遊戯王の歴史を振り返る10のカード-テキスタイズ編

ZEXAL期は筆が乗ったというか時間を浪費していたというか、コラム的なものも書いていたんですよ。
大分前なので内容を要所だけまとめますと

 ・遊戯王の歴史を振り返る10のカード

 ステータス編
 5000 F・G・D
 4000 オベリスク
 3000 青眼
 2800 ゴヨウ
 2500 スターダスト
 2400 ショッカー
 2100 サイドラ
 2000 ホーリー・エルフ
 1900 ジェミナイ・エルフ
 1500 クリッター効果
 1100 月読命
 
ルール編
  ギルファー「タイミングを逃す」
  暗黒界「効果」 海皇「コスト」
  ダリウス「付加効果と制約効果」
  ダーク・シムルグ「チェーンに乗る/乗らない」
  グレイモヤ「対象をとる/とらない」
  ゲーテ「効果未定」
  ダンセル「1ターンに1度」
  オネスト「ダメージステップ」
  バブーン「裁定変更」
  トゥーン・ワールド「エラッタ」
  「召喚時優先権」

プレイング編
 ゴーズ「攻撃順」
 オネスト「属性優位性」
 ヴェーラー「手札誘発」
 ダムド「墓地の数」
 マイクラ「フェイズ確認」
 フォートレス「融合素材」
 HERO「超融合」
 スタロ「破壊順」
 バードマン「発動/効果無効」
 トランス「マッチキル」
 

  
ZEXAL編
 ゼウス・ブレス
 ZW-一角獣皇槍
 フォトン・スラッシャー
 No.15 ギミック・パペット ジャイアントキラー
 超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
 オレイカルコスの結界
 オービタル7
 使用不可プロモ
 RUM-ヌメロン・フォース
 プリンセス・コロン
 発条空母ゼンマイティ


その後のルール・レギュレーション改定で例として適切じゃなくなったカードも散見されるなーとか、スマイルワールドあたりを軸にARC-V編を集めるのも楽しいかなーとか色々あるんですが、歴史は歴史なので過去記事の改変はさておきます。

さてARC-V期ともいえる9期は、単純なカードパワーの向上もさることながら、これまでにない概念をテキスタイズしたカードも多く開発されました。
今回はセンセーショナルなテキストをひっさげてきた《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》を記念として、強さ・特性とは別に概念の新しさとしての効果テキストそのものに焦点を絞って振り返ってみたいと思います。
だいたいはルール編のリメイクとも言えます。

おしながき

0.コストで帰還だと!?
1.相手フィールドに召喚だって!?
2.チェーンせずに効果を使う!?
3.しかしバトルフェイズは終了している!
4.既に「在」るからこそ「亡」くなるのさ!
5.タイミングのがさないノーネ
6.1ターンに1度しか発動できない ターンエンド
7.ターゲットロックオン!
8.このカードの制約により敗北が確定する!
9.モンスターではない、神だ!!!
10.墓地からトラップだと!?

続きを読む -遊戯王の歴史を振り返る10のカード-テキスタイズ編-

スポンサーサイト

インヴォーク・ダウングレード―或る王の役割

現在続々と店舗代表権利獲得の報が相次ぐ【十二獣】。
ライカ・ハマーコングの追加によってコンボの幅増加に加え、「ハマーコングによる対象耐性付ドランシア+次ターンのモルモラット手札」という布陣をどの十二獣モンスターからでも用意できるようになりました。
これにより、モルモ召喚ギミックだけに依存せず蛇馬羊を積み増しできるようになったのが現在の安定性の一端と言えます。

それ以前の登場直後はライカ不在により2体目の展開ができなかった故に、まずモルモありきでした。
そのため、他の面子はさておき天機・インヴォーカーといった直接モルモに繋がるギミックを優先していたわけです。
それが多すぎた上に会局と合わせ召喚権すら使わないベイゴマが存在したために規制されたのが2016末の遊戯王史。

さて、安定行動が確立したとはいえ、やはり最も爆発力があるのは初動でモルモラットを用意できた時です。
そのためベイゴマ亡きあとでもあくなきインヴォーカー召喚法の探求をするのもまた決闘者の性です。
《緊急テレポート》が減った後の超量帝代替ギミックのように、下位互換でも探しちゃう。
《ギャラクシー・ワーム》という選択肢もありますが、ある日こんなカードを見つけました。



《奇術王 ムーン・スター/Magical King Moonstar》

パッと見、何を言いたいのか分からないでしょう。わかる人は十二獣をよく理解できている人だと思います。
ひっじょーに特定用途ですが、こんな使い方できるカードもあるよっという参考紹介です。

続きを読む -インヴォーク・ダウングレード―或る王の役割-

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

それから食卓も回している~姉おなの時間軸検証


近年「料理」「食」をテーマにした作品は増加の一途をたどっており、世は正に大食欲時代です。
食戟のソーマが流れを汲むような初期の料理漫画のように「料理人」による高度な美食を競うだけでなく、外食・家食といった生活に根差した作品が増えていっているのも特徴です。

自分も自炊する身なのでいくつかこのジャンルの作品は集めているのですが、その中でも好きな作品を1作。

11124.jpg

姉のおなかをふくらませるのは僕 公式試し読み

そのまま読んでも「姉おな」と略してもアウトスレスレの絶妙なネーミングのタイトル。
真似したくなる家庭料理のレシピ漫画としての側面のほか、ふたりぐらしを営む義理の姉弟やその友人が織り成す小話が、時に笑えて時にエロく、人情味があったり哀愁を漂わせたり色んな楽しみ方のできるお話でオススメです。

で、4巻まで読んで気付いたのですが、この作品もしかして時系列シャッフルしてないか
ちょうどそれ街完結の余韻に浸っていたところでの発見だったのでテンション上がる。
物語の多様さとか会話劇の軽快さとか、ポストそれ街として通じる要素も確かに多い。丁度女子高生と男子小学生の姉弟だったり。

そんなかんじで、ちょっと時系列をわかる範囲で整理してみようと思い立ちました。


ちなみに出会いが1巻発売時に流れてきた宣伝ツイートで、フラジャイルだったり兄友だったり結構最近口コミに乗っかっちゃってるところ、ある。くやしいっでも便利な世の中だよ

続きを読む -それから食卓も回している~姉おなの時間軸検証-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ