ランク・オナジ・マジック―ソノマンマ・フォース【エクシーズ・シフト】

《エクシーズ・シフト》がOCG化するとかなんとか。
 《ナイト・バタフライ・アサシン》→《H-C エクスカリバー》のシーンで使用。

エクシーズ・シフト
通常魔法
自分フィールドのエクシーズモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと種族・属性・ランクが同じでカード名が異なるモンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてエクシーズ素材とする。
このカードで特殊召喚したモンスターは、エンドフェイズに墓地へ送られる。
「エクシーズ・シフト」は1ターンに1枚しか発動できない。


OCGでは種族・属性・ランク全てを共通という制約があるようで、闇→光の上記シーンは再現できない模様。
 まぁ、素材3→発動不能というディスアドの極みの様な流れになるので、気にしてはならない。

ちなみに以下はシンクロ版の類似品。

《シンクロ・チェンジ/Synchro Change》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体を除外して発動する。
そのモンスターと同じレベルのシンクロモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚した効果モンスターの効果は無効化される。


除外ではない分コストは軽いが、エクシーズのため墓地送りが強いかは別問題。
むしろ《ZW-玄武絶対聖盾》を考えると除外の方がコンボ性はあったかも。
対象指定は厳しい分、OLUも与えられて効果発動可能。
その分EFまでの命のため、目的は効果にあることになり用途は根本的に異なる。

さて、情報は場参照か墓地参照か。それが問題だ。
DNA系統も役に立つかもしれないし、RDM先取りの《黄血鬼》も意味が出てくるかもしれない。

ではいつもどおり対象モンスター列挙、いってみましょう。
光・戦士
★1 《No.39 希望皇ホープルーツ》《巨星のミラ》
★4 《No.39 希望皇ホープ》《H-C エクスカリバー》
★4 《輝光帝ギャラクシオン》《輝光子パラディオス》《聖騎士王アルトリウス》
★4 《フォトン・バタフライ・アサシン》《フォトン・アレキサンドラ・クイーン》
★4 《CNo.39 希望皇ホープレイ》《No.10白輝士イルミネーター》《隻眼のスキルゲイナー》
★5 《CNo.39 希望皇ホープレイV》《CNo.39 希望皇ホープレイヴィクトリー》
★5 《セイクリッド・プレアデス》
★6 《フォトン・ストリーク・バウンサー》
★8 《神竜騎士フェルグラント》
ホープさんによる異様な層の厚さ。
Vでぶっぱ→ヴィクトリーの古代の機械効果で突撃も可能。効果は素材が飛ぶため無理。
特筆事項はやはり《フォトン・アレキサンドラ・クイーン》が使えてしまうことだろう。
ホープで耐久した返しにぶっぱしてから展開、なんてこともやりたい放題に。
素材指定で強効果調整もしていたから、この手のカードは出ないと思ってたんだよなぁ・・・。
また、手札効果のみだが《輝光帝ギャラクシオン》も縛りなしで使えるのは多少おいしい。

地・戦士
★1 《No.54 反骨の闘士ライオンハート》
★3 《M.X-セイバー インヴォーカー》
★4 《ガガガガンマン》《ズババジェネラル》《六武衆の影―紫炎》
★4 《CHキング・アーサー》《H-C ガーンデーヴァ》《H-C クサナギ》
★5 《CX-CHレジェンド・アーサー》《No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー》
★6 《ソードブレイカー》《ガントレット・シューター》
紫炎の素材緩和は面白いが、元々キザンで作るカードなので影響は小さい。
むしろ、叩くだけ叩いた後にガンマンにシフトしてトドメになれることの方が手順として優秀。
罠無効でトドメに強いクサナギの評価も見直されればいいが・・・。

炎・戦士
★3 《BK チート・コミッショナー》
★4 《BK 拘束蛮兵リードブロー》《No.105 BK 流星のセスタス》
★5 《No.105 BK 彗星のカエストス》
★8 《熱血指導王ジャイアントレーナー》
★9 《CX-熱血指導神アルティメットレーナー》
 BKのメイン戦法で多少出し辛かったチートとセスタスを、ブロー経由で見込めるのは進歩。
【アンワBK】なんてのもあるらしいので、《黄血鬼》も採用可能か?
ただし《アンデットワールド》下では種族指定に引っかかるため十全な相性とまではいかない。

水・戦士
★5 《No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ》《No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ》
 しれっと統一の兄妹ナンバーズ。
 ゼロで半減→アビスで倍化で、過剰なまでのオーバーキルを叩き込める。仮想敵?知らん管轄外だ


光・ドラゴン
★4 《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》
★6 《聖刻龍王アトゥムス》
★8 《聖刻神龍エネアード》《No.107 銀河眼の時空竜》《No.46 神影龍ドラッグルーオン》
★8 《サンダー・エンド・ドラゴン》《超銀河眼の光子龍》《伝説の白き龍》
 やたらランク8に偏っている。まぁ使用不可カードはネタとして。
 どれも並べる手間さえなんとかなれば強いカードが多く、超銀河もフィニッシャーにしやすい。
 打点は3000統一のため、その手の用途には益が薄いか。

闇・ドラゴン
★4 《ヴェルズ・オピオン》《ヴェルズ・バハムート》《ヴェルズ・ウロボロス》
★4 《竜魔人クィーンドラグーン》
★9 《No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon》
 ヴェルズ同士での転移が可能。オピオン制圧→バハム・ウロボ突破は単純にして強力。
 もし《侵略の汎発感染》で墓地送り効果も受けないなら恐ろしい事この上ない。
 クィーンドラグーンも、展開しつつウロボロスに変えられるだけで汎用性は高い。

闇・機械
★3 《No.34 電算機獣テラ・バイト》
★8 《No.15 ギミック・パペット ジャイアントキラー》
★8 《No.40 ギミック・パペット ヘブンズ・ストリングス》
★8 《No.88 ギミック・パペット デステニー・レオ》
 名前長いよお前ら。
 ジャイアントキラーで除去→ヘブンス3000打点で互いの長所を生かしあえる。
 場持ちが無いので上記も使い捨てである他、デステニー・レオはそもそもシナジー外。

地・機械
★4 《ギアギガント X》《発条機甲ゼンマイスター》《ブリキの大公》
★5 《重機王 ドボク・ザーク》
★8 《廃品眼の太鼓竜》
★10 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》
 なんだか悪巧みできそうな連中。ガラクタは蘇生制限に引っかかるため注意。
 マイスターと大公は表示形式変更でシナジーがありそうだが、自分のみと相手のみのためコンボならず。

闇・魔法使い
★1 《No.83 ギャラクシー・クイーン》
★4 《アルケミック・マジシャン》
★5 《CNo.104 仮面魔踏士アンブラル》
★6 《マジマジ☆マジシャンギャル》
★7 《No.11 ビッグ・アイ》《魔導法皇 ハイロン》《伝説の闇の魔導師》
 同ランクこそ居れど、悉く光闇で噛み合わない魔法使いエクシーズ。
 その中でも目玉→ハイロンで戦闘制限と素材制限を踏み倒せ、やっと仕事が見つかったハイロンさん。
 ただしそもそも魔法使いは素材制限がきつい引きこもりばかりである。

光・天使
★1 《No.63 おしゃもじソルジャー》
★2 《聖光の宣告者》
★3 《機装天使エンジネル》
★4 《プリンセス・コロン》《フェアリー・チア・ガール》《ヴァイロン・ディシグマ》
★4 《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》
★5 《始祖の守護者ティラス》
★7 《No.7 ラッキー・ストライプ》
 コロンちゃんでおもちゃ箱出しつつ1ドローor効果ロックor1非破壊除去、やばい(確信
 天使指定で中々厳しかったチアガールを使えるのは面白い点か。
 ドルべさんのカオスエクシーズチェンジに期待がかかる。ヘイロー自身はちょっと・・・。

光・サイキック
★3 《先史遺産クリスタル・エイリアン》
★4 《No.8 紋章王ゲノム・ヘリター》《No.69 紋章神コート・オブ・アームズ》
 紋章で2連続効果パクリコンボが可能。
 グスタフでも突っ立っていれば凄まじい事になるが、そう簡単にはいかないだろう。
 エクシーズ4体並んでいるところにジャイアントキラーでもコピーできればワンキル級にもなるが・・・。
 無難なところでは、ドラゴサックを無力化して自身リリース、2除去かつトークン3体残し退場程度か。
 インヴォーカーでも攫えればいいが、こっちがどういうデッキだよという話になるか。
 同名カードの参照裁定によって、ヘリター(名称変更)→ヘリターが可能かが地味に焦点か。

闇・悪魔
★2 《No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター》《No.96 ブラック・ミスト》
★3 《No.65 裁断魔王ジャッジ・デビル》《No.96 ブラック・ストーム》
★4 《ヴェルズ・ナイトメア》《ヴェルズ・タナトス》《インヴェルズ・ローチ》
★4 《No.85 クレイジー・ボックス》《交響魔人マエストローク》
★5 《終焉の守護者アドレウス》《No.53 偽骸神Heart-eartH》
 素材緩和向けの互換が多いが、維持型が多く墓地送り制約との相性は良くない。
 逆に言えば、制圧した後に殴りに行けるということでもある。
 ナイトメア・ローチ→タナトスといったヴェルズシフトはここでも有効な部類。
 Heart―eartHを即割って92に繋げるタイプも、素材数・割る回数が緩和され楽になった部類。

闇・悪魔
★2 《ゴーストリック・アルカード》《No.48 シャドー・リッチ》
★5 《紅貴士―ヴァンパイア・ブラム》
★8 《No.22 不乱健》
 リッチ→アルカードでサルベージ効果がすぐに発動できるのは面白い。
 しかしリッチの生成効果が相手ターン限定で、わざわざ経由する利点があるかは微妙なところ。

地・植物
★3 《烈火砲艦ナデシコ》《メリアスの木霊》
★4 《CX-激烈火戦艦タオヤメ》《妖精王 アルヴェルド》
 メリアス→タオヤメで一応ハンデス効果が使えたが、このカードの追加でバーン効果も使用可能に。
 3×3は難しいが、地3×2は《クレーンクレーン》等で達成しやすい部類。風は吹いている。
 アルヴェルドから直出しも面白いが、相手EFまでもたないためありがたくは無い。

炎・獣戦士
光・獣戦士
★3 《炎星皇―チョウライオ》《セイクリッド・ヒアデス》
★4 《魁炎星王―ソウコ》《間炎星―コウカンショウ》
★4 《武神帝―スサノヲ》《武神帝―カグツチ》《セイクリッド・オメガ》
 同じシステムの使い分けモンスターならまぁそりゃぁね
 コウカンショウ→ソウコは役割分担も優秀で、隠された第2効果も適用可能という至れり尽くせり。
 カグツチ→スサノヲは耐久の後のトドメ用といった所か。
  オメガ→トレミスも可能なため、単純にムラクモ範囲外の破壊耐性対策にも。

水・海竜
★3 《No.47 ナイトメア・シャーク》《水精鱗―アビストリーテ》
★4 《バハムート・シャーク》《深淵に潜む者》
★4 《No.32海咬龍シャーク・ドレイク》《CNo.32海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》
 実はまたシャークさんサポートでした!てへぺろ
 バハムートの戦闘制限を回避しつつ、RUMの併用でドレイクとバイスを並べる念願の動きがこの手に。
 相手1400以下1体のみ棒立ちからの手札4枚ワンキル・・・ん~~~??
 1400以下というのは《グリズリー・マザー》のことでもあるので、既存のコンボもまぁ使える。
 無理せずとも、戦闘回避して2回攻撃召喚→CXCで墓地送り回避だけでも十分な強化。


まとめ

○アレキサンドラ・クイーンに荒らされる
○タオヤメが頑張る
○バハムートは相変わらずの優遇
○世界がソウコにくたばれとささやいている
○ハイロンニート卒業おめでとう
○六武衆はセーフティーライン突破法を手に入れた!
○ドルカ「先輩!バイトのシフト変わってください!」ラギア「おれ発動できんねんけど」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ