さぁ、ビーストウォリアーの時間だ

《炎舞-「天璣」》≒増援
《炎舞-「天枢」》≒二重召喚
《炎舞-「天権」》≒汎発感染
《炎舞-「天璇」》≒突進

さぁ、炎舞が炎星指定でも炎属性指定でもなく、獣戦士指定で死角から強化が来ましたよっほい
元気になりそうな獣戦士の仲間たちを見てみましょう。
変換がややこしいので表記は天気・点数・点検・点線とします。酷い。

《獣神王バルバロス》
 現時点で最も汎用性があるとみられる主戦力。
 点検との相性が極大。聖杯と聖槍を同時に打つ如き打点回復+耐性。
 妥協時は激戦区の1900のため、2000や2200で上から殴れる範囲が広がるのも大きい。
 その気になれば点数で生贄を揃えた後に召喚権を使って全破壊も射程内に入った。
《獣神機王バルバロスUr》
 機械要素が混ざるのが難点だが、展開と打点のもつ力が大きい。
 点検で守りつつ、4100打点とオベリスクを殴り倒せる凄まじい存在。耐性も神っぽくなる。
 点検がBFまで持たず、ダメージがやはり通らないのは切ない所。

《剣闘獣ラクエル》《剣闘獣ダリウス》《剣闘獣ヘラクレイノス》
 地味に剣闘の主戦力は獣戦士だったりする。 アンダルを使った兎剣闘も捗るようになる。
 レイノスを維持しやすくなったのは手札消費を押さえられて有り難い。

《コアキメイル・ウルナイト》《コアキメイル・クルセイダー》
 ガイドを控えた我々コアキ研究者歓喜。
 インヴォーカーも強力だが、安定してひねり出せる今回の強化はでかい。
 心置きなくロックを鋼核サーチに回せる。
 副次的に永続魔法増加でアイスも動きやすくなった。

《セイクリッド・カウスト》《セイクリッド・ダバラン》
 天気と点数で先攻プレアデス率がまた上がってしまいましたよ奥さん
 暇な時にプレアデスで戻して再発動できるため、2体目とか悪夢もザラにありかねない。 

《X-セイバー ボガーナイト》《X-セイバー ガルドストライク》《X-セイバー レイジグラ》
 手札に欲しい展開要員・ボガーナイトのサーチは大きいか。

《幻獣ロックリザード》《幻獣ワイルドホーン》
 《幻獣クロスウィング》《幻獣サンダーベガス》

 やっとロックリザードの安定した召喚が見られるように。
 光獣戦士のオメガに繋げやすいのも幸いか。

《ジェネティック・ワーウルフ》
 元々兎要員の枠をアレキと争っていたが、ソウコという強力な専用メタカードを得た。
 オメガ・パラディオスも優秀だが、デッキの性質との相性で有意さを得たか。
《ブラッド・ヴォルス》
 基本的には打点でワーウルフ、サポートでアンダルの下位互換だが、闇属性が貴重。
 ナイトメア・タナトスといったテクニカルな選択肢を用意できる。
《忍犬ワンダードッグ》
 打点上は更に下位互換で忍者サポート対象外だが風属性。
 輪廻天狗とサポートの共有を狙える。
 兎ハーピィにビースト要素を絡ませるのに使えるか。
《ミノタウロス》
 ミノケンタウロス融合しようぜぇ・・・(ゲス顔

《ライカンスロープ》
 バニラも自然に組み込めるため、狙えなくもない。
 無理に高等用を用意せずとも、マンティコア等で賄っていける。

《暗黒のマンティコア》
 属性もあっており、難点だった打点不足を補えるようになった。
 場のセイブンを能動的に送って発動する手段としても考えられる。
《ピューマン》
 獣戦士で固められるようになり得をした1枚。
 展開要因としても活躍が可能になってくる。
 バフごと倍加するので、点線で2600増の5600と凄まじい数値も記録できる。
 もう片方も2800直接攻撃と、引導には十分すぎる。
《偉大天狗》
 先生!暗黒プテラ辺りリリースで召喚し続ければBFロックかけられます!
 召喚権が増えて喜ぶのはやはりスピリット。

その他下級単体戦力はソウコで重要な攻撃力ごとに。

2300
《不屈闘士レイレイ》
 《守護霊アイリン》と同時召喚可能になったり。
 天気からの下級2400は結構大きいため、使いきり火力にもなりうるか。

1800
《イグザリオン・ユニバース》
 効果はさほど便利でもないが、闇属性。
 また守備1900と地味に硬く、セイコからでても簡単につぶされたりしない利点がある。
《賢者ケイローン》
 魔法は大分多く積むと思われるので、余った点数使って露払いできるのは悪くない。
《ライノタウロス》
 貴重な属性一致。効果も露払い屋のエンショウやケイローンとも相性がいい。
 同様に《炎熱刀プロミネンス》がいるが、ラヴァルと混ぜられるかは厳しい。
《ウィングド・ライノ》
 忍犬ワンダードッグとも打点が揃っており、風軸に便利。
 点検点線で横をサポートしつつ神風でファルコンを出し再利用、なかなかよくできたシステム。

1700
《激昂のミノタウロス》
 ビーストがビーストたる所以。
 グリズリーマザー+アイスバーンで溜め、マザーをエクシーズでどかして殴る芸当もアリか。
《輪廻天狗》
 暴走は果たしてありえるか。でも打点があわねぇなぁ・・・。
《黒羽を狩る者》
 数少ない光属性かつメタモン。サーチ対応は珍しいか。
 ヴォルス・イグザ等と合わせカオスの導入も検討範囲内か。

1600
《野獣戦士ピューマン》
 ソウコから並べて、片方をロビンサーチにも使える。アイアン号が少し近づいた。
《ゼンマイハンター》
 ソウコを倒すと手札1枚持って行かれます。ネズミが手札にいたらそのままズタズタ。

1400
《グリズリーマザー》
 貴重な水属性、リクリーター内でもクリタ以外のサーチ対応は珍しいか。
 場持ちサポートのほか、炎星と無理やりフロフレを出すのもアリか。
《サイバネティック・サイクロプス》 お母さんと並べられる2400打点。直接セットだしハンドレスキープもギリ可能か?
《Wind-Up Rabbit》
 例の兎。マザーに防御を任せて悠々と生存してくる外道。

その他
《バスター・ビースト》
 あら奥さん、天気から罠カードまでサーチできますことよ
 サーチしやすくなった分、バスター・マーセナリの活躍の場も増えるか。
 アーケインが炎・獣戦士チューナーにタロがいるため、☆6とのシンクロ軸も考えうる。
《樹海の射手》
 なんとまぁ、デュアルモンスターにも変換できますことよ アナネオサーチ多すぎだろ
 ワーウルフからソウコをだしていれば発動条件を満たすため、即座にハンドアドに変換できる。
 制約でソウコから出ないのは残念。

《ゴブリン暗殺部隊》
 ソウコ始末して2600直接攻撃というのも面倒な話である。
 守備デメリットも、エクシーズしてしまえば気にならない。闇だしナイトメアが鬱陶しい。
 クロスウィングが同打点の光のため、カオスも揃えやすい。

《TG ワーウルフ》
 ソウコ突破後の壁に出しても、アドは回復してくれる。

《スクラップ・ゴブリン》《柴戦士タロ》 チューナー。どちらも壁として使える。
 ☆6と取り合わせがよくなっているため、ガイアドレイクを目指すのも一興。

現状の炎星は、炎舞が尽きたり引ききったりすると停止しかねないため、単純にビート速度向上にライノタウロスやピューマンは採用可能かもしれない。

無理して炎星のような回し方をせずとも、少し特殊な現行のカードの互換ができていくと考えれば炎舞はよくできている。
【炎星〇〇】といった複合はスロット上厳しいが、獣戦士軸のデッキが幅広く選択肢をもらったことが素晴らしい。
獣戦士は要所要所で属性が散っており、妙なコンボを生めそうなのも面白い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ