決闘帳簿9

備忘録程度に今日の大会結果チョイ書き。

使用デッキ:ゴーストリック
 ダムドに加え開闢・クレーンを採用した前のめり型。
  護封剣士が2枚手に入ったので、折角なので積んだカオス軸。
  光は護封剣2・ヴェーラー2・ニート・エンジネル・アルマデス程度。
  申し訳程度にヴェーラー+護封剣で出す用の鬼岩城も投入。

1:メタビ ○×○
 1.パキケをひっくり返したりしてあそびつつ、初見殺しで遅延。
 2.パキケ突破札が来ないうちにキョンシーを女戦士で剥がされ乙。
 3.3ターンそこそこでエキストラターン→休戦で相手のダメージ手段封印→魔女ハウスからダイレクト1発

 改めて思うと1:1交換軸の旧来のアド稼げないグッドスタッフも、ビュートで巻き返し手段得るのね。
 パキケでキョンシースペクターが止められひたすら面倒くさい。
 パニックのおかげで突破手段が無いわけではないが、撃ち時を外させられると互いに攻め手に欠く。

2:ヒロビ ××
 1.超融合エスクリダオでテンポ外され、苦し紛れのアシッドゴーレムで自滅
 2.護封剣士御前試合でお互いに機能停止、撤去から攻めるも削り切れず返される

 ヴェーラー撃つ相手がエアーマンしか居ないけど野放しも辛いという面倒なメタ外。
 護封剣士は有能な除去だし堅いしで立派だが、問題は戦闘力がないこと。
 フェルグラ作るラインも組めないし星態アセンに合うチューナーも居ないしで処分に困る。
 正直な所《反転世界》の投入を真剣に考える。守備デフォなのに低守備のGTとも合うのよね。
 レベルが散ってエクシーズし辛いGTの性質とも合う《ガガガマジシャン》も検討内か。

3:水精鱗 ○○
 1.最初に捨てられたドラゴンアイスを奪い、パニックと素っ破抜きで牽制し悠々封殺。
 2.狙撃を護封剣で止めて開闢でグングを返して暴虐の限り
4:水精鱗 ××
 1.ミズチメガロ・ムーラン・タイダル並んでワンキル
 2.トリシュ止めそこね、苦し紛れのエンジネルを強制脱出食らってあぼん

 やたら素っ破抜きを引いた試合は圧倒的メタでストレート勝ち。
 引けないと大型に圧殺されてストレート負け。
 ドローの按配によるムラがどうも大きい。
 ワンキル回避のハウス・除去回避のアウト・吊り天井と、相性自体は悪くないはずなのだが。
 4戦目の方はGTにもそこそこ造詣があったようで、水精鱗熟練も合わせ上手く対処された模様。

今回の反省点

・ランタン2
 護封剣投入のために減らした結果がこれだよ。
 アルカードは戦闘破壊を躱せるランタンを握っている時に出す方が強いため、その機会を逸した形。
 素の打点がイマイチのため守る用意が足りないと、どうしてもアシゴエンジ辺りに流れてしまう。
 マリー登場で枠の奪い合いも考えられるものの、やはり握りやすくした方がよい気がする。

・護封剣士2
 今回の実験枠。除去・壁・光餌と仕事は果たし対下級に上手く機能はしていた。
 狙撃には効くものの、ミズチメガロ等大物にはただの時間稼ぎなので難しい所。
 やはり返しに繋げられない点が厳しい。1.2チューナーか☆8の相棒が欲しい。
 トリケライナー然り、返しに使う手段ありきか。ヴァースキとか。
 直接攻撃の生じやすいハウスとは相性がいいが、GTのモンスターとは噛み合わなかったか。

・開闢
 その気になったらチェインでの間接サーチもあり、速度と除去の足りないGTには有難い存在。
 ヴェーラーや護封剣士は引きさえすればそこそこ落ちるので、別段邪魔にもならない。
 シンクロ・エクシーズからも確保できる事実を念頭に置きプレイを覚える必要性。

・サモプリ馬頭鬼
 チェインからのゴッドシュタインで殴るシステムは今日も快調。
 ある意味4枚目の重いシュタインとも言えるが、やはり殴りだしが早いのは便利。
 後攻初手前提の運用のため、負け2戦目は潔く抜いてメタカードを指すスペースにもできるのも良し

・クレーンクレーン・ランク3
 遅くて信用ならないと思っていたが、なんだかんだアシゴで返しやすいのは便利だった。
 エンジネルで遅延できるのも結構重要だった。今回はエンジネルの使い方が一番の課題。
 バウンスとコーン号に気を付ければ2ターン無敵って、遅延が重要なGTで思いの外優秀。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ