高等株式術~10期世代のデッキ事情

さて、リンク召喚によってパワーバランスが変わる中、今後どういったカード・デッキが有効で、割を食ってるのは誰なのでしょうか。
各人それぞれでの考えもあるでしょうが、大雑把に考えてみます。

裁定が不明瞭な部分への言及はなるべく控え、わかる限りの内容です。
おかねのはなしみたいなタイトルですが、何が高騰するかは自分で考えましょう。

続きを読む -高等株式術~10期世代のデッキ事情-

スポンサーサイト

(・ω・\)フッハッ!(/・ω・)/イヤァア!  リンク召喚概論

フラゲのフラグ

ディスクにでっぱりあるな~と思ってたら、やっぱゾーン増設か・・・。

ペンデュラム概論とかも書いたしね、新ルールは自分の思考整理兼ねてちゃんと考えたい人です。

シンクロは「そういう召喚条件のモンスター」の追加だったため、比較的単純でした。
エクシーズは「素材を重ねる」「ランク」という新概念を新設するも、まだ理解が追いつく範囲です。
ペンデュラムは新ゾーンと独自裁定(エクストラ行き)を駆使し混乱を招くも、あくまで召喚法内でルールが完結していました。

しかし今回はこれまでの「召喚法の追加」だけにとどまらない、新ルールと密接にリンクした召喚法。それがリンク召喚。
結構まるごと考察する必要があります。何てカロリーだ


~おしながき~

 〇 これが新エキスパートルールだ! 〇 

・リンクモンスターの新登場
・エクストラゾーンの追加・メインモンスターゾーンとの分離
・エクストラデッキからの特殊召喚の配置制限
・ペンデュラムゾーンの魔法・罠ゾーンへの併合
・サイバース族の新登場

 〇 これがリンク召喚か!? 〇  (正しいか自信無い)

・ステータスとしての「リンク」とリンク素材
・レベル・表示形式が存在しない
・リンクアイコン


(・ω・\)フッハッ!(/・ω・)/イヤァア!

続きを読む -(・ω・\)フッハッ!(/・ω・)/イヤァア!  リンク召喚概論-

賢者構築のなれの果て-【4種の魔法使いによる狂想曲】

それで敗北するようであれば 所詮そこまでの決闘者であるということ -榊遊勝


経歴をざっと見て頂けるとお分かりの通り、私はファンデッキ寄りのカードゲーマーです。
エンタメデュエルに固執した遊矢ほどじゃないにせよ、皆さんそれぞれに大なり小なり考えの軸はあると思います。
現環境で最も効率的に勝利を挙げられる強さのカードは何か、よりも「オレが認めたこのカードの強さを証明する」の方がモチベーションとして優先されるタイプの人間が私です。

そのため使いたいカード・やりたいコンボありきで構築を始めるパターンが多いのですが、今回のデッキは「どうすればこの環境を戦い抜けるか」、メタビートに近い理念で構築しました。

wwmme.png

【WWマジェ召喚魔術】と大分きたないデッキ名になるため、 【四賢者】とでもしましょう。

ARC-V期は5Dsの流れを組むせいか、ドラゴンを並べて目立たせたがる傾向が強いようにみられます。
しかしその陰で禁止となったのはヒグルミ・ユニコーン、または自身は天使だがネフィリム。 要注意カードはシラユキ。
規制対象にのぼりつめるのは環境を【シャドール】【クラウンブレード】【EM】【魔術師】といった姿で制圧しつづけた魔法使い族でした。
【ブラック・マジシャン】などもあわせ、9期パワーの恩恵を最も受けた種族といえます。

そんな彼らを軸に、デッキ紹介というより、今の環境のメタり方として個人的に着目している話を主にしていきます。
愛を証明できないまま負け続ける前に、自分はどこまでの決闘者たりえるのか。腕試しです。

続きを読む -賢者構築のなれの果て-【4種の魔法使いによる狂想曲】-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ