飽くなきパロディズムの無頓着-《貪欲で無欲な壺》‐

SHSPフラゲより面白そうなカード考察その2。

《貪欲で無欲な壺》通常魔法
メインフェイズ1の開始時に自分の墓地から異なる種族のモンスター3対を選択して発動できる。
選択したモンスター3体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。


禁止となった《強欲な壺》の逆効果パロディ《謙虚な壺》とパロディ合成した《強欲で謙虚な壺》。
それを、条件を追加した調整版《貪欲な壺》とそのパロディ《無欲な壺》を合成した・・・
 えーと何次創作?
 壺のフォルムが結構変わっている強謙と違い、こちらは意外と原型に近かったりする。
強欲と謙虚は正対しないため、どことなくうまく混ざり合った効果でしたが。
こちらは辞書にも⇔つくぐらいの対立概念。もうどんな壺なのか矛盾していてわかったものじゃない。
結果、現在制限の《貪欲な壺》の更なる調整版のような効果になり、無欲要素はうやむやに。

改めて効果精査。

○発動タイミング指定
 かの《大寒波》と同じタイミング。実質1ターンに1枚制限。
 条件の関係上、スタンバイ中に墓地を揃えられないと先行1ターン目からブン回すことはできない。
 ちなみにそれができるのは、実質《手札断殺》2連続発動した場合程度。

○発動時の対象指定
 5枚と2枚が折衷し3枚へ。比べると条件は緩和されたと言えなくもない。
 ただし異種族指定から、利用できるデッキは絞られることに。
 とはいえ元々【雑貨貪欲ターボ】のようなデッキは様々なカードが入りそこまで難しい指定でもない。
 同種族を貯めていく【ガジェット】【ハーピィ】等は、エクシーズ先を戻せば使えるものの・・・。

○制約
 パロディ元のSS不可に対し、バトルフェイズ不可。
 仮にも1:2交換で物量が得られるカードではあるものの、戦闘を介すワンキルパーツ集めには一手遅れる。
 ならば踏み倒せる先行1ターン目に使いたいが、上記の制限で使用は絶望的。

アドバンテージを得ても、活用は先送り。さて、ならばどんなデッキで使うのが適切でしょうか?
まず試しに、先行1ターン目での発動を検討してみる。
罠の無いスタンバイフェイズで発動できるのは、手札発動の誘発即時効果モンスターと速攻魔法のみ。

《手札断殺》
 先にもあげた、墓地に送れる速攻魔法。
 必要手札は墓地送り用モンスター3種ともう1枚、そして断殺2枚の計6枚。
 すなわち、断殺2枚目か貪無本体は効果で引き当てる必要がある。どんな運命力?
 2枚消費の1枚加算、実質手札をただ1枚墓地に送っただけの計算となる。まぁ、3枚分圧縮・・・?

《増殖するG》 昆虫族
 フリーチェーンで捨てられるモンスター。
 上記断殺と組み合わせれば、なんとか消費を軽減することもできるかもしれない。
 こうなると、便乗ターボの要領で引かせ続けるデッキにすれば活路がみえるか。

《D・D・クロウ》 鳥獣族
 こちらも自由度の高いカードだが、先行では対象がいない。
 結局は断殺で捨てられるカード頼り。

《クリフォトン》 悪魔族
 2000コストのリスクが重い。そのまま次のターンに《活路への希望》につなげるスーサイドにする必要もあるか。

《ハネワタ》 天使族
 先行では戦闘ダメージを受けることはない点を考えると、数合わせ用にはこちらで問題ない。

《タイム・エスケーパー》 サイキック族
《バリア・リゾネーター》 悪魔族
 リストアップ過程でモンスターを対象にする必要があり涙を飲んだカードもいくらかあった。
 彼らは《緊急テレポート》で対象を確保できる。ディスアド?これそういう記事じゃねぇから

《エクストラ・ゲート》
 手札を捨てるためのカード。本当に無駄打ちの集大成。

《クリボーを呼ぶ笛》
 リクルート魔法。悪魔族《クリボー》か天使族《ハネクリボー》を確保。
 《増殖》《進化する翼》で即墓地に送ることも可能。特に後者はコストで3枚揃えられる。
 上手く聖槍聖衣等で守られれば、相手はバトルフェイズに入ることをためらわざるを得ない壁となる。

《聖鳥クレイン》 鳥獣族
 《フォトン・リード》で特殊召喚し、《スワローズ・ネスト》で墓地に送ることができる。
 自身のドロー効果で消費は1枚で進められる。3種揃うかとかは知らない。

えー、御覧の通りほぼ机上の空論です
G・クリフォトン辺りを無理なく採用できる【活路エクゾ】【便乗ターボ】辺りに絞られます。
【ハネクリボー】が許容圏内、か・・・?


おちついて、先行1ターン目以外でも活かせるデッキを模索しましょう。

戦闘が行えない以上、バーン・デッキデス・特殊勝利は相変わらず利用価値あり。

○攻撃妨害に使われるモンスター
 機械族   :《速攻のかかし》
 戦士族   :《ゼロ・ガードナー》
 魔法使い族 :《薄幸の美少女》

○壁に使われるモンスター
 アンデット族:《魂を削る死霊》
 天使族   :《マシュマロン》《アルカナフォース0-The Fool-》

○ドローソース
 機械族   :《カードカー・D》
 岩石    :《メタモルポット》

○コンボパーツ
 魔法使い  :各種エクゾディア
 昆虫    :《ニードルワーム》《ウォーム・ワーム》

この辺を用いる【チェーンバーン】【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】【ウィジャ盤】等が有力か。
高性能だが除外される《サイバー・ヴァリー》《バトルフェーダー》と相性が悪いのは厳しい。
ついでにカーDとかかしの種族が被っているのも惜しい。

その他、個人で相性のいいカード。

○手札コストサーチャー
 鳥獣    :《ハーピィ・クイーン》
 恐竜    :《キラーザウルス》
 水     :《アトランティスの戦士》
 悪魔    :《ジェネラルデーモン》
 戦士    :《摩天楼―スカイスクレイパー》《ネオスペース・コンダクター》
 魔法使い  :《墓守の司令官》
 天使    :《天空の使者ゼラディアス》《ヘカテリス》
 水     :《沼地の魔神王》
 獣戦士   :《バスター・ビースト》

単純なデッキ圧縮が可能なカード。サーチしたフィールドは断殺ででも捨てればいい。
 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》もデメリット共有のため利用可能か。
 デッキに戻っても引いた後すぐ捨てられるので、デッキが膨らまず圧縮性能が高い。
 ただし、《伝説の都アトランティス》以外は種族サポートで、デッキの性質には合わせづらい。
 《化石調査》《炎舞―天機》でサーチし直しもしやすいものがいるのもポイント。

《サンダー・ドラゴン》《サンダー・シーホース》 雷
 こちらも上記と同様の性質ながら、サーチ対象がモンスターかつ枚数も多い。
 デッキに戻してループさせれば手札増強も進むが、共に同種族指定で種類を稼ぎづらい。

霊神 獣戦士・海竜・恐竜・鳥獣
 高打点ながら、やられた次のターンはバトルフェイズをスキップするデメリット。
 召喚条件の墓地5体の時点で3種類あることも多いので、暇潰しに共有デメリットで次の手を補充。

《スカル・フレイム》 アンデット
《裁きの代行者 サターン》 天使
《N0.6 先史遺産アトランタル》 機械 
《N0.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ》 機械
《熱血指導王 ジャイアントレーナー》 戦士
 効果の制約で共有のデメリット。
 コンボパーツを揃える用途にも有効だが、デッキは種族単色になりがち。
 ★8の2者は、【ギミック・パペット】に《限界竜シュヴァルツシルト》やSin辺りを加えてカバーか。

《ガガガキッド》 魔法使い
《ゴゴゴギガース》 岩石
《BK スパー》 戦士
 上記と同様。デメリットを共有しつつ展開力を加算。
 戦士・アンデットも擁しエクシーズ先で多様性を持つ前2者に対し、BKはほぼ戦士単で使いづらい。

《はぐれ者傭兵部隊》 戦士
 こちらも同様。単体で用いられるため種族は散らせるが、肝心の効果が使いづらい。
 とはいえ征竜メタには優秀。サックはリリースすればよいし、ビッグアイも居れば完全奪取が可能。 

戦闘放棄の問題はあれ、+1のドローソースなことには変わらず。種族が散りがちなテーマデッキ例。

【ゴーストリック】悪魔・魔法使い・アンデット
 積極的に攻撃するデッキでもないので、シナジーを意識した同時収録か。
 墓地利用が現時点で強いとは言い難いので、スペクター・雪女・キョンシーの再利用はおいしい。
 ただし、墓地が肥えた頃には戦闘開始しているはずなので、やはり攻め手との噛み合いが良いとはいえない。

【シンクロン】 戦士・機械・ドラゴン他
 ありったけの種族を使うデッキと言えばこちら。
 《ロード・ウォリアー》のようなデッキリクルートの絡むルートも繰り返せる。
 クエーサーは打点・効果共に生存に十分な存在だが、そこまで信用できないのが恐ろしい現環境。

【ライトロード】 魔法使い・戦士・獣他
 使用カードの偏りこそあれ、種族も豊富で何より墓地肥しに長ける。
 ウォルフ使いまわしや裁き落下のケアなど、役割も持ちやすい。ただ裁きの召喚条件とはかち合う。
 《カードガンナー》のような、ただの墓地肥し・圧縮を目的としたエンジンとしての役割とは良相性。

【陽炎獣】獣・獣戦士・鳥獣・炎
 ペリュトンが発動すれば3種程度はすぐに飛ぶ上、デッキに戻るメリットもあるため噛み合いはいい。
 手札の噛み合いが悪いと全く攻められないターンもあるため、タイミングを計れば制約も誤魔化しがきく。
 炎属性以外をどかせばグリプスも活きやすくなる。バレット・バーナーを戻しうるのもポイントが高い。
 ただし、魔法量如何ではスピンクス効果に対する対処は必要。

【武神】 獣・鳥獣・獣戦士
 ハバキリ再利用こそおいしいが、獣を墓地からどかすのはもったいない気も。
 そこはヴェーラー等で層を厚くしカバーする部分か。
 どうせ並べる数は少ないため、1ターンの戦闘不能程度は許容圏内か?
 陽炎獣ともども、《烏合の行進》がライバル。

【紋章獣】 獣・鳥獣・ドラゴン
 《紋章獣レオ》を擁し、エクシーズも多様に用いる。
 墓地効果が除外コストで溜まりづらい事もあるが、エクシーズの使いまわしはカツカツのエクストラに優しい。
 手数が多い方ではないので、使用ターンはマエストロで誤魔化さざるをえないか。

【マドルチェ】 獣・戦士・魔法使い・天使
 シャトー効果で驚異の5アドを得ることもできる。フェスタ使いたい放題。
 ただそもそもが墓地に貯まりにくいワンキルデッキであるため、流れにはあまりあってはいない。

【水精鱗】 水・魚・海竜
 墓地アドが飛ぶのは多少厳しいが、サーチもしやすく流れで揃うため一考の余地あり。
 元々アビスフィアーで防御力は高い部類なので、攻め遅れもカバーはしやすい部類。

【ヴェルズ】 ドラゴン・戦士・魔法使い・岩石・植物等
 丁度種族をバラけさせているカテゴリのため、発動は難しくない。ケルキオンは使いづらい。
 大量のバックを要し、それが維持防衛用のためまだ制約には耐えられる方。
 SS不可で動きの止まる強謙に比べれば使いやすい部類。

【セイクリッド】戦士・獣戦士・魔法使い等
 ソンブレスの不都合こそあれ、発動は狙いやすい部類か。
 展開速度も中速で耐久可能ターンも長いとは言いがたく、好相性とは言い難い点も。

【氷結界】 戦士・魔法使い・水・ドラゴン
 タイダルの存在も考えると、数は揃えやすい。
 基本ロックデッキで、体制が整うまで殴らない選択肢もあるためデメリットも許容可。
 ただし墓地利用デッキなので、あまり戻すことがメリットとは言い難い。
 それでも致命的な枚数不足に陥る貪欲よりは使いやすいといえる。 

【リチュア】 海竜・魔法使い・魚・獣・水
 ヴィジョンのサーチ対象の儀式モンスターは水族のため種族数を稼げる。
 元よりサーチ効果に長け、埋葬効果のテトラオーグルもいるため発動条件は満たしやすい。
 【聖刻リチュア】ならばドラゴン族も加算され、クラーケハンデスで1ターンも凌ぎやすくなる。
 戦闘を放棄してもグスタフの火力で無理やり押すことも一応可能。

【ラヴァル】 炎・戦士・ドラゴン
 大体が炎・戦士に偏っているが、シンクロ先に魔法使い・機械なども居るため揃えることはできる。
 侍女を1枚しか戻せないのは惜しいが、それでも条件を軽くできる部類。
 パーツが揃うまでの待期期間に使いたいが、そうすると折角肥やした墓地を戻すことになるジレンマ。 

【エヴォル】 爬虫類・恐竜・ドラゴン
 ナハシュやウェストロが軸だとデッキに居てくれた方が助かることも多い。
 カイザー再利用もエクストラ枠の圧迫に対応できて悪くない選択。
 バトルフェイズ制約は、ウェストロセットで乗り切ることになるか。

【インフェルニティ】 悪魔・昆虫・ドラゴン・海竜(チェイン)・戦士(グレファー)
 悪魔軸ながら、シンクロ・エクシーズ先を考慮すると多種族であったりする。
 罠物量による圧倒的干渉力のため、1ターン耐えることは可能な部類か。
 デスドラゴンの効果により、戦闘せずとも攻めることも可能。
 手札の増え過ぎが有効に働くか否か。

【コアキメイル】 獣戦士・岩石・ドラゴン・悪魔・鳥獣
 混合で用いているかは決闘者次第だが、ウルナイトの存在からデッキ回収の恩恵は大きい。
 ただし切り返し合いの側面が強くバトルフェイズスキップは結構致命的な部類。

【希望皇ホープ】 戦士・ドラゴン・獣(ZW)・魔法使い(サモプリ・アステル)
 3種族程度なら揃えることは可能。耐久力も高いためスキップも我慢の範囲内。
 問題は、発動可能=ZW他が墓地送り、つまり既にピンチになっている時である点。

【N】 昆虫・獣・鳥獣・植物・岩石・戦士・魚
 種族もバラけ、《クロスポーター》《コンバート・コンタクト》で墓地も肥やしやすい。
 ドローソースも異様に充実しており、エクゾディアも揃うかもしれない。

【ゼンマイ】魔法使い・魚・獣・獣戦士他
 種族こそバラけているが、肝心の《ゼンマイマジシャン》の同ターンの使いまわしが不可が辛い。
 《ゼンマイティ》禁止によりハンデスループも難しく、戦闘無しでの遅延も難しい。

【剣闘獣】獣戦士・鳥獣・水等
 種族もバラけダブりにくいものの、そもそも墓地が肥えづらい。
 その上戦闘してナンボのカード群のため、制約は結構致命的。

このように、意外と「使える」だけなら範囲は広いのです。
このカードが流行るような環境なら、低速化が進んでいるってことになるわけでちょっと嬉しいのですが…。
ただそれって、クエーサーだの二刀流ホープだのオベリスクだのの、君臨制圧環境って事なんですけどね
げ、ゲーテさえ死ねばなんとか・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ