ごめんね素直じゃなくて 略して GS

GS2013確定情報。
ジャンフェスパックの時もそうだったし、カードデータベースの情報が今後最速になっていくのかしら
 タイトルは魔が差しました。別に月読命だからセーラームーンってわけじゃないです

http://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=1&sess=1&pid=3310005&rp=99999

はい、予想記事の方が度重なる追記でごちゃごちゃしてきたので正解まとめ。
太字が自分の予想成功例。バブーンは途中でスタメン落ちさせてたけど一応正解に入れる。

•GS05-JP002 《素早いモモンガ》 (Gold)
•GS05-JP003 《月読命》 (Gold)
•GS05-JP006 《森の番人グリーン・バブーン》 (Gold)
•GS05-JP007 《E・HERO エアーマン》 (Gold)
•GS05-JP008 《エフェクト・ヴェーラー》 (Gold)
•GS05-JP009 《ブラック・ローズ・ドラゴン》 (Gold)
•GS05-JP010 《ナチュル・ビースト》 (Gold)
•GS05-JP011 《ガチガチガンテツ》 (Gold)
•GS05-JP012 《ラヴァルバル・チェイン》 (Gold)
•GS05-JP013 《精神操作》 (Gold)
•GS05-JP014 《魔導師の力》 (Gold)
•GS05-JP017 《禁じられた聖杯》 (Gold)
•GS05-JP018 《マクロコスモス》 (Gold)
•GS05-JP019 《くず鉄のかかし》 (Gold)
•GS05-JP020 《神の警告》 (Gold)
•GS05-JP0XX 《THE トリッキー》 (Gold)
•GS05-JP0XX 《地帝グランマーグ》 (Gold)
•GS05-JP0XX 《ディメンション・マジック》 (Gold)
•GS05-JP0XX 《レベル制限B地区》 (Gold)
•GS05-JP0XX 《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》 (Gold)

始めに確定していた3種を除くと、ナチュビ含めて正答率 6/17。30%強なら上々。
黒薔薇B地区は一応頭の隅にあった分、外したのは遺憾です。

以下個人的雑感。

《月読命》
 禁止復帰枠兼歴史枠「ツクヨミライン」。
 単体広汎用でもあり、GS「らしさ」でいえば今回の顔。
 結局ろくに採用されていないあたりの残念っぷりも非常にらしい。

《森の番人グリーン・バブーン》
 限定枠であり歴史枠「バブーンビート」「エラッタ」。
 当時の資産ゲー環境にあればよかっただろうにGS。当時なら汎用再録は崇められただろうし。
 また、異例の「裁定変更により制限緩和」という事例を作り出した存在でもある。
  これは来年、《ドル・ドラ》来ちまうぜ?(絶望)
 彼奴のタイミングのいい所は、破壊を多用する【炎王】と相性がいい点。獣キリンしかいないけど。
 また発動時に破壊効果があり打点も補える《オレイカルコスの結界》とも好相性。
  往年と同じ動きはできないとはいえ、オポッサムによる能動SSもあり力は取り戻しつつある。
 すなわち、近年間接強化が進んでおり販促にちょうどいい存在だったんだよ!!Ω<ナ、ナンダッテー

《素早いモモンガ》
 どうみてもバブーンの随伴。
 とはいえ、2体同時SSは★2要員や最上級アドバンスにも活用が利く。
 回復効果もワンキル抑止となり、使い道が広い意外とよいカード。決闘者の応用力が試される。
 ウィルスはデビルズゲートに入ったから我慢しなさい。

《THE トリッキー》
 限定枠。またバブーン共々DTノーレア経験枠であったりする。
 《トリッキー・マジック4》の件もあり、【幻獣機】等を見越した未来環境に生きている。
 ケルベアカナイとかトリス他★5とか応用力は結構あるものの、流行らないカード。頒布数のせいか。
 【魔導】のトリス軸強化の可能性を考えると、残る3枚のアルカナに期待がかかる。

《E・HERO エアーマン》
 初期は3積みで猛威を振るい、近年も【アライブHERO】他でブイブイ言わせた歴史枠。
 制限枠かつ限定枠でもあると、よくよく見るとGSの申し子なカード。
 地味にカテゴリ指定のカードは《裁きの龍》以来の珍しい存在。ネクロバレーはメタ枠でしょ

《エフェクト・ヴェーラー》
 「虫環境」を捌きぬいた圧倒的歴史枠。一度再録済にもかかわらず高騰枠だった魔性のカード
 実は地味にチューナー初収録である。【GS】でも星屑以外のシンクロが使える様になりました。
  素材指定のグングニールも、ちょうど相方にメビウスがいるという運命力。ナチュビは諦めて

《ブラック・ローズ・ドラゴン》
 白枠の中でも無難な立ち位置。グングが素材指定な点を考慮すると、これで汎用☆5~9が出揃った。
 黒穴復帰と黒枠環境もあって近年はほとんど見ないが、ピーク時は3積されて制限経験もある。
 アニメZEXALで一時期乱発されたATK0効果のある意味先駆け。
 いやしかし、NSデブリ黒ボンからのぶっぱだけでターンを回してられないとか、環境も速くなったもんだ。
 近年は後続サーチが強いせいで、ぶっぱしても消耗戦トップ勝負に持ち込みにくいのよね

《ナチュル・ビースト》
 白枠・DT枠かつ、新たな取り組みとしてのアンケート、「マーケティング枠」
 【カラクリ】【六武衆】と需要は偏っているが、制圧力は大きい。
 獣強化の流れにも引っ張られつつある、今後が期待されるカード。

《ガチガチガンテツ》
 黒枠に加え、スターター枠。モモンガの波及効果ここにもあり。
  遊星カードの新規はDPやDEでの再録ができたものの、ぽっと出は入れどころが難しいからねぇ
 今をときめく【海皇】系統の他、【代行天使】でも能力を見せつけた歴史枠でもある。
  初出からの手のひら返しもいい思い出。要は無理なくギミックに組み込まれたか。

《ラヴァルバル・チェイン》
 TUEEEEEEE! の一言だけで歴史枠にいれていい気がする一枚。
 販売元的には、中古市場の暴走を見てどんな気持ちだったのでしょうねぇ・・・
 黒枠・DT枠でもある。
 各所でギミックに組み込まれているものの、TOP環境で猛威を振るっているかと言われると微妙・・・
 
《地帝グランマーグ》
 いつもの帝枠。来年に期待。 そろそろガイウス欲しいけどシングルは微妙に手が伸びない。
 罠環境・リバース地雷にフレキシブルに対応できるのはそう悪くもないはずなものの・・・。
 リンデのような破壊自体が地雷なものも多く、なかなか評価されない。ふぐぅ。

《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》
 ファッ!? と言いたくなる寝耳に水枠。一応制限緩和枠ではある。
 しかしWikiのカードプールの変遷に名を連ねていないように、イマイチ当時現役でないと有難味がわからない。
 むしろショッカー(とブレインコントロール)に続く、まさかの絽場枠。
 
《精神操作》
 制限枠のうち、NTR枠。ブレコ転移の他に、広義では蘇生やキメフォも含まれればレギュラー。
 これだけ縛りが厳しくても、シンクロエクシーズ他送りコスト、はたまたCXCとなんとでも使えるのが遊戯王の恐ろしい所。

《魔導師の力》
 制限経験枠。単品で強くても単品で完結しすぎると使われない近年の不文律。
 【炎星】あたりと相性は悪くないが、邪魔になったりそもそも間に合ってたり。

《禁じられた聖杯》
 汎用枠。発売当初は結構注目度高かった気がするが、今は聖槍にとってかわられた印象。
 バルバの様なコンボカードにもなってメタ枠としても優秀、いいカードではあるものの地味な扱い。

《マクロコスモス》
 メタ枠。ヘリオス一緒に収録しろよぉぉぉ!!
 こちらはメタ環境の住人常連ながら、あちらは【サンダー】で局所的に脚光を浴びただけのせいか。

《くず鉄のかかし》
 今年の攻撃反応枠は除去せずに停止できました。あとスターター枠。
 しかし未だに遊星のカードが2枚収録とは、凄い主人公だな彼も。

《神の警告》
 お触れ・宣告ときていた無効枠。スタロ星屑を入れれば2011以外には恒例。ナチュビも範囲内か。
 DERV出身が今回2枚同時と、前回の強謙と合わせるといかに良パックだったかが見て取れる。

《ディメンション・マジック》
 種族ピンポイント。スタロほどトリッキーとセットともいい難い。前回のGBAに続いたか?
 ストラク枠だったり【魔導】販促枠だったりするのだろうが、制限経験もなく微妙な立ち位置。

《レベル制限B地区》
 緩和枠のうち、ロック枠。残念化が進んでいるカードの1枚。
 来年はせめて少しは使いやすい《平和の使者》が来るのでしょうか。いいようなノーセンキューなような。

予想外れ反省会

・ダムルグ 
 ダメかなぁ・・・。セットメタ、地味に環境に利いてて面白いと思ったのだが。
・黄泉ガエル
 なんでや、そんなにカエルを黒歴史にしたいんすか
・名推理
 んー、タイミングはいい気がしていたが、歴史アド力が足りなかったか
 推理ゲートの相方(混沌の黒魔術師)が帰ってこれないからなぁ・・・
・護封壁
 ロック枠から選出するなら、緩和バラまき枠優先にすべきでした。レアリティも地味にB地区が上だし。

とりあえずノーレア臭いチェインを頑張って入手しなくちゃなー
 最近やっとチェインの就職に意義のあるデッキが組めて欲しくなってきた所存
しかし数足りてなくて嬉しいのヴェーラー聖杯しかないなぁ、まぁ毎回そんなもんか
スポンサーサイト

賛否の是非

なんだかおもしろい話題を見つけたから自分の雑感もまとめてみる。

どうも両者極端だなぁというのが第一印象。


元ネタ

13歳の息子へ、新しいiPhoneと使用契約書です。愛を込めて。母より

親が子供に携帯端末を与えるにあたっての、注意事項を連ねたもの。
親が子供にこうあってほしいという姿への思想が明確で、行為自体は立派なもの。

iPhoneの使用契約書の記事を読んで感動する人は親になる資格などない。

それに対するブロガーの反論のうちの一つ。
要旨としては、ガチガチに縛りすぎで親のエゴだ、といった所と解釈。


内容の精査は他の方々がどうとでも言っているし、契約なんだから親子間で了承が得られる形ならなんだって良いだろうとは思う。
個人的な興味の対象となるのは、この契約を肯定する人と否定する人が存在するという構造の方にある。

続きを読む -賛否の是非-

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ