スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4×4CO本棚紀稿 1/11を時系列順に整理してみた

1/11-じゅういちぶんのいち- という作品をご存知でしょうか。
 サッカーに生きる「安藤ソラ」を取り巻く人々にスポットを当てた連作シリーズです。
 なんと、映画化にまで至りました。
 サッカーは主題だけど本題じゃない、クロスマネジもこうなりたかったのかなーといったお話。

初出はジャンプSQ増刊のSQ19。そこから本誌連載に格上げされた「帝一の国」と並ぶ出世頭。
元が隔月刊連載を想定したこともあり、毎話で読切として成立させた構成。
演出がワンパターンぎみだったりで手放しで心酔するほどではないにせよ、その優しい物語の数々が胸を打つ。

ソルキチブログなのでSoulcatchersと比較して表現するとすれば。
○主人公に感化された人々が前を向いて歩きだすまでの物語
 この1点においては近しい構造。閉塞感からの解放の物語が好きな方へ。
また、同時収録の読み切りにサッカーの話も多く、題材への思い入れであるとか。
巻末のあとがき等から作者の人柄自身に触れられ、作家性そのものにも傾倒しやすい点も似ている。
 中村先生の場合は、正直すぎる上ちょくちょく自虐挟んでくるのでなんだか放っておけないといいますか。
 7巻にSoulcatchersの1話試し読みペーパーが挟まっていたという縁も。

増刊6話・本誌第一部10話を経て、現在は第二部連載中。
 コミックスはその9巻までで完結とのことです。

本記事では、各エピソードを時系列順に再構成し、ちょっとした解説でもしてみようかと。
 物語はあらすじですが、年表上にネタバレ有。


年代は不詳のため、ソラの年齢基準の年表。
 数え年基準といいますか、その年度でソラがなる年齢表示。
小節版収録はN#表記。

○0歳 :安藤ソラ・生誕

○6歳 :沢渡真名、山中寛太・生誕
○    幼少期、ソラと"ツヨシ"の出会い
原点 #15,#16 ツヨシ
  第一部の締めとなる、ツヨシがソラと出会い、別れるまでの回想。


○    ツヨシ、引っ越し
○    ソラ、藤見が丘FC入部 ドリブラーとして活躍

○小学生  :吉田彬と安藤ソラ、サッカークラブで共にプレイ
○小三(9) :薮田冬汰、大神秋次 生誕
○小四(10):
○小五(11):足立拓実(22)、大卒で横浜入団
      嶺岸さくら(12)、中学入学から藤見が丘FCレディース入部
○小六(12):神崎真臣(22)、大卒で横浜入団 理颯妊娠
○    :狭川遼馬、およそこの頃に生誕

○中一春:中学入部、初出場 真壁慎一郎との軋轢
○    :神崎真臣(23)、2ndゴールキーパーへ チームは大城獲得

○中二末:越川凜也(15)の後悔
○  末:加瀬博樹(15)、高校浪人へ 

○中三夏:最後の大会での挫折
○  秋:足立拓実(26)、契約解除 スカウトヘ転向
○  末:加瀬博樹(16)、2度目の受験失敗で修学院高校へ
○   :ソラ、中学卒業後の春休み
ヒロイン #1 若宮四季
 サッカーに挫折しつつあったソラ。女子プロ・四季との出会いでサッカーへの想いを新たにする


○高一春:修学院高校入学、サッカー部の復興活動

N#1 小向晃平
 再興を目指すサッカー部。しかしその旗手がアイツではな。


三枚目枠 #19 吉岡航
 高校デビュー失敗で独り寂しく過ごす日々。そんな折、新興のサッカー部に目をつける。


爆発する #3 越川凜也
 イケメンリア充生活を謳歌する日々。しかし拭い去れぬ空虚感。


因縁 #8 真壁慎一郎
 高校ではサッカー同好会を作った。そこに現れた、サッカー部との因縁。


N#4 嶺岸さくら
 四季ちゃんとの別れ。そんな私に、サッカーを続けていくことはできるのだろうか。


嫁 #2 篠森仁菜
 女子マネージャーとしてサッカー部に入部。しかし父親には反対され・・・。


弟子 #6 山中寛太
 6年生の繭、最後の1年。勝ってまた笑ってほしい。そのためにできることは・・・。


高一初夏:

N#3 村上信登
 幼馴染の櫛田ゆきと、親友の芦屋大輔。彼の恋のアシストも、してもよいのだろうか。


師匠 #7 小田麻綾
 女子ばかりの演劇部に入った男子、野村瞬。そこにやってきたサッカー部の助っ人依頼で・・・。


N#2 吉田彬
 憧れだった兄。そんな彼も今は、他人の応援をする側の人間。


進研ゼミ #10 加瀬博樹
 夢を諦めた先で出会ったサッカー。しかし夢を諦めていないソラを見て・・・。

 
ラブコメの戦士 #9 紺野兼次
 不良と噂の関由香里。そんな彼女が突如「オフサイドを教えてくれ」とやってくる。


○高一秋:文化祭
負けヒロイン #5 水野由花  
 振られた先輩の好きだった歌。合唱コンクールで歌うことになってしまい・・・

 。○(ソラさんも指揮してる

○高二春:
過去 #24,25 椎名千聖
 テキトーにやってても俺が一番上手い …だから誰も俺に口出しするな


○高二秋:修学院高校、県ベスト8へ
道標 #11 堂本誠治
 スカウトの後輩・足立拓実が面白い選手を見つけてきた。しかし彼の境遇に、足立の姿を重ねる。

  6巻にまさかのプロットも収録されている1話。んなもん表に出すから小説かかされるんや(笑)

○19歳春:高校卒業後、横浜入団
本作最強 #4 神崎真臣
 29歳、万年2ndゴールキーパー。ついにめぐってきたチャンスで・・・。


○東京戦:ソラ、初スタメンで1点 
○大阪戦:ソラ、2試合連続のゴール(#5冒頭)
○    クリスティアン、以後どこかでアメリカリーグに移籍

○20歳 :FWの主力としての地位を確立
陰 #13 青柳大貴
 5年契約の勝負の年。そんな中、FWからCBへの転向の話があがり・・・。


○21歳 :ソラ、日本代表に選抜

憧れ #12 沢渡真名
 ずっと応援してきた選手の海外移籍。その前に、どうしてもやってもらいたいこと。

  制服が変わっていない様なので、ソラ横浜所属の3年=真名中学3年かなと

ボス #20 篠森勇人
 娘の婚約者、その男は潰えた夢の先にいる。

  ※この話の中でソラ23歳となっていますが、横浜の在籍年数を考えるとここはミスと思われる。

 
○22歳 :アメリカリーグへ移籍
○    ジェラルド・マツモト 逝去
語り部 #17,#18 御手洗恭輔
 スポーツライターへ転職、与えられた仕事はアメリカサッカーへ移籍した選手の通信員だった。

 2章のプロローグとなる前後編。ソラと四季のおさらいも兼ねた、マスコミから見たソラの話。

○   :篠森仁菜(22)、(短大でなければ)大学卒業 遠距離恋愛中

○25歳 :4年をかけてCWCへ出場
○某年 :安藤ソラ結婚

○26歳 :欧州へ移籍、夢であるチャンピオンズリーグ挑戦へ
バタフライエフェクト #14 薮田冬汰
 ドン豚と呼ばれパシリとして過ごし細々と漫画を描く日々。そんな中出会った少女の夢は・・・。

 いとこのイケメンの兄ちゃん(27)、一回り離れている模様

ラスボス #21,22 Jacob Creswell
 チャンピオンズリーグ優勝を狙い選手補強を繰り返す。その中の一人、安藤から進言を受ける。


○   :大神遥夏(推定15)、ドイツへ移籍
○28歳 :ソラ、ドイツ・ブレーメンへ移籍

○   :ソラ、横浜に復帰
未来 #26,27 狭川遼馬(#27は9巻収録)
 憧れ「だった」安藤ソラ。時は過ぎ、今では彼も終わった選手。


#29 安藤 仁菜(#29は9巻収録)
 わたしとソラ君と、時々四季ちゃん。


#28 安藤 悠(#28は9巻収録)
 目指し、追いかけ、僕は安藤ソラのようになれるのだろうか。


そしてソラのサッカー選手としての物語は終息へ向かってゆく。
こうしてみると、意外な人物が同世代だと見られたりなかなか面白い。
 足立・神崎が同世代であり、就活の済んだ大卒を連続で捕まえている所とか。横浜ェ
物語が進行次第また加筆は続けていきます。
 本誌からジャンプLIVEにも再掲されているコラム「1/11の風景」もまたよろしく。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。