アニメマギアンチ寄りのアニメ評

久しく遊戯王の話しかしていないのでたまには違う話する。

週刊少年サンデー連載「マギ」が大々的にプロモーションされアニメ化されているわけですが。
なんやかんや1・2巻同時発売の頃から読み続けているファンの一人として、どうしてもアニメの出来が気に入らない。
重くなるのでキャプは多用しませんが、ちょっとした愚痴まがいの評価。

自身が創作しているわけじゃないからあまり偉そうなことは言いたくないのですが、こういう見方もあるよねといったスタンスで。

原作である漫画版マギは、個人的には長所と短所がハッキリした作品だと思っております。

〇長所
・大河ロマンとしての壮大な構想への期待感
・少年誌らしからぬ壮絶な描写、ブラックな表現
・見せゴマでの漫画演出
・生々しい感情、それに伴う表情
・アリババの共感しやすい人間味、俗っぽさ(要所で聖人化しますが)

●短所
・戦闘シーンでの臨場感不足(止め画っぽいのが多い)
・説明のテンポの悪さ
・シリアスとギャグのメリハリが悪い部分アリ
・アラジンのキャラがつかみづらい


アラジンはキャラ設定として一種のシステムボイスを担うポジションでもあるし、背景描写もあるから納得はいく。
だからこそ、テンポや動きがアニメで改良されると相当な傑作になると期待していたわけです。

で、ふたを開けてみると。

動きはまぁまぁして、長所がことごとく潰されているのが気になってしまうわけです。

アラジンのセリフじみた口調は余計に言わされてる感があったり。
ストーリー改変も、それなりに重要な「金属器に触れる」描写を大した時間じゃないのに飛ばしたり。


例1・アリババのジャミルへ向けた一言
「怖けりゃ家で震えてな、お坊ちゃんよォ!」
fa6a6cd4df6c12141124611bd290b2ae.jpg img020.jpg
※同じセリフのシーンです

漫画版では小物臭くなったジャミルへの落胆・見下し等の感情と共にアリババの覚悟の強さを込めた厳しい表情なのに対し、アニメでのただまっすぐ見ているだけのきれいなお顔である。
もうね、何も伝わってこない。
現時点で声優からもあまり感情のメリハリが伝わってこない上に、絵がここまで薄味になってしまうと、本当にストーリーを踏襲しているだけな印象しか受けない。
 例えば遊戯王シリーズなんかは逐一過剰なまでの顔芸をしているわけで、アレを真似するのはそれはそれで間違いだけど、絵で伝えようとする力が弱いのは非常に残念に思う。

 ここまでの3話を通して、アリババが終始陰気くさいのも非常に気になる。
というのも、コメディチックな表現を削ったりギャグシーンを流したりで、アリババの陽気な部分・テンションの高い時が描写されていないのである。声優の演技が抑え目な点も拍車をかける。
アリババはネガ気質であれど基本アホの子なので、もっと元気にはっちゃけて欲しいものである。

例2・ジャミルから見たアリババ
9a523adf6607864be27609beff45c5e5.jpg (威圧

シーンによっては再現しているエフェクトもあるのに、このシーンはただのアリババの立ち絵。
アングル・影のつけ方でアリババから発せられる圧迫感も相当削がれている。

例には出さなかったがジャミルの焦燥した表情も、みだれ髪からただの黒潰しになっていたり妥協が多々見られる。
イメージを伝えるにあたってハッタリも重要な要素であるのに、大高先生の本気をことごとく抉っている。
 京アニ作品(氷菓は本当に凄まじかった)にみられるような、日常の些細な機微まで隙なく描写しているものに目を馴らされた後だと、この低予算臭い作りこみの甘さはよろしくない。
 プロモで煽るところに金かける前に、製作費使いましょうよと。

例3・アモン出現シーン
210c85e842bd3ef10ba88d08065d6dfa.jpg
黒ベタの神髄

ちなみに漫画版ではこの前に見開きで俯瞰視点からの巨大なオッサンが映し出されます。

ある意味仕方ないかなーと思いながら見ていたシーン。
ズームの他にコマの大きさでスケールを表していた漫画版に対し、画面という一定サイズのコマの制約から、こちらも例2の如く下からせり上がりでの動きで見せていた。
ここでも影のつけ方でサボっているせいで、迫力が大いに削がれている。顔アップもなかったしね。
アモンの人物評も、「違う」だけですっ飛ばされていたのはもったいない。


コマ表現の問題もあるし、漫画的表現の部分と相性が悪くて難儀しているのかなぁとも思わなくもないが。
ストーリー改変部分にしても単にモルさんprpr要素を強めただけで、2人の出会いという重要な根幹をいいかげんにしてしまった改悪にしか見えないのですよねぇ。
バルバッド編に本気出していると考えると、そこまでの間がどうも期待できなくて辛い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

納得の意見
禿げ上がるほど同意

No title

私も貴方と同じ意見です。
原作の方が、何倍も面白い。

コメントありがとうございます

賛成意見ありがとうございます。
アニメ評にちゃんと需要があるなら今後も続けようかしら?
しかし、マギに関しては毎週同じことしか言えない確信ができつつあるため難しい

No title

同じ思いです。でも、ここまで来て言うのは失礼かもしれませんがアニメにもいいとこがあると思うんですよね。
まぁ、確かに私の好きだったシーンが省かれてることが分かったときはショックでしたがw
私はマギの声優さんがお気に入りです^^
…アニメ的にはあまり好きではありませんが悪いところばかりを探すのではなくいいところを探してみるのも面白いかもしれませんね。

あくまで私の意見です
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ