ゴーストリック考察・途中経過

海外版ADSではまだバグが残っている【ゴーストリック】。
ハウスでゴーストリック達の火力まで半減させられているわけだが、速度に欠けるこのデッキには結構な痛手。
スクリプト上では対象外カテゴリの指定をミスっているだけだが、ランク鯖では個人で改変したスクリプトを認識しない模様というか。

そんな追い風環境の中でも試運転してみたところ、意外と機能していたので使い心地の報告。

・勝ち筋
 「展開力が足りない」との評価だが、GTハウスが残っていれば戦闘破壊されない上、伏せがあればGTアウトによる防衛を警戒されるため、思った以上に生存能力が高くほおっておけば5体とか余裕で並ぶ。
 ランタン10発、雪女8発、シュタイン5発換算であることを考えれば、4ターンぐらい凌げば勝ちを見込める。
 流石に環境に名を連ねる超展開可能なデッキに勝てるとは言わないが、【HERO】【ガジェット】のような戦闘と破壊効果によるアド取りで進める性質のデッキには有利をとれる。
 トップ連中のせいでサイクロン等の伏せ除去が薄くGTハウスが思ったより無事な影響もあるか。
 そもそも速度は遅くとも動きを止められるわけではないせいで、除去優先度が下がっているのだろうか。
 相手の土俵に上がってこないため、如何にも地雷デッキの評価が合う。

やっていることは直接攻撃の姿を借りたバーンデッキに近い戦法だが、カードを消耗しない上にサーチが効くためカードが溜まりやすい。
消費無しで毎ターン火力を使いまわしているようなもので、キュアバーン亜流の【ロックバーン】が正体。
あちらは回復で稼ぎ、こちらは除去無視と半減で耐える。本質はダメージレース。

・よくある動き
ゴーストリックは良くできているもので、各々の仕事がはっきりしており目立った要らない子が存在しない。
持久戦の性質もあって型によりどれも3積みを求めうるスペックがある。

キョンシー→スペクターサーチ→戦闘破壊でSS+1ドロー の初動が成立すれば召喚制約も気になりにくい。
そこから魔女や雪女で潰していきたい所。

追いはぎゴブリン・魂を削る死霊で相手をハンデスにより無力化したところを嬲り殺すのが理想形。
打点より手数を重視しているデザイン上、追いはぎがハマると身ぐるみはがすことができる。

スペクター・ランタンから出せる《シャイニート・マジシャン》はアルカード以上に主力の壁。
GTハウスの直接攻撃リスクは、裏を返せば表を1体維持できれば鉄壁ということ。
自己生存能力に全振りされたニートとは凄まじい相性を誇る。
展開を鈍らせておけばそう簡単に突破できない上、そもそもカイコロを張れば戦闘での突破は不能になる。
ただしGTアウトと相性の良い全体除去との取り合わせが悪い点は注意。

シュタイン・キョンシーがアドソースな関係上、下手にアルカードにするより維持を狙った方が有効。
アルカードは致命的なカードを魔女・パニックで無力化した所を処理する仕事が多いか。


以下、ストレージ漁っていて思いついた相性のいいカード。
そのうち以前の記事と合わせて整理する予定。

強欲で謙虚な壺
 特殊召喚を多用しない上にカードを揃えることが目的のため、特性が合致している。
 折角の伏せデッキなので、情報アドのために先行で打たないという手もある。
 それでもいつ引いても使えるとも言えるため、目一杯積んでも問題ない。
 一時は全デッキがガン積みしてたというのに、今では初動の強さ重視でお呼ばれしないって恐ろしい環境ね。 

フォッシルダイナ・パキケファロ
 相手の展開が怖いなら止めればいいじゃない。
 こちらはハメに入れば通常召喚で事足りるため、影響は少ない。
 GTでは表にしか殴れないという性質があるため、パキケを寝かしてこいつだけ全力で守れば完封も狙える。
 セットが基本動作のため、リバース時の効果も不自然なく狙える。

魂を削る死霊
 直接攻撃が狙いやすい性質上ハンデスも期待でき、戦闘耐性による防壁性能も完備。
 サポートも共有の当てがあり、主力たりうる。

混沌球体
 戦闘耐性も持っているため、簡易なシャイニート防壁を築ける。
 リリース要員を残しやすいため召喚も狙いやすく、サーチ対象もアドソースとなる2体と、こちらも噛み合った性能。
 他にもアルカードに繋げやすくなる《クレーンクレーン》や上記死霊等、応用も効く。

威圧する魔眼
 アンデットの直接攻撃サポート。
 とはいっても役割が「手札にシュタインしかなくハウスをサーチしたいとき」程度。
 限定的なうえ後攻2ターン目でも召喚即攻撃が召喚制約上できないため、いうほど重視はされない。

邪悪なるバリア―ダーク・フォース―
 適用がしづらい分、ミラーフォースよりも強力な除外をお見舞いできるカード。
 攻撃宣言時にこれを発動しGTパニックをチェーンすることで、全滅も狙える。
 雪女等で裏守備の残る状況を作っている場合は単体発動も狙いやすくなる。

吊り天井
 創作デュエル界隈でやたら強カードに演出されるカード。適度な条件で無暗に強くないのが渋いのか。
 GTではカードが貯めやすい上生存できる裏守備を維持できるため、一方的に破壊できる抜群の相性。
  何故最初に思いつかなかったというレベル。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ