FC2ブログ
人気ブログランキングへ

【トリックリリス】で、通常罠を極める。

prize_1st.jpg

ランキングデュエル1期のプレイマットが頒布されましたね。
皆さんお忘れなくうけとりましたか? ここ に名前載ってたりしませんか?


int-1_image.png
さてそんな感じで最近のお気に入りデッキは、ストラクチャーデッキRにて新規収録された「リリースして発動」を利用するカード群、特に《悪魔嬢リリス》による通常罠運用を軸としたものです。
あれは新規6種(のうち4種。スマンな影王)で主要ギミックが成立するいいストラクチャーデッキです。
このデッキの利点をあげますと、

〇《闇黒世界-シャドウ・ディストピア》によって発動コストを除去として使える
  コストを押し付ける特性上、0:2交換といえる異様なアドバンテージを稼げる
  加えて闇属性化を利用した超融合スターヴも搭載可能、無効や耐性の突破に強い

〇《闇黒の魔王ディアボロス》の制圧力
  高打点・対象耐性・ハンデス・簡易な召喚法を兼ね揃える切り札

〇《悪王アフリマ》のフィールド・大型・ドローを選べる柔軟性
  打点もそこそこかつ除去砲台にもなるため、なにかしらの仕事はこなしてくれる

〇《悪魔嬢リリス》による多様な通常罠の使い分け
  素引き運に依存していた汎用罠を、ある程度選択的に活用できる
  誘発即時により往復2回発動可能な供給力の高さも魅力

〇ディストピア下のリリスが下級モンスターとしては高水準なフリーチェーン妨害
  特殊召喚に依存せずに動く余地があるため、特性はメタビートに近い

〇エクストラデッキへの依存度が低い
  「強力なコンボ要員」と一線を画す高いカードパワーをもち、メタ対応に強い


card_5.jpg
戦線維持としてはリリスにまつわる2つが特に重要。
途切れないようコンスタントに妨害を確保し続けられるため、初動ブン回し完封のようなタイプとは異なる、コントロールデッキらしい継続的な盤面の支配が行えるのが魅力です。
エクストラを使わず耐性を無視した除去が行えるので、世界大会でも猛威を振るったエクストラリンクにも突破の余地があるのは強みでしょう。

8183e60d.jpg
そして発売から約半年が経過した現在、SOULFUSIONにて収録されたは《トラップトリック》
併用することでリリスの選択確定のための3積みを2+トリックで代用でき、構築上の制約を緩和して罠カードの採用種類を広げることが可能になりました。

さて、ここまでは確保手段。それではその通常罠に何を選択するか?が今回の列挙テーマです。
【オルターガイスト】に負けじと、様々な罠を使いこなしてみましょう。

 ちなみに今回上記の画像は、公式サイトから引用・拝借しておりますよっと https://www.yugioh-card.com/japan/products/sr06/

続きを読む -【トリックリリス】で、通常罠を極める。-

スポンサーサイト

めんどくさい原作厨による映画感想「僕のヒーローアカデミアthe movie ~2人の英雄~」

1014674_01.jpg

公式サイト

ヒロアカ映画、興行実績もなかなかよろしいようで、読み切りの頃から堀越先生の作品を読んできた身としてもうれしい限りです。このままNARUTOやBLEACHに続く次世代の看板作品としての道を歩んでくれれば。

で、映画面白かった!? と訊かれると…ううむ?っとなってしまったのも事実。
斉木のときもガッタガタ言ってた身なんで、うるせー客だなとは我ながら思うんですが。
なんだかやっぱり、作品に対して魅力に感じている部分の、制作側と自分の齟齬なのかなぁと思っちゃったんだから仕方ないだろ ってなわけで。これが解釈違いって奴か。

ヒロアカの好きな部分ってどこなんだろう、とまた言語化する機会を兼ねて、ちょっと語らせてくだしあ。
 あ、ネタバレは普通に仄めかしちゃうんで観覧前の人はご注意を。

続きを読む -めんどくさい原作厨による映画感想「僕のヒーローアカデミアthe movie ~2人の英雄~」-

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
遊戯王コラムニストを名乗りたい感じの妙な総括記事も上げます。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ