スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の裁きと冠しつつ、グロリアスヘイロー@はたらかない

フラゲが来ましたね。
新年度のせいか、前回ちまちま収録されていたマドルチェや水精鱗が打ち止めになり面子一新。
炎星幻獣機しか続いていない分の空いた枠に個性的な個人戦力が多数入った面白いパックとなった模様。
久々に乱取りレビュー記事でも。

―いんでっくす―
SDロボ
光天使
アンブラル
武神
幻獣機 
炎星
魔導
蠱惑魔
《イエロー・ダストン》
《ザ・キャリブレーター》
《ぴよコッコ》
《カメンレオン》
《飛翔するG》
《霞鳥クラウソラス》
《シェイプシスター》
《終焉の指名者》
《黒白の波動》
《エクシーズ・リバーサル》
SDロボ
 オービタル愛用のネタカード。全員が切込み隊長+付属効果と、3種でもガン積すれば回すのに不便しない。
 とはいえエレファン以外の下級2体は完全に再デザインされた別物効果。
 アンナやショーベェが1枚づつで片付けられた事を思うと、結構待遇いいよねオービタル。
光天使
 種族・属性まんまのやる気が微塵も感じられない☆4羅列連中。
 せめて対応範囲が名前固定じゃなければ多少の応用が効いたものの・・・。
 ドルべさんの仕事はこれからなようだから、CNo召喚前にでももうちょっといい感じにしてもらいたい処。
アンブラル
 レプティレスに続くゼロベースシリーズ。
 複数リクルーター・アタッカーと展開の選択・道連れ壁と、《悪夢再び》による再利用も考えると意外と粒ぞろい。
 こちらもウィスプが対象☆4だけでポテンシャルが死んでるため、もうちょい幅が欲しいか。
 久々に大祭りをブチ上げたし、仮にも真月として準メイン張ってたんだからベクターさんの悪夢再びに期待。
  でもⅡ前半戦中ボスと、完全にⅢポジションで先史遺産ともども今後が心配。
武神
 ヤマトを武器で固めてひたすら孤独に殴らせる、今パックの象徴となる光シリーズ。
 陽炎獣と同じく烏合シリーズながら、こちらはメインが天機対応とやりたい放題。
 墓地利用・★4特化・サーチが強いと、紋章獣を思わせる。
 現在展開手段は通常魔法しかないため、展開効果持ちが来たら本気出すといった所か。
幻獣機 
 近年の傾向通り、1回目でメインの動きを揃え2回目で各種応用パーツを並べたといった形。
 サーチャー・アタッカーに続き除去に展開、更にチューナーと字面だけなら至れり尽くせり。
 このリソースをもちゃもちゃ運用していく感じ、コンボ好きにはたまらないデザインではないかと。
炎星
 シンクロ関連2体とシンクロ体、そして除去魔法と如何にも最後っ屁らしい。
 ただこれが弱くないものだから。曲がりなりにもそれなりの打点のリクルーターですので。
 ただヒエンシャクとトウケイの相方がまだなので次回もワンチャン・・・でも炎舞7つ揃っちゃった。
魔導
 魔導書の収録も無い、1年越しのラス1は大味な切り札。
 といいつつ主流と型が違うだけでこの爆アドでそんなにロマンでもないのが恐ろしい所。
 これぐらいなら米版先行につっこんでおけばいいものを。

蠱惑魔
 まさかの落とし穴運用の肉食虫と食虫植物。
 カズーラが落とし穴で1:1交換しつつリクルート、受け身ながらリターンは大き目。
 トリオンは身を守れるサーチャーとなりつつカズーラSSでも仕事すると、エアーマンばりの二刀流。
  序盤に欲しいが複数積みづらい《狡猾な落とし穴》をサーチできるのは結構大きい。
 アトラも手札からトラップをかましつつ無効にも強いと、維持しがいのあるトップアタッカー。
  守りに使える永続魔法も多数抱えるため、変態デッキとして楽しそうな部類となるか。
 音響戦士のようなチョイ枠だが、落とし穴なら今後の拡張も見込める方なので将来にも期待。
 惜しむらくは、《ライアー・ワイアー》も使えたら雰囲気あっててよかったなぁ。

《イエロー・ダストン》
 予想通り、光既出で地パック済のため地属性のターン。
 今回の誘発効果は墓地バウンス。バス効果。
 デッキがすぐ空になる【ダストン】にとって、やっとメリット効果が来たかといった所。
 選択がコントローラーのため、自分も使いやすい反面相手に利用されることも。
 それにしても、バーン・バウンス・墓地開けと、なんか時械神に見えてきたな・・・。

《ザ・キャリブレーター》
 《ザ・カリキュレーター》の亜種ながら、爆発コンボの前任に対しメタアタッカーという真逆の性質。
 どちらかというと《サイファー・スカウター》に近い。
 リクルーター対応の1500ながら、対ランク4で2700パールさんまで対応と、狙ったような数値。
 クリッター禁止が残念だが、オピオンやドルカといった面倒な手合を召喚だけで対処できるのはうまい。
 何より下級で高打点が期待できる雷族のため、《魔霧雨》がこちらでもワンチャン回ってきた。

《ぴよコッコ》
 ドングリス辺りから脈々と続く形容しがたいネタ枠。これでなかなか強力なのが悔しいでも感じちゃう。
 リバース効果が今となっては何とも古風だが、効果は上級チューナーリクルートとなかなかに派手。
 終末グレファーで墓地から使っていた《A・マインド》の大回転のヴァルカンスタートなど。
 《クイック・シンクロン》で《ADチェンジャー》を落とせれば、3枚必要ながら即座に★5。
 《ドリル・ウォリアー》に《ジャンク・ガードナー》や《シャイニートマジシャン》と鬱陶しい布陣も組めそう。
 《BF-天狗風のヒレン》から《BF-アームズウィング》の他、《タンホイザーゲート》からの★6も。
 《旋風のボルテクス》も狙えるため、頑張れば《零鳥姫リオート・ハルピュイア》もいけるか・・・?
 面子が風や闇のため、そのまま《ダーク・シムルグ》も期待できる。

《カメンレオン》
 炎星といい、初期は極力回避していた☆4チューナーを堂々と追加。しかも吊り上げ持ち。
 状況の限定こそあるものの、類似効果の《デブリ・ドラゴン》と比べ出すもの出し方に制約が少なく応用しやすい部類。
 何よりあちらもテンペスト対応とはいえ、連続《キングレムリン》ができるこちらも負けていない。
 単爬虫類だと特殊召喚制限が多くナージャ・(バイパー)・エルギネロ・ジェートリプスとさほど層は厚くない。
 【レプティレス】ならサポート共有の見込める対応モンスターが幾許か採用できるので利用価値はある。
  本気でネタに走るなら《ワーム・ゼロ》《ギャラクシー・クイーンズ・ライト》でグスタフオラァどうぞ。
 【ユベル】は戦闘破壊できる状況でリリース要求なしで寝かせられられたりで有効。
  通常のリリース維持に使えるエルギネロも手札確保に採用できるかもしれない。
 《霧の王》を釣って《星態竜》を作るデブリと同じ動きも可能。
 差別化点としては、しれっと《ビッグ・ピース・ゴーレム》から《XX-セイバー ガトムズ》もつくれたり。

《飛翔するG》
 いつもニコニコ特殊召喚に這い寄る我らがG、ついに隙間から這い出し大空へ。
 超汎用の《増殖するG》よりも、シンクロメタの《黒光りするG》と対照となる。
  墓地→除外、手札→墓地と続き、まさかの手札→相手の場。
 ただ場の永続効果である以上対応手段も多く、コストや自爆特攻と戦う必要があるのが使いづらいとされる点。
 【ナチュル】なら主力が☆4地昆虫に固まっているため、《トランスターン》の餌にも使いやすい。
 
 私はこいつ3枚キープしたいです。《洗脳解除》と相性抜群やねん。
 相手のエクシーズを妨害しつつ、返しにリリース・シンクロ素材の確保。
 ラヴァ・ゴーレムの生贄を確保とか。こっちはタキオンぐらいしか作らないから帰ってきても別段痛くない。
 近年の素材揃え効果は守備SSも多いため、ターン《スパイダー・スパイダー》にもワンチャン。
 洗脳解除&トランスターンせずとも、G自体を餌にすることもできる。
 《カオスエンド・マスター》《エヴォルド・カシネリア》といった、戦闘破壊誘発の補助にも有効。

《霞鳥クラウソラス》
 アイエエ!!??ノーマル!?ノーマルデ!?
 クエーサー新ルート開通からデブリトライデントの新しい道、反転世界アタッカーと様々な可能性を秘めた鳥。
 【レプティレス】ではバイパー+トークンで無駄なく活用できる救世主。
 
 ミストバレーは統一デッキとしては恵まれない部類だが、要素要素は優秀なの揃ってるよね。

《シェイプシスター》
 地・悪魔・特殊召喚チューナーと、欲しい要素一通りそろえたようなチューナー。
 《ヘル・ツイン・コップ》へガイドを処理しつつシンクロしたり、余ったマドルチェをナチュルにしたり。 
 ☆5悪魔はそれなりにいるので、《天刑王ブラック・ハイランダー》も期待できる。
ディーヴァでも足りなかったダブルチューニングにも期待の余地、なんてジャック向けカードなんだ。
エクシーズしかできなかった【紫一色】でシンクロ、特に相性のいい《獣王ヴァルカン》が狙えるのは朗報。

《終焉の指名者》
 自分もリスクを負う代わりに、通せば完全に安全が保障される《禁止令》。
 宣言の自由度が下がった上に、あまり罠である利点を見いだせない。
 《エクスチェンジ》が物凄く強くなるが、こちらは4枚消費かつ相手に1枚塩送りと、結構厳しい。
 ミラー狩りなら素直に《しっぺ返し》するべきか。
 効果適用時点で発動できなくなるため、《ネクロフェイス》には応用できない。

 禁止令のようにプレイを阻害せず効果だけを封じる性質上、デメリットモンスターを帰還させて能動的に使うという手段もある。
 《電動刃虫》や《ゴブリン突撃部隊》で隙を与えず高打点でブン殴り続けられるほか、
 《時械神メタイオン》がバウンスこそ使えなくなるが戻らずに鎮座しつづける鬱陶しい壁になる。
 《オベリスクの巨神兵》も、誘発効果のため特殊召喚しても鎮座し続ける。
 《スキルドレイン》等に縛られず目的のモンスターのみを維持できるため、デッキに幅ができる。

《黒白の波動》
 白を持った黒にのみ撃てる強力な1:2交換。除外&コスト無しと、ハマれば《デュアル・スパーク》以上。
 というかコンコルーダ製ドラゴサックのメタカード即座に出すとか、どんだけシンクロにおっかなびっくりなの。
 最も上手く使えるのは、《シンクロ・フュージョニスト》→《簡易融合》で相方を確保するタイプの【ランク5】。
 《ジャンク・シンクロン》1枚からティラスやヴォルカで2アドとれる。
 除去力不足に喘ぐ【カラクリ】で、無零無零サックで突破しつつナチュルシンクロを立てることも可能に。
 ヴァルカンを噛ませたバジリコックなら、耐性を維持しつつ除外突破ができて幸せ。
 グレファーディアボキャリアからの★6も期待がかかる。
 
《エクシーズ・リバーサル》
 今回の熱いDT史枠。パールさんまじかっけぇ。
 それにしても、3体エクシーズなのにディシグマさんはどうやって4体も吸収したんだ…。
 《オーバーレイ・リジェネート》は仮に史中でももっと後のシーンだし・・・。

そして様々な統一デッキの軸ともなりうる《トランス・ターン》と、そうですこういった工夫の余地こそカードゲームの楽しみの一つですよ。
ZEXAL期以降のカードはちょくちょく面白いデザインで調整力が光りますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。