決闘帳簿8:ゴーストリック中間報告

アルカードん家に下宿したい今日この頃いかがお過ごしですか。(冒頭から変態発言

マリーさんの情報も出て、本気出せるまで待機しようと思ったものの、他のデッキが形にならなかったためゴーストリックで大会参加してきました。

結果2勝1敗1分と、まずまずの成績。

前回は神喰混合型で大事故起こしてたことと比べれば、楽しく(こっちの一方的な感情)決闘できました。

【ゴーストリック】Ver.2.3ぐらい

強い弱いというより、採用の可否の実験が主だった今回。
採用カードの評価と対戦記録をつらつらと。

ちなみに更新してなかったもんで、トラゴさんは《護封剣の剣士》の代理です。

初戦:【カオスライロ】×○― (一勝一敗一引き分け)
 トラゴーズに加えネクガもガン積みの切り返し型の様子。
 3試合とも開闢引かれて大惨事だった。

1:結構並ぶもパニックとスペクターで対応、しかし処分は間に合わず圧殺
2:あかり突破に苦戦。パニックで裏の間にランタン連打から並べギリ突破。
   アシゴビートで自殺しかけるも、吊り天井で自爆処理から削り返し。盤外戦術が無ければ負けてた。
3:エクストラターン開始まで粘り切るも、こっちもライフ差つけられずノーダメージでフィニッシュ引き分け。

 相性が絶妙でお互いにやりづらい相手。
  遅延のためデッキロスが狙えるがパニック当てれば裏になり削れず。
  ライライコウに割られまくって辛いが、フリチェとスペクターで応戦可能。
 とりあえず、《聖なるあかり》への対抗手段は必要だと痛感した。★2層にカッパ辺り要るかなぁやっぱ

2戦:【青眼ストラク】○○ 
 初心者の小学生の子にほぼティーチングしながら。
 ごめんよややこしいカードばっかりのデッキで
 ラッキーカードといわんばかりにホープさんを1枚あげる。微妙に4軸よねあのストラク

3戦:【水精鱗】×○×
 今時のジェネクス型。対メガロアビスにメイン素っ破が火を噴き続ける。
 ゴーストリックってほとんどパーミッションだなぁと実感した対戦。

1:初手ディニクスタートで順調に展開されるも吊り天井で潰したり
  しかしこっちの火力が用意できずジリ貧終了
2:初動のメガロを素っ破、ディーヴァを吊り天井して尽きた手にシュタインビート。
3:大事故でバードマンビートすら強いられ、地道に展開は潰すも処理限界。
  もうちょっと持ちそうな手札をムーランで落とされ死亡。

 相手からすると狙撃兵過労死の、カモなような鬱陶しい存在なような。
 潰すタイミングは分かりやすい部類のため、札が良ければ対抗はできそう。
 ゴーズも緩和だし、やっぱ今はメイン素っ破で問題ない環境ですわ

4戦:【4軸炎星】○×○
1:パニックと聖槍のお勉強でペースを握ってしまいシュタインによる虐殺。
2:アルカードもニートも守備1800無効持ちのソウコは苦手なのです。
  エクストラターンに入り、削られていた分が取り戻せずライフ差負け。
3:エクストラデュエルはこちらの独壇場。雪女で殴って守って4ターン終了。

 通常召喚と起動効果、戦闘で動く4軸炎星は動きが読みやすく、基本的にはカモ。
 バークにパニック、ユウシにランタン当て続ければ、だいたい動けなくなる。
 しかし前回出場時も悩まされた玉衡が致命的に鬼門。何故この時に限ってサイクが引けない


御覧の通り、ゴーストリック最大の強みは「エクストラターンに置いて最強」、この一点に尽きます。
防御力もさることながら、火力でも優位をとれるハウスの性質で、短期的なダメージレースには強い強い。
もちろんペースにハマればしなだれるように削り切ることもできますが、基礎は遅延。
ターンを使って削ぐように削りつづけ、次戦ではエクストラターンに入り逃げ切る。
サイド【ドレインシールド】ももちろんライフ差勝ちが目的の、性格の悪いデッキ構成です。
遅延プレイング?フリチェのパニックのおかげで相手が思考時間使ってくれるので問題無し。
もうメインデッキを【カウントダウン】にして遅延前提にするのもアリかもしれない。
Wikiなんかだと真面目な勝ち方を前提としていますが、実はこれ超大会型のデッキです。



○今回の試験採用

《ゴーストリックの雪女》2・《魔女》1
 見所:どれぐらい強いか検証。魔女は1枚で足りるか。
 成果:ロック後の処理が早々できないようで、効果自体は強い。アタッカーとしても最低限の火力。
    ただサックや開闢は効果を使われ潰せないのが難点。
    除去を要求するプレッシャー性能ともいえるか。アウトで跳ね返せると気持ちいい。
    魔女が必要になるシーンでは大抵キョンシーでのサーチが利くため、ピンで問題なさそう。

《護封剣の剣士》
 見所:表で出して壁になれるフェーダー枠が欲しい。除去力・防御力にも期待。
 成果:ムーランで落とされた。(涙
    対応先がATK2350までなので、メガロ等に強気に出られず厳しい数値。
    攻撃にも転じられないため、ハッスル・ラッセル待ちの方が優秀か。

《ダーク・アームド・ドラゴン》
 見所:うまい時には《機装天使エンジネル》で保護というめっちゃ強い場が作れる。
 成果:墓地調整が無いため序盤に引けないと厳しい。そもあんま引かない。
    採用落ちでも動きの上で問題はなく、継続なら《貪欲で無欲な壺》辺りがいるか。

《召喚僧サモンプリースト》《馬頭鬼》《ラヴァルバル・チェイン》
 見所:ゴッド馬頭鬼きってシュタイン埋めて蘇生させるシステム。後攻速攻用。
 成果:チェイン専用の動きだが、想定した働きはしっかりしてくれた。
    動きは強いのでサモプリ足してもいいのだが、メイン・エクストラ共に枠が不足。

《カメンレオン》
 見所:シュタイン吊って黒薔薇か妖精、ランスペ吊ってカタストル。
 成果:妖精竜つよい(驚愕)
    数少ない除去をカバーできる存在のため活用の余地あり。
    ランタンが寝てたりするので、☆8を足したくなる。

《A・ジェネクス バードマン》
 見所:☆3特殊召喚要員の生き残り。エクシーズの他、ヴァルカンとか。
 成果:アルカード様の頼りになりっぷりは異常なので役目は十分。
    通常召喚が多かったのが想定より微妙だった点か。展開の問題。
    トリシュが出したくなる。

《増殖するG》
 見所:トラゴーズを引きワンキルを防ぐため=ランスペ引ければ効果は同等?
 成果:単体スペックが小粒なせいか、結構継続展開はされた。侮りだな
    札の数さえ揃えばどうとでも動けるため、普通に切り返しに役立った。

《大熱波》
 見所:遅延力の確認。
 成果:どちらかというと、自分が展開しきってシュタインビートに入った時のダメ押し。
    ターン数を使うため、猶予が1ターン増えるのは悪くない。
    遅延としては、初動前に撃つ必要があるため引きによる。

《ピンポイント・ガード》
 見所:表側表示のゴーストリックを残し、次のターンの召喚に繋げる
 成果:エクストラターンの鉄壁。
    あくまで攻撃反応のため、除去の強い状況ではなかなか使えず信用度は低めだった。

《素っ破抜き》
 見所:環境想定。ヴェーラーも苦手な部分があるため。
 成果:さらばメガロ。
    持久戦に入ると絶対に勝てない征竜(タイダル)を潰せるのは大きかった。


結構検討の余地はありそうな手ごたえ。
大型展開系のデッキにはサイドガチメタが当てやすいため、罠のスペース空けたい所。
今後は非カウンターのパーミッション思考で練り直してみようかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ