高次世界から生まれる超越策―《メタバース》




総合公式サイトは念願の存在でお世話になっていますが、個人的にはサイトリンクのみよりツイートでテキストまで載ってる紹介形式の方が好きです(ブログに張って使いやすいから)。


そんなこんなで、「何回再録してんだよ」「盆回しも出たしもうすぐの命だな・・・」と言い続け かれこれ数カ月、ついに準制限がかかった《テラ・フォーミング》。
矢先に、新たな無償サーチが追加されたよオイ。


《メタバース》 通常罠
 デッキからフィールド魔法を1枚選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。


短い。 テキストの短いカードは強い不文律。言葉の意味的には《擬似空間》と大差ないけどちゃんと残る。
フィールドサーチの代替手段としては、《終焉の地》《ポップルアップ》、細かいところでは《ラストリゾート》などがありました。
これらはどれも発動条件があり、単純な積み増しとしてはカウントできませんでした。
そこにきて、発動条件なし かつ無償。 また消極的スタン落ちがなされてしまった。

特筆すべきはフリーチェーンであること。
フィールド魔法は先出し必須であることから、リスクを付与するタイプのカードは基本的に牽制扱いとなり、発動機会が少なくなりがちです。
これらを相手の動きを見てから出足撃ちで発動できるため、効果適用を前提としたデッキの運用難度が劇的に改善されました。
デッキから出す特性上対象も取らず、発動される効果内容が伏せられたまま適用に至るのも強力です。
既存のフィールドの逆利用を狙われた際には上書きによる緊急回避にも使えます。

また、「効果で別のカードを発動する」というのも地味に有効な特性です。
永続系の鬼門である「発動時の除去による不発」をかわせる、沈黙させられる魔法(の発動)メタを掻い潜れるといった付加能力があります。

もちろんこのカードも相互互換と呼ばざるを得ない欠点はあり、単純に強いだけではありません。
魔法であったこれまでと異なり罠であるためセットを介し、最速で相手ターンでの発動になります。
近年多いサーチ付きを初動に使えませんが、一方で《絶対王バック・ジャック》などのサポートは新たに得ました。
《盆回し》と違いサーチも選択肢のため《灰流うらら》にかかるも、逆に《ライオウ》《手違い》等からは逃げられるため【メタビート】では《テラ・フォーミング》よりも腐らせず採用できます。

近年の強いフィールド魔法というのは「初動の準備に優秀」といったものが多くあまり噛み合いませんが、特殊な状況を生み出す旧来のフィールド魔法にとってはありがたい存在です。
どんなカードと組み合わせうるか、考察が楽しいカードってこういうのなんですよね。以下事例。

続きを読む -高次世界から生まれる超越策―《メタバース》-

スポンサーサイト
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ