惑星探査車「テラフォがあるから私は働かなくていい」

V兄様のカードは考察し甲斐があって楽しいな。

《惑星探査車》(プラネット・パスファインダー)」星4 地 機械族 1000/1000
このカードをリリースして発動する。デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
(テキスト未確定)


手札交換の専用サーチ勢を汎用性上げて召喚権というデメリットをつけたようなカード。

・クリッター、ギアギガントX等間接サーチ手段が増加
・リミリバ他で使い回しは効く
・2枚目以降がアタッカーとして使えない設定
・巨大ネズミ、サモプリ、キンギョ等で発動条件(フィールドに存在)は満たしやすい

大まかな比較はこのような感じか。
しかしフィールド魔法ってデッキにおける依存度高いのは確かなものの、9枚体制(一部は12枚)って流石に枠取りすぎ感。
バテルも結局3積必要ない型もあるようだし、あくまで選択肢要員か。

さて、有効そうなフィールドを並べてみる。
出るだけ出て産廃じゃあ、タイトルのようなニートカードになってしまう。


《ギア・タウン》《風雲カラクリ城》
 消耗品となる特殊召喚フィールド。
 【ギアバレー】のようなフィールド併用による徹底的なメタデッキもあり、活躍が期待されるか。
 この手のデッキは召喚権の問題も解決しており、悪くない。
 カラクリ城で蘇生するような頃にはもう召喚しきってるだろうしね。
 《機甲部隊の最前線》で呼んで上書き用後続に変換できるのもおいしい。
  ただ、ギアガジェルなんかは戦闘負けそうそうしないけども…。
  しかし最前線に出て即リリースで逃避の構え、やはりニート。

《ブラック・ガーデン》
 こちらも高い拘束強度かつ用途によっては複数欲しいカード。
 《マインフィールド》と合わせ使いまわし続けられると面白い。
 半減したら《機械複製術》から大量サーチできるのも面白い。
 ちょっと久々に【ショッカーガーデン】が組みたくなる。
 ATK800だったら、ほぼ自由にロック解除できる酷いカードだったのだが…。

《フュージョン・ゲート》
 《チェンマゲート》のようなワンキル狙いならサーチはどれだけあっても悪くない。
 機械族のため《ボム・フェネクス》等の素材に使えれば後続も腐りにくい。

《アンデッド・ワールド》
 墓地利用、帝メタ。種族コンボの地雷。
 これの影響下ならゾンマス他豊富な蘇生が使え保険を確保しやすい。
 特殊召喚に長けるため、召喚権もなんとかなるか。

《機動要塞フォルテシモ》
 機皇兵は即特殊召喚に繋げ直せてレベル種族も合っている。
 サモプリ・キンギョもシナジーが強めで合わせやすい。
 《機皇城》との併用も多少しやすくなる。

《Sin World》
 Sinは特殊召喚ベースのため、召喚権は惜しくない。
 このカードに限らず、他のフィールドを用いた【Sin】にも有効。


《クリアー・ワールド》
 拘束カード。相手の場に闇が居れば、場が空でも猛攻は牽制できる。

《フューチャー・ヴィジョン》
 中途半端ながら地味な拘束力をもつカード。
 初手サーチなら召喚権使っても邪魔にならず、相手の展開も遅れる。
 アタッカーとして《フォトン・スラッシャー》辺りと組めば扱いやすいか。

《ナチュルの森》
 パーミッションから相手の展開を無効にして後続をため込む用途。
 大量展開ギミックはないため、その後も地道に削る必要はある。

《死皇帝の陵墓》
 悪くはないが、召喚権を消費しづらいのが難しい。流石にテラフォの方が相性がいい。
 無理を言えば、《光と闇の竜》の蘇生対象キーパーか。
 巻き添えで割ってしまう陵墓の後続を確保できる。

《疑似空間》
 サーチカードは積みすぎても対象3枚を集めきると腐るのが欠点。
 これで数を水増しする手段もなくもない。
 ただし効果1ターンで捌ききる必要があり、再利用もできなくなる点注意。

初手利用を考えるならロック型か。これはテラフォの方が有効とも見える。
後続の維持を続けたいなら使い回し性能を生かせるこちらにも分がある。
また、複数の積みすぎでテラフォが足りない・モンスターが足りないといったことにも応えてくれる。
一応就職先はありそうだよ、やったねV兄様!
スポンサーサイト

樅の家はトップメタの夢を見るか?

ABYSS RISNG、水属性が倍プッシュで面白そうですね。
 絶海の騎士はアイスバーン的に考えると微妙にかみ合わなくて難しい所。
 アビス・ウォリアー、もしカード指定ないままだと胡散くさすぎて怖い。

さてそんなパックの中でもみんな大好きV兄様のカードも収録。

《タンホイザーゲート》
通常魔法
自分フィールド上の攻撃力1000以下の同じ種族のモンスター2体を選択して発動できる。
選択した2体のモンスターは、その2体のレベルを合計したレベルになる。


《星に願いを》《ギャラクシー・クイーンズ・ライト》もそうだけど、魔法カード1種3枚に依存しすぎる構成って危険なのよね。カード消費単純計算で1枚増えるし。

それでもなにか面白い使い方無いものかと思ってしまうコンボ厨の性。
 今回はそのまとめ羅列。 時期が遅いとか言わない。仮にも発売前です。

単体で相性の良いカード。

レベル・スティーラー 
皆すぐに考える1枚。単純にレベル合計が倍になる。
 とはいいつつ相性は先行2枚の方がいい。昆虫族の縛りが響き難しい所。
 一応、墓地に2枚置いて☆6以上の横にガンテツフェニクスを手札1枚から素出しする札になる。
 そう考えると高レベル(主にシンクロ)を400バフかけるように使える。
 《ダークネス・デストロイヤー》辺りとはリリース確保込で好相性。
 貫通2連の強化OR追撃2連打3000を与えられる。
 ミラーレディバグ辺りと組ませたら、変な動きができるか?

ザ・カリキュレーター
 レベルをただ要求するカードと言えばこれ。DDB?知らんなぁ…
 《神竜の聖刻印》《ユベル》のようなれべるばかり高いカードを暴走召喚。
 ユベルの☆10×3だけで9600、そこにさらに6000追加。過剰すぎる。
 敵をどかせるエレキジと並べて☆6×2の3600+1000直接攻撃、返しにバウンサーとかもロマン。

レスキュー・ラビット
 元より同名指定のため、単純に出せるエクシーズの範囲が広がる。
 とは言っても☆2から★4を出しても二度手間のため、実質★6・★8が対象。
 ドラゴンの対象がプチリュウだけで良かったな、☆3居たらアトゥムス出たぞ。
 【兎ボンバー】の《ブロッカー》から同じ闇機械のギミックパペットに繋がるのは面白い。
 手札2枚から《サンダーエンド・ドラゴン》にも繋がるのは地味に大きい。

条件の関係上、以下種族ごと。

魔法使い
 黒の魔法神官のご尊顔がご満悦。マジシャンギャルも日の目。
  やったー!また☆6以上魔法使いの確保がしやすくなったよー!
  兎→☆3《炎を操るもの》《闇道化師のサギー》《風の番人ジン》
   ☆4《ホーリーエルフ》
   ☆3のメンツが奇妙すぎる。壁に使えるエルフ安定か。
 太陽の神官・サモンプリーストが属しているのも大きい。
  見習い・ペーテンといった場持ちカードの存在も優秀。
  数合わせコンフィ・高レベルハイブレインも完備。
  セームベルから高レベルを出せる目も出てきた。
 見たところ一番使いこなせそうな種族。
  地味にエクゾディアが頭と手足1枚でチェインエメラルになる。

ドラゴン
 制限カード、デブリ・ドラゴンが本気出す。
 《スターダスト・シャオロン》ら☆1竜から☆10《トライデント・ドラギオン》。
  将来外来聖刻が来たらこんな手間は要らないが…。
 単純に☆1~6を釣って★5~10まで広い範囲のエクシーズも可能。
  ☆5→★9 《バイス》(吊り上げ対象外、自力特殊召喚限定)
  ☆4→★8 《ゴーレム・ドラゴン》
  ☆3→★7 《ポケ・ドラ》《インフルーエンス》《トライゴン》
  ☆2→★6 《デコイ》《ミンゲイ》《ファランクス》
  ☆1→★5 《白石》《G・o・フレムベル》
 特にファランクスは【ドラグニティ】で★6・・・アトランタルフラグである
 何よりアトゥムスがいらっしゃるのが期待大ですな。

アンデッド
 戦闘耐性の死霊が存在。まあ最近は効果破壊であってないようなものだが。
 ☆2キャリア・☆3ワイト夫人・☆5ナイトメア(簡易融合)と面白いメンツも多い。
 蒼血鬼は★4ループのラストを★8にできて面白い。ファンサービスが捗るな・・・。

天使
 メタイオンのような変態が居たり、マシュマロフールのような並べ要員が居たり。
 神聖なる球体に★4ルートが一応できた。アースも高レベルシンクロに使えるか。
 雲魔物は場持ち・煙玉展開など色々期待感はある。
 アイツ系統も無駄にネタが上がる。
 
悪魔
 ユベルが属する。アーミタイルとか空のアバターとか、ただのレベル上げに使いやすい。
 手札1枚以下のトラゴエディアが対象のため、レベルの調整がききやすい。
 フェーダーを返しでエクシーズし、悪夢再びで使いまわす技もありか。
 魔轟神のレベル調整にも便利か。ただしヴァルキュ・レヴュにはつなげにくい。
 ジャイアントウィルスの様な☆2とスーパイからクイラも作れる。
 レベル参照といえば《グリード・クエーサー》が居るが、素で2100あるため微妙。

戦士
 ヒーロー・キッズが展開しやすい。
  セームベルでSSした場合、ガンテツで400上がったブレハ・カリバーで殴れる。
 レベル調整の効くレベル・ウォリアー、各種防御カードと層は広い。
 トゥルース、マジスト・バブルマン・ご隠居等展開法も多い。
 高レベルにディアボが居るのも大きい。

機械
 マシンナーズ・カノン、エルタニン、アステリスクと低戦力高レベルも多い。
 ダークフラット・トップは罠リアクターとで☆12になるが、だから何だ
 ボルト・ヘッジホッグ、クイック・シンクロンと有用なものも多い。
 ブラック・ボンバーが特に優秀。ランクこそ7限定だが。
  兎からのブロッカー、サイバーダーク等応用も広い。
 スペアジェネクスがここでもジェネコンと差別化。
  惜しむらくはクロキシアンは奇数シンクロである。
  バット・ゼンマイバットからヴィンディカイトで誤魔化そう。


 おジャマ・ナイトやオポッサムのような、悪用しやすいカードも散見。
 ハイエナ・モモンガ・デスハム・ガリスといった並べやすいカードも多い。
 ケルベラルも対象のため、シンクロにも有効。特にトライコーン。
 金華猫+ユニフォリアによる使い回しも可能。いざとなったらガンテツにもできる。
 ただし獣シンクロは奇数が多いため、作りづらいのが難点。
 
鳥獣
 シールド・ウィング、ガスタ、各種後期BFと意外と守備に長けた低攻撃力鳥獣達。
 レベルを上げるメリットはエクシーズ程度と薄目。特に目指したい召喚先も居ない。
 地味にアトモスフィアも対象内。

植物
 ローンファイアの使い回しやコスモスピードにワンチャン。
 地味にスプリット・D・ローズのような高レベルが居たりする。
 プチトマボーが★4~6を選べたり。

昆虫
 上記のスティーラーで活路が見いだせるか。
 ダークバグ+アスカトルで★4か☆8シンクロという荒業もできる。インティパネェ。
 IFビートル+スティーラーでアラクネー可能。がんばれマザスパ。

岩石
 元が守備的な種族であり、高レベルの対象も多い。
 メタモル他各種ポッドで荒らした後、ギガストーン・オメガから高ランクにつながる。
 泣き神の石像にそろそろ出番ください。


 真炎の爆発対応も多く、展開の使い勝手はいいがそのまま連続シンクロの方が強いのが難点。
 ヘリオス3種による高レベル調整もできたりする。


 電池・エレキがメイン対象。エレキは下で特記。
 単三(守備表示)から★6、単4から★8等。

海竜
 ディーヴァがすべて。SOHエイなら★5に繋がる。


 レベル体も色々揃っており、シーラカンスからバリエーション豊かに利用可能。
 ☆5深海の怒り、☆3シャーク・サッカーと扱いでのあるものも多い。


 スノーマンイーター、エアサーキュレーター程度しかそもそも使えるのがいない。
 ガエルこそいるが、デスガエルのような高レベルが対象外なので難しい。
 カタパルト・タートルとルナタイトって・・・。
 イキカエルや黄泉ガエルから細々と★3,4を繰り出す程度か。
 ガイオアビスを結束影響下におけたら、対ダムドジャッジにも盤石となる。

獣戦士
 タロ・スクラップゴブリンと地味に耐性持ちが居たりするが、そもそも数が少ない。 

恐竜
 こちらも脳筋種族で数が少ない。
 せめて対応した☆3バニラが居ればソルデって言えたが・・・。

シリーズカードから。

ゼンマイマジシャン
 自身の効果は同名をハブってはいない。
 ★5までだけがゼンマイじゃない。でも出るのはやっぱりファンサービス。

エーリアンモナイト
 ☆2グレイからのクリスタルエイリアン・・・すいませんネタです。
 ☆3マーズからのランク4なら、大半が☆4のエーリアンのエクストラを圧迫しない。

ルミナス
 ジェニスを吊り上げてビッグ・アイにつながる。
 魔法使い固めのため、ライラと3姉妹で結束魔法使いにも出張可能か。

インゼクター
 ダンセル+グルフ→ホーネット、ウィーグでやりたい放題。

ディフォーマー
 モバホン、スコープン他展開力に優れた低攻撃力。
 パワーツールで対処できない相手をビッグアイでかっぱらえるのは面白い。
 ただし種族が一定じゃないのでかみ合わせ注意。ビデオンが重要。

エレキ もともと低攻撃力のため、高ランクも無理なカードを入れず達成できる。
 キリギリスやキトンボといった場持ち☆1・☆2を駆使して、エレキマイラにつながりやすくなった。
 エレキは性能とレベルのかみ合いが悪い印象があったため、これも面白いか。
 さぁ、シーホースがまだまだ本気出すでぇ…。いや関係ないけど。

ひとまず羅列ここまで。
地味にビッグアイラインが増えたことが大きいかもしれない。
やたら出しやすかった☆7シンクロギミックの遺産ですな。

決闘者の決定版

コンビニでジャンプのついでにデュエリストエディション1つづつ買ったら、ミラクルコンタクト出たでww

600円元手で3000近くになってくれればマジ救世主。
ホントは記念にもっときたいけど使うアテないですし。

この勢いでDEの再録に関しての評価記事を書いておきませう。
 更新なさすぎっつか、ツイッターで済ましちゃうのよね最近。

レアリティ・未収録はWikiがいい仕事してるので参照。

DE1 DE2

まずは高レアリティ。使いでのあるカードばかりでマジ潔い。

《ドグマガイ》  ドグマブレード
《ライザー》   帝デッキ各種
《キメラテック》 未来オーバー
《未来融合》   未来オーバー他、ゼピュロスのおもちゃ
《オーバーロード》未来オーバー
《高騰儀式術》  デミスドーザー、デミスボンバー
《ダークガイア》 デミスガイア他
《超融合》    ヒロビの返し刃

スーパー・ウルトラに維持・格上げされたものは、旧環境で名を挙げた猛者ばかり。
ここに《DDクロウ》《ダムド》《アナザーネオス》と、現役で戦うもの達で占めている。
 DDクロウみたいな複数積みカードウルトラにするなよwww
基本的には制限カードだったり、ゴールドDT再録済だったりで、鬼畜レアリティは意外と少ない。

ちなみに唯一禁止の《イレカエル》は絶版。下位互換いるし復帰0%殿堂入りですなこれは。
 いい時代というべきか、しょっぱい時代と言うべきか。
 ネタノーレアも削れてて、BEと比べ本当に使えないカードは少ない。


続いていいところ。今作はレアリティがだだ下がりなので、手を伸ばしづらいカードに手が届きやすくなったのはいいことだと思う。

《虚無魔人》レア→ノーマル
 アドバンス召喚はすでにオワコン扱いだが、使えば強いカードの代表格。
 インゼクターは無理だが、封殺性能は未だ高い。

《ダーク・ホルス・ドラゴン》ウルトラ→ノーマル
 当時はただの重いカードだったが、今はHANZO超変化とすさまじいシナジーを誇る。
 中古も探しづらいマイナーが手に入りやすくなってホクホク。

《ライラ》スーパー→ノーマル
 一番驚いた1枚。ストラク済とはいえ、レアでとどまると思っていた。
 ジャンドが落ちて使用者が減った後というのもあるかもしれない。

《竹光》関連 ノーレア→ノーマル
 面白いネタながらも、ノーレアで集めるのに難儀した3種。
 旧版高レアロティでドヤ顔しようにも、違いは文字サイズ程度という・・・。

《ユベル》
 本人はレアに上がっているが、進化系はどちらもノーマル落ち。
 最近は値段落ちていたものの、アブシェリは地味に高かったからなぁ。
 《魔族召喚士》のレアリティも下がり、ユベリスト大勝利である。

《リミット・リバース》スーパー→ノーマル
 普通に優秀なカードの割に、再録も多かったせいかノーマル落ち。
 ここでもユベリスト歓喜が。

数少ない、レアリティ上昇例。

《エレクトリック・ワーム》《パペット・プラント》《傀儡虫》
《閃光を吸い込む魔鏡》《暗闇を吸い込む魔鏡》ノーマル→レア
 特定デッキのメタにサイド積みされる方々。
 需要はよくわかってるなぁ、コナミセンター恐るべし。
 傀儡虫は対象も今元気ないしストラク入りではあるが・・・。

《ベストロウリィ》ノーマル→レア
《ガイザレス》  ノーマル→スーパー
《ダリウス》   ノーマル→レア
 剣闘獣はレアリティが適正調整された印象。まぁこいつらがデッキの根幹だしな。
 耐性の2枚以外スパルティクスごとなかったことにされた闘器がかわいそう。

《超古深海王シーラカンス》ノーマル→レア
 当時は不遇への意味づけネタだったのが、いつしか戦える存在へ。
 シャークさんは頑張ったんや・・・。

《ネクロ・ガードナー》レア→スーパー
 広汎用準制限。今でも現役で戦えるカードだと思うが、【闇属性】型だけではついていけないせいかノイズ扱いであまり見ない方。

以下、亡くなって悲しいカードへの追悼、
 元高レアリティでもバッサリ切られたカードは多い。

《氷炎の双竜》《天魔神ノーレラス》
 当時禁止になったカオスの互換カード。
 確かに開闢すら帰ってきた時代には既に無用とはいえ・・・。
 彼らは独自の個性があった分、寂しいものです。
 どちらも名前を冠した専用デッキあったのに・・・。
  あ、エンライズさんは仕方ないのでお帰りください。

《クレイジー・ファイアー》
 地味にピン挿しで使ってた一枚。
 数少ない速攻魔法の全体除去だし、強いんだけどなぁ・・・。

《アレクサンデル》《ディカエリィ》
 闘器勢共々、ハブらディアルビーストの方々。
 アレクさん、地味にホーネット効かないとかありそうなのに・・・。
 黒穴のいる環境でも淘汰されてしまった百獣の王の立場はいかに。

《暗黒プテラ》
 ループコンボが模索される1枚。マスドラないんやから別にええやん
 まだ用途があるカードのため、絶版は意外。

《エーリアン・サイコ》
 アンモナイトをフォーミュラにするラインが潰されてしまった。
 ベーダーは仕方無いが、数少ない闇エーリアンだし居場所はあったのに。
 昔ピン挿し用を中古で探すの苦労したなぁ・・・。懐かしい。

《破滅へのクイック・ドロー》
 中途半端な純デメリットカードより、こういうネタカードを残してほしかった。
 何かしたくなる尖ったカードっていいよね。
 これ、バブルマン系のデッキで使っても面白いんじゃ・・・w

《ロイド》
 サブマリンとジャンボドリルぐらいしか残ってないのよね。
 エクスプレスはアドソースにもなる優良カードな分、絶版は残念。

《雲魔物》
 存在抹消のカテゴリ。ナーガ様や単体戦力0.4.21が残った他と違い全滅。
 一時はクエーサー目指してみたりで、忘れ去られていないカテゴリだったのに・・・。
 まぁカテゴリ(雲カウンター)の性質上、単体で残すのは難しいんだけどね…。
 さよならランク1の希望の星、タービュランスとスモークボール。

《グロー・モス》先輩関連
 なんでモス先輩だけ全部抹消されてるのん?
 《エアー・ネオス》《カオス・ネオス》《マリン・ネオス》等、中途半端な削除がめだつN勢。
 コクーンも存在末梢だったり。でもモス先輩をアッカリーンさせるのは許されざるよ。

そしてお前なんでおるねん勢たちへの愚痴。

《強欲な贈り物》
 え・・・なんで君ノーレア達を差し置いて生き残ってるの…?
 たしかにグリードバーン他のコンボカードではあるが・・・。

《マグナスラッシュ》《グラビクラッシュ》
 帝すら斜陽な現在にこいつら要るのかよ・・・。
 wikiの文章もめっちゃ短いぞ・・・。

《爆導索》
 君自体を否定したりはしないが、ほかのポジション系は軒並みなかったことになってるのよね・・・
 ある意味生き残れたことに拍手。時折見るネタ補正か?

《A細胞培養装置》
 いや、君は使われない。
 エーリアンのこの時期のサポートはぶっちゃけほぼいらないものばかり。
 その割にマザーがレア維持だったり、地味に存在を守る彼ら。
 正直、モンスターだけ残した方がよかったんじゃ・・・とエーリアン経験者も引き気味。

《サイコ・ロード》
 リターナーはいいけどお前はいらん。
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ