スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異次元の門は良カード【CBLZステマ】

最近ネタデッキ回すのが楽しくて仕方ない。ちなみにCBLZ以降に組んだ&改造したデッキは
【Heart-eartH】【レプティレス】【ネクロフェイス】。

【BEQ】も復活させたし【陽炎獣】や【進撃戦艦】なんかも遊んだが、特に上記3つが楽しい。
これらに共通するのがこのカードの存在。

《ディメンション・ゲート》
永続罠
このカードの発動時に、自分フィールド上のモンスター1体を選択し、
表側表示でゲームから除外する。
また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを
墓地へ送る事ができる。
このカードが墓地へ送られた場合、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できる。


パッと見《亜空間物質転送装置》の互換にすぎないが、これが意外と応用力のあるカードなのです。
いつもは特定のカードを指定する効果の対応列挙ばかりの個別カード記事ですが、今回は楽しい応用例を力の限りご紹介。

関連リンク:
遊戯王Wiki記事
カード評価掲示板

これらにも書かれている通り、以下の特徴が挙げられる。

・効果が3分割されている
 特に、発動法が2つ目→3つ目の流れに限らず、疑似除去耐性になっているのも優秀。
 出端チェーンサイクがどうしようもないのは常としても、伏せ除去相手には仕事はこなす。
 お触れスタンで後半だけ止められ除外されっぱなしという弱点には注意。

・タイミングが一定でない
 類似例では「次のスタンバイフェイズ」等、コンボ利用には遅い点があった。
 このカードは場が空ならすぐに帰ってくる他、自発的な帰還も活用できる。
 戦闘破壊を求めるリクルーター等を、除去から守りつつ仕事をさせることも行いやすい。 
 逆に一度どかして、ギリギリまで放置することも可能。コンボの待機にも使える。
 直接攻撃誘発も、止めたい攻撃を特定して反応できる。
  このため、ゴーズの様な順番テクニックの影響を受けづらい。
  ただしトラゴーズの様に「最後まで耐えて場に残す」はし辛いのは注意。

・「戻す」ではなく「特殊召喚」
 召喚制限のあるモンスターが帰還できないリスクはあるものの、誘発効果のトリガーを引ける。
 わかりやすい所では、クレインやエアーマンといった1アドを得るものと相性がいい。
 効果が分割されているおかげでチェーン途中で帰ることもなくタイミングも逃さない親切設計。

・指定が緩い
 対象に指定がなく、裏側込で表示形式の制約もない上、帰還後の表示形式指定もない。
 類似例の大半が元の表示形式指定である点、汎用性・応用力が地味に大きな差別化点。
 《ゴブリン突撃部隊》の様に表示形式のデメリットがあるモンスターを立て直す用途にも使える。
 永続効果などのために表側で召喚する必要があるのにATKの低いモンスターにも優しい。
 表で出そうがセットで出そうが、帰還後は表側守備表示で確保できる。


ここから下はあいかわらずの列挙であるものの、活用例。

【レプティレス】
 ヴァースキを守れないものの、相性の良い応用が多く最も恩恵を受けたデッキだと思う。
 爬虫類スレで「六武の門みたいなの欲しいなー」という話があったが、レプの門はこれです。
・《ゼロ・フォース》
 待望の除外ソース。亜空間の様な専用を使わずに、メイン1等使いたいタイミングで撃てる幸せ。
 その他の除外ソースはBF後と遅い除外海竜等で扱いづらく、ゼンマイラビット頼り状態だった。
 ラビットは別枠としても、通常のギミックに組み込みやすくなったのが大きい。
・《レプティレス・ナージャ》
 防御力はなかなかなものの、EFの強制攻撃表示によるダメージ超過が辛かった一枚。
 このカードで相手ターンにねかせなおすことが可能になり、防御力が向上した。
 しばらくどかしておいて、フェーダーと同時発動→シャイニートという選択も。
・《レプティレス・ガードナー》
 供物警戒で立たせつつ、殴ってきたら寝かすという変態技は一応可能。
 それ以上に、《地獄の暴走召喚》のアテにできるところが大きい。
 ゼロフォースで無力化後にシャークドレイクでぶん殴る快感、一度やってみたいものである。
 
【フォーチュン・レディ】
 除外関連といえば彼女ら。もちろん攻撃力上昇はリセットされるのはいかんともしがたい。
・《フォーチュンレディ・ライティー》
 この手のカードで真っ先に浮かぶカード。問題なくトリガーに使える。
 しかし直接攻撃誘発で戻すと、わざわざ戦闘破壊してくれと言っているようなものなのは難しい。
 あえて攻撃表示で出し、堂々とオネストをもっているような面をするプレイングもアリか。
  オネストを警戒させられれば、戦闘破壊のリスクを多少低減できるかもしれない。
・《フォーチュンレディ・ウォーテリー》
 特殊召喚誘発なので、ドロー効果のトリガーに使える。
 ただしこちらも場にFLが必要な都合上、直接攻撃誘発との噛み合わせは悪い。
 蘇生もチェーンし場に揃える、元々のスーパードロー気質と合わせプランターに頼る等が手筋か。
・《フォーチュンレディ・ダルキー》《フォーチュンレディ・アーシー》
 攻撃力こそ戻るが、どちらも強力なアタッカーである。
 除去を回避されつつ直接攻撃も通らないのは鬱陶しいの一言。

《サイ・ガール》《メンタルシーカー》
 【次元サイキック】と相性が良いようで、除外→特殊召喚そのものが有効なのはこれらぐらい。
 逆にいえば単体運用できる効果のため、緊テレ共々汎用チューナー要員と見ることもできる。
 クレボンスも一応、緊テレから防御→除外される前に退避→再度壁ができるため相性は悪くない。

《ネクロフェイス》
 能動的な除外ソースを得て捗るカード。
 亜空間と違い、守備で戻り1800の壁としての仕事もサボらない。

《No.53 偽骸神 Heart-eartH》
 出せたはいいものの破壊もされず場が硬直しやすい1枚。自爆特攻もダメージとターンがかさむ。
 このカードで除外することで、多少もったいないが即座に素材を空にできる。
 上記のネクロフェイスと併用することで、ATK10000を持った《No.92 Heart-eartH Dragon》の運用も狙える。

《巨大戦艦 ビッグ・コア Mk-II》
 妥協召喚したものの、殴れば即破壊&そのターン《ボスラッシュ》不可の2重苦だったカード。
 一時的にどかしてSSし直せることで、カウンターを載せて再出撃可能。仕事できる。
 ただし戦闘後の破壊はダメステ中のため、踏み倒せないのは注意点。

《ジェネクス・ブラスト》
 サモプリ経由といった、デッキからのSS前提で手札にあっても困るカード群にも有効。
 特にこれはバードマンの性質上手札に貯まりがちなため、再発動チャンスが得られるのは大きい。
  その他、《トゥルース・リインフォース》で使いたい《ヒーロー・キッズ》、
  墓地ありきで手札ではただのアタッカーな《ゴゴゴゴースト》も考えられる。 
 「召喚・特殊召喚」指定のカード群も、再発動が狙えるためもちろん有効。

《ライトロードマジシャン・ライラ》
 効果発動後は200の低守備のせいで、結局1:1交換になりがちなライラさん。
 いったんどかして立てなおせれば、下級モンスターの戦闘破壊でのアドは奪われにくくなる。
 そのターン中に《マジック・プランター》等で処理できれば、ブレイカーの様に除去後の攻撃&2除去も狙える。
 もちろんプランターなら2:2交換で損しないという前提で考えるべき計算なのは留意事項。
  ライラ以外にも《最終突撃命令》勢のサポートの他、最近多い守備効果無効SSカードとの併用も考えられる。
 【ライトロード】においても、ルミナスの保護&再発動にしたり裁きの破壊から逃れたりと用途は十分。

《陽炎獣グリプス》
 一度場に出してしまった炎属性以外を隔離しつつ、グリプスの条件を満たせる。
 グリプス以外にも、単純に「場が空」を要求するモンスターが嵩張ったときにも使える。
 片方を《スクラップ・ドラゴン》辺りの素材にできれば、無理なく2体展開できる。

《地縛神 Aslla piscu》
 フィールドを離れた、が条件のマスデストラクション地縛神。
 フィールド除去チェーン亜空間だといかにも最後っ屁といった所だが、これならフィールド再張りまで待機できる。
 もちろん大嵐等で一緒に破壊された時ばかりはどうしようもないのはご愛嬌。
 同じく離れた時誘発の《マインフィールド》とも相性が良い。
 《E・HERO アブソルート・ZERO》は融合以外でSSできないので素直にパラドックスでも使いましょう。
 関連として、金華猫の除外デメリットから逃れたり、天狗2体で千鳥作ったり。

《ブラック・ローズ・ドラゴン》
 Wikiにも紹介されているように、シナジーが完成された1枚。
 C1ぶっぱ←C2除外 で自身を破壊から回避し、即座にゲートを破壊し舞い戻る。
 デミスのライフコストを肩代わりしているようなもので、トップ勝負を優位に進められる。

《光帝クライス》
 こちらも特殊召喚誘発での破壊効果。
 自身を除外→ゲートを破壊しつつ1ドロー+再度効果発動と、クライスターボが加速する。

《時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール》
 自身も使いまわしたい効果である点、またSS効果の破壊を踏み倒せる点。
 コントロール奪取の踏み倒しは、このカードの場合永続奪取+破壊デメリットのためこちらに帰還可能な模様。
 このカード以外の一時除外系統はEFの戻るタイミングに居ない場合どうなるのか、要裁定確認。多分無理。

《ヴォルカニック・デビル》
 攻撃強要系モンスターとも相性がいい。
 直接攻撃で帰ってくるとそのまま殴らなくてはならなくなり、場に居なくても攻撃を抑制できる。
 除去を回避された挙句、脅威も去らなければ隙もできないというプレッシャー。
 《E-HERO マリシャスデビル》が召喚宣言にかかるのが実に惜しい。
 
《E-HERO バブルマン》
 あれは「完膚なきまでにすっからかんの時」「トップで自身かサーチをドロー」が難しいわけで。
 札がつきかけの時に全伏せSS→除外待機→全使用→最後の最後に帰還 ならワンチャンあるかもしれない。
 最低限相手のサイクの的にはできるため、他の防御カードを信用しやすくなるともいえる。

これだけありとあらゆるコンボのネタとなり、単体としても退避・効果再利用と簡単には腐らない。
 一度使ってみれば、いぶし銀な働きに虜になること受けあい。
 ノーマルで入手もしやすいので、さぁCBLZ買いにお店にダッシュ!(露骨
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。