スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の威光は分け隔てなく降り注ぐ

《キングレムリン》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/爬虫類族/攻2300/守2000
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。


目が覚めるような素晴らしいカードです。
 デザイナー諸氏は爬虫類スレの巳年への期待と嘆きに応えてくれました。
打点といい《ギアギガントX》を元にデザインされたのでしょうが、この強調整。
Wikiによるとグレムリンは「機械にいたずらをするとされる妖精」とのことで、機械サポートの調整版なのも意外と頷ける所。
 脇の魔轟神の使い魔みたいなチワワはなんでしょうね、エーリアンドッグといいこのキモ可愛い絶妙なデザイン

特性

〇素材指定なし
 ランク4は激戦区ですが、汎用爬虫類ピン刺しなデッキでも仕事をこなせる性能。
〇闇属性・23打点
 カタストルを上から殴れます。光が軸のデッキにカオスが仕込みやすくなります。
〇守備20
 月の書で止められたギガントは15のため返しで始末されやすかったが、並の下級は耐えられる守備。

つまり、「とりあえずマエストロ」な場面でアドを確保しやすくなるわけですね。
闇の指定なしってローチ・コーン・クィーンとタイミングを選ぶ思考停止素立ちさせづらいものばかりだったんですよコレが。
 防御力の差こそあれ、本当にマエスでないと突破できない相手まで温存できるのは助かる点。

恒例の相性のいいカード列挙の時間ですよー

まず前提として、自身も適用できる爬虫類サポートから見てみましょう

《毒蛇の供物》
 爬虫類族たらしめる2:2除去。除去力をカバーする必要のあるガジェギガントとの差別化点。
《スネーク・ホイッスル》
 やられてもサーチした後続と合わせ、戦線維持がしやすい。
《エーリアン・ブレイン》
 戦闘破壊したモンスターをかっぱらう。種族デッキじゃなくても打ちやすくなるのは面白い。
《モルティング・エスケープ》
 こちらは戦闘破壊耐性。2回目の効果も狙いつつ26打点で反撃可能。
《ヴァイパー・リボーン》
 種族統一デッキを組みやすくなったことで、素材調達に活かせる。

続いて、サーチの有用そうな爬虫類族の仲間たち。

《カゲトカゲ》
 同じ闇属性にして、今回最も恩恵を受けた1枚。高騰来るで!!!(再録済だし来ない
 【ガジェット】はおろか、類似のサーチャー達が全員ギガントループまがいの動きを視野に入れられるのです。
動き:召喚→C1サーチ+C2カゲトカゲSS→キングレ効果カゲトカゲ 手札減少無し
  マジョレーヌが代表的か。時点で1体しか続かないがエアーマンなど。
 ギガントが高くてガジェを十全に使えない場合でも代替ギミックとして利用できる。
  逆に、ブリキンギョではしづらかった《サモンチェーン》のトリガーを踏みやすくなる差別化点も。
  ガジェかマジョ+カゲトカゲ+サモチェの3枚からキングレ2体と任意の指定なし★4が並ぶ。
  終末+ゼピュロスで墓地を肥やしつつ《ヴェルズ・ナイトメア》で固めるのも面白い。
  マシンナーズやカーDが絡めにくくなるものの、ヴェーラー耐性がつくだけでも差別化可能。
 また、単純に召喚権の多い【サンダー】でも打点強化に用いられる。
 OToOKaと合わせれれば、エクシーズが1ターンに並ぶ枚数も倍近くに。その上カオスも呼べる。

【エーリアン】
 そもそもが16打点ベースでサーチ・リクルートしづらく、自由サーチは朗報。軸も☆4。
《エーリアンモナイト》
 デッキの主軸となるチューナー。
 これまでは誘発サーチャーか兎→ソルジャー×2→チェインでトップで強引に呼んでいた。
 それを直接サーチできるようになったことで、単純に手も早まりチェインの打点不足も解消。
 二重召喚等から初手ゴルガーも視野に入るようになった。
《エーリアン・リベンジャー》
 ゴルガーが暴れだした後に出せるとなかなか強い。
 貴重なSS可能な闇☆6のため、★6やクロキシアンも狙える。
《エーリアン・スカル》
 《ヴォルカニック・クイーン》らと違い、食える対象に制限があり使いづらかった1枚。
 ピンポイントで必要なときに確保できるのは心強い。
 風属性のため、神風などによる悪用も考えられるかもしれない。
《宇宙獣ガンギル》
 コントロール奪取したモンスターによってリリース軽減できる最上級。
 見せ札としてサーチしておくことで、《エーリアン・ブレイン》の存在をちらつかせ戦闘破壊がしづらくなる。
 一応《W星雲隕石》にも対応。

【ワーム】 
 《ワーム・コール》でのSSもできるため、基本誰をサーチしても腐りにくい。
《ワーム・ゼクス》《ワーム・ヤガン》
 言わずと知れた現ワームのメタビートのメインモンスター。
 ゼクス召喚時に埋葬できるため、ヤガンと共に生存できれば2体素材を揃えるのは簡単。
 ヤガンは素材となることで除外制約から外れるため、半永久的に嫌がらせバウンスを能動的に続けられる。
《ワーム・ウォーロード》
 特殊召喚不可なため、手札に欲しかった1枚。
 効果無効・連続攻撃と、ポテンシャルは地味に高い。
《ワーム・イリダン》
 【イリダンコントロール】という専用デッキがあるように、兎1枚から自由に確保できるのは大きい。
 サイクルリバース軸の、他のワームを使わない構築もやりやすくなった。
 《番兵ゴーレム》のような、☆4素材としても使えるカードと好相性。《月読命》も仕事可能か。
 サーチ共用のサイクルリバースできる爬虫類としては、《半蛇人サクズィー》《ワーム・ルクイエ》がある。

【レプティレス】
 元よりサーチャーが強いカテゴリではあるものの、速度や多様性が強化。
《レプティレス・ヴァースキ》
 切り札様。サーチ法増加により【幻獣機】のような場に出張する目も出てきた。
 ダンディ+スポーア等☆1→タンホイザーを使って即並べる事も一応可能。
 場に残ってサーチできる分、《ディメンジョン・ゲート》+《ゼロ・フォース》も狙いやすく。
《レプティレス・ガードナー》
 これまでも世話になっていたメイン盾&メインサーチャー。
 突破されずに場が停滞したり、最近はコーン号という天敵も増えたため道が増えるのは大助かり。
 1ターン保持からの☆4追加でサーチ&攻撃転化できるように。
 ☆4であるというだけで《レプティレス・スキュラ》の救済にもなる。
《レプティレス・サーヴァント》
 他の同カテゴリと毛色の違うロックモンスター。
 《終焉のカウントダウン》等の硬いデッキで、《ゼロ・ガードナー》等を利用して呼ぶのもアリか。

【ヴェノム】
 ミノンもナーガ様もあまり手札に来てうれしい存在ではないため微妙か。

【エヴォル】 単爬虫類ではないカテゴリだが、エヴォルドのサーチ手段が増えるのは歓迎すべきこと。
 《多様進化》が1ターンに1度制限があるため、手札を素早く整えるのにも貢献する。
 性能上エヴォルカイザーが優先されやすいが、ライオウ等サブアタッカーとエクシーズできる。
 また場に残る爬虫類が追加されたことで、毒蛇の供物も採用しやすくなる。
《進化の分岐点》《突然進化》
 リリースエスケープや連撃を狙える。
 これまではコンボ可能なエヴォルドとの併用が前提のようだったが、ケア用途にも検討できるように。

単体戦力として狙えるカード達。

《邪龍アナンタ》
 爬虫類のバ火力ソース。ピン刺しでもキングレ死亡後に除去要員として使うことはできる。
 ヴァースキ共々、《トレード・イン》のコストを持ってこれるという点は貴重。

《地縛神 Ccarayhua》
 【炎王】におけるヤクシャの手札破壊要員としても注目を浴びた地縛神の1柱。
 ウルフバークから確保できるわけで、中盤の逆転に有用か。
 地縛神はサーチが難しいものも多いため、単純に呼びやすいだけでも1馬身差つくか。

《The tyrant NEPTUNE》
 クリッター等でサーチは簡単な部類だが、こんなものも加えられる。
 素材要員のウルナイト・リリースに使うと暴力的なマキシマム擁する【コアキメイル】で有効。
 リリース1体で出せる☆10でもあるため、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》も視野に。

《ヴェルズ・アザトホース》《爆風トカゲ》
 シナジーを意識せずに突っ込める汎用除去カード。
 特にアザトは壁としても優秀な部類のため、ギミックに余裕があれば挿しておくと仕事する。
 サイドに使われる《スノーマンイーター》とはレベルとサーチギミックで十分差別化できる。

《マジオシャレオン》
 小型地縛神。たまには主軸にして組んでみたい1枚。

《グラナドラ》
 素材にして2000ダメージを踏み倒すも良し、サーチしてアタッカー足すも良し。
 1000回復によって《エンシェント・リーフ》で+1アドできるチャンスを作れる。

《カミソーリトカゲ》
 ライコウ処理要員。サモチェループの最後に呼び出すことで、安全にキングレ2体の攻撃を通せる。

《オーバーレイ・イーター》
 どちらかというと墓地に落としたいモンスターではあるものの。
 カゲトカゲと合わせてキープしつつ、サンダースパークの5枚効果を狙うのも面白いか。
 【紋章獣】で落としておくことで、蘇生した紋章神の再活用も狙える。

このように、爬虫類族だけでなく【ガジェット】【紋章獣】【炎王】【コアキメイル】【サンダー】など様々なデッキの強化に繋がる。
汎用性高すぎて逆に爬虫類カテゴリを出してもらえるのか心配になるレベル。
さぁみんな、ノーマルらしいし騙されたと思ってサーチ対象と共に突っ込んでみるんだ!
キングは何人たりとも挑戦を拒まない!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。