スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SHSP考察】単騎戦力サイド

前記事に引き続き、新弾の注目カードまとめ。
 数が増え過ぎていろいろ分割されているので、右記プロフィールのまとめからお目当てを探してくだされ。

こちらは単体で仕事をする連中の主な動きの考察。
この中から環境に食い込めるカードは現れるか。

《チャウチャウちゃん》
《暗躍のドルイド・ウィド》
《ヴァンパイア・キラー》
《ゴースト姫―パンプリンセス》
《荒魂》
《カラスの巨群》
《土地鋸》
《覚星師ライズベルト》
《ブルー・ダストン》《ダストンのモップ》
《グリザイユの牢獄》


《チャウチャウちゃん》
 幽閉ミラフォら戦闘誘発の評価をさらに貶める広汎用ピンポイントメタ。
 1:1交換ベースの手札誘発なため、アドに直結しないヴェーラークロウよりも強力なのは確か。
 それでも発動タイミング・対象の狭さの関係でまだデッキ制約有の紫光・聖弓手の方が使えるチャンスは多い。
 ただ、古代の機械などの「相手がチェーンできないタイミングを狙った発動」戦略には対応可能。
 現在《キーマウス》しか存在しないサーチ法が今後増えれば脅威ともなりえるか。

《暗躍のドルイド・ウィド》
 《Z-ONE》以来の永続魔法の再利用カード。
  ATK0でサポートも多く、《ラヴァルバル・チェイン》との併用で間接的なサーチにもなる。
 《強欲なカケラ》《インフェルニティ・ガン》等消耗する永続魔法の再利用に使えると強い。
 《炎舞―天機》なら更にアドバンテージに還元でき、魔法使い族故《魔法族の結界》もおいしい。
 《平和の使者》の一時的なロック解除に使える。《ワンダー・ワンド》で即座に戻せるのも良い。
 《異次元隔離マシーン》も好相性。除去されても除外されたこのカードが壁となり再度使用を見込める。
 《デッキロック》等の制約の解除と回収を繰り返す用途なら、ある種の【セルフバウンス】に近い暗躍が期待できる。

《ヴァンパイア・キラー》
 《A・O・Jカタストル》の逆。
 久々の露骨なシリーズメタ枠とみせかけ、サポート共有に効果トリガーと、なんとも妙な存在。
 唯一、《カース・オブ・ヴァンパイア》は戦闘誘発のためメタっぽいか。
 どちらかというと、増援他で呼べるオピオンハンターというポイントが大きい。
 特にヴァンパイアは上級SSを駆使するため、メインにいれれる存在でこの性能はありがたい。
 ソーサラー+シャドウでリクルートも上級SS無しで可能なのは大助かり。
 《A・ジェネクス ドゥルダーク》との差別化は、2回攻撃等での発動数増加と戦闘破壊されない点で可能。
 地味にローズトークンを難なく処理しつつ蘇生対象内の《ブラック・ガーデン》庭師でもある。

《ゴースト姫―パンプリンセス》
 宝玉獣効果をもち、その状態で真価を発揮する、生ける《強者の苦痛》。アンデットだけど。
 そしてパンプなのにデバフ効果とはこれ如何に。
 相性がいいのは《バッドエンド・クイーン・ドラゴン》。姫と女王。
 火力に少々の不安を持つBEQを補助し、アンデサポートで再利用しやすい永続魔法ともみられる。
 《地獄の暴走召喚》+《ブラック・ホール》等で初手から即座に3枚揃う手があるのもおいしい。
 サーチと《スカル・コンダクター》の両面で《ゴブリンゾンビ》と相性がいいのも便利。

《荒魂》
 念願のスピリットサーチ。先行1ターン目は高守備を活かしセットし情報隠蔽に努めるも良いか。
 個性が強く欲しい状況がバラバラなスピリットを少ない枚数でも安定供給できるのは大きい。
 特に除去を考えなければ1枚あれば使い回しが効き、採用枚数を減らせることで事故低減に役立つ。
 《金華猫》《偉大天狗》といったコンボデッキの主軸サーチの他、変わったところでは《氷結界の神精霊》をサーチし続け、手札コストを大量に要する軍師・封魔団・舞姫・ストリームを活用することもできる。

《カラスの巨群》
 久々追加の継続1アドのサイクルリバース。流石に範囲が強すぎるせいで上級&リクルート制限の2重縛り。
 折角の《忍法・変化の術》《スワローズ・ネスト》が使用不可なのは辛いが、闇属性故に墓地サポートはしやすい。
 数少ない《零鳥姫リオート・ハルピュイア》のエクシーズ素材になる点でも貴重。
 とはいえ相変わらず展開力に欠ける層のままなのは否めない。
 追いはぎハンデスと相性のよい、ゴーストリックとも方向性が近かったりする。

《土地鋸》
 今回の蛇年記念爬虫類枠。《火舞太刀》の亜流のダジャレ枠だコレー!?
 生ける《皆既日食の書》に近い。罠用途なら《スリップ・サモン》がタイミング的にも適切か。
 爬虫類は《スネーク・ホイッスル》等意外とデッキリクルートにも長け、《薄幸の美少女》のようにも使える。
 セットを駆使するワーム、直接攻撃も狙えるゴーストリックと、相性のいい連中はそこそこ存在。
 爬虫類伝家の宝刀《スネーク・レイン》《継承の印》も狙えるか。
 《ブラック・ガーデン》対応。
  裏にならないトークンとの相性は良くないが、蘇生効果からなら問題は無い。
  裏にすることで自分の特殊召喚モンスターのステータスのリセットが狙え、《トラゴエディア》も心配なく使える。
 そのまま《A・O・J エネミー・キャッチャー》で攫ってしまうのが理想。

《覚星師ライズベルト》
 ライズベルトさんが☆1上げて誘発即時で連発可能になって帰ってきたよ!巨人化したんだね!
 相手ターンにレベルをいじくってエクシーズを外す圧力をかけられるのは優秀。
 コンボカードとしてもメタカードとしても期待ができる。
 最大の狙い目は☆1チューナー。フォーミュラ妨害は結構致命的。
  征竜も打点バカ(鬼岩城)を強いられ、デブリは黒薔薇予定がシンクロ自体止まる。
 とはいえ調星師は禁テレセットで同じ事をできる点を思うと多少トーンダウンか。非対応が痛い。
 となると連続使用可能・永続変化という点から維持する方向でサポートしたい所。
 バードマン+神風で《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》が作れたりする。
 ジェネクス☆4を擬似的に作れることで、使いづらいジェネクスシンクロの助けにもなる。
 ハーピィにおいても2回・2体がかりでレベルを上げればリオートが・・・
  って今回は璃緒様サポートパックかよ
 そうでなくてもエンドリビデで★5が狙いやすくなるだけで複数発動の価値はある。
 シンクロ・エクシーズによる大型突破がしづらくなるのが長所なわけで。
 オレイカルコスで2000にして下級メタビートにもちこむのもいい。

《ブルー・ダストン》《ダストンのモップ》
 ダストンもかれこれ5種類目。
 フィールドも埋まるようになりサポートも出たってのはここで打ち止めでしょうか、哀しい。
 ブルーは封札剣効果。やっぱり水はハンデスですよね、と思いつつも流石にでかいディスアドにはならなかった。
 モップはダストン制約を与える、相手装備前提のカード。《旗鼓堂々》で奇襲妨害にも使いたい。
 【剣闘獣】等にも効くタイミングがあり、EF破壊等の制約効果から逃がさないことも狙えるコンボである。
 《カイザーコロシアム》や《宇宙の収縮》を使ったロックにも一役買う。
 雪女ロックと比べると融合・リリースにも強い分、戦闘と効果発動は野放しとなる。
 あいかわらず《アルカナフォースEX》2体と《Theアトモスフィア》が抜け道な点には注意。
 「ラヴァゴーレムでしか突破できない」耐性モンスターにつけるのもいいが、ナーガ様など大抵コレの効果も受けない。
 【ダストン】はとにもかくにも《ハウスダストン》発動からなので、サーチ効果&実質除去無駄打ちもありがたい。

《グリザイユの牢獄》
 橙紫青と白黒の間における格差を否が応でも意識させる1枚。
 ジェムとリチュアが生存してラヴァルガスタが滅んだのはまさか・・・(イラストと関係ない
 拘束が長く、異常な速度を持つ後者と比較的まったりな前者の差を埋めるには十分なメタカード。
 「○○召喚した」モンスターが条件のため《簡易融合》等の後蘇生したものは使えない点は注意。
 《死皇帝の陵墓》等のリリース踏み倒しも対象外だし、《限定解除》等も対応できない。
 使用するデッキの中では、アシッドゴーレムもオーガドラグーンもできなくなるため突破が絶望的になる《神光の宣告者》が特に危険。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。