スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森羅万象かきわけて

ランキングを漫画カテゴリに移行した一発目だというのに元のゲーム側の記事でスンマセン。

LVALにて新登場したカテゴリ:森羅。アキさんにも為し得なかった待望の植物シリーズです。
 植物族には《ローンファイア・ブロッサム》という最高峰と言えるリクルーターが存在。
 無くても運用はできますが、やはり最大の爆発力はこのカードが絡んだ時。

事前情報がレギア・ピースしかなかったこともあり、あまり研究が進んでいない模様の今シリーズ。
 というわけで、ADSでぼんやり回してみた感じをまとめてみました。

フラゲ記事の時にまとめたリストがこちら。

ピース :☆1 1 NSSS 植物蘇生、ターン1制限
ストール:☆2 5 リバース 魔法罠除去
リーフ :☆3 2 召喚誘発 モンスター除去
ナルサス:☆4 1 召喚誘発 トップ森羅
オーク :☆6 3 起動効果 トップ植物サルベージ
レギア :☆8 1 起動効果 ←ドロー付き 3枚トップ操作 
アルセイ:★8 1 素材起動 宣告orデッキバウンス
霊峰  :場魔 1 相手EF 1枚コストでトップ操作
恵み  :通罠 - デッキバックコスト、耐性付SS

お互いに「めくる」という発動条件のトリガーと誘発効果をもつデザイン。
基本的に未確認情報であるデッキトップを用いる都合上、運ゲーの要素が高いです。
まぁ、カードゲーム自体がドローに依存する運ゲーの要素を持つのでそこは目を瞑りましょう。

空論上では、例えばストールリバースでリーフ×3・ストール×2が落ちた場合、怒涛の0:5交換が可能。
 如何にアドバンテージを生み出せるかが分かれ目です。

この誘発を駆使してアドバンテージをとるデザイン、何かを思い出しませんか?
そう、甲虫装機・聖刻・水精鱗・炎星といった近年のシリーズの流れを汲んでいるのです。


以下追記に、個別解説となります。

・各カードの役割
・好相性の見込めるカード例
・デザイン上の雑感
・各カードの役割

《森羅の実張り ピース》 :☆1 1 NSSS 植物蘇生、ターン1制限
 特殊召喚でもめくり効果を発動できる、展開効果をもつといった潤滑の要。
 特にめくられ墓地に落ちる→自身蘇生の流れで連続的にめくり効果を発動できることが大きい。
 ナルサス・オークといったトップ操作系と同時に落ちると非常においしい。
 唯一の風属性でサポートを合わせづらいが、《ワン・フォー・ワン》《金華猫》といった専用サポートで運用する価値はある。
 すなわち、混色デッキながら《猛毒の風》で止まるという危険は孕んでいる。ストールで要解決。

《森羅の影胞子 ストール》 :☆2 5 リバース 魔法罠除去
 発動タイミングが遅いが、めくられる枚数が随一。セットする性質上、相手ターンに発動しやすい。
 反転と言えば《カオス・インフィニティ》だが、デッキからSSすると操作したトップが変わる点に注意。
 めくられ効果はバック除去、霊峰と合わせエンドサイクらしい運用もできるため非常にテクニカル。
 《次元の裂け目》《ソウルドレイン》以外は対応可能なためマッチ2戦目から増量する要員として重要。
 しかしモンスター重視の近年の環境では不発になる相手も多いため注意。
 また、ピースと共に《超栄養太陽》対象であるため、確実にローンファイアを握る手段としても高ポイント。

《森羅の水先 リーフ》 :☆3 2 召喚誘発 モンスター除去
 ユウシ・ホーネット足り得る最重要のアドバンテージソース。
 自身もめくる枚数が2枚と少し多めで、火力は低いが召喚要因にもなる。
 とはいえ破壊効果が重要なため、なるべく戻す効果などでめくられる側に置きたい所。
 また、地味に《サルベージ》対応なため墓地が肥えやすく手札消費の荒い性質に合致する。

《森羅の花卉士 ナルサス》 :☆4 1 召喚誘発 トップ森羅
 めくりが召喚時のみ・1枚のみと扱いやすい効果ではないが、1800打点で安定のアタッカーとして用いられる。
 めくられた効果は森羅対象の間接サーチであり、続けてめくる手段があれば狙った効果を発動できる。
 また数少ない罠カードをサーチできるカードでもある。
 とはいえ即座に手札に加えるには別にドローカードが無いと厳しい。
  レギアAと同時に発動→サーチ後レギアAで2番目に配置→場のレギアB効果でドロー、いや無理
 属性が数少ない植物族エクシーズ《妖精王アルヴェルド》に合致しているのもポイント。
 運用はしやすいもののコンボを考えるとアドに直結しづらいため、不採用もありえなくもない。

《森羅の番人 オーク》 :☆6 3 起動効果 トップ植物サルベージ
 発動法・枚数ともに最も運用しやすい上級アタッカー。
 ローンファイアによるリクルート・《アマリリース》が落としやすいことによる素召喚可能と、見た目ほど重いカードではないため主力として利用できる。
 めくられた効果は植物族のサルベージ。
 墓地肥しが早く枯渇しやすい性質のサポートにもなり、手札に欲しい植物族を戻す役割も持てる。

《森羅の仙樹 レギア》 :☆8 1 起動効果 ←ドロー付き 3枚トップ操作 
 2700打点は心もとない状況も多いが、一手で出る可能性がある存在としては驚異の重量級カード。
 特に全体でのターン制限が無く無償で1ドローが可能となりうる効果は大きな可能性を秘めている。
 《炎王炎環》等の属性サポートも面白い相性をもったものが多い。
 めくられた効果はトップ操作と、《マアト》でも使いたくなる効果である。
 今後めくる枚数とドローで欲しいカードを計算して操作する未来型カード。

《森羅の守神 アルセイ》:★8 1 素材起動 宣告orデッキバウンス
 無償で《デーモンの宣告》を撃てる上、外してもバウンス効果のトリガーとなる。
 ストールリーフを落とせば2除去+ドローロックと、チャリオッツ飛車以上の戦果を上げられる。 
 素材要員はレギア・アマリリス・コピープラント等。流石に簡単に出せるわけではない。
 【森羅】として狙って出すには、恵みを多めに積むなど多少の特化構築が必要。

《森羅の霊峰》  :場魔 1 相手EP 1枚コストでトップ操作
 魔法カードのためトップ操作で下準備を行ってからめくる効果を狙って発動していける。 
 また相手エンドフェイズに撃てる効果から、安全に自分のターンに回せる。
 しかし操作後に相手ターンに回し除去されると次のターン引かざるを得ない。
 そのため、ドローロックに近いリスクを背負っているともいえる。
  リーフなら改めてめくる要員にも使いやすいためまだリスクは小さい方。
 コストはフィールドからでも確保可能。トークンは使えない。
 金華ピースで除外されずに召喚権の限り無限コストにはできるが、発動順がいまいち噛み合わない。

《森羅の恵み》  :通罠 - デッキバックコスト、耐性付SS
 トップ操作をしながら発動要員を呼び出せる。耐性も付くため止められにくい。
 特殊召喚で誘発できるピースならば、相手ターンにフリーチェーン除去のように使える。
 制約もないため、自ターンに上級を呼びめくりつつアタッカーに使うことも有効。
 EPまでなので、霊峰やアドバンス召喚のコスト、シンクロエクシーズ素材に利用したい所。
 

大きく分けると、1~3がアドに直結、4以上の3種はアタッカーになりつつ補助効果となる。

めくりアタッカー レギア・オーク・ナルサス
めくられトップ  ピース・ストール・リーフ

といった側面が大きいか。
勿論、後者も枚数や条件面でめくる要員としても活躍できる。

このデッキが最も力を発揮すると思われるのは、中盤である。
 相手がカードを出し渋る場合、序盤はリーフストールでのアド確保がうまくいかない。
 特に先行1ターン目からめくってしまうと勿体ない事この上ない。
 逆に終盤と呼べるターン数までもつれ込むと《貪欲な壺》でもない限り枯渇する。
ハマった時は意外な展開力を発揮するが、基本は中速のビートダウンと考えるべきである。
 上手くローンファイアを確保できても、ピースにターン制限がある。

レギア→ピース落下+1ドロー→ロンファ蘇生レギア→リフストとドローで+1

最大限上手く回ってこの動きである。
 空論上ではロンファ1枚からの5アド&5400打点が可能である。
 しかしこれを達成するためにトップ操作を行うと霊峰とコストで2枚必要となる。

また、複数めくっても基本的には1枚前後しか発動しないとの認識でいた方がいい。
 どうあがいても確率に依存するのは避けられない。
 その上目に見えるアドバンテージとして働くのは3種9枚が現状の限界である。
召喚するだけで1除去といえば強そうだが、不確定な上まどろっこしいともいえる。
確定化のためにはフィールドや永続とコストを用意する必要があり、収支がプラスとは言い難い。
 そのために、スポーアを初めとした墓地効果を駆使してゆくのだが。



・好相性の見込めるカード例

《デーモンの宣告》
 ほぼ唯一ともいえる、「めくって落とす」ことができるカード。
 とにかくめくる手段がないとアドバンテージ確保も何もないため、手数として有効。
 《終末の騎士》+《トリック・デーモン》でサーチしやすい。
 《召喚僧サモン・プリースト》経由でトップ操作が可能な《ラヴァルバル・チェイン》も呼べる。
  ただし混合が進むほどめくり効果も失敗しやすくなるため注意。
 《魔導雑貨商人》は、大量投下より適切なコントロールを求めたいシステムとあまり合わないと感じる。

《陽炎獣スピンクス》
 めくるカードでこそないがトップ操作効果が適用条件と相性がよく、フルモンにせずとも狙える。
 レギア・ローンファイアといった主力を蘇生できるうえ、オークとエクシーズできる点もポイント。

《巌征竜レドックス》
 オークと共に捨て手札効果を発動することで、即座に特殊召喚できる。
 現状展開力に長けるデッキではないため、重要な展開ソースとなる。
 また、オークをコストにした《スポーア》と★7エクシーズも可能。
 手札に来ても扱いづらいレギアを処理できる《焔征竜ブラスター》も好相性。
 タイダル・テンペストは適用範囲が狭いため要相談。

《スポーア》
 墓地に落ちても自己再生で活用しやすいチューナー。オーク他のリリース要員にしてもよい。
 レベルが散っているため、シンクロ先も幅広い。
 シンクロ後相方をコストに自己再生することで、任意のランクのエクシーズ素材も揃えやすい。
 アタッカーが6~8に散るため、1~3をコストに《神樹の守護者 牙王》へも合わせやすい。

《ダンディライオン》
 超汎用の植物族代表。墓地に落としやすいこのデッキでももちろん活躍する。
 手札コストでもトークン生成可能・レドックスやクレーンメリアス対応と性能は折り紙付き。
 主力が上級であるため、リリース要員の準備にも優秀。ただし発動すぐには使えない点に注意。
 
《一族の結束》《狂植物の氾濫》
 打点強化。植物密度を上げるほど安定した発動が可能となる側面があるため、種族統一も選択肢になる。
 その場合エクストラデッキを使いづらくなる点は注意。
 アルセイの他コーン号・イングナル・ヘルブランブルらを見ておくとよい。メリアスは単植物だと辛い。

《血の代償》《二重召喚》
 根本的に発動トリガーが少ないのが問題であるため、無理やり増やすことも視野に入る。
 上級もアドバンス召喚しやすくなるため、一考の余地はある。
 しかしレギアのドロー辺りで確保していかないと即座に枯渇する点は厳しい。


・デザイン上の雑感

想定されると思われる基礎的なギミックデザインは以下のようになる。

霊峰でトップ操作→召喚してめくり落とす→リーフストールで除去→ビートダウン

墓地が肥えていればピースの蘇生からのエクシーズ召喚と言ったところか。
召喚権1つから+1アドのように見せかけて、必要カード3枚の消費1で1:1交換である。
レギアの1ドローも、召喚ギミックのための消費緩和にすぎない。
その後アド差が獲得できるかは、霊峰のEP効果での落ちに依存する。
サポート2種が共にコストを要求するが、めくる効果までこぎつけないと単体ではディスアドになりやすい。
その上引きたいカードと落としたいカードが別な分、妨害によるリスクがとりわけ大きい。
ローンファイアやレドックスを絡めて大型が出やすい分見落としがちだが、あまりアド確保は得意ではない。


思うに、近年のテーマは手を変え品を変え様々に拡張しているが、本質は同じなのではないかと感じる。


●甲虫装機
 ダンセルホーネットが揃うことで、センチピードを追加しつつ場+1手札+1、除去+2、2:4交換
 さらにホーネットは再利用可能で、以後はダンセルから1:4交換が可能。
 ギガマンティスなどを絡めることで、ワンキル級の展開力を得ることも可能。
 
 ある意味の伝説の始まり。強謙カーDを駆使し「揃える」ことが勝利に直結した爆アドの黎明期。
 それ以前も六武衆カラクリクェーサーといったソリティアはあったが、除去を絡めだしたのはこの頃から。

●聖刻
 アセトシユウ等3枚が揃うことによって、アトゥムス経由ガイアドラグーン+グスタフマックスまで
 シユウネフテで除去を交える事も可能、オーバーキルの展開力

 こちらは火力特化。それでも除去をしつつ更なる展開を行うためのエクシーズ素材を無償で加算。
 そして上記と共に無償加算のメインエンジンの規制を招く。

●海皇水精鱗
 サーチ等の1:1交換効果と、コストにされた時の+1誘発
 こちらも本来1:1交換の効果に誘発効果を交えることで、踏み倒して1:2交換を行うシステム。

 性質の悪い事に、フィールド発動でないがために専用メタでないと干渉効果を止められない点。
 モンスター効果ベースで消耗品ではないため、ズルズルとアド差が開いていく。

●炎星
 発動で1:1交換の期待できる魔法罠を永続化し、さらに1:1交換のコストにする
 また各種誘発で消費なくデッキからコスト要員を用意でき、基礎打点サポートにもなる

 回収法の限られる魔法罠となったが、各々が戦闘によるアドバンテージを得やすくなった。
 盤面が堅く、突破が難しいため維持のよってさらにアドバンテージを広げる。

幻獣機以降は独自性が強くなったため省くが、森羅はこれらの「カードアドバンテージをとっていく」スタイルの延長線上にあるように感じられる。
またこれらの歴史は、

サポート豊富かつ破壊力抜群・レベル安定
→サポートの充実した属性・大型ギミックと補助下級
→サポートの限られた属性・2レベル混合別ギミック
→属性・レベル混合

 とある種ダウングレードされつつあるものともみられる。その証拠に、

 甲虫 :メイン2種の制限
 聖刻 :サーチ規制による安定低下・シリーズ外の汎用制限
 水精鱗:上級を低消費で展開するソース2種制限
 炎星 :サーチ魔法準・誘発サーチ制限
と、発売順などの都合こそあれ規制強度は徐々に落ちている。
そのため、森羅は「規制なしでも行ける程度まで最適化されたシリーズ」とみても良いのではないだろうか。
次回の新規にもよるが、よっぽどのことが無い限り安定しないテーマのため、仮に暴れてもローンファイア禁止だけで事足りてしまう存在ともいえる。

あまりにも独特な特性から、逆に応用性も幅広いデッキであると考えられる。
規制に怯えない程度でかつワンチャンのあるでっきなので、まったり遊ぶには適したカード群だと思われます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。