うしゃぎ

世界のフラゲは早いなぁ。

《レスキューラビット》
星4/地属性/獣族/攻300/守100

このカードはデッキから特殊召喚する事はできない。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外して発動する。
自分のデッキからレベル4以下の同名通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか発動できない。


調整がガチガチだぁ・・・。

・往年のサモプリ猫の道を封じる
・ブリュ早埋の様な蘇生大回転&貪欲ターボの封殺
・同名=即シンクロの封殺
・効果の打ち逃げ防止
・それでも尚リヴァイエールで満足トリシュ紛いができるので1度制限

元々想定した「ただ並べるだけ」のためにここまでの制約・・・。
 まぁ代わりに種族制限撤回・☆4解禁と優しさに包まれている。

ブログ周りした使用法例。

・ひとまずエクシーズ
  ナチュラルチューンで一応シンクロもできるものの・・・。
・剣闘→アンダルゲー
  獣だし【ビースト】的にはいい回し。
  外来の融合体・スレタイからのガイザ・レイノスと処理法も多彩。
・ジェムナイト
  これは普通に安定では?手札2枚+召喚権・・・ううむ
・エヴォルカイザー
  コナミが商売本気だ・・・。こいつ自身は結束の邪魔しないし・・・。
・デスガーディウス
  素晴らしい発想だ・・・。絶版化したけど・・・。
・デーモンで堕落ゲー

などいろいろ。皆ネタコンボ大好きで俺は嬉しいよ・・・。


とりあえずできそうなこと全部搾り出してみよう。

・HERO
  ジェムナイトほどフレキシブルじゃないし必要性がなぁ。
  一応ゼロ・ノヴァ・ガイア・GTが可能。
・侍従→即大将軍
  六部にそんな業は必要が無い。
・アナペレラ→フォルトロール
  X-セイバーにそんな業は(ry
・ズール、レンジ→グラファ
  暗黒界にそんな(ry
・燃料電池メン
  残念、電池にバニラはいなかった
・ラ・ジーン
  懐かしっ!! そして量産工場→ランプでただいま。
・大革命
  ※3種ともレベルバラバラです。すいません冗談です。
・磁石の戦士
  だから偏られても
・ハーピィレディ
  並んだ後は特にすることが・・・。
・ボコイチ
  やったー!デコイチで3ドローだ! ・・・。
・ワイト
  某所では無抵抗の真相で掘り出していました
・千眼の邪教神
  ヴァースキのエサ。(にっこり)
・エグゾディア
  もしかしなくても:制限カード すいません冗談です
・ヴォルカニックラット
  そこまで無理して近衛兵稼がなくても・・・。
・光2体→ガーディアン・オブ・オーダー
  だから他にも手が
・トビペンギン
  大皇帝でやれ
・オレイカルコス・シュノロス
  自壊せずに生き残れるよ!やったねジェネティック!
・天使族
  量産工場で宣告コストにしてもよし、ボルテニスの数稼いでもよし
・ダブルチューニング
  ☆2がいないのがノヴァ的に惜しい。ジェネコンからΩは可能。

 夢を広げよう。 他も思いついたら追加するかも
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

K コミュ力と Y やるべきこと

となりの柏木さんの新刊を読んだ雑感。

オタクが美少女と仲良くなる話というのはよくあるあらすじ。
 女子側もオタクであったりするが、この漫画においてはシチュエーション以上の意味は持たない。
この漫画で最も強調されている点は、「コミュニケーション」、つまり主人公の桜庭雄斗がKYである点だと思う。
 最新刊(3巻)ではそれによって生じた歪みと向き合う事から始まる。

KY、空気読めないとは何であるか。すなわち周りが見えていないこととされる。
 その上で不適切な言動をすることが本意だろうが、根底はそこにある。
 自己中は周りが見えていても我を通す。KYはまず状況・影響を把握していない。
 空気の読める読めないとはどこで決まるんだろうか。

新都社のWEB漫画の中のセリフに、こういったものがある。
 遊戯王裏世界大会 GATE より
「さっきの俺にはフィールドが 墓地が 手札の枚数がみえていた
 今俺の目に映っているのはな あんただ決闘者!」


ある意味、「さっきまでの俺」がKY状態であり、「今」はその殻を破った状態とも言える。
 この決闘では、ここを境に相手にいなされ続ける劣勢から主導権を奪い取る。
 
フィールド、墓地、手札の枚数。遊戯王というカードゲームにおける公開情報である。
 伏せ、手札という非公開情報の内容に対しての想像が欠如していたことを省みるシーンだ。
「決闘者を目に映す」ことで、彼の使用カードの傾向だけでなく発言や振る舞いで相手を理解した。

「柏木さん」のケース。
 今回の問題では、「落ち込んでる雄斗を励ます」目的で「イラリクを受ける」という提案をした柏木さん。
 その状況に乗って「自分の希望」の希望に「イラリクを続けた」雄斗、という対比になっている。
 その上その影響で「必要とされている私はスペックにすぎないのか」という疑念を抱いてしまう柏木さん。

柏木さんは、気持ちを目に映した。そのために自身のスペックを用いた。
雄斗は、相手のスペックを見た。それを自分の気持ちのために利用した。
 やべぇ、対比して纏めたら最低すぎる・・・。柏木さんマジ天使。

この気持ちとスペックの問題がKYの本質のように感じる。
 好きだから、でも目的がある、でもいい。スペックの習得は気持ちがありきだ。
  だから能力を才能で片付ける作品にいまいち共感できないのかもしれない。
 その気持ちを無視してスペックだけを見られたら・・・?

 商品の企画思想にも似たような事が言える。
 最新技術のスペックのおしつけではなく、それで達成できる「気持ち」に答えられる設計がヒットの要点である。
 だからスペックがそれなりでも、気持ちに答えられればシステム単体すら商品になりうる。

先の例の決闘の場合、大半は「勝利したい」という思いを元にデッキをくみ上げる。
 こちらは人間関係の様な思いやりではなく、対立する相手の思いを上回る事が求められる。
 そして決闘中において、勝つために手札・山札という選択肢から選ばれたものが場に存在する。
 場の主導権の奪還だけでなく、先の手や伏せられた対抗策を鑑みて判断しなくてはならない。
  まぁ、だからこそその駆け引きをほぼ否定するシエン連打とかが憎いわけだが・・・。
 ともあれ、場で見えるカードのスペックだけが全てではないのだ。詰め決闘しているわけではない。
 運用という名の気持ちを見なくてはならない。
  ここに自身の反省点があるように思う。手元は見ても表情は見ていなかったかもしれない。

カタログスペック以外の設計思想を読む。機械相手ではさほど必要でないが、対人関係の肝はこれなのだろう。
 しかし自身を含めてこれをできない人はやはり増加の一途だとも思う。
 例えば匿名掲示板のような環境では刹那の字面のみが重要であり、裏まで必要となりにくい。
 雄斗の「2次元にしか惚れないはず」という主張は、3次元現実はその読む過程という煩わしさが壁となっているともとれる。
 逆に言えば、網羅された設定の殆どを把握できる対象しか相手取れないという甘えでもある。
 そういった機械に囲まれてきた弊害としての価値観なのかもしれない。
  まぁ、その機械自身も多分にブラックボックスを含んでいるのだが。

養うべきは、気持ちを知ろうとする心。
 生涯学習というのは、スペックの後付はいつでもできるという考え方ともいえる。
 旧来は自然に身についていったものだったのだろう。
 だが現状の社会で不足が見られる以上、初等教育は学力=スペックよりもこちらを重視すべきなのかもしれない。

ばかのすきもの

ニュースとか読んでやっと最近現れたクラウドの概念を把握した。おじいちゃんか。
 把握であって理解ではない。

つまりは
 1.これまで各々のサーバーに保存していた「情報」を業者が一括管理する
 2.アクセス権限やネットワークをインフラのように扱う
  という把握でいいのでしょうかね。

「クラウド事業者」がサーバーみたいのをもって管理してるってことでしょうか。
なんとなくネット上を根無し草のごとく定着せず漂ってるのを想像してた。

で、雲=データが空=ネットをふわふわしてるのを利用するのがパブリッククラウド、
自分で宇宙から領空を作ってそこに雲を浮かべるのがプライベートクラウド、でおk?

これを前提にすると、ですが。

まぁプライベートは旧来の所有サーバーがちょっと使い勝手が変わった、程度の認識。
対してパブリックはインフラ化なわけで。パラダイムシフトとしては上々ですがいいのかこれ?

現状のインフラと言えば、電気 ガス 水道 通信 交通でっしゃろか。
 どれもこれも公企業と私企業の狭間な気がしますが、クラウドだけほぼ民間オンリーで成立するの?
 民営化による競争原理とかもあるけど、ここだけ国ノータッチ?

水道と比べてみる。
 ライフラインだから止まったら終焉へのカウントダウン。
 企業対象なら情報でもライフラインだろうから同上。
 そういう意味では自社サーバーは自家発電機や自家浄化槽ともいえなくも。
 備えあれば~ではあるが、無駄っちゃぁ無駄か。
 ほかにカスタマイズによる互換性のなさがガラパゴス化の原因らしいですな。
 まぁ、カイゼン然り全て一律の運用にするのが正しいのかはわかりませんが。

とはいっても今回の震災のような有事を考えると、国が絡めばいいってもんではないのはわかる。
 ていうか国が一括でやったりしたら絶対セキュリティの進歩遅れるだろうし。

でも1番の問題はやり取りされるものの本質が「存在・量」でなく「種類・質」であることだろうなぁ。
 まぁ水やガスも組成的な質はあるけど、本質はそこじゃないわけで。
 仮に水や電気はあっちの責任で止まっても代替品が効く。
 でも情報は使えない・漏れるそのこと自体が代えがたい問題だし。
 そこが自家発電機と自社サーバーの全く概念が違う点だわなぁ。
 テレビラジオ電波のように発信前提じゃないものを扱うわけだし。
 責任の取り方が存在するんだろうか、金保障以外で。

メリットがあれば使えばいいって、ある意味昔のフロンや鉛みたいなもんだしな。
 今回は逆にシステム運用や節電の環境(コスト)のために安全を犠牲にしているわけだけど。
 セキュリティが悪いみたいな論調だけど、「絶対破られない」を盲信すると原発みたいになるからねって話。 
 盗電とかとはリスクが全く違うからなぁ。

あんま調べてないまま印象で書いてるから読んで下さっても信用なさらないように。
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ