1エントリーだけ、ケルピーを語る[カルドセプトリボルト紹介]

INOVのカードが面白いので遊戯王も勿論やっていますが、最近はそれに加えて別のゲームにお熱です。

 カルドセプト リボルト

大宮ソフトという老舗有限会社が発売しているカードゲーム&ボードゲームのハイブリットなゲームです。
ボードゲーム要素による運が絡むために、バランス調整間違えたTCGのようにデッキ構築や初手の塩梅だけで蹂躙ゲーになることはほぼない独自性のあるゲームシステム。
一方でただのすごろくのように運だけが全てでもなく、構築力もプレイングもプレイヤー自身の実力が試される絶妙なバランス。
カードゲームとはいいつつアナログ処理はなかなか難しそうな、複雑で奥深い関係性。
好きな人は垂涎ものの楽しいゲームです。

で、前作はそれでも「俺はすきだよ、まあ」といった程度で、ちょっと他人に薦めるには重い部分のあるゲームかなーといった印象でした。
今作はそういったちょっとモヤモヤした部分が軒並みブラッシュアップ。リボルト=反乱の名に恥じない革命的な仕上がりです。
自分は前作「3DS」からのプレイヤーで、まだまだ深淵に触れたセプター(類意:デュエリスト)でもないのですが、それでも今作が素晴らしいってのはわかります。
そんだけ良い物なので、このブログでも取り上げて勧誘してみよう!ってのがこの記事の発端の一つです。
カードゲーマーを名乗っておきながら遊戯王しかやってない奴ですからね、こういったテンションで重い腰をあげたのが他にご当地大戦しか無いってあたり、察して頂けると幸いです。

とはいえ包括的な記事は他の方も書かれているので、自分はいきなり趣味に走らせて頂きます。
今までの遊戯王デッキ記事でもお分かりになると思いますが、ひねくれ者なので尖ったカードが大好きです。
そんな私の愛するカードの中に、「今作めっちゃ強化されてね?」と思った奴がいます。






3DS版 47922711.jpg

 お前、今まではもっとシーホースみたいなゲテモノやったやないかい!!!

まさかのイラストアドから大幅強化を得てしまった「ケルピー」
色々イラストが更新されたカード達の中でも、ひときわ目立つ変化。魚族から幻竜族になってる。
そんな奴ですが、単体ではむしろ配置コストが70→80に上がってるし、使用可能アイテムの縛りも増えているしとパッと見は規制をされた側。
しかし、ルール変更や新カード達による環境の変化を一身に受け、むしろ追い風に溢れていると思うのです。

そんなケルピーたんを軸に、旧作からリボルトされた部分をご紹介したいと思います。

続きを読む -1エントリーだけ、ケルピーを語る[カルドセプトリボルト紹介]-

スポンサーサイト

テーマ : カルドセプト リボルト
ジャンル : ゲーム

ネット世界の片隅ブログで【占装砲】を語る

公認大会初優勝できました。 やったぁぁぁぁ!!

CSのような殺伐とした環境でもないのになぜそんなことで喜べるのかとお思いでしょう。

本ブログの過去ログをご覧になるとお分かりになると思いますが、私はTPのような勝利を第一目的とした環境で戦う人たちの視点からみればいわゆる「ファンデッカス」側の人間です。
実績のあるもののコピーデッキではない、自分のオリジナルとして「勝てるデッキ」組み上げたいとツッパり続けるのが自分のカードゲームの遊び方なわけです。勝手に縛りプレイを背負っている愉快犯ですね。
所詮地方の8人トーナメントでも一応の「勝てるデッキ」の手がかりが掴めてきたことで、いい歳こいて成長を感じたわけです。

そんな自分の想いと妄執の詰まったデッキがこちらになります。

占術錬装業火砲

【占術姫メタルフォーゼエクゾ】とかいう60枚キメラ。お前アホだろって思うでしょ?
長すぎてダサいので【占装砲】とでもしましょうか。戦争法?

新弾新規も含んだテストデッキでもあったので、まだ改良の余地はあります。
今期は引き続きこいつと頑張るとして、自分のまとめも兼ねて解説を。

続きを読む -ネット世界の片隅ブログで【占装砲】を語る-

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ