四大元素の光無き道標《ダーク・ドリアード》

シリーズ売りが定着し、ブースターSPに至ってはストラクばりに特定少数のデッキパーツで固めた新規収録を行っていた昨今。
DTの再来といわんばかりに一定のカテゴリで回した9期前半と比べると、後半は2回収録の竜戦士フォロアーと8種1シリーズの単発。
そんなこんなで、BOSHは単騎採用もできそうな汎用と1枚から専用デッキを導く尖ったカードが増えているようです。

中でも面白いのが、こちら。

《ダーク・ドリアード》 ☆4 ◇5 闇/魔法使い 攻1800/守1400

【P】①:自分フィールドの地・水・炎・風属性モンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドのモンスターの属性の種類×200アップする。
【M】①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから地・水・炎・風属性モンスターを1体ずつ選び、好きな順番でデッキの上に戻す。


色違いの《ハイ・プリーステス》が《プリーステス・オーム》として闇リメイクされている中での更なるリメイク。
そのくせ《精霊術士ドリアード》を意識して闇属性と全く関係ない所がオツ。

P効果は最大で4、5体を1000アップ(ダーク・シムルグ等が通れば1200アップもあり得る)。
 同様に範囲の広い《召魔装着》も地味に強いため、これはこれで優秀な設置魔法。

しかし真価はやはりモンスター効果に有り。
デッキトップ操作は数あれど、デッキ全体から4枚ものカードを積み込めるのはかつてない効果。
 例:《カード・アドバンス》     対象デッキトップ5枚    5枚操作
   《ラヴァルバル・チェイン》  対象デッキ全体       1枚操作
   《森羅の施し》         対象森羅を含む手札2枚 2枚操作
 このように並べると、効果の自由度の高さがわかるでしょうか。
 闇が対象外なのでトップデーモンなどは出来ませんが、それでも範囲は広い。

ということで、デッキトップ4枚を駆使して何が出来るかの思考実験です。

続きを読む -四大元素の光無き道標《ダーク・ドリアード》-

スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ