高専って薦めていいもの?

diary.sorah 辺りの、高専・大学への進学についての考えを示したエントリを見た雑感。
ぶっちゃけ平日の夕方にこんなことしているようになった糞院生の個人的な思いなので、役に立つ意見かはわからん。

自身の背景としては、
 中二病こじらせて意気揚々と地元高専に推薦入学
→先生に渋い顔されながらなかば惰性的価値観で専攻科進学
→就活で即座に心折れて技科大に侵入
→就活に鬱ち混む(打ち込むとはいえない)現在
  といった所。

高専は「専門家の養成機関」「変人の巣窟」「厳しい環境」などと言われますが。
 果たしてそんな大層な所だったのかと言われると、私にはわからない。
 寮に引きこもって一般的高校大学生と7年交流してない視野の狭さのせいもありましょうが。

入試難易度
 まぁこれをキツいと思うレベルならやめた方がいい場合もある。
  毎年一人以上は留年退学で消えるのは確かなわけで、わざわざ自爆しに行くこともない。
  とはいえ全体から見れば少数派なわけで。通った人材ならだいたい生きて帰ってこれるはず。
 注目すべきは競争率では。さほど高くないウチは頭が平和な奴やなんとなくで選ぶ近所民居るし。
  意志・実力に強いものがある奴は、寮しっかりしてるんだから学科見て県外も検討すべき。
  低競争率でなんとなく派が多いと、なぁなぁで牙は抜かれてしまう。環境か自律心ホント大事。
 逆にただ滑り込んで就職率にあやかりたいだけの奴は低いとこ潜り込めばいい。

・授業難易度
 一般高校と比べ落第サンプルは多く見えるが、実際追試や教員のゆとり関数で大体生き残れる。
 ジャビって赤点60とかだけどさ、学生の本分果たすにはそれぐらい取ろうよという個人的視点。
 そもそも20点程度しかとれない、何も習得できてない奴が進級できること自体おかしいと思う。 
 専門っつっても、なんか似たような話を繰り返して徐々に深めていくようなもんだから要領つかめる奴なら大したことないって。
 大学上がって高3ごろに聞いた覚えのある話やってるのみると、あぁやっぱ進んでたんだとか思わなくもないけど。

・コアな勉強
 高専はいったからって専門分野の話が合うやつがどれだけいるかはわからんよ。
  オタクっつったって、よくあるサブカルオタクの方が多数派だろうし。
  勉強内容の一部以外は、普通に部活してバイトしてる一般的な感性の学生じゃないかね。
 突き詰めたい奴はロボコン部強いとことか、部活動の存在で判断した方がいいんじゃないかね。
 あと、将来入りたいと思える研究分野の先生がいるかも判断材料だと思うよ。
 大枠では合ってる学科でも、大学ほど教員数居ない分そのものズバリな研究室があるかは別問題。

・人格
 変人の巣窟っつっても、そもそも平凡な人間っているの?人類皆どこかしら変人でしょ?
  高専は独特の存在感と自由度の高い校風で、解放されやすいだけじゃないのかね。
  進学校のように、周りの人間と目的と手段が同じ方向向いてて比べられるわけでもないしね。
  平気で進路変更という名の別分野に鞍替えする方々もいるからね。
 ついでに、過去問入手等の事を考えると、やっぱコミュ力ある奴の方が労力抑えられるわな。
 ただ力つけたくて来る奴はちゃんと授業聞いて自力でこなせる様にならんと無意味だねっていう。
 没頭する環境が欲しいだけなら、通信や定時制で形だけ学歴手に入れて勝手にやればいいわけで。
 学科数上、5年間同じクラスというのも特筆事項だと思う。
  中高生みたいな難しい精神の時期の後半を共に過ごした奴らと更に2年教室を共にするわけで。
  さほど仲良くない相手もそれだけ過ごせばなんだかんだお互いを一員と認識しあうようになる。
  交流機関が確保できる分、ある意味人見知りにも優しい世界かもしれない。

まぁ高専進学という選択肢は、中二病卒業したかどうかで現実見据えるには厳しい中学生が能動的に選ぶには難しい代物だよね。
私にとってはアニメ好きが高じて養成所や専門学校を志すのと大差ない感覚だった。


ちょっとズレた話題になるけども。
 やっぱりこういう学歴の話題で個人的に一番気になる事って新卒大学生至上主義なのよね。
 学歴センサーを始めとして、特殊な経歴を注視しない現状。無難にこなした事が評価される現状。

「専攻科」の知名度も就活で心折られた原因の一つだった。
 学科名が小洒落てたせいもあり、胡散臭い専門学校と間違えられたのか門前払いも食らってるのよね。
 今その企業に2年の時を跨ぎエントリーし直し、対応が全く違うのも引きつらせながら観測中。
「高専」という採用枠が用意されてるという利点は、同じ自由度で戦えないという欠点も孕んでいるのよね。
 「高専生らしい進路」で固まりやすいしね。ことなかれ同調の好きな日本人は躊躇うかもしれん。
  まぁ本来はコモディティから脱却する、いい選択肢であるはずなんだけどね。

ついでにいうと、高卒採用枠をもっと活用するのがいいんじゃないかなぁと思うわけです。
惰性で行ってる大学に価値があるとは思えない。一度社会に出るなりなんなりして、自分に必要なものを見いだせた奴にこそ、専門教育の有り難さがわかるんじゃないかなぁと。
 むしろ中学高校間に1年、「14歳の挑戦」強化版みたいな就労期間があってもいい。
 いいかげん高校以上が義務教育でないことを理解した流れを作りましょうよ。
高卒採用強化と、センター試験みたいな画一じゃない再入学しやすい大学。
 マニフェストにするならこういうの挙げたい。教授も馬鹿学生相手にするよりよっぽどやりやすいでしょうに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 高専(高等専門学校)
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ