神ムーラングレイス》による2ハンデスまで繋げられるとして《深海のディーヴァ》に制限をかけられたのも久しいこのデッキ。
 最近は他の展開も駆使することで《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》による追加ハンデスを狙ったりするよう環境の裏で進化を続けています。

以前はネプト単騎からだと、L1を利用してもコスト海皇と自身の2枚しか貯められず、「ネプトと共に墓地に送るシンクロ・リンク素材の相方」や「手札に加えた竜騎を利用できる水属性」が別途必要で、それをディーヴァやディニク等が担っていたわけです。

 だが奴は弾けた。
 昨年秋SASTで《彩宝龍》なる海竜チューナーが登場し、実はネプト1枚からムーランに繋がるように進化しました。

ネプトNS 竜騎Aコスト →竜騎B手札
竜騎A→彩宝 ①の効果でSS
L2トロイメア経由《トロイメア・マーメイド》SS 竜騎Bコスト 任意のトロイメア
竜騎B→ムーラン
任意のL2SS ①竜騎A ②ネプト ③彩宝 ④竜騎B ⑤マーメイド ムーラン成立


マーメイドの手札コストも自前で確保しているので、他のカードに頼らずL2+ムーランの盤面を構築できます。
その上奴は水属性。海皇の発動条件も満たしています。
彩宝龍はチューナーでもあるので、ハリファイバー(こいつも水)を経由することで更に展開を広げることも可能です。
《トロイメア・ユニコーン》+《サクリファイス・アニマ》で相互リンクを用意してからマーメイドを出すことで、1ドロー追加も可能です。
現レギュレーションではジェットで手札を1枚消費しますが、バルブが存命ならマジで1枚増えてた。



にいさん - コピー「へぇ?モンスター1枚でコスト確保しながらオマケ付きで始動できるんだ?」

「この後どう展開しようかと思ってたけど、マジでそんなに妨害構えられんの?」 ネプト - コピー (2)



マ リ ア ー ジ ュ
おかわわわ



出会ってはならないロン毛2人が、
マーメイドに導かれバンドを結成してしまった・・・。


カイオルフェオンステージ


それでは聞いて下さい,「ネプト1枚から6ハンデス」


 ※ライブステージ・楽器はイメージです。 実在のトリックスター・音響戦士とは関係ありません。

続きを読む -伝説のロックデッキ・バンド【カイオルフェ】-

スポンサーサイト



テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【闇墜ちトレーニング(エレメントディストピア)】店舗代表権利獲得




やったった!やったったぞ!



一昨年、予選期間最終日に権利獲得するも登録ミスでブロック代表失格になって以来の苦節2年。
昨年はオルターガイストを使いこなしきれず獲得ならずでしたが、今年はいい感じに獲得成功です。
エクストラデッキを前提としすぎないデッキの方が性に合うんですかね?
YCSにもコレの旧構築をもっていった(そして2回戦連続負けの養分勢)愛着のあるデッキでもあるので、大変嬉しいです。

1戦目:サンダードラゴン 先〇 後〇
2戦目:魔鍾洞バーン  後〇 後〇
3戦目:トリックスター   後〇 後× 先〇
4戦目:機界騎士     先〇 先× 先〇

参加者12人で転生・オルフェといった環境として名の挙がりやすい面子とは当たりませんでしたが、オルフェ・閃刀等の使い手は参加しており、それに勝てるプレイヤーとは決闘させていただきました。
後述しますが、こんな記事上げるぐらい目の敵にしている【魔鍾洞バーン】をプラン通り正面から突破できたのは自信になります。


以前【トリックリリス】と称したシャドウディストピア軸デッキにおける罠選定の話はしましたが、肝心の構築内容はあえて伏せていました。
 決まった型があるわけではないデッキなので各々考えられるよう先入観を与えないようにしたかったという点と、単純にネタバレをしないためでした。

 成果を出すことにもまぁ成功し、時期も満ちたので、デッキ解説を行おうと思った次第です。
なんせ結論が【闇黒世界エレメントセイバー】だかんな?誰が知ってるんだよこんなデッキ…


基本的なデッキコンセプトについては、上記リンクにてリリスのメリットを語る形で紹介しています。
現環境を見込んだ場合、ディストピア影響下では以下の効能を発揮します。
 ・増加している破壊・対象耐性の貫通(ベイルリンクス・ディンギルス・アストラム等)
 ・存在を発動条件とするカードを追い越す(ロアーレイジ・クリマクス等)
 ・属性指定の封殺(サンライトウルフ・トンボ・暴走アレイスター等)
 ・相手フィールドへのシャドウトークンの押し付け(閃刀・魔鍾洞)
 ・《超融合》→《スターヴ・ヴェノム》ないし《ドラゴスタぺリア》《ドロゴン》の安定化


上記の通り、特に【転生炎獣】に対して有利な展開を狙うことが主目的です。
まずは遭遇率の高い相手を確実に仕留めたい。結果的にまだ勝利はしてないので引き続き修行中。

そんなわけで次会うときはまたネタが変わっているはずなので、撮影もしちゃったし今の構築を晒してしまいましょう。

続きを読む -【闇墜ちトレーニング(エレメントディストピア)】店舗代表権利獲得-

手持ちデッキをまとめてみる 1.【トリックエーリアン】

秋季に予想記事とかこそ上げていましたが、紹介記事を書く頻度は減ったなぁとしみじみ思う今日この頃です。
平日はなんか学生時分ほどまとまった時間がない上に、休日は普通に遊んでて楽しいもんでね。

まーブログを書きたい意志はあるんですよ。
というのも最近こういった試みを拝見致しまして



内容は非常に参考になり、久しく求めていた記事だなぁと。

最近は「まとめブログが大会結果情報から第三者目線で語る」「インストラクターレシピの概要文」「解説動画の動いている様子」程度の情報が主流となっており、構築者自身による構築過程の発信が少なくなっている印象です。
活かしきれる活かせないの実力の話はおいといて、単にこういう思考の跡が見えるノウハウ的な、賢くなった感の味わえるものが好きなんですね。

閃刀出張のくだりなんかは、ともすれば「そりゃ入れときゃ強いわな」で思考停止しがちなカードも、理詰めで役割を説明してもらえると「確かに必要だわ」となるんですね。
自分でも上記記事を参考にしつつ改造を施したクソデッキを使用中ですが、そちらの紹介は成績が確定してからで。


つーことで、リハビリがてら今の手持ちを改めてまとめようと思います。
無料だから安心してくれ。そのかわりフリーイベント向けだから強さまでは保証しない。


前置きが長くなりましたが 第一弾。

trickAlian.png

【トリックエーリアン】


概要
 通常罠のサポートを多用し《トラップトリック》で場面ごとに使い分ける【エーリアン】。

構築思想
 【エーリアン】といえば《洗脳光線》《集団催眠》によるコントロール奪取が最も印象的で、《宇宙砦ゴルガー》の効果から永続軸になるイメージが強かったように思います。
 しかしいざ《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》の登場により展開力・Aカウンター量が確保されると、他のサポートの強力さにも気づかされます。
 
 一方で「カウンターを使うカード」だけでなく《惑星汚染ウィルス》をはじめとした「カウンターが無い方が都合のいいカード」もいくらかあり、それぞれの場面での使い分けが重要となります。使う側のカードにしても、「大量に乗せて長期奪取・大幅打点低下」を狙うカードと「破壊してしまうので1つずつで充分」なカードがあり、場面ごとに求められるサポートは多岐に渡ります。加えてコストや効果対象でモンスターの存在・不在が条件に絡むカードも多いです。

 早い話、「そもそもカウンターが揃わない」「使いこなすほどモンスターが並ばない」という第一弱点を克服したことで、「サポートのサーチが効かず噛み合わない」という第二弱点が顕在化したということです。
 そこで、汎用サーチである《トラップトリック》で使い分けられるよう、通常罠に絞った型がこのデッキです。

構築時期としてはLINK VRAINS PACK2 発売直後で、最近の新段での強化が足りていませんがこの辺からご紹介します。

続きを読む -手持ちデッキをまとめてみる 1.【トリックエーリアン】-

よくわからないひとのための「まじんぎねくろす」

インフレが進んだ果てに1枚あたりに搭載されるテキスト量も多くなり、複雑化の一途を辿る遊戯王です。
統一効果でまとまった説明ができない【オルターガイスト】も以前例に挙げましたが、単純に手数の激流葬に流されて応じ手の打ち場所がわからなくなるテーマも多々あります。

例えば、【魔神儀影霊衣】

まず【まじんぎかげれいい】なのか【デビリチャルネクロス】なのか、読み方からわかりません。

でもね、使ってる側はすげー楽しいのねこれ。
ということで、実際に結果を出している方とは違う自分のレシピを基にしますが動きの解説をしてみようかと思います。

続きを読む -よくわからないひとのための「まじんぎねくろす」-

春の自由研究【変幻の亡霊】

店舗代表 進捗駄目でした。

3か月ろくにブログを触らず対戦に集中してきましたが、今期は代表逃し。
メタビ思考な人間だと、多様環境で苛烈に挿すメタが散ると苦手なんでしょうね。
まぁそんな引いたもん勝ち環境不健全ですし、バラエティーに富んで飽きない環境で楽しかったです。

改定まではいつも通りカエル使ったり色々試していたのですが、中盤からはカードを揃えて【オルターガイスト】を軸に参加していました。
このデッキ自体は「選択肢が固定で飽きやすい」「応用力がない」「一発で終わって駆け引きがない」といった自分が好まないデッキの真逆を行く多様性の塊の様なデッキなので超好みだったのですが、やはり習熟が間に合いませんでしたね。
決勝で逃すこと数度、なかなか苦しい戦いでした。

さて、ネタバレ防止も兼ねてデッキ論の話は避けていたのですが、「オルガはわからん」っていわれることが多々ありました。
初見殺しで最初から諦められても面白くないので、啓発がてらそろそろまとめてみようかと。
まぁ結果を出せなかった負け犬の遠吠えなので話半分にご覧ください。
最近「結果からクソブログが寄生した浅い外野のたかがコンボ解説」ばかりで「使用者によるデッキ解説」みたいのを見る機会減った気がするので、久々にやりたくなっただけです。

続きを読む -春の自由研究【変幻の亡霊】-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ