スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tokkyedの奇妙な決闘帳簿第6部:パイロレクスは弱くない

以前晒した【星見陽炎】で久々の大会出場。
 【エヴォル】に【コアキメイル】、【インヴォーカーブレード】や完全オリジナルの【BEQDアドビート】といつもマイナーデッキで行くものだからいい加減顔を覚えられて当たっただけで絶望の眼差しを向けられる始末。快感。

デッキは上記記事からマイナーチェンジ。
 
40枚→41枚 《陽炎獣 メコレオス》追加
 最新カード投入。バックが厚いと結構信頼感がある。

フェーダー→《機動要犀トリケライナー》
 より生存能力の高い最新カードに。ライダー削り等2積みしてもいい位の活躍。

キャリア→《白銀のスナイパー》
 水精鱗の重装兵見込みでメイン投入。結構引っかかったが大抵横に残ってリリース要員にはあまりならず
 キャリアはガリスピンクス効果で落ちないと仕事しないためクビに。

ビッグアイ→《甲虫装機エクサビートル》
 現物持ってないんだよチクショウ 今日は特に仕事無し

サイド:白銀レダメ→《パペットプラント》×2
 そもアトゥムス入れてないからいらなかった。ホルスも仕事回ってこなかったからサイド落ち候補。
 クリブレとジョウゲンで致命打を受けるため追加。


ちょっと記譜管理がてらに起こった事記録。
1剣闘○○ 
 開幕サーベラスバウンサーサックトークン×2のような鬼畜場を作りだし、戦意を削ぐのに十分な大回転。
 バックが聖槍・幽閉のような「対象をとる」防御カードが大半だった模様で、陽炎耐性が猛威をふるい相当厚いバックを構えられるも殆ど素通りで殴り続ける。
 コンバットトリックを封じたため、1900打点のスピンクスですら脅威となっていたようで。
 ミラフォ警戒のメコレオスも機能し、ライオウも上から殴れて終始優勢をキープ。
 なにせ殴れる下級だと思ったら《火舞太刀》で、結局殴れないという始末。
 相手は回せないがために「初めてエセダリ使ったわ」と言わせる状況にまで。まぁ2500超えられずに難儀したけど。
 そしてガリスで調子よく陽炎獣1200火力が落ちるわメタイオン2000が飛ぶわで大惨事。
 レティアリィの除外効果でレドックスに悩まれることに。ピン積という前提が早々看破されないから詐欺的な圧力。
 
2ドラグ○×○ 
 毎回初手黄金櫃とか運命力高すぎるでしょう
 1:バウンサーとミリトゥムのイタチごっこを何とか制する
 2:ゲイボルグまで並べられ展開の上から削り切られる
 3:《コアキメイル・ドラゴ》でアトゥムスレダメゼピュロスを抑えた隙で反撃。
   《零鳥獣シルフィーネ》で無効突破からの展開を許すも、そのおかげで切返せる程度で収まった。
 ワンキル同士でお互い存分に回り切った上での結果なので、なんとも充実感があった。
 《簡易融合》《マブラス》がガジャルグ・シルフィーネ・場合によっては千鳥とプレッシャー強かった

3征竜○×× 
 失礼ながら正直そんなに使い慣れてない所謂コピー厨にしか見えなかったので多分勝機はあった。
 1:ワンキルできない場だったため、バジリコックLv4で対象耐性をもって制圧しようとするも、黒穴乙
   最終的に要犀でライダー潰して押し込み勝ち
 2:サックライダーをクリブレで抑え込もうとするも、返しライダー月の書からの展開で蹂躙される
   バーナーでライダーを減衰させられた所を、ケチってサック破壊で済ませたのがプレミ。
   ただでさえパペプラ×2で事故っていたのだから展開の隙を与えるべきではなかったです。
 3:ドロールクロウで抑えるも、つい出した先行サックをビッグアイされたことが響きライダーに抉られる。

 プレイングミスがなければ押し切れた可能性があるため、後悔の残る試合。
  恨み言は見苦しいので、これを経験にプレイングを磨き上げたい処。
 まずは分かり切っているビッグアイとブレーダーの警戒を覚えましょう。
  ライダー自体はガリス要犀フェーダーと削るための相性は悪くないはずが、月の書強かった(小並感)
 それにしてもバジリコックLv4がロマンでなく有効手になるシーンがあるとは思わなかった・・・。
  いや、黒穴わかってたらサーベラス残しておいた方がよかったのは確かだけど。
  やっぱりLv5をなんとか出すためのSS可能な☆6がもう一息居てくれるといいなぁと痛感
   せめてグリプスの邪魔をしない炎のリリース要員がいてくれればもう少しチャンスも・・・。

4ジェネ海皇(水精鱗確認前に殲滅)○○ 
 先行バウンサーをウンディーネ重装で殺される簡単なお仕事。
 ドラゴンアイスでコントロールされるも、打点負けしないためなんとか押し切り。
 しかし鉄壁下で《エンシェント・ゴッド・フレムベル》出そうとしたのは馬鹿としか言いようがない。
 鉄壁が貼られたらおとなしくペリュトン→スピンクスメコレオス→GoF蘇生→黒薔薇で始末しましょう。


くそう征竜相手に手を間違えなければ優勝見えた悔しい。

とはいえ、「ヴェーラー・BSSで無効化できない」「ビッグアイで奪れない・重装で割れない」等の陽炎獣の特性が思った以上に猛威を振るっていたようで、やはり十分な強さを持ったシリーズだと再確認できました。
特に打点が不安視されていたものの、「聖槍を受けない」「聖杯で超えるのはコンバットトリック効果の意味がない」点があるため近年の環境ではそこまで致命的ではない様子。まぁ炎星の様な平均打点を上げるタイプは厳しいですが。

また、パイロレクスは十分な戦果を叩き出して本日のMVPとなりました。
 征竜とペリュトンの効果で墓地も肥えやすく、調整も効くため序盤で引いても全く邪魔にならない。
 何よりワンキル寄りのデッキのため、無差別破壊+火力+28打点は速攻をかけるのに有利。
 同じ28打点も効果で「制圧のムーラン」「叛旗のソイル」と性質が違うが、「引導のレクス」も十分な戦力。
 そのため宣告も誘発できるため、ギミックが守られた上に火力の仕事もしっかり果たす。
  (その辺のプレッシャーも鑑みて、大嵐持ちのアイツは「脅迫のローズ」ですかね)
 2戦目以降はサイドチェンジ枠になりがちですが、初戦を即座に決着させる役割はもてます。

いつものADSだとメタイオンばかり引いて遅延頼りしていたものの、今日は仕事が回って来ず。
 デッキ相性もあるでしょうが、ハイライトはガリス2000火力だけだったり。
あいかわらずのバウンサー突破率のため、2枚目いるんじゃないかと検討中。
 どちらかというと貪欲したい。炎帝近衛兵さん対象狭すぎィ
今までバジリコックの2番手の様なトレミスだったものの、防御札が除外されるフェーダーから要犀になったことで耐久確保の仕事も増えて悪くない。場合によってはパイロレクス再利用も考えたい。
 そのためブラスターの除外優先順もしっかり考えていきたい処。
今までサーベラスは思考停止ペリュトンサーチが多かったものの、スピンクス蘇生ペリュトン再利用等の手筋を考えるとデッキ内ペリュトンを残して息切れを防ぐのも有効かと思い至った。

やはり実戦はいい刺激になりますね。
ランク鯖でばかりやっていると順位600台まであがってて最近征竜に偏っていたんですよね。
ランク鯖では「ttk」名義で参加してますので、見かけたらぜひ変なデッキでお相手下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。