ドラゴンヌート孤軍奮闘まとめ

今更感が漂うものの、思い付きで作成。

ニートじゃないもん

《聖刻龍ドラゴンヌート》
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守 900
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時に発動する。
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

聖刻で唯一リリースに関わる効果を持たないカード。
また聖刻サポートで対象をとるカードもセテクの破壊効果程度と、シナジーは薄い。
そのため【聖刻】自体に入ることは稀だが、専用デッキを組むに値するポテンシャルは持っている。


類似効果の《青き眼の乙女》との長所で見た差異は以下の点。

ヌート
○自力で戦える打点がある。
○呼べる範囲が広い。
○★4エクシーズがメインの手筋。
○強制効果、対象に取ったカードへのチェーンで妨害されない。
○《召集の聖刻印》《召喚僧サモンプリースト》対応。

乙女
○戦闘誘発ももち堅い。
○青眼固定だが、打点はそのままで呼べる。
○主に《蒼眼の銀龍》のシンクロに特化。
○任意効果、複数出してもタイミングが選べる。
○《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》対応。

乙女は単体で強いため【青眼】固定されがちだが、ヌートは対象に取るカードの選択で様々な応用が可能。

そんなこんなで、ヌートを対象に取りコンボできるカードをまとめてみました。

まず、主要な特殊召喚対象から。

チューナー
☆1 《ガード・オブ・フレムベル》
☆2 《ギャラクシー・サーペント》(未来日)
☆6 《ラブラドライドラゴン》
  
 単純に対象に取るだけでも、☆5・☆6・☆10のシンクロが可能。
 レベル変更効果と合わせる事で☆7~☆9も作れ、《星態竜》も狙える。

非チューナー
☆2 《ヤマタノ竜絵巻》《プチリュウ》
☆3 《ハウンド・ドラゴン》《一眼の盾竜》他3種
☆4 《アレキサンドライドラゴン》《サファイア・ドラゴン》《デビル・ドラゴン》他6種
☆5 《パロット・ドラゴン》《カース・オブ・ドラゴン》《地を這うドラゴン》《ヤマドラン》
☆6 《エレキテルドラゴン》《エメラルド・ドラゴン》《メテオ・ドラゴン》《レッド・ドラゴン》他2種
☆7 《ダイヤモンド・ドラゴン》《真紅眼の黒竜》《ドラゴン・エッガー》他3種
☆8 《青眼の白龍》《ラビー・ドラゴン》《神龍の聖刻印》《トライホーン・ドラゴン》

上級光・下級風が大半を占める他、融合素材モンスターも多数存在する。
【凡骨融合】の補助にするのもおもしろいかもしれない。
《龍の鏡》が使える《メテオ・ブラック・ドラゴン》《竜魔人キング・ドラグーン》などは狙い目。
☆4のモンスターは、《ラヴァルバル・チェイン》で相方を落とすことで墓地に素材を揃えられる。

また、闇属性モンスターはヌートと合わせてカオスのコストを揃える事が可能。
デビル→チェインでトップ開闢もやってやれないことは無い。

それでは対象にとって行きましょう。だいたいのカードがドラゴン・龍竜とつくので名前は略します。

ステータス操作のコンボカード

《幻惑の巻物》
 属性変更の装備魔法。これに限らず蘇生系以外の装備魔法はどれもトリガーに使える。
 変更:風+エメラルド等→《電光千鳥》
 変更:闇+デビル→《ヴェルズ・タナトス》《ヴェルズ・ナイトメア》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》
 風の切り札や守りの要を比較的簡単に召喚できる。キービートルは次弾のヌートを対象に取る事にも使える。

《ライトニング・チューン》
 自身をチューナー化することで、☆6~☆11で使用可能。
 非チューナーの属性指定のシンクロも狙えるのが利点。
 地を這う→《XX-セイバー ガトムズ》
 デビル→《ダークエンド・ドラゴン》
 アレキ→《ライトエンド・ドラゴン》《神聖騎士パーシアス》
 また逆に、光チューナー指定の《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》も強力。
 番外として《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》もアリか。

《調星師ライズベルト》
 レベルを1~3で任意変更可能。《緊急テレポート》で展開・発動しやすいのもポイント。
 単純に★5~7のエクシーズにも繋げられる。《聖刻龍王アトゥムス》が作りやすいのがポイント。
 シンクロにおいても、チューナーとレベルを合わせ上記の光指定・ドラゴン指定は達成できる。
 また、☆3を呼ぶことでライズベルトとで★3も狙える。
  《機装天使エンジネル》による相手ターン発動とか。地味に《トーテム・バード》も作れる。
  レベルが上がるためインヴォーカーとは噛み合いにくい。
 また、フレムベルを呼ぶことで 1+3+(4+1)=9《氷結界の龍トリシューラ》ルートも。
 サーペント来日後は《幻層の守護者アルマデス》経由で《セイクリッド・プレアデス》も可能に。

《ドラゴラド》
 召喚権こそ干渉するが、★8エクシーズを視野に入れられる。
 《神龍の聖刻印》を釣りドラゴラド→ヌートで☆8×3、《超銀河眼の光子龍》モードに入れる。
  遅延地雷対処用サイドにデステニーレオを検討できる。
 サーペント来日後なら《トライデント・ドラギオン》+コスト要員1となる。

《デルタフライ》
 レベル上昇は1のみで自身対象もできないため、基本的にはライズベルトの下位互換。
 しかしこちらはチューナーである他、《嵐征竜テンペスト》の除外効果サーチに対応。
 ドラゴンの増えるデッキのため征竜は採用可能で、ヌートサーチもできるテンペストはアリ。
 基本的には☆10シンクロ向けとなるが、スクラップの餌やフェルグラントの素材確保と使いやすい。

《ハウリング・ウォリアー》
 対象を3で固定するカード。《M・X-セイバー インヴォーカー》狙いの場合はこちら。
 通常ドラゴン+エクストラソードとなり戦士エクシーズは呼べないため、ワンキルには至らない。

《ギブ・アンド・テイク》
 レベル操作しつつ、相手に送り付けを行う。
 ☆7にしビッグ・アイで取り返してもよいが、その場合戻ってくるのは☆3になりやすい。
 強制誘発を送り付けて、バウンサーの無効バーンのトリガーにする、など。
 《N0.104 仮面魔踏士アンブラル》の半減効果が狙い目だが、それは乙女でやった方がいい。
 《大盤振る舞い侍》を送り付け0のバニラで特攻、MP2サックで処理、だとか。

《レベル・マイスター》
 2体のレベルを手札コストモンスターと揃える効果。
 手札で腐ったバニラ竜を即蘇生も可能なため、通常よりディスアドリスクを小さく運用できる。
 《No,7 ラッキー・ストライプ》のような3体エクシーズも比較的簡単に狙えるようになる。


他、単純に対象にとると相性のいいカード。光☆4ドラゴンというステータスを変えずに運用できる。

《グレイモヤ不発弾》
 フリーチェーンで対象のとられる罠。
 ヌートと相手モンスターを指定することで、シンクロしながら1体除去できる。
 同様に、《狡猾な落とし穴》も緊急避難に使いやすい。
 こちらはヌートがチェーンにかぶさるため、除去を無効化されない所がポイント。

《先史遺産コロッサル・ヘッド》
 守備にするだけの簡単なお仕事。
 墓地発動のため、消費を抑えられやすい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ