スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有終の美、悠久の灯【GS2014予想】

そろそろゴールドシリーズ予想記事でも書いていく。
流石にネタ切れ最終章だけあって、未情報11枠程度はするする思いついた。

○過去予想
2013まとめ 
2013予想・過去表

•GS06-JP001 《オベリスクの巨神兵》 (Gold)
•GS06-JP002 《ラーの翼神竜》 (Gold)
•GS06-JP003 《オシリスの天空竜》(Gold)
•GS06-JP004 《光の創造神 ホルアクティ》 (Gold)
•GS06-JP005 《ネクロ・ガードナー》 (Gold)
•GS06-JP006 《N・グランモール》 (Gold)
•GS06-JP007 《ヴァンパイア・ロード》 (Gold)
•GS06-JP008 《邪帝ガイウス》 (Gold)
•GS06-JP009 《E・HERO プリズマー》 (Gold)
•GS06-JP010 《魔界発現世行きデスガイド》 (Gold)
•GS06-JP011 《対峙するG》(Gold)
•GS06-JP012 《超巨大砲塔列車グスタフ・マックス》 (Gold)
•GS06-JP013 《ドラゴン・目覚めの旋律》 (Gold)
•GS06-JP014 《サイバネティック・フュージョン・サポート》(Gold)
•GS06-JP015 《強化蘇生》 (Gold)
•GS06-JP016 《禁じられた聖槍》 (Gold)
•GS06-JP017 《王宮の鉄壁》 (Gold)
•GS06-JP018 《虚無空間》 (Gold)
•GS06-JP019 《No.61 ヴォルカザウルス》 (Gold)
•GS06-JP020 《天狼王 ブルー・セイリオス》(Gold)


現時点で確定(太字)は3種。三幻神ってのは3種全員入ってるんですかねぇ・・・?
イラスト違いで全員再録とはねぇ。和樹絵は記念品か。
ガイド・プリズマーが結構大きい番号で確定しているんですよねぇ。
 だから投票枠は上3つで固定かなぁと思いつつも、神で既に圧迫が。
エクストラ枠も考えると、魔法罠枠圧迫して鉄壁の後ろ3つ固定かなぁという。
 末尾枠という場所は正解だったようです。順番は違ったが。
2010参考にすると永続→カウンター→通常かもしれないが、初代のお触れが真ん中だから法則はないはず。
前回魔法罠が5:3だったとはいえ、枚数は読みづらい。でも罠4種はあんま見えない。

《E・HERO プリズマー》
 初出も再録も貴重だった、ファンデッキの要、満を持して配布。
 仮にノーレアでも、1枚/4万と1枚/6000円程度なら頒布数も段違いのはず。
《魔界発現世行きデスガイド》
 渡航即準制限かつ、禁止カード3種ぐらいの原因となった黒船ならぬ黒バス少女。なんか別の意味が
 死産だった天狗と違い、全盛期まで行かないまでも十分な働きをしていった。
 ZEXAL期のカードは先行収録のゼンマインを除けばチェインのみであり、スピード再録上位。
《王宮の鉄壁》
 アンデストラクにモチーフガン無視で収録されたのが初出。
 対次元のメタのメタであったり、無限ループのパーツであったり、不思議な立場。
 カオスや征竜によりギミックメタとしての地位も強まったことで、GSに名を連ねることに。

以下予想の解説。

11/ 7 一次修正。
11/16 二次修正。一部カードナンバーは正しいとは言えない。
《光の創造神 ホルアクティ》
 いやぁ、神の3柱収録なら再録してくれるはずでしょう・・・希望的観測。
 ワタポンのような超絶限定も再録しているんだし、いつかどこかで再録はあるはず。
新規《ラーの翼神竜―スフィアモード―》
 特殊召喚できるラーのアナザー形態お願いします(真剣
 そんなわけで、ヲーが黒歴史化されてルール上同名カードとして扱う新規を・・・
 あれだけネタにされフルボッコなんだから、近年の優しいコナミはやってきれると信じてる(無責任

《ネクロ・ガードナー》
 【遅延ダーク】なるデッキにもなった、墓地誘発の防御カード。
 レベル・帰還効果によりリヴァイエールと相性がいい。
 ライトロードが来ることだし、ボックスには多少収録しづらいこいつはここでこないかと。
 去年の予想のリベンジでもあるんですがね。ゴストリッカー時にはもうダムルグは配らないで…。
《N・グランモール》
 準制限にも緩和されたし、汎用枠でそろそろ来ませんかねぇ
 プリズマーも収録されることだし、グランネオスは来ないにせよ融合素材は入りそう。
《ヴァンパイア・ロード》
 これでも【ネフロード】なる自身の名を冠するデッキもあった、規制経験カード。
 【ヴァンパイア】シリーズ化に伴い、頒布ありそうな予感。
《邪帝ガイウス》 正解
 連綿と続く帝枠。満を持して彼のターン。
 丁度6回で終了するなら、いくらなんでもここでクライスは無い…でしょう…?(圧力

《超巨大砲塔列車グスタフ・マックス》
 正解
 レダメを制限に追いやるトドメをさした【聖刻】の3.75倍ガンマン。
 アンナのカードわざわざ作ってるんだから、きっと来てくれるはずや(妄想
 黒枠で一番高そうなのって現在はコレになるのよねぇ
 VJEだし、サンスパ再録する意思があるならこれもOKのはずやぁぁぁ
 ※筆者は字面がカッコいいので《Superdreadnought Rail Cannon Gustav Max》は入手しました

《フォーミュラ・シンクロン》
 予想に緩和済みの経験枠はいても現規制枠が少なくてなぁ
 調律・エクスプのシンクロン押しはこういう意味なのではないかと。調律関係ないけど。
 ピュラリスも生まれて数量規制の意味は薄れたし、制限のままバラまいたりしないかねそろそろ。

《ナチュル・パルキオン》

 前回の投票で敗北を喫したカード。
 詳細は知らないが、僅差だったようなら再チャンスもアリかも。ランドオルスはゴメン
 《クレーンクレーン》で召喚しやすくなっているのもポイント。スターター売り切らねば。

《成金ゴブリン》
 ドローカード。前期でも魔導などで採用されていた時期もあり、資格はあるほうでは。
 BEに再録されていているにも関わらず、TPにノーパラ収録されたという不思議なカード。

《禁じられた聖槍》 正解
 ぜ、前回聖杯来たし今度は期待してもいいですよね(必死
 現在最も信用されているともいえる防御カード。
 耐性、コンバットトリック両面で活躍、したい(懇願

《マインド・クラッシュ》
 完全緩和記念。近年の手違いレベルのサーチ環境のメタ。
 巻き戻しだのダストシュートだの、いろいろやらかしてきた癖によく戻ってこれたものです。
 低レアリティの再録もちゃんとあるので微妙だが、だからこそそれっぽい。



今回は投票枠が3種。前回のナチュル3択から増えたものです。
《No.39 希望皇ホープ》
 みんな大好き僕らの再録皇。星屑のような主人公枠ともいえる。
 彼の収録を許すと、ZWとかおまけまで入ってきそうで遊馬には悪いが断固阻止したい所。
《No.61 ヴォルカザウルス》
 「ヴォルカドラグーン」なる言葉を作り出した☆5最大の暴れん坊。
 環境としては【甲虫装機】での利用が多かったか。
 遊馬編でフリーザードンと天国と地獄の2択をしていたのが懐かしい。
《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》
 VJE収録の漫画ナンバーズ。 全素材を使っての破壊効果。
 お株はルーラーウロボに奪われがちで、さほど環境には顔を出していない印象。
 再録なら、バジリコックのようにエラッタされるって事ですか!?なら投票する!
《天狼王 ブルー・セイリオス》
 定期購読。枠としては前回のバブーンに相当ともいえる。
 ゴヨウブリュ禁止により採用が求められる☆6シンクロ。
 炎星の動きに参加できる獣戦士であり、炎舞パンプで闇デッキが撃てることでも注目された。
 クロキシアンの素材にできる唯一の☆6シンクロでもあり、当時から欲しくてたまらなかった一枚。
《クリムゾン・ブレーダー》
 カーニバル発売までは現在最後のゲームである、TF6封入。
 当時はエクシーズ移行期で逆に☆5以上が減り、シンクロ衰退と合わせ有名にはならず。
 しかし突如として発展・確立した大型特殊召喚連打のメタとして前期に急浮上。
 征竜が存在する限り今後も一定の地位を保つであろう。
《黄泉ガエル》
 【獅子黄泉帝】として帝期を支えたアドバンス召喚の要。
 【ガエル】も名を連ねた事があるほか、今も【水フルモン】などで元気に復活中。
 歴戦のカードという趣旨には非常に合った一枚。再録時にレア→ウルと急上昇してるし。
《馬頭鬼》
 加速する遊戯王の始まり、【アンデシンクロ】の一角。
 対して【酒呑ネクロ】といった遅滞戦術にも用いられたことも。
 海外での緩和もあり、ホットな一枚と言えばそうとも言える。
《インフェルニティ・デーモン》
 ゲーム収録、かつ魔のトリシュ期を生み出したエンジンの一角。
 とはいえ、いやぁDTで一度再録されてるしいいんじゃないかなぁ君は・・・。
《シンクロン・エクスプローラー》
 遊星デッキとも呼ばれる【シンクロン】は、確かに品をかえ愛用され続けてきた。
 でも、おまえ自身は環境に影響力もっていたか・・・?といった疑問は少々。
 スターターのみ収録で地味に貴重なので、再録自体は嬉しいものの。
 クラウソラスつくれたり★2が作れたりと、弱くは無いのは確か。
《ハーピィの羽根帚》
 開闢・月読命・トリシュ・黒穴「ってなんで羽箒君が!?」
 禁止経験のカードの収録は数あれど、現役で禁止のカードが候補に挙がるとは…。
 初代禁止の一角にして、出所経験もないんだぜこいつ・・・。イラスト違いはある。
 11月改定、マジ怖い。
《クロス・ソウル》
 初出はEX-Rのシークレット仕様。とはいえ再録も多い。
 対象こそとるがリリース除去用意というそこそこ強力ともいえるカード。
 BFスキップもあいなって現在は影を潜めているが、如何なものか。
《次元の裂け目》
 マクロも入ったし、引き続きメタ枠の除外。
 魔法化甲虫装機、エクシーズ素材など抜け道も多くコンボ性が高め。
《調律》
 デメリットのようなメリットの付属したサーチカード。今なら回数制限付きそう。
 星屑スタロばりに、これが収録されるとシンクロン1枚入るだろうなぁという点が。
 ジャンクもクイックも資格は十分なためいいですけど。まぁエアーマンは独りだったがな!
《サンダー・ブレイク》
 「甲虫装機のサンダーブレイクが強い理由を言ってみろ」
 フリーチェーン重視環境の初期に広まりだした印象。
 汎用カードも大分出尽くしたし、それらしさは非常にある。あと金光り合いそう。
《虚無空間》
 ドロール同様に、一定行動の連打が軸となる前期環境の苦言として出現。
 次元で使えといわんばかりの効果だったが、エクシーズ素材は対象外な点で一変。
 サックの場持ちが良いことも手伝い、弾圧ばりの理不尽カードの一角に。

といった形で、私の予想は
 《天狼王 ブルー・セイリオス》《クリムゾン・ブレーダー》《虚無空間》といった所。
 なんだかんだでニーズ補正が入ると、価格と入手難度順だと思うのです。
 ブレーダーもってる派の個人的な希望では、《天狼王 ブルー・セイリオス》《虚無空間》《調律》かな。

黄泉ガエル・馬頭鬼なんかは環境に顔出した期間も長いし、別に収録される価値はあると思いますけどねぇ。
神の枠に圧迫されて、選択肢から放られた連中なのでしょうか。

三幻神全収録が微妙に眉唾ですが、一応信じて確定数に換算。
とはいえラーに対し酷い予想をしているため、確定枠は5としておきます。
今年はそこそこ自信がなくもないので、8/15の過半数は狙いたい所。
つっても希望交じりのネタ予想も多いんですけどね。


11/6 追記分

三幻神は従来通りの収録ということで、Newラー予想はさっそく撃沈。
ゼンマインに続く海外枠で《対峙するG》。退治とかかってるのがおしゃれ。
 出現して増えて飛んで、次は《潰されるG》で完結か・・・?グロ注意。
新規枠はストラク見込みの《サイバネティック・フュージョン・サポート》。
 アニメカードだし「伝説」とやらのGSの理念にはギリギリ合っていると言えるか。
 それなら《パワー・ウォール》とかでも良かったんじゃないかなぁ・・・。
 地味にサイバー関連のGS収録は3種目、カイザーは流石ですね。
またグスタフと新規魔法の位置から、エクストラ枠はあと1つとの見込み。
1~3確定、エクストラ枠位置の判明から、やはり投票枠は18~20で別枠ではないかと。
 シンクロ予想2種は片方破棄。やはり投票落ちに再チャンスはなかったか・・・?
 LVALがやけに★1押しなので、ギミックの近い☆2シンクロはある気がする。

11/16 追記分

 ガイウス・聖槍が正解でめでたい。投票枠は2つ正解。 しかし新規が複数は読めなかった。
 なんやかんやで埋まったっぽい魔法罠。再録魔法1つだけってそれ・・・。
 懸念事項は、ゴーストリックの強化が順調すぎてダムルグ撒かれないかといった所か・・・。
  去年まではいいんじゃね?って言ってたのに今では怯える側である。裏関連めっちゃ増えたしね

現在、予想的中は5、外し確定は4。まぁ、ラーは仕方ない・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。