人気ブログランキングへ

あけまして機界の門

あけましておめでとうございます。戌年に使いたいカードは《Kozmoードッグファイター》、戸付湯歌です。

正月で拠点外にいると作業らしい作業(※デッキ調整)も設備上できないのでキーボードに逃げてます。
年明けなんで何か開けようかなーと思い、機界騎士の門を開ける手段にでも思いを馳せます。
まぁ、召喚条件を整える(同じ列にカードをそろえる)ことを開門っていう奴、自分だけですけど。
きたるべきティアマトンへの応用も見込んで、ぼやけた頭で並べます。
環境都合、色や画像はないのはゆるしてね

続きを読む -あけまして機界の門-

スポンサーサイト

エレメントセイバーで 得る 面倒 制覇




「トワイライトロード」「メタファイズ」「魔導獣」と、旧カードを基にした強化の続く10期新シリーズ。
2018年一発目のパックでの強化枠は「霊神」、ならびにそれをサポートする「エレメントセイバー」。
「霊神」自体は今まで通り禁止カードの効果を持った大型モンスターの不足属性の追加。
一方でこの取り巻きたちがなかなかの曲者です。

共通効果
①手札の「エレメントセイバー」モンスターを手札(場存在下でデッキ)から墓地に送って発動する効果
②1ターンに1度、墓地の自身の属性を変える効果


②はまた新概念ともいえる独特な効果で、遊作風に言えば以下の3つの特徴があります。
 ひとつ ・ 起動効果であり発動タイミングが限定されていない
 ふたつ ・ 墓地発動だがコストほかカードの移動がない=消費・発動条件未達がない
 みっつ ・ 墓地の属性に干渉できる


墓地効果は自身を除外するなどで使い切りが多く、これらを兼ね揃えるカードは実は不在でした。
特にふたつめを満たすのは実質誘発の《地獄詩人ヘルポエマー》、相手のカードの移動も除けば回復のみを行う《堕天使マリー》だけのはずです。
このため、ただ「発動回数を恒常的に稼ぐ」ためだけの用途には変えの利かない存在であり、悪用の可能性があります。
さすがに誘発即時ではないので、相手ターンに発動することの多い【チェーンバーン】のチェーン稼ぎ向きとまでは言えませんが。

本題となるみっつめも勿論独特で、墓地のカードのステータスに干渉できるのは範囲が限定された《アドバンスド・ダーク》と種族の《アンデットワールド》程度のはずです。
一括変更で実質妨害のようにならず、各々で微調整の利くカードという点でも新しいです。

①の効果上基本的には【エレメント霊神】として専用デッキを組むのに向いていますが、戦士族でありステータスのバリエーションにも恵まれているため出張としての応用も期待できます。
といった形で応用例を検討してみましょう。 ひとまず情報の出ていない属性のものも出るという想定です。

続きを読む -エレメントセイバーで 得る 面倒 制覇-

LINK VRAINS PACK ノミネート反省会

以前こんなかんじで予想を上げていたのですが、
 ・20という数から種族ベースでは?
 ・リンク以外の新規も1枚ぐらいくれる?

えー、どっちも完全な妄想でしたね。容赦のない再録4。
 傾向としては一応種族ベースも多いといえそうですが。

結果をまとめてみたのがこちら。 突貫作業でこのぬぐえぬExcel感。

ひょう
 色分けは当時放映されていたアニメごとです。もうちょっとカラクリとか5Ds期(青)のカードに触ってくれてもいいじゃんねぇ?
 素材の赤字はマーカーが↙↘以外のカード。縦横やリンク3。

で、予想との比較です。

悪魔族   :彼岸       △ 彼岸/☆3,デーモン/悪魔
獣族    :剣闘獣      × 剣闘獣
恐竜族   :ジュラック    ×
爬虫類族  :ワーム      ×
天使族   :代行者      ×
ドラゴン族 :アモルファージ  △ 聖刻/ドラゴン
獣戦士族  :炎星       ×
植物族   :森羅       △ アロマ/植物
アンデット族:不知火      ×
海竜族   :海皇       △ 水精鱗/水・魚・海竜
水族    :ガエル      △ 水精鱗/水・魚・海竜
雷族    :電池メン     ×
機械族   :ブンボーグ    △ クリフォート/機械
魔法使い族 :墓守       △ 魔導/魔法使い
戦士族   :忍者       △ 聖騎士/戦士
デュアル  :化合獣      ×
スピリット :霊魂鳥      ×
チューナー :魔轟神獣     △ 水晶機巧/チューナー含
ジェネクス :ジェネクス    × (ウンディーネはハリファイバーの礎に)
異なる属性 :ダストン     △ 召喚獣/異なる種族・属性
昆虫    :もらえない    × 甲虫装機/昆虫


やったッ!! 的中ゼロ!!! (涙目

再録予想は竜騎隊と重装兵だけ当てたよ!やったね?
 流石に彼岸と剣闘は的中・・・え、またガイザレス?チャリはまあ、そうよね
やはり欲目の色眼鏡を前提に置いたのがいけませんでしたね・・・。
 いやー、ジュラックと炎星はあるとおもったけどなぁ・・・。

結局パーペチュアルしか紹介記事書いてないので、ちょっとまとめて考えてみましょうか。

続きを読む -LINK VRAINS PACK ノミネート反省会-

千日王手の進め方-《パーペチュアルキングデーモン》検討-

パーペチュアルキングデーモン
L2/闇属性/悪魔族/攻2000/LINK2【リンクマーカー:左下 右下】
悪魔族モンスター×2

このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎に500LPを払う。
または払わずにこのカードを破壊する。
このカードの①②の効果はそれぞれ同一チェーン上では1度しか発動できない。
①:自分がLPを払った場合に発動できる。
その数値と同じ攻撃力か守備力の悪魔族モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
②:悪魔族モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
サイコロを1回振り、その内の1体に出た目の効果を適用する。
●1:手札に加える。
●2~5:デッキに戻す。
●6:特殊召喚する。


「コストの数値」に反応するという、また新しい概念の効果。
ライフコストが絡むものと言えば、省略化のアリアドネなど限られたカードでした。
またゲームとしてのバリエーションを増やした面白い効果だと思います。
発動法として《サイコ・ブレイド》もさることながら、悪魔族には《冥王の咆哮》という任意コストカードがあるので、それを利用しても種族らしさが出ます。

一方で、面白みを排して長所短所をあげると以下のようになります。

〇複数回発動が可能
〇発動のための別途消費・制約がない
〇墓地を経由するため《デッキロック》を躱せる

△召喚以外の別途の手順が必要
△②の効果を頼ると不安定
△かといって②を無視すると互換的優先度が低い
△コストが重くなるため攻守共に高水準のモンスターの確保は難しい
△払えない数値であるため0/0は対象外
△《灰流うらら》《M・HEROダーク・ロウ》は結局躱せない


互換的優先度とは今書きながら作った言葉ですが、「下位互換側にまわりやすい」みたいな意味だと解釈してください。
②を無視して墓地肥やしに絞ると、対象となる悪魔族の大半が闇属性であるため、召喚・特殊召喚のみで発動してしまう《終末の騎士》ら単純墓地肥やしモンスターと比べて重く、わざわざ召喚ギミックを用意するほどの成果とは言い難いのが正直なところです。

ちなみに範囲が更に広い、役割が完全に被っているカードとの条件比較が以下。
 《おろかな埋葬》:発動条件のない魔法カード・制限
 《魔サイの戦士》:下級 墓地送り誘発
 《イビリチュア・テトラオーグル》:儀式 無効化or塩を送ることになる恐れ
 《ライトロード・ドミニオン キュリオス》:リンク3 同属性別種族3種
 
 そのためおのずと、「悪魔族軸で他の種族を混ぜにくい」メインギミックが主となります。
《一族の結束》採用型などが単純で分かりやすい例ですね。
 
そうでない場合は不安定さ故にダイス目を1・6に固定する《出たら目》とのコンボを前提としている節もある上、コンボに成功しても手札サーチ・特殊召喚の使い分けが難しくやはり有益な対象が限られます。

そのためこのカードを積極的に活かす道は

① 他の墓地肥やしカードへの対応が少ない層を狙う
② 《出たら目》を前提としたサーチを目論む
③ 連続発動を狙う

といった選択肢が挙げられます。

それぞれのケースごとに対象・発動法を選別してみたいと思います。

続きを読む -千日王手の進め方-《パーペチュアルキングデーモン》検討--

電送擬人は環境トップシェアメタカードの夢を見るか?

タイトルの元ネタ被りしてるけど何年前だよって話だからゆるして。

電送擬人エレキネシス

レベル4/光属性/サイキック族/ATK 1800/DEF 0
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの位置を、他の相手のメインモンスターゾーンに移動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


既存の手札誘発カードと比較するとこんな特性です。

・0/1800の《幽鬼うさぎ》らの逆ステータス
  秋に早々と出ました。今年の冬もこのシリーズ出るんですかね?
・フィールドでも発動可能
  これも《幽鬼うさぎ》意識。ただし緊テレ対応は外されています。
・高打点低守備
  腐ってもアタッカーにもなるのは他には《スカル・マイスター》ぐらい。
・対象をとる

で、重要なのが

・実際の所カードアドバンテージには直接絡まない

ことに尽きます。


《クリボー》《ジェミナイ・デビル》あたりに起源をもつ手札誘発カードは、先攻1ターン目の動きにさえカウンター可能な即効性が特色である反面、自身を消費するためカード収支上は得をしにくいカードと言えます。
《ドロール&ロックバード》は直接の妨害はできない、《スカル・マイスター》はボードアドバンテージ収支から外れる墓地効果対策という点からも、少なくとも初期はそのようにデザインされていました。

一方で、適切なタイミングで発動することで対等以上の収支を得ることももちろん可能です。効果を無効にしない《幽鬼うさぎ》は除去することで1:1交換を、《D・D・クロウ》は対象不在による不発1枚:自己消費1枚で収支を合わせてきます。

無効化による1:1交換が余裕の《灰流うらら》が登場しているように手札誘発自体もインフレしていますが、その点このカードは、効果云々を抜きにすれば移動のみのため、ただ-1するだけのカードとなります。
 広く普及した手札誘発の元祖といえば《エフェクト・ヴェーラー》で、このカードも投げ捨てるだけのカードでしたが、コストのある効果を無効化することで収支を合わせることはできました。対象をとる点でも共通することを考えれば、対応範囲はこちらの方が広いともいえます。

 旧マスタールールでは一笑に付される効果ですが、今は新マスタールールの時代。位置を参照する効果への対抗策として明確な役割を持てます。短期的に「いま何に効く」にとどまらず、今後どのような立ち位置を確保していけるか、考えてみたいと思います。

続きを読む -電送擬人は環境トップシェアメタカードの夢を見るか?-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ