さぁ、ビーストウォリアーの時間だ

《炎舞-「天璣」》≒増援
《炎舞-「天枢」》≒二重召喚
《炎舞-「天権」》≒汎発感染
《炎舞-「天璇」》≒突進

さぁ、炎舞が炎星指定でも炎属性指定でもなく、獣戦士指定で死角から強化が来ましたよっほい
元気になりそうな獣戦士の仲間たちを見てみましょう。
変換がややこしいので表記は天気・点数・点検・点線とします。酷い。

《獣神王バルバロス》
 現時点で最も汎用性があるとみられる主戦力。
 点検との相性が極大。聖杯と聖槍を同時に打つ如き打点回復+耐性。
 妥協時は激戦区の1900のため、2000や2200で上から殴れる範囲が広がるのも大きい。
 その気になれば点数で生贄を揃えた後に召喚権を使って全破壊も射程内に入った。
《獣神機王バルバロスUr》
 機械要素が混ざるのが難点だが、展開と打点のもつ力が大きい。
 点検で守りつつ、4100打点とオベリスクを殴り倒せる凄まじい存在。耐性も神っぽくなる。
 点検がBFまで持たず、ダメージがやはり通らないのは切ない所。

《剣闘獣ラクエル》《剣闘獣ダリウス》《剣闘獣ヘラクレイノス》
 地味に剣闘の主戦力は獣戦士だったりする。 アンダルを使った兎剣闘も捗るようになる。
 レイノスを維持しやすくなったのは手札消費を押さえられて有り難い。

《コアキメイル・ウルナイト》《コアキメイル・クルセイダー》
 ガイドを控えた我々コアキ研究者歓喜。
 インヴォーカーも強力だが、安定してひねり出せる今回の強化はでかい。
 心置きなくロックを鋼核サーチに回せる。
 副次的に永続魔法増加でアイスも動きやすくなった。

《セイクリッド・カウスト》《セイクリッド・ダバラン》
 天気と点数で先攻プレアデス率がまた上がってしまいましたよ奥さん
 暇な時にプレアデスで戻して再発動できるため、2体目とか悪夢もザラにありかねない。 

《X-セイバー ボガーナイト》《X-セイバー ガルドストライク》《X-セイバー レイジグラ》
 手札に欲しい展開要員・ボガーナイトのサーチは大きいか。

《幻獣ロックリザード》《幻獣ワイルドホーン》
 《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーベガス》

 やっとロックリザードの安定した召喚が見られるように。
 光獣戦士のオメガに繋げやすいのも幸いか。

《ジェネティック・ワーウルフ》
 元々兎要員の枠をアレキと争っていたが、ソウコという強力な専用メタカードを得た。
 オメガ・パラディオスも優秀だが、デッキの性質との相性で有意さを得たか。
《ブラッド・ヴォルス》
 基本的には打点でワーウルフ、サポートでアンダルの下位互換だが、闇属性が貴重。
 ナイトメア・タナトスといったテクニカルな選択肢を用意できる。
《忍犬ワンダードッグ》
 打点上は更に下位互換で忍者サポート対象外だが風属性。
 輪廻天狗とサポートの共有を狙える。
 兎ハーピィにビースト要素を絡ませるのに使えるか。
《ミノタウロス》
 ミノケンタウロス融合しようぜぇ・・・(ゲス顔

《ライカンスロープ》
 バニラも自然に組み込めるため、狙えなくもない。
 無理に高等用を用意せずとも、マンティコア等で賄っていける。

《暗黒のマンティコア》
 属性もあっており、難点だった打点不足を補えるようになった。
 場のセイブンを能動的に送って発動する手段としても考えられる。
《ピューマン》
 獣戦士で固められるようになり得をした1枚。
 展開要因としても活躍が可能になってくる。
 バフごと倍加するので、点線で2600増の5600と凄まじい数値も記録できる。
 もう片方も2800直接攻撃と、引導には十分すぎる。
《偉大天狗》
 先生!暗黒プテラ辺りリリースで召喚し続ければBFロックかけられます!
 召喚権が増えて喜ぶのはやはりスピリット。

その他下級単体戦力はソウコで重要な攻撃力ごとに。

2300
《不屈闘士レイレイ》
 《守護霊アイリン》と同時召喚可能になったり。
 天気からの下級2400は結構大きいため、使いきり火力にもなりうるか。

1800
《イグザリオン・ユニバース》
 効果はさほど便利でもないが、闇属性。
 また守備1900と地味に硬く、セイコからでても簡単につぶされたりしない利点がある。
《賢者ケイローン》
 魔法は大分多く積むと思われるので、余った点数使って露払いできるのは悪くない。
《ライノタウロス》
 貴重な属性一致。効果も露払い屋のエンショウやケイローンとも相性がいい。
 同様に《炎熱刀プロミネンス》がいるが、ラヴァルと混ぜられるかは厳しい。
《ウィングド・ライノ》
 忍犬ワンダードッグとも打点が揃っており、風軸に便利。
 点検点線で横をサポートしつつ神風でファルコンを出し再利用、なかなかよくできたシステム。

1700
《激昂のミノタウロス》
 ビーストがビーストたる所以。
 グリズリーマザー+アイスバーンで溜め、マザーをエクシーズでどかして殴る芸当もアリか。
《輪廻天狗》
 暴走は果たしてありえるか。でも打点があわねぇなぁ・・・。
《黒羽を狩る者》
 数少ない光属性かつメタモン。サーチ対応は珍しいか。
 ヴォルス・イグザ等と合わせカオスの導入も検討範囲内か。

1600
《野獣戦士ピューマン》
 ソウコから並べて、片方をロビンサーチにも使える。アイアン号が少し近づいた。
《ゼンマイハンター》
 ソウコを倒すと手札1枚持って行かれます。ネズミが手札にいたらそのままズタズタ。

1400
《グリズリーマザー》
 貴重な水属性、リクリーター内でもクリタ以外のサーチ対応は珍しいか。
 場持ちサポートのほか、炎星と無理やりフロフレを出すのもアリか。
《サイバネティック・サイクロプス》 お母さんと並べられる2400打点。直接セットだしハンドレスキープもギリ可能か?
《Wind-Up Rabbit》
 例の兎。マザーに防御を任せて悠々と生存してくる外道。

その他
《バスター・ビースト》
 あら奥さん、天気から罠カードまでサーチできますことよ
 サーチしやすくなった分、バスター・マーセナリの活躍の場も増えるか。
 アーケインが炎・獣戦士チューナーにタロがいるため、☆6とのシンクロ軸も考えうる。
《樹海の射手》
 なんとまぁ、デュアルモンスターにも変換できますことよ アナネオサーチ多すぎだろ
 ワーウルフからソウコをだしていれば発動条件を満たすため、即座にハンドアドに変換できる。
 制約でソウコから出ないのは残念。

《ゴブリン暗殺部隊》
 ソウコ始末して2600直接攻撃というのも面倒な話である。
 守備デメリットも、エクシーズしてしまえば気にならない。闇だしナイトメアが鬱陶しい。
 クロスウィングが同打点の光のため、カオスも揃えやすい。

《TG ワーウルフ》
 ソウコ突破後の壁に出しても、アドは回復してくれる。

《スクラップ・ゴブリン》《柴戦士タロ》 チューナー。どちらも壁として使える。
 ☆6と取り合わせがよくなっているため、ガイアドレイクを目指すのも一興。

現状の炎星は、炎舞が尽きたり引ききったりすると停止しかねないため、単純にビート速度向上にライノタウロスやピューマンは採用可能かもしれない。

無理して炎星のような回し方をせずとも、少し特殊な現行のカードの互換ができていくと考えれば炎舞はよくできている。
【炎星〇〇】といった複合はスロット上厳しいが、獣戦士軸のデッキが幅広く選択肢をもらったことが素晴らしい。
獣戦士は要所要所で属性が散っており、妙なコンボを生めそうなのも面白い。
スポンサーサイト

雄々しく遠征するか、腐って厭世するか

炎星が効果ややこしくて考察が進まないので、簡易まとめ。
考えながら書いているので整理されてないこと山の如し。

共通仕様
・炎/獣戦士
・誘発で「炎舞」の魔法/罠をセット、一応1アドキープといえなくもない
・「炎舞」コストによる効果、墓地に送るためあいかわらずマクロで止まる
   逆に言えば一部を除き裂け目下でも運用はできる

おおざっぱな一覧表
enseihyou
enbuhyo

☆3でアド維持しつつ、1800勢で自軍アド、1600勢で除去アドを取る設計の模様。
炎舞も近年の必須・サーチに今期のトレンド二重召喚、コンバットトリックと揃っている。
打点が揃えてあるのでソウコからも繋げやすい。

ここまで記事本題
以降は脊髄反射垂れ流し

個別評価

《魁炎星王-ソウコ》
 切り札、よりもギアギガントのような恒常戦力に近いか。
 自身が初めに+1することを考えると、ほぼモンスターを2:2で残せるとも言える。
 スキドレ効果が地味に往復2ターン持つ点、上手くいけば結構長期間戦えそう。
 暗黒界が範囲外だが、天璇サーチで3500だと考えるとグラファでも厳しい。
 先攻兎ワーウルフガン伏せから出られるとラギアドルカより厳しいんじゃないのかこれ。
《炎星皇-チョウライオ》
 打点の無い☆3勢を戦力にしつつ後続を確保可能。
 セイヴンも流石に素材からは発動できないため避難要員か。
《炎星侯-ホウシン》
 ギミックにあまり絡まない先行組シンクロ。
 ホークエイのお陰で2800が保障されてると考えるとまぁまぁか。
《威炎星-ヒエンシャク》
 上級。防御効果はまぁまぁだが打点も除去もなくちょっと存在が厳しい。
 ヴォルカ要員にしようにもレベル操作はない。
 ソウコの対象内なら凄まじい強さを誇った、かもしれない。
《雄炎星-スネイリン》
 打点要員だが、ドローとそれに対応する誘発で2:2交換もこなせる。
 カーDシスティのように初手で使うのは厳しいが、殴りながらこなせるのは大きい。
《微炎星-リュウシシン》
打点の割に二つ名が控えめな展開要員。
既存舞0枚:召喚後に天枢発動→罠キープしつつ二重召喚エクシーズ
既存舞1枚:召喚後に天璣発動→後続と罠キープしつつ蘇生エクシーズ
 のように、保険を保ちながらエクシーズはなかなか。
《暗炎星-ユウシ》
天璣で呼んで除去して殴って罠サーチで維持、と自己完結している1枚。
その気になればこいつベースで除去メタビ組めたりしないだろうか
《勇炎星-エンショウ》
露払い特化。ブレイカーの様に伏せを捌いて殴りつつ、小物を潰せばアドはトントン。
肝心の仮想敵が、クリッターはさておきライコウは微妙な相性なのが厳しい。
《英炎星-ホークエイ》
 サーチは受動だが、打点で稼ぐ炎星にとってバフは地味に強烈。
 ある程度的としての効果は期待できる。対象選択の要らない罠炎舞がでてくると壁としてなお良し。
《捷炎星-セイヴン》
炎舞防衛とゆるいサーチ条件。ある程度壁にもなり、生存してホウシンに繋がるのが理想か。
発動しやすくかつ重要なアドソースのサーチ魔法が確保できる、スーレアを疑う人材。
《炎星師-チョウテン》
 チューナー。カテゴリ内に吊対象がいないため、自分を並べるハメになるか。
 サーチ可能な吊り上げチューナーとなり調律ジャンクロンと競える貴重な存在。

《炎舞-「天璣」》
最重要サーチカード。スーレアなら泣く。
センチピードほどの暴虐性こそないが、基本1:1交換のサーチにコストとしてのアド要員にもなる一石二鳥の戦力。
 サイクに弱く安定しないが、むしろ「禁止令」サイクアリなんじゃね炎星?
 天狗サーチ+ファルコン再利用と、風軸ビーストでも重要な1枚。
 席巻出来たらまずコレが規制食らうだろうなぁ…広範囲サーチはつらいな・・・。
《炎舞-「天枢」》
消費が危ういが、サーチできる展開カードと考えるとなかなかイケる1枚。
歯車街やマドルチェチケットと思えば厭らしさが表現できるか。チョイ違うか
元々展開力不足な獣戦士が手に入れたと思えば優秀な1枚。
現状召喚誘発に乏しいのがさびしい所か。 
《炎舞-「天権」》
聖杯の制約・聖槍の範囲・聖衣の対応がごっちゃになったかんじ。
ミラフォこそ受けるが、一時的に最強バルバロスというクリーチャーを生み出せる。
《炎舞-「天璇」》
大きめの突進と恒常300バフ。脳筋ここに極めたり。
ホークエイすら2000にもっていくのは伊達ではない。
《極炎舞-「星斗」》
爆発できない代わりにもらった超大味な専用爆発。
最大で即500バフで5体並びます、か
というかこれだけでかいコストつけられるって爆発規制フラグじゃないのオイ

次のパックは炎舞対応貪欲が出てさらに覚醒するんじゃないのという気しかしない
炎舞の垂れ流しっぱなしぶりがやばい

漫画出身カード一覧

twitterで漫画ごとのOCGへの影響力に関して考えていたら、実際のところどれぐらいが漫画からカード化しているか気になった。
ということで以下が情報ソースとなります。

Wikiの書籍付属やリミテッドを参照に。一般パックからは出てないはずだから抜けはないと思うものの。
太字はトップ環境で使われたこともあった、影響を与えたといえるカード。
とりあえず、デッキ名になったり高騰したカードか。

遊戯王R
《冥王竜ヴァンダルギオン》
《冥府の使者ゴーズ》【サイカリエアゴーズ】
《テュアラティン》
《キャッスル・ゲート》
《所有者の刻印》
《カース・オブ・ヴァンパイア》
《ブラッド・サッカー》
《威圧する魔眼》
《ユニオン・アタック》
《督戦官コヴィントン》
《マシンナーズ・ソルジャー》
《マシンナーズ・スナイパー》
《マシンナーズ・ディフェンダー》
《マシンナーズ・フォース》
《ミュータント・ハイブレイン》
《聖導騎士イシュザーク》
《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》
《ランサー・ドラゴニュート》
《アックス・ドラゴニュート》
《ミスト・ボディ》
《モザイク・マンティコア》
《森の番人グリーン・バブーン》【バブーン軸獣族】
《デスサイズ・キラー》
《エンジェルO7》
《トイ・マジシャン》
《闇紅の魔導師》
《グリード・クエーサー》
《アルカナ ナイトジョーカー》
《召喚僧サモンプリースト》【サモプリ猫】
《方舟の選別》
《闇よりの罠》
《パペット・キング》
《ゼータ・レティキュラント》
《デモニック・モーター・Ω》
《軍神ガープ》
《闇の侯爵ベリアル》
《神禽王アレクトール》
《神獣王バルバロス》 【スキドレバルバ】
《神機王ウル》
《獣神機王バルバロスUr》
《邪神ドレッド・ルート》
《邪神アバター》
《邪神イレイザー》

計43種。うち4種が活躍。
 現在も制限のゴーズ・サモプリを擁しバブーンも制限経験あり。
 【マシンナーズ】誕生の元になっているのも地味に見逃せない。
 ギオン・レティキュラント等、パーミ・メタ側のカードが多いのも特徴か。
 特徴的な大型が多く、専用デッキを組めるカードも多数存在する。

遊戯王GX
《E・HERO フォレストマン》
《E・HERO オーシャン》【オーシャンビート】
《E・HERO クノスペ》
《E・HERO ブルーメ》
《E・HERO ザ・ヒート》
《E・HERO レディ・オブ・ファイア》
《E・HERO ボルテック》
《E・HERO アイスエッジ》
《E・HERO エアーマン》【HERO】【サイカリエアゴーズ】
《E・HERO フラッシュ》
《E・HERO ジ・アース》
《E・HERO フレイム・ブラスト》
《E・HERO ガイア》
《E・HERO アブソルートZero》
《E・HERO The シャイニング》
《E・HERO Great TORNADO》
《E・HERO エスクリダオ》
《E・HERO ノヴァマスター》

《M・HERO 剛火》
《M・HERO ヴェイパー》
《M・HERO アシッド》
《M・HERO ダイアン》
《V・HERO アドレイション》
《V・HERO トリニティー》
《幻影の魔術士》
《マスク・チェンジ》
《ヒーローアライブ》
《ブルーメンブラット》
《HERO’S ボンド》
《アース・グラビティ》
《平行世界融合》
《ライオウ》 【光メタビート】
《ハネクリボー LV9》
《竜の騎士》
《光と闇の竜》【デステニーライダー】
《ライトエンド・ドラゴン》
《ダークエンド・ドラゴン》【シンクロダーク】
《ドラゴニック・タクティクス》
《ゴーレム・ドラゴン》
《ランス・リンドブルム》
《創世竜》
《シャトルロイド》
《ネイビィロイド》
《アーマロイドガイデンゴー》
《極戦機王ヴァルバロイド》
《怨念の魂 業火》
《馬頭鬼》【シンクロアンデ】
《火車》
《赤鬼》
《酒呑童子》
《コールド・エンチャンター》
《アイス・ブリザード・マスター》
《氷の女王》
《ブリザード・プリンセス》
《The big SATURN》
《The splendid VENUS》
《The tyrant NEPTUNE》
《The supremacy SUN》
《アテナ》
《光神テテュス》
《大天使クリスティア》【代行天使】
《ヘカテリス》
《神の居城-ヴァルハラ》
【堕天使】
《コート・オブ・ジャスティス》
《サイバー・ダイナソー》
《邪龍アナンタ》
《サイバー・ラーバァ》
《サイバー・エルタニン》
《ライオ・アリゲーター》
《スパウン・アリゲーター》
《エレクトロ軍曹》
《トランスフォーム・スフィア》
《The アトモスフィア》
《トラファスフィア》
《トラゴエディア》
《堕天使アスモディウス》
《堕天使スペルビア》
【堕天使】
《堕天使エデ・アーラエ》
《堕天使ディザイア》
《茫漠の死者》
《マアト》

計81種。連載機関も長く、細かいカードも多くOCG化されており重要なパーツも多い。
シリーズで動けるため、18種と多くの環境に姿を見せるカードが現れた。
当時のスタン要員エアーマン、今もメタや汎用に活躍するライオウトラゴと影響力の大きいカードもでてきている。
大型エースとはいかないまでも、トリッキーにギミックに組み込めるカードも多い。

遊戯王5D's
《ジャンク・ブレーダー》
《ジャンク・フォアード》【ゼンマイハンデス】
《ジャンク・ディフェンダー》
《クイック・スパナイト》
《ライトニング・ウォリアー》
《セブン・ソード・ウォリアー》
《スカー・ウォリアー》
《カタパルト・ウォリアー》
《グラヴィティ・ウォリアー》
《マイティ・ウォリアー》
《BF-白夜のグラディウス》
《BF-空風のジン》
《BF-煌星のグラム》
《灰塵王 アッシュ・ガッシュ》
《幻影王 ハイド・ライド》
《天狼王 ブルー・セイリオス》ブリューナク後釜候補、【炎星】?
《天刑王 ブラック・ハイランダー》
《インフェルニティ・ジェネラル》
《インフェルニティ・ナイト》
《インフェルニティ・アーチャー》
《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》【IFパーミッション】
《アーマード・ビー》
《ポセイドン・オオカブト》
《ローズ・ウィッチ》
《凛天使クイーン・オブ・ローズ》
《魔天使ローズ・ソーサラー》
《大凛魔天使ローザリアン》
《起爆獣ヴァルカノン》
《重爆撃禽 ボム・フェネクス》
《マシンナーズ・カノン》【マシンナーズ】フォートレスコスト要員の1つ

計30種。巻数・枚数共にもうすぐRに追いつこうとしている。
しかし環境の一角を担うのはオーガドラグーン程度で、何かしら候補に上がらなくもない、程度の無難なカードが多い。
いかんせんセイリオスが高額すぎて広まっていないのも厳しい。BFはよくわからん。選択肢程度の印象。

遊戯王ZEXAL
《影無茶ナイト》
《フォトン・ワイバーン》
《フォトン・サンクチュアリ》
《反射光子流》
《オヤコーン》
《No.50 ブラック・コーン号》【ランク4】
《OToサンダー》
《OKaサンダー》
《ONeサンダー》
《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》
《スピリット変換装置》
《サンダー・シーホース》【エレキ】
《No.22 不乱健》【暗黒界】
《カチコチドラゴン》
《バハムート・シャーク》【リチュアエクシーズ】

計15種。うち半分弱がまとまったシリーズと、まだまだ少ない。
主要キャラの使うカードがアニメと似通っており、新モチーフの発生テンポも低め。
最近のVJEはDT等既存シリーズやアニメカードの傾向が多かったのも一因。
定期購読商法だけ残して、プレミアパック等から手を引きつつあるのかもしれない。


ということで
GXの影響が大きく感じるのは、そもそも巻数が他の倍ほどある他、
 単独で連載していた期間も長かったことが大きいのかもしれない。
 GX晩期~5D's期完走と、最も景気良さそうな時期だったのも大きい。
(思い込みかもしれないが、ニコ動等で広まった5D's期が最も景気が良かったと思っている。
  DTやGSのような殿様商売も多かった時期であるし。近年の減速感。)
R期は限定カード足りうる大型を如何に使うかが重要だったが、近年は如何に使いやすいカードでシンクロ・エクシーズを決めるかのため、このような派手なポジションのカードが微妙な立ち位置になるのもやむなしか。
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ