【罠炎王】

《王宮の鉄壁》《虚無空間》、さらに各種ドレイン。
永続罠による完封メタで対応せざるを得ない環境、いかがお過ごしですか。

さて、ならば可能な限りメタにスペースとって最小限のギミックで動けばいいんじゃね?というコンセプトの下で考案しましたのが、今回のデッキとなります。

ウリアとかけて【神炎王】もアリかな


モンスター 上級3 下級9
○炎王  ガルドニクス2 ヤクシャ バロン
○炎星  ユウシ エンショウ テンレイ ロシシン
○他   神炎皇-ウリア ウルフバーク2 増殖するG
魔法16
○汎用    死者蘇生 ブラック・ホール 強欲で謙虚な壺 手札断殺
○サポート  天機3 天枢 急襲2 炎環2 
○コンボ   古の森 テラ・フォーミング マジック・プランター2
罠 15
 激流葬 天旋 リビングデッド シェイプシスター メタルリフレクトスライム
 しきたり2 能力吸収石2 サモンリミッター2 鉄壁2 御前試合2

エクストラ
○シンクロ
 クリムゾンブレーダー ビヒーマス ヴァルカン
○★4(使用頻度順)
 ソウコ ガンマン マエストローク チェイン ダイヤウルフ コーン号
 ジャイアントハンド 深淵 ホープ ホープレイ ショックルーラー ウロボロス

サイド
 ライオウ2
 大嵐 サイクロン2
 デモンズ・チェーン2 火遁封印式2 メンタルドレイン2 DNA改造手術2 暗闇MM2

基本構想は【HEROビート】に近い。
 すなわち最小限のモンスターによるビートダウンを基にアドバンテージをキープする。
 それを効果封殺とガルドニクスの一掃・再生能力による場の制圧に転換。
 対戦するデッキにあったメタカードにサイドから交換しつつ対応を図る。
 サーチカードに安定性を依存しているのは同じのため、天機が規制されると多少厳しい。

狙いたい最高のフォーメーションの構築がこのデッキの目的の一つ。
 ガルドニクス+古の森+能力吸収石
 この状況にもっていくと、毎ターンガルドニクスによる一掃+召喚効果&破壊効果で2回効果を発動し相手ターンのみ一方的に擬似《スキルドレイン》状態にすることが可能。
 【スキドレ炎王】で捨てていた破壊効果をも活かすのがこの布陣の旨。
 そのままターンを回すとバーク→ソウコサーチやユウシ破壊→戦闘サーチは問題なく適用できるというプレッシャーも大きい。

デッキがあふれ気味な割に、まともに召喚可能なモンスターは8体。
もちろん事故も大いにある危険なバランスではあるが、サーチリクルート5に加えスライム・シェイプを実質モンスターに数えることもできるため15枚と見ても問題ない。
逆にモンスターが居ない事故の場合は干渉札をそれだけ引いているわけで、なんとか遅延しつつ対応していくことになる。

以下個別解説。

《神炎皇ウリア》
 アイドルカード。永続罠14に加えチェインで確保可能とはいえ期待値は低いため、本気で使用される場合は撤収すべし。
 とはいえエンショウしか居ないバック対策・ガルドニクス越えの処理と仕事が無いわけではない。
 それでもメタカードを送って召喚する性質上、反撃を食らう前に即座にトドメをさせる状況での降臨を心掛けたい。

《炎王神獣ガルドニクス》
 アナザーネオスに代わるワントップエース。
 急襲・ヤクシャによる最低限の枠で長期間の君臨が見込める性質から白羽の矢を立てた。
 モンスターが少ない分、除去を受けても無償で回復しアド+1をキープしてくれる性能は重要。
 上手く回せば2刀流ホープすら対応できる全体除去の解決力も大きい。
 2体が交互に破壊されるインティクイラモードに突入できれば毎ターンダイレクトアタックも可能で、アナネオの19×5よりも必要攻撃回数が少ないのも魅力。
 通常の炎王と比べバロンの枠を削っている分再臨による持久力は欠けるため、単体での維持サポートが重要となる。

《猛炎星-テンレイ》
 説明不要のアドソース兼メインアタッカーのユウシ。
 バック対策の薄い現環境仕様のフォローのために採用のエンショウ。
 クリブレ用チューナーである他、地味にリクルーターである点が優秀なロシシン。
 【4軸炎星】でも主戦力の3種はさておき、ここでステマすべきはテンレイの優秀さである。
 生半可な下級はしっかり止めてくれる守備2000に効果破壊誘発のリクルート効果は好相性。
 さらにタイミングがEFと、ユウシによる切り返しが非常にしやすい。
 炎環とも相性がよく、追撃や除去確認の斥候に優秀。
 自ターンでのガルドニクスのエスケープに用いた炎環で特殊召喚した場合、相手のSFに破壊に巻き込みつつEFで特殊召喚でき妨害の心配なく展開に使用できる。
 ウルフバークのエスケープに用いた場合、そのままロシシンとのシンクロで炎舞サーチも見込める点も覚えておくと役立つかもしれない。
 バークから守備で特殊召喚したものを破壊し擬似的に攻撃表示で特殊召喚することも可能。
 炎舞の回転を重視する【炎星】より、破壊を駆使する【炎星炎王】向きのカードなのである。
 特にモンスターを節約しているこのデッキでの役割は大きい。

《古の森》《テラ・フォーミング》
 ガルドニクスを継続的に破壊するコンボパーツ。相手の攻撃を制限しワンキルを狙わせる効果も。
 維持を信条とする細かいビートダウンには苦渋を強いらせること請け合い。
 ヴァルカンで飛ばしながら一方的に殴る事も一時的にはできる。
 なるべく拘束が効いている短いターン中に決着をつけたいデッキのため、発動時の表示形式変更による相手壁の無力化・バークによる戦線追加も悪くない。
 書院・渓谷・門・シャトー等の上書きのためにも1種採用しておくと有事に便利。
 今回は溢れるデッキの圧縮も兼ねテラフォになっているが、自身もノーデメリットとはいかないため、自己セット上書きのための2枚目を優先した方がいい場合も。

《マジック・プランター》
 ドローソース。同じものがダブる事故の他、特に1戦目ではメタ範囲外で効果の薄いカードを処理するのに必要となる。
 ソウコから天旋をサーチできることにより、通常のデッキよりは腐りづらい。

《強欲で謙虚な壺》《手札断殺》
 手札交換。サーチしづらい永続罠をメインに据える以上死活問題。
 強謙は急襲の打てない先行初手やガルドニクス生存で疲弊した相手への倍プッシュに使う事になる。
 断殺は手札のガルドニクスやバーク炎環の蘇生対象を墓地に送る意味もある。
 どちらも無条件に相性のいいカードとはいえないため、使いどころに注意。

《リビングデッドの呼び声》
 数少ないモンスターの再利用や、破壊誘発トリガーとする事でサイクロンにも簡単にやられない。
 しきたりによる擬似完全蘇生の他、シンクロ・エクシーズ素材にすることによって残ったカードを無理なくプランターのコストにできる。
 サイドライオウの拘束維持にも優秀なカード。

《シェイプシスター》《メタルリフレクトスライム》
 罠モンスター。特殊召喚数確保・ウリアの餌・しきたりによる不死壁を兼ねる。
 しきたりの破壊耐性はスキドレ・吸収石で無効化されないため、地味に2回の除去を強いる鬱陶しい壁だったりする。
 ネタに走るなら《A・O・Jディサイシブ・アームズ》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》を採用することも。
 まぁそれは【罠モンウリア】で特化した方が無難かと。
 属性が異なる分御前試合との噛み合いの悪さには注意。ウリアも出せなくなる。

エクストラデッキ
 ウルフバーク効果から出すカードと☆4+シェイプシスターで出す☆6シンクロが主。
 ソウコでサーチ&厄介な効果無効を主力とし、トドメのガンマン、生存と打点覆しのマエストローク、炎環対象落としのチェインまでがそれなりにある選択肢。
 除去兼破壊トリガーのダイアウルフも状況によっては重要。
 泥沼に陥りやすいデッキでもあるためホープレイによる大逆転で保険確保。
 ショックルーラー、ウロボロスは【カウントダウン】の様な特殊なデッキ相手の場合が多い。
 ブレーダーはロシシンの制約上限定採用、ヴァルカンは多用する永続の解除との相性も兼任。
  とはいえトップメタ対策の一角であり、炎環で使いまわせる利点も。
 ビヒーマスはグラファの様などうしようもない相手対策。
  御前下でシフター+蘇生で奪ったカード用の保険でもある。

以下、サイドデッキと合わせた仮想敵込のメタカード解説。

《宮廷のしきたり》
 永続罠の砦。最大の弱点《大嵐》対策。
 破壊効果の空撃ちを狙うカードのため、実は相手の消耗を狙う攻めの一面もある。
 ゲーテはさておき、制約の多いドラゴサックには滅法強い。
 また、表になると破壊できない《海皇の狙撃兵》の空撃ち率も上昇する。
 逆に相手の《ソウルドレイン》《安全地帯》に手出しできなくなる場合もあるため注意。
仮想敵:《幻獣機ドラゴサック》《海皇の狙撃兵》《聖刻龍-シユウドラゴン》《サイクロン》
悪相性:《ゲーテの魔導書》《マドルチェ・ティアラミス》【ヴェルズ】


《能力吸収石》
 メインのハメギミックともなる効果無効化。
 《スキルドレイン》との互換となるのは、一方的な発動が期待できる点と発動できたりできなかったりで微妙に計算が狂う点。
 近年は誘発効果の連鎖も多く、気づけば2回発動してしまうことも多々ある。
 召喚過程で2回発動を要する【征竜】では、召喚ギミックこそ止められないもののサックアイ効果を完封可能。
こちらは墓地発動をベースにすることで回避できるのはスキドレと同じ。
また《増殖するG》のようなフリーチェーンを被せることで続く効果を無効にできる。
 そのため本来はGの他《エフェクト・ヴェーラー》や《D・D・クロウ》を増量して有効利用したい所。
仮想敵:【征竜】【3軸炎星】【聖刻】【ガジェット】《ヴェルズ・ケルキオン》
悪相性:【水精鱗】【暗黒界】【武神】【六武衆(発動じゃないSSが多い)】


《サモンリミッター》
 こちらは召喚回数の制限。カウンターは不要なため、3回目の発動にチェーンすることでその特殊召喚効果の適用を不発にすることもできる。
 シンクロ・エクシーズを素材までで封殺する。
 2ターンに渡れば可能だが、こちらは1召喚で出るガルドニクスが一掃するため噛み合う。
 《シェイプシスター》を相手EFで特殊召喚しヴァルカンで飛ばす用意をする事も想定。
 最近は発動=展開効果であることも多く、吸収石と範囲が被っている点も多少。
仮想敵:【征竜】【ヴェルズ】【聖刻】【3軸炎星】【マドルチェ】【シンクロン】【カラクリ】
悪相性:【水精鱗】【暗黒界】【武神】【マシンナーズ】


《王宮の鉄壁》
 ストラク収録のメタのメタから、除外多用ギミック封殺のトップメタ狩りまで上り詰めた1枚。
 もちろん墓地多用の炎王においては奈落幽閉対策としてのメタ効果も信頼できる。
 意外なところでは逃げられなくなる【チェーンビート】への回答札。
 効かない事が多々あっても、自身を制約せず逆利用される事も少ない点はメイン投入に優しい。
仮想敵:【征竜】【魔導】【武神】《暗黒界の門》《マドルチェ・ホーットケーキ》《次元の裂け目》
悪相性:征竜サポート外のデッキ


《御前試合》
 属性統一の強い味方。さほどエクシーズの使い分けも重視しないためメイン投入。
 有効度が顕著なカードなため、サイドチェンジ枠にしやすい。
 【聖刻】ではレダメ・ドラグーンが止まる点で意外と刺さる。
仮想敵:【征竜】【シンクロン】炎属性デッキ外からの《クリムゾンブレーダー》
悪相性:属性統一全般


《デモンズ・チェーン》
 能力吸収石で悠長な事を言ってられない、初動を止めるべきデッキ対策。
 しきたりごと剥がしかねない【甲虫装機】等が特に危険。
 《エフェクト・ヴェーラー》未採用による数の補強の側面も。
仮想敵:【甲虫装機】《魔導書士バテル》
悪相性:【暗黒界】


《メンタルドレイン》
 手札の効果封じ。こちらもほぼ対子征竜シフト。
 ヴェーラー食らって辛いのはバーク程度なので、そこまで目くじらたてる必要はないのだが…
 召喚数も少なくGもそこまで、であってもトップメタ対策はかかせない。
仮想敵:【征竜】《武神器-ハバキリ》《エフェクト・ヴェーラー》《D・D・クロウ》
悪相性:コントロールかなぐり捨てているワンキル


《DNA改造手術》
 ゲーテヒュグロセフェル封じ、ほぼそれだけの魔導シフト。
 ここ1年で種族より属性の方が重要になったのでメタ範囲としてはそもそも狭い部類。
 獣戦士指定で炎舞の適用内にするという荒業も一応ある。
仮想敵:【魔導】【炎星】【カラクリ】《エヴォルカイザー・ラギア》《H-Cエクスカリバー》
悪相性:《群雄割拠》


《暗闇を吸い込むマジックミラー》
 メタをことごとくすりぬける【暗黒界】と崩してくる【甲虫装機】への反抗。
 それでもグラファの蘇生は止まらないのだから恐ろしい相手である。
 征竜混合でビッグ・アイを狙ってくる相手には入れる意味もある。
 場合によっては守備1700のガルドニクスを《交響魔人マエストローク》から守る意味も。
仮想敵:【暗黒界】【甲虫装機】《No.11ビッグ・アイ》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
悪相性:闇属性以外《可変機獣ガンナー・ドラゴン》


《火遁封印式》
 本当にどうしようもない相手のための墓地除外。鉄壁と噛み合わない。
 墓地発動や墓地対象を封じるために必要となってくる炎属性最後の砦。
 征竜蘇生効果に合わせたり、ホーットケーキの餌をけずり続けたりで汎用性はある方。
 ただし、モンスターがギリギリのこのデッキと相性がいいとは言い難い。
仮想敵:【征竜】《暗黒界の龍神-グラファ》《甲虫装機ホーネット》
悪相性:《王宮の鉄壁》


《ライオウ》
 今後《手違い》に変更される可能性もある枠。
 とはいえ拘束力の高さは伊達じゃない準制限カードなので、単騎戦力としても運用していける。
 【HEROビート】のような妨害の多い相手にモンスターを切らさないため追加する意味もある。

《大嵐》《サイクロン》
 【六武衆】【インフェルニティ】のような、バックを厚くして防衛力を高めるデッキ対策。
 【ソウルドレイン】に致命打を受けるデッキなので、可能性がある場合はこちらも考慮する。
 【ヴェルズ】相手の場合は、こちらが破壊されてもそこまで厳しくない分《安全地帯》の危険があっても果敢に撃っていきやすい。

やってる事はガルドニクスの邪魔をしにくいメタカードで一方的に封殺しながらのハイビートのため、採用罠を変えていけば環境が多少移り変わってもやっていけるシステムではないかと。
鉄壁があれば次元にも簡単に沈黙しないし、よほどソウルドレイン環境でもない限りは・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ