一葉の紙幣に五千の想いを詰めて

半年に一度の制限改訂。
 遊戯王OCGはこれで使用可能枚数を制限する事により、ゲームバランスキープを図っています。

もしこれが無かった場合。
未だに【苦渋エクゾ】も現役なら【八咫ロック】も健在であり、【現世と冥界ワンキル】【ドグマブレード】も容赦しない、カオスの極みどころがガチのじゃんけんゲーとなる。
《エフェクト・ヴェーラー》等の出現もあり、現在も当時と同等の実力を持っているとは限らないが、カードプール膨張の裏で暴虐なデッキは野放しのまま。
そのため、逆にお伺いをたてるような差しさわりのないカードしかデザインできず、環境の変化も硬直的になるでしょう。
「使えないものを売るなよ」といった批判もありますが、拡張性のあるゲームとして存続してゆくうえで一定の意味を持った制度でもあります。

しかしそれでも、インフレを際限なく進めてゆくビジネスモデルである以上、最新のデザイナーズデッキと旧来のカードを用いたデッキには大きな差が生じます。
長く愛したデッキが全く戦えなくなることに、一抹の切なさを覚えることも多い。
しかし制限改訂はあくまで「商業的な存続」を目的としたものであり、主に最新のカードのため。
旧シリーズ魔改造等で一定の配慮はしつつも、涙を飲む古参の数々にはなかなか応えてくれません。

そんな中で独自の規制を制定した有志の大会も企画されているようです。
 今回のテーマは、そんな独自ルールに対する考察です。

遊戯王ADS大会@wiki-樋口杯

貨幣偽造スリーブ
 樋口スリーブ。90度回転させてご利用ください。

続きを読む -一葉の紙幣に五千の想いを詰めて-

スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

一坪の開岩戦 -SHSP考3・《帝王の開岩》-

カードテキストが確認できていなかったので保留していましたが、Vジャン解放に伴いwikiにもアップされたので見てみる。

《帝王の開岩》 永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
また、自分がアドバンス召喚に成功した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
「帝王の開岩」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
●アドバンス召喚したモンスターとカード名が異なる攻撃力2400/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。
●アドバンス召喚したモンスターとカード名が異なる攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。


要約すると、上級・最上級が《セイクリッド・エスカ》になるというカード。
 主なサーチ先は6属性8種の上級帝と、今後霊神枠として追加されるとみられる進化した帝。
「帝」が普通に多すぎて名前指定ができない分、共通デザインであるステータスを指定して対象にしたサーチ。
 性質としては《ゼンマイマニファクチュア》が近いと言えるか。
ちなみに英語で帝に共通する《Monarch》=君主は他に使用しているモンスターが居ないため、英語でならば名称指定は可能の様子。
海外で違うモンスターに用いられているが故に闇属性指定がされた《ヴァンパイア》とは逆の立場。
いうて、海外のみvampireついてるのって《吸血コアラ》《ブラッド・オーキス》の2体程度だから昔懐かし例外指定できたんだけどね…。
攻守の被った《帝》とつくモンスターも実は他に居ないため、ステータス片方指定と併用すれば名称指定は可能だったりする。

とはいえ、近年は名称指定のシリーズでしか絆パワーが発揮されず、デッキが硬直化し辟易していた所。
偶然の一致でサポートが得られたカードが存在するのは面白い。
《サイコ・エンペラー》といういかにも帝を意識したカードも居るためこの指定なのかもしれない。

それでは各種帝の他に恩恵を受けた方々のご紹介です。

続きを読む -一坪の開岩戦 -SHSP考3・《帝王の開岩》--

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

飽くなきパロディズムの無頓着-《貪欲で無欲な壺》‐

SHSPフラゲより面白そうなカード考察その2。

《貪欲で無欲な壺》通常魔法
メインフェイズ1の開始時に自分の墓地から異なる種族のモンスター3対を選択して発動できる。
選択したモンスター3体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。


禁止となった《強欲な壺》の逆効果パロディ《謙虚な壺》とパロディ合成した《強欲で謙虚な壺》。
それを、条件を追加した調整版《貪欲な壺》とそのパロディ《無欲な壺》を合成した・・・
 えーと何次創作?
 壺のフォルムが結構変わっている強謙と違い、こちらは意外と原型に近かったりする。
強欲と謙虚は正対しないため、どことなくうまく混ざり合った効果でしたが。
こちらは辞書にも⇔つくぐらいの対立概念。もうどんな壺なのか矛盾していてわかったものじゃない。
結果、現在制限の《貪欲な壺》の更なる調整版のような効果になり、無欲要素はうやむやに。

改めて効果精査。

○発動タイミング指定
 かの《大寒波》と同じタイミング。実質1ターンに1枚制限。
 条件の関係上、スタンバイ中に墓地を揃えられないと先行1ターン目からブン回すことはできない。
 ちなみにそれができるのは、実質《手札断殺》2連続発動した場合程度。

○発動時の対象指定
 5枚と2枚が折衷し3枚へ。比べると条件は緩和されたと言えなくもない。
 ただし異種族指定から、利用できるデッキは絞られることに。
 とはいえ元々【雑貨貪欲ターボ】のようなデッキは様々なカードが入りそこまで難しい指定でもない。
 同種族を貯めていく【ガジェット】【ハーピィ】等は、エクシーズ先を戻せば使えるものの・・・。

○制約
 パロディ元のSS不可に対し、バトルフェイズ不可。
 仮にも1:2交換で物量が得られるカードではあるものの、戦闘を介すワンキルパーツ集めには一手遅れる。
 ならば踏み倒せる先行1ターン目に使いたいが、上記の制限で使用は絶望的。

アドバンテージを得ても、活用は先送り。さて、ならばどんなデッキで使うのが適切でしょうか?

続きを読む -飽くなきパロディズムの無頓着-《貪欲で無欲な壺》‐-

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ