決闘帳簿5

ツイッターで誤魔化していたからまた半年ぶりな連番記事。

デッキ:ショッカー
 今回は3積ドドドバスターの使い心地評価が主目的。
 平気でアドバンス召喚するデッキなので、リリース確保要員としても十分仕事する見込み。
 終末グレファーからの★4要員も兼ねられるため悪くないと見ていたが・・・

①HERO オーシャン軸
1:× ドドバスが3枚とも来てガッツリ仕事の様子をみせるも、超融合で突破され乙
2:〇 アブソやパールに立ちはだかれるも、エクサビートルを交えた詰めデュエルで突破
3:〇 禁止令で超融合、ショッカーで罠を封じて圧殺

 除去のきく魔法持ちはやはり辛い。超融合は特にチェーンで対応できないし。
 オーシャンを和睦で防衛してアドを稼ぐ形式だったようだが、大体発動前処分ができたのが勝因か。

 本日のハイライト。どんだけ無理やり突破してんだ
  パール・グレートトルネードVS半減ショッカー・ホープ
   ホープリリースディアボ
   →ディアボショッカーでエクサ、リターナー装備
   →効果でGT除去しつつショッカー再生、和睦で防御を図られる
   →エクサ重ねガイドラ2600で和睦パール2600に自爆特攻
   →外れたディアボとショッカーでトレミス、パール除去
 
②ヴェルズ
1:〇 手札があまり良くないようで、下級ビートをオーガドラグーンで始末して乙
2:〇 オピオン2回をエレクトリックワームで処分成功して突破

 本来相性最悪のオピオンを突破できたのはでかい。エレクトリックワーム様様。
 オピオンさえ処理できれば、他は罠ビのためショッカーで進める。

③準決勝・暗黒界
1:〇 ゴーズ後のターンに激流食らったが、ダムド皿蘇生グラファで即死
2:× 高打点が来ずグラファにつぶされる
3:〇 グラファを突破できそうだった所をプレミして終了

 瘴気を適用後にサイクを打ってしまったというアホプレミ。それじゃスノウは止まりません。
 瘴気前にサイクでキャリアキープorサイク撃たずにサモプリコスト ができれば結果は違っただろうに…。
 下手に大嵐もあったものだから使う順番が混乱してしまった。要精神修行。
 皿開闢でグラファは比較的処理の当てがあったものの、属性が偏り上手く出せなかったきらいはある。
 クリッターからサーチできる光がプリズムのみ。あぁ、ヴェーラー入れた方がいいなこれ・・・

④3位決定戦・リローダーパーミッション
1:〇 ショッカー通して早々にサレンダー
2:× 尽く出足を潰され、リローダーのアド差の前に屈服
3:〇 ガンを封殺してショッカー通してビート

 パーミ戦。罠に強いとはいえ警告他カウンターは苦手なため、先出し有利の勝負。
 先行ショッカー→ゼンマイン特攻で処分→トフェニを囮にサイドラ通してフォートレスという熱いやり取り。


ショッカーはやはり楽しいね。罠強めの環境になってるから特定デッキに限らず広く有利を取れる。
半ばガンメタになることもあって心苦しいけど、その苦悶の表情が糧となるのです(ドS

ドドドバスターは結果として、初戦で速攻をかけるための見せ札運用が吉ではないでしょうか。
なんだかんだダブつくほど使いやすいってのは珍しい性質で、面白いカードだと思う。
逆に3枚突っ込まないと機能しにくいので、サイドチェンジの3枠空けるスペースだったともいえる。

ショッカーで上を狙える目が見えて来たので、もうしばらく頑張れそう。めざせ優勝。CSは…ないだろ
スポンサーサイト

高専って薦めていいもの?

diary.sorah 辺りの、高専・大学への進学についての考えを示したエントリを見た雑感。
ぶっちゃけ平日の夕方にこんなことしているようになった糞院生の個人的な思いなので、役に立つ意見かはわからん。

自身の背景としては、
 中二病こじらせて意気揚々と地元高専に推薦入学
→先生に渋い顔されながらなかば惰性的価値観で専攻科進学
→就活で即座に心折れて技科大に侵入
→就活に鬱ち混む(打ち込むとはいえない)現在
  といった所。

高専は「専門家の養成機関」「変人の巣窟」「厳しい環境」などと言われますが。
 果たしてそんな大層な所だったのかと言われると、私にはわからない。
 寮に引きこもって一般的高校大学生と7年交流してない視野の狭さのせいもありましょうが。

続きを読む -高専って薦めていいもの?-

テーマ : 高専(高等専門学校)
ジャンル : 学校・教育

エースを守る・対抗するためのチェックリスト

黒ひげとの対峙を阻止したり、赤犬に貫かれないための話ではありません。

遊戯王における勝ち筋には3種類あると思う。

1.大量破壊兵器
 ダムド・デミスの様に相手の札を「剥がす」ことに長けるカード。
 がら空きの場に引導をねじ込む。

2.人海戦術
 ゼンマイ・聖刻の様な近年のワンキルに多い物量で攻める方法。
 方法によっては奈落のような単体妨害では止まらず、相手の妨害を「超えて」押しつぶす。

3.武力制圧
 強力なエースを守り、相手の手を「潰して」叩きこむ。
 エースに求められるのは、ラギアオピオンの様な干渉力や白竜安地のような鉄壁防御。

今回のテーマは3におけるエースの防御力について。
 この方法では、相手の札を率先して削るわけではないため、「腐らせる」ことが重要となる。

例に挙げた白竜安地(仕組み:お互いに破壊耐性を与え合う)の場合では、
 ・白竜効果でサイクロン等のバック破壊が腐る
 ・安地効果で幽閉のような対象を取るモンスター除去が腐る
 ・同様に破壊カードは黒穴等の対象を取らないものも腐る
 ・グアイバシュラ等戦闘破壊に関係するカードも腐る
 ・単騎で維持された場合、ラヴァゴも腐る、マンドラゴ等も厳しい

 といった形に。対して有効牌は
 
 ・対象を取らない破壊以外のモンスター除去、グランモール等
 ・破壊以外の魔法罠除去、こちらは爆風の様に対象をとってもよい
 ・スキドレ・お触れ等片方の効果を封じて対処
 ・死霊等の防御札、ドリルウォリアーやバーンの様な相手を無視できるもの
 ・デッキ破壊・特殊勝利・ライフ差によるエクストラキル

 等が挙げられる。
 これらのみをマストカウンターとして封じるか、出される前に決着をつけることが求められる。

では、マストカウンター足りうるものはどんなものがあるのか、というのが今回のまとめ。
 ヴェノミナーガですらラヴァゴといった弱点があるわけで。
 完全にはなれない僕らだから、脅かすものは何なのかを知っておきましょう。

まず、防御側に挙げられる文句の整理。

・戦闘によって破壊されない
 下級によく見られる耐性。ユベルなどはこの効果に依存したデザインがなされている。
 「ただしダメージはうけてもらうぞ」が通用するため、そこまで影響力のある耐性ではない。

・攻撃対象にできない
 地縛神等に見られる君臨効果。エクスカリバーの様な奇襲に事故死させられない。
 対象をとらない破壊以外という鬼門は女戦士・グランモールなど戦闘誘発も多いため安心度も高め。
 自身以外は戦闘可能なので《コマンド・ナイト》等は順に剥がされると維持できない。

・攻撃できない
 相手の戦闘行動への干渉。全員まとめて守れる。
 ただし範囲が指定されることも多く、《スクリーン・オブ・レッド》など無差別はコストが重かったりする。

・ステータスが高い
 対戦闘において最も単純かつ明快な能力。
 特に、攻撃力は聖槍を始めとして対応できるが、高守備は地味に突破が難しい。
 フォレストマンなんかは対下級戦においてこれで保持して融合サーチアドを稼ごうとするデザイン。
 こういったケースに強いのはゲイルなどが挙げられるが、効果を通した方がやりやすい。

・効果によって破壊されない/代わりに破壊できる
 最低限欲しい耐性としてよく挙げられる。
 エクシーズではソルデティラスの様に維持条件があったり、マインマエスの様に残機制が多い。

・効果の対象にならない
 陽炎獣を始めとして、オマケ程度につけられることが多い耐性。
 しかしその実は破壊対策の単体除去を尽く無視する強耐性でもある。
 ヴェーラー・聖杯等妨害は単体対象も多く、あると厳しい耐性。
 破壊耐性が無い場合は、激流葬などでの対応が求められる。

・効果を受けない
 効果耐性の中でも最も強いもの。無効にする誘発効果は天罰のような発動無効破壊の隙を与える。
 そのため「ある意味ホルスはLv6の方が強い」とすら言われた。
 ヴェノミナーガでもない限り大抵範囲は絞られているため、範囲外効果か戦闘破壊が主となる。

・無効にできない
 神などに見られる相手の妨害を無視する能力であり、どちらかというと攻撃寄り。
 《The splendid VENUS》なんかは、コンボを通す防御のために使うこともできなくもない。


・召喚・特殊召喚できない/発動できない/セットできない
 そもそも対応札を撃たせない方策。
 行動の阻害により、札があっても腐らせる。
 こればっかりは縛られていない動作で如何に対応できるかにかかっている。
 発動封じは、永続効果の「適用」で突破できる例もある。

・除外することができる/手札に戻る
 チェーンビートの名で一躍有名になった回避案。効果範囲から離れることで疑似的に耐性として働く。
 《ゼンマイラビット》《ヴェルズ・サンダーバード》が有名か。
 《ドリル・ウォリアー》もQDWで似たような動きをしており、《TG-ブレードガンナー》も地味に強い。
 古くはスピリットがこの方法論の創設者で、《八咫烏》《月読命》は除去しづらさも評価点の一つだった。
 対策は効果発動に被せて除去や無効を打つことであり、それでも確実に1枚は無駄打ちさせる強さを持つ。

・~の時、特殊召喚できる
 所定の倒し方をしないと甦るタイプ。除去自体は通るが結果的に目減りしない。
 今流行の炎王の他、インティクイラも破壊される限り輪廻転生を繰り返す。
 厄介なのは自爆でも満たせる場合。正解の除去法を回避された挙句帰ってくる。
 スターダスト系列も似たようなシステムを持っており、攻撃力の高い進化系は非常に制圧力が高い。

・特殊事例
 コントロールは変更できない(盲信するゴブリン)
 対象を取らない効果を受けない(深海王デビルシャーク)
 対象をこちらで選択する(ノーブル・ド・ノワール)
 対象を移し替える(水精鱗-アビストリーテ)

対応札の例

《次元幽閉》《奈落の落とし穴》
 近年よく比較される、再利用封じを兼ねた除去札。
 前者は破壊を含まないため通りやすい他、後出し対応可能のため比較的制圧エースに強い。
 後者は破壊耐性に阻まれるものの、対象をとらず複数にも対応可能。起動効果の先潰しもできる。

《因果切断》
 手札コストが厳しいためあまり注目されないが、上記2枚のいいと所どりのカードであったりする。
 破壊ではないかつ後出し有効で対応範囲は広い。ただし対象はとる。

《強制脱出装置》
 こちらも対象耐性以外で防ぎにくい汎用カード。コストもなく自己回収もあるため腐りにくい。
 蘇生再利用できないため対最上級やシンクロ・エクシーズに有効だが、連発型には再召喚されやすい。

《クイーンマドルチェ・ティアラミス》
 専用カードだが、引導に切り返しに活躍の場が広い大エース。
 なにせ「対象にとらないデッキバウンス」という最大級に防ぎにくい効果範囲である。
 発動潰し以外でこれに耐えられるのは、モン効果を受けないヴェノミナーガ様ぐらいのもの。

《天魔神ノーレラス》《ダークエンド・ドラゴン》《N0.50 ブラック・コーン号》
 「墓地に送る」であり、スタロ等をすり抜ける。特に前者は対象も取らない。
 クリッター程度以外の誘発もほぼ許さずに安全に墓地に送還できる。

《スキルドレイン》《禁じられた聖杯》《D・HERO Bloo-D》
《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》《人造人間 サイコ・ショッカー》
《マジック・ディフレクター》
 ステータスと違い耐性はあくまで効果テキストのため、要素を無効にすることで突破できる。
 Bloo-Dは装備という対象耐性以外で防げない効果も持っており、切り返しに強い

《月の書》《交響魔人マエストローク》
 対象耐性以外は、これで耐性をキャンセルすることで戦闘・効果が有効にしやすい。
 高い攻撃力でも守備はそれほどなカードは多く、マエスならDEF1750以下はカモ。
 効果耐性は突破できるが、戦闘耐性はドリルロイド等でもない限り無視はできないのは注意。

《強制転移》
 制圧系に対しある意味最悪の相性となるカード。対象を取らない、破壊もしない。
 その上にその制圧力を逆利用されかねず、場を整える特化構成だと対応不可に陥りかねない。
 パワーファイターは自身のパワーを利用されることを考えておかねばならない。
 これの対策は《洗脳解除》の様な特定札の他、犠牲にできる2体目をチェーンしてSSできる用意が必要となる。

《溶岩魔人ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》
 相手のカードをコストにするという、防御不可能の除去。
 これらはリリースという行為自体を封じるピンポイント対策でないと対応不能。
 幸い、特殊召喚コストであるのでSS封じでも対応可能。
 これが《痛み分け》だと行為の要求となり、サモプリ等しか耐えられない。
 

エースを突破するチェックリスト
 以下のどれかに回答がないデッキは、沈黙させられる結果になります。

・破壊可能か
・対象にとらずに除去できるか
 →フィールド全体に及ぶ、条件を満たさせる
・破壊以外の除去法は用意できているか
 →直接除外、墓地に送る、手札・デッキに戻す、コントロール奪取+処理、装備カード化
・効果を無効・セットで非適用状態にできるか
・最高打点はどこまで出せるか 理想は門グラファの3000対応
・転移・蘇生で奪われた自分のモンスターに対応できるか


制圧型モンスター 攻撃力早見表

0 ユベル N0.92
100 No.53
2200 ナチュル・ビースト
2300 ドルカ
2400 ラギア セイクリッド・オメガ 赤影 虚無魔人 ショッカー 進撃帝 ネフティス
2500 ホープ 星屑 シエン クイラ パルキオン ヴェノミナーガ(スネークレインで4+1墓地)
2550 オピオン
2600 ソルデ ティラス
2700 白竜の忍者 ダーク・シムルグ ガルドニクス
2800 クリスティア
3000 オーガ・ドラグーン ジュラック・タイタン ヴァラファール インティ
3500 バジリコック素材5
4000 オベリスク クェーサー
5000 F・G・D

以降思いついたら更新

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ