あとがきとの対話 SoulCatcher[s] epilogue

SoulCatcher[s]最終11巻には、4Pにわたるあとがきが収録されております。
 もう序文から「担当」じゃなくて「キム」になってる辺り、この2人だからこその作品なんだなと感じられます。

「だれも聞きたくないでしょ」と、おそらく人気投票でも神海英雄票を無効票としてランクインさせていないと思われる作者としての一線や信条の先生。
ですが、こちとら作者の人格も込みで信用して応援してるんですよ、聞きたくないわけないじゃないですか。
そして、「本当に話したいこと」を伏せている口ぶりなわりには、思った以上にこっちの聞きたかった話がバンバン出てくる始末。

本当に没入できる作品と言うのは、「これは自分のために描かれているんじゃないか」とすら思えるような、需要と供給の一致。
ずっとそんな気持ちで読んできたから、あとがきすら自分に語りかけられているように思えてしまうのです。

そんな傲慢な一読者が、全レスした記録をここに残します。
 引用、すなわちネタバレも多分に含みますので「まだ読んでいない人」「外の語りに触れる気のない人」はご自衛下さい。
 あと自分語りも多分に含まれますがお許しください。

続きを読む -あとがきとの対話 SoulCatcher[s] epilogue-

スポンサーサイト

ソウルフェージュ"舞う桜"

苦節1年。

リアルタイム進行の2014冬を超え、1年越しの春の歌。

Op.53 believe
Op.54 自由への招待
Op.56 Still We Go
Op.58 ラストメロディー
Op.59 虹を待つ人
Op.60 人間ってそんなものね
Op.61 春の歌 

7つの歌に彩られた物語。

このブログでは、「苦悩を通して歓喜に至る」、その最初の作者コメントを信じ寄り添い紹介を続けてきました。
だからこそ、歓喜に至るその姿をこの目に収めるまでは語るわけにはいかなかった。
例え、隔月刊誌に移ろうとも。


そうこうしているうちに2巻超分。
週刊連載のままであれば20話近く、それでも半年掛かりの大仕事だったのかもしれません。

重くもたれかかるミステリーの要素も多分にあったこの”舞う桜”編。

「あなたに金井淵涼は止められない」
「おまえに星合美子は掴めない」
「あなたに川和壬獅郎は起こせない」
「おまえに言う事は何もない」

どこまで読み解けたか、追わない事には私も前に進めない。
ソルフェージュ、読譜解釈をもじってソウルフェージュ、心の読み解きと題し、まとめてみたいと思います。
3巻分にも及ぶ膨大な量であるため、いつものようなあらすじを追うような形式ではなく、ちりばめられた要素に対しての考察への回答といったテキストベースの内容となっております。
判明事項を語る都合、妙に断定的な表現になっておりますが、謎本ぐらいのノリで触れて頂ければ。


引用元: 週刊少年ジャンプ2014年28号~31号 『ジャンプNEXT』 2014Vol4.5.6 2015Vol.1.2 

続きを読む -ソウルフェージュ"舞う桜"-

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

星降る庭で舞え桜 【Soulcatchers】

-

以前、こんな記事を上げていた私ですが。

長文妄想はブログにかいてて、どうぞ
[要約:
 管崎が神峰の視覚に近いものを持ち「罪」を負った過去から表舞台に上がることを避けている
 神峰の力を認識した上で、その危険性から行使されたくない
 荊は管崎の罪の意識、それを深く沈め隠す金井淵
 チェーンソーは荊を切り倒そうとする星合、川和はそれらの箱庭を隔絶する扉]

op.49 第五以降の物語による答え合わせ:

能力者は管崎咲良 嗅覚の共感覚をもった「桜の音」の導き手であったが今は能力を行使していない
管崎舞も嗅覚の共感覚 その疾患(あえてこう表現)による苦痛が荊の鎖となって蝕んでいた
隠していた理由は「心配かけさせないため」、しかしその一人で抱え込む姿勢が星合への「閉ざされた扉」となっていた
川和の心は桜の音に囚われた3人から咲良を引き離すためのチェーンソー

能力者の存在…△ 存在は当てましたが共感覚者でした また5人目の存在まで至らず
荊の心=管崎…○ ただし荊の罪云々は深読み ちなみにしばらくは鎖→チェーンソーだと思ってました
刃の心=星合…× 管崎に干渉しようとする立場、は当たっていたものの向き合い方に齟齬
扉の心=川和…× 俯瞰の外様、は遠からずながらもっと過激 名前と装飾からのミスリード
4人の問題点…・× 過去の過ちの共有、ではなく過去との向き合い方のすれ違い

まぁ、舞さんの能力持ちに関しては正解した次第です・・・が

セメント対応

管崎の心象が衝撃の公開を果たしてから8話約2か月。
Eu.Hr編として見ると4話分程度とこれまで通りのペースですが、「舞う桜」編と銘打たれた物語はまだ道半ば。
仮に語る事があるとすれば、これまで表題でイメージを提示していただけの楽曲が、遂に本編と重なり合ったことでしょうか。
1周年を迎えなお盛り上がりを増すSoulcatchers。一つの到達点を超えたようにも思います。

 op.50 彼女のための歌
 op.51 自明の理 
 op.52 星の舞う庭

そして、
 op.53 believe 

私にとって、この曲以上に雄弁にこの物語を語るものは有りません。
かれこれ2月の弦野以来の本編まとめとなりますが、趣向を変えてお楽しみいただければと。

続きを読む -星降る庭で舞え桜 【Soulcatchers】-

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

【ソルガチ遅報】これまたご丁寧にどうも【SC5巻コミックス修正】

キムさんのお仕事 一枚絵

どっちが好きなの

というわけで発売から半月ほど経ってしまいましたが、良かれと思ってコミックス修正まとめてみました。
5巻はいつもより行間補完の書き下ろしオマケが充実しているのでオススメです。

3学期編は記事にまとめていない範囲なので、来るべき舞う桜編までのおさらいがてらにもどうぞ。

続きを読む -【ソルガチ遅報】これまたご丁寧にどうも【SC5巻コミックス修正】-

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

リアルじゃなくす黒記事やん

レアル・ジェネクス・クロキシアン

/人◕ ‿‿ ◕人\ <やぁブログ読者の方々、いつも閲覧感謝なんだ

/人◕ ‿‿ ◕人\ <知っての通り、Soulcatcher[s]に心掴まれたソルキチブログなんだねここは
/人◕ ‿‿ ◕人\ <ZEXALも終わり近所の店は絶滅危惧種な元の主コンテンツである遊戯王
/人◕ ‿‿ ◕人\ <ついに訪れた引退の瀬戸際で完全に漫画ブログにいこうしつつある昨今
/人◕ ‿‿ ◕人\ <まぁ引き続きSoulcatchersの話をしていくわけだ 推して惹かれてほしいわけだ

/人◕ ‿‿ ◕人\ <しかしな、流石に今週は不味いなと思っちゃったんだ仕方ないだろ
/人◕ ‿‿ ◕人\ <というわけでこれは苦言記事なんだ
/人◕ ‿‿ ◕人\ <念のため言っておくと、アンチに裏返ったってわけじゃない
/人◕ ‿‿ ◕人\ <最近SSまとめしかしてないのも、単に個人攻略編じゃなかったからってだけさ
/人◕ ‿‿ ◕人\ <今回は「それでいいのか?」っていう 一種の提言かな 何様だよって言うね

/人◕ ‿‿ ◕人\ <そんなわけで、淀んだものぶちまけたいだけの記事さ 正しく自慰だね
/人◕ ‿‿ ◕人\ <まぁ覚悟があるなら読んでくれてもいいかな

※4/2
/人◕ ‿‿ ◕人\ <どうやら覚悟が足りなかったのはこちらのようだね
/人◕ ‿‿ ◕人\ <追記という形で弁明することにするよ
/人◕ ‿‿ ◕人\ <本当は早さ優先で投稿してたから書き直したくて仕方ないんだけどね
/人◕ ‿‿ ◕人\ <これだけ叩きつけてくれた熱い想いの対象を抉って空を切らせるわけにはいかないね

続きを読む -リアルじゃなくす黒記事やん-

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ