スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうはラミアの呪い歌

ドロー。

それは基本2:2交換でデザインされ、《無の煉獄》のように1枚引くだけでも絶大なリスクを課せられる遊戯王におけるギリギリのユートピア。

大量ドローできるカードの代表例として《メタモルポット》《手札抹殺》《超再生能力》などがありますが、いずれも制限カード。
「外人はドローカード撃つと狂喜乱舞する」というネタが生まれる程度には貴重な存在です。

そんな中、「除去と1ドローを同時に放つ0:2交換複数同時に撃てる」という恐るべきカードが存在します。



《レプティレス・ラミア》-遊戯王wiki

 《レプティレス・ラミア》
 シンクロ・効果モンスター
 星6/闇属性/爬虫類族/攻2100/守1500
 「レプティレス」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
 このカードがシンクロ召喚に成功した時、
 相手フィールド上の攻撃力0のモンスターを全て破壊し、
 破壊した数だけ自分のデッキからカードをドローする。

攻撃力0にする効果をもつカードは、戦闘破壊によるカードアドバンテージをほぼ確定とする反面、単体では消費としかならないカードが多いです。
それらを活用の後、直接的なアドバンテージに還元するのがこのカード。
最大で5体破壊・5枚ドローという許されないクラスの枚数差を得られます。
有名なものでは《おジャマトリオ》を3ドロー+900バーンに即還元する1:3交換コンボがあります。
【レプティレス】自体も、ZEXAL作中で「0にする」効果が流行った事もあり間接強化の恩恵を受けています。

しかしそれだけ強力な効果にもかかわらず、評価は非常に低い。
 DE再録時にスーパーからノーマルへ落ちていることからも見て取れます。
その原因として考えられるのは、以下の通り。

・低い攻撃力
 同レベル帯はセイリオス・ビヒーマスの2400が基準打点。最大はゴヨウを除くとガイアナイト2600。
 ヴァルカンより高くサイドララインと及第点なようで、発動後はバニラになる点と合わせると不安な数値。
コンボ前提能力
 フェーダー・聖刻等0のモンスターが居残る例は存在しないわけではありません。
 しかし基本的には素材要員などであまり場に残るタイミングは長くありません。
  対トークンでドラゴサックを初めとした【幻獣機】にはめっぽう強いものの、汎用とは言い難い。
  とくに対サックは打点で勝るわけでもないため、自力で処理できるヴァースキの方が有効。
 そのためこちらから的を用意するコンボが必要な、単体完結していない効果といえます。
  《ゴルゴニック・ガーディアン》のマッチポンプを見ると時代の差を感じますね・・・。
能動性に欠ける
 相手を無力化して反撃する【レプティレス】のシステム全体に言える問題ですが、
 このカードも「相手の」カードのみが範囲であるせいで、自発的に的を用意する手筋が限られます。
 極論、相手が《フルバーン》《スピリット》のように場に残さないデッキだとほぼ無力。
チューナー指定
 最大の問題。対応チューナーが1種しか居ないことで、シンクロ素材の確保が非常に難儀です。
 【レプティレス】で用いる場合、実質バイパー+ガードナーorスキュラのみといえます。
 更なる問題はその専用チューナー、《レプティレス・バイパー》との相性にあります。


《レプティレス・バイパー》-遊戯王wiki


 《レプティレス・バイパー》

 チューナー・効果
 星2/闇属性/爬虫類族/攻 0/守 0
 このカードが召喚に成功した時、相手フィールド上の
 攻撃力0のモンスター1体を選択してコントロールを得る事ができる。

コンボを利用することによって相手フィールドからシンクロ素材を確保しうる、単体としては優秀なカード。
しかし相手の場に折角用意した0のモンスターを減らすため、ラミアの爆発力が低下します。
もちろん☆4が都合よく手に入るかも相手によりまちまちで、安定性にも欠けます。
致命的なのが《幻獣機トークン》とレベルが合わない点。おとなしくカタストルで屠らざるを得ない。
 いや流れとしては正しいけど、あまりにもつまらないじゃないですか・・・。

以下、彼女らを使うために頑張ってみた過去の記録です。
いつもと違って希望に満ちた参考例じゃないから覚悟しろ。


このカードとの相性のいいカードの条件とは、主にこのようになります。

・素材に使いやすい☆4のモンスターなど
・低消費で相手の場に0のモンスターを用意するカード

☆4モンスターはバイパーをサーチできる《キングレムリン》にも使えるため特に有用。
後者はさらに、《おジャマトリオ》のようにわざわざ出すものと相手を0にするカードに分かれます。

それをふまえて、その他のレプティレスの面子。

《レプティレス・ゴルゴーン》
 単騎で先行収録されていたジェネコン的存在。
 しかし耐性もないのに自爆特攻型の性能、シンクロ素材としても合わないと散々。
《レプティレス・ガードナー》
 破壊かつ強制誘発で発動しやすいレプティレスの万能サーチャー。
 初期の頃は守備2000で耐えるor破壊されサーチしつつリミリバ等で蘇生が前提でした。
 これだけで、どれだけぞんざいな扱いだったかご理解いただけるでしょうか。
《レプティレス・スキュラ》
 【レプティレス】のメインアタッカーと見られる1800打点の極戦型ゴヨウ。一応素材要員。
 しかし悪夢再びに対応していない等の理由で評価は低い。
 恒常的に相手をゼロにできればこんな強い下級アタッカーもそうそう居ないのですが。
《レプティレス・メデューサ》
 アドバンス召喚を要する上級。
 手札コスト1枚で連続かつ起動効果で作れる点は良いが、如何せん召喚も効果も消費が重い。
 ラミアと★6エクシーズが作れたりはするものの・・・。
《レプティレス・ナージャ》
 レプティレスのメイン盾兼アイドル。ほぼ唯一消費無しで0を作れるため重宝します。
 しかし表側守備表示でターンを回せない効果から即座に素材運用したいものの、レベルが低い
 近年バイパーと直接シンクロできる《霞鳥クラウソラス》や各種★1を得てやっと安定した次第。
《レプティレス・ヴァースキ》
 0のモンスター2体をリリースして出せる破壊効果持ちの切り札。
 コストを全て相手から使えれば効果込で3除去が効いたため、こちらで十分とも。
 最近は★8の他アセンションや牙王と、素材にも使えるようになってきました。

《レプティレス・ポイズン》
 能動的に0を用意できる専用魔法。
 しかし守備モンスターの存在自体がいうほど簡単でない上に、発動条件である。
 「レプティレスがフィールドに存在」と、むしろバイパーヴァースキ出す前に使いたいのですが。
 ラミアの餌確保という点では1:2交換は果たしてくれるが、他のカードとミスマッチである。

御覧の通り、「ナージャで0作って一緒にリリースしてヴァースキビート」で最適化されてしまった初期。
バイパーは選択肢として投入可能圏内ではあったものの、ラミアは保険採用すらしてもらいづらい始末。
同じスーパーレアでありながら、マイナーデッキ向け地雷の更にマイナー側という地雷っぷり。
書いてあることだけは強いといえなくもないが、運用ハードルの高いカードだったと言えます。
さにわと同等とも言わざるを得ない。奇しくも墓守収録パック。

相性の良いカード、登場順。

―ABPF発売時点―

《ブラック・ローズ・ドラゴン》
 当時のほぼ唯一のまともな能動的0生産ソース。
 トークン生成のダンディ+ガードナーも釣れるデブリは投入可能で、これでも相性は悪くなかったのです。

《雷魔神-サンガ》《風魔神-ヒューガ》《水魔神-スーガ》
《ウォーター・ドラゴン》《コアラッコ》《BF-アーマード・ウィング》
 えっ・・・?

《ヴェノム・スワンプ》
 攻撃力低下かつ同じ爬虫類カテゴリのカードと、相性は良さげに見えます。
 しかし、0になれば破壊されるため餌にできない、こっちの効果で0にすると破壊効果が発動しない。
 どっち主体に運用しても目的が噛み合っていないのです。

《強制転移》
 自身はナージャやトークンといったトークンを使う機会はあるため、送り付けられます。
 ただしシンクロまでつなげるには相手の意志も絡み不安定。やはりヴァースキ向け。

-1年間の沈黙-

《疫病》
 一応現れた0作成ソースとなる装備魔法。
 そこそこ広いとはいえ、あまりにもピンポイントメタである。

-STOR、覚醒の兆し・・・?-

《ゼロ・フォース》
 レプティレス本隊発売1年後の5Ds終期に現れた、初のまともに0にするカード。
 相手を丸ごと無力化する派手な効果。
 しかし「除外された時」という発動条件が厳しく、能動的に使えるカードがほぼ無い。
 奈落や《ブラック・コア》に自分から落とすとかそれこそ《亜空間物質転送装置》程度でした。

 以後、「能動的な除外カード」もチェック対象に。

《ドリル・ウォリアー》
 発売自体は同期ながら、上記《ゼロ・フォース》の条件を当時最も苦も無く満たせた存在。
 0のトークンを撒く《ダンディライオン》とも相性が良かった点が大きく白羽の矢が立つ。
 ☆1の採用も多めにとりやすく【クイックレプ】は成立しうるが、手札消費はすさまじい。

-スターター・ZEXAL期の始まり-

《ハウリング・ウォリアー》
 あえてバイパーのレベルを☆3に揃えることで召喚するタクティクス。
 しかしバイパーは《ヴァイパー・リボーン》の対象外な上、召喚順もバイパー→ハウリングである必要があるため、そう簡単に狙える方法でもありません。

《波動共鳴》
 ☆4に変更する、ただそれだけのカード。
 アド損この上ないが、バイパーで奪取したカードのレベルを揃えたりレベルの低いトークンやナージャを利用できたりと、並のデッキよりは明確な理由を持って使いこなせる方です。
 バイパー自身のレベルを上げて、大型シンクロに繋ぐ手も。

《カゲトカゲ》
 種族・属性一致と非常に相性の良い立ち位置の様で、バイパー召喚時には誘発できないわシンクロ素材にならないわでろくでもないミスマッチ。
 今でこそ、《キングレムリン》の素材になってサーチャーとなりうるのですが…。
 基本的に《闇の誘惑》の餌。

《ゴブリンドバーグ》《フォトン・スラッシャー》
 特殊召喚効果を持つ☆4。バイパー召喚のみからシンクロ召喚に繋げられます。
 属性的にはガードナーと共にバハムートの狙える《ブリキンギョ》が優秀だが、
 あちらはレベル指定でエクシーズにしか使えないし《増援》のあるこちらの方が有効。
 レベルの合わない《切り込み隊長》のみの時代から彼らが出ただけでどれだけ救われたか。
 守備0のため《カメンレオン》にも合わせやすいです。

《ミニマムガッツ》
 能動的0化魔法。今度は汎用ながらコストが更に重く、戦闘破壊もしないため噛み合わない。
 同じ《レプティレス・スポーン》のトークンで賄うなら、ポイズンでもいい例が。

《ヴェルズ・サンダーバード》
 自己除外効果をもち、自力帰還が可能な☆4、と聞けば待望の人材です。
 しかし、効果の特性上チェーン2以降でないと除外できず、タイミングを確定で逃す
 そのため、ラミアの素材には使えてもゼロフォースギミックには何の貢献もしないのです・・・。
 これほど発動条件の「時、できる」を恨んだこともない。

《ネジマキシキガミ》
 ノ―コスト起動効果で性能は高い。しかし召喚条件が圧倒的に無理ぃぃぃ
 機械軸でトークンを使うデッキならば、ヴァースキとあわせエクシーズする相棒に使える。
 それはどちらかというと、ヴァースキが出張側ですねわかります

―ABYRへの大いなる期待―

《CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス》
 数少ない複数連続で0を用意できるカード。
 素材もガードナーが暴走召喚しやすく、可能性は大いにあった。
 しかし、大問題としてライフ1000以下でないと発動できないという制約が。
 召喚コンボ自体も楽でないのに、状況まで選ぶ。世知辛い。

《異次元海溝》
 《ゼロ・フォース》を満たすためのカード。
 除外ソースの他、間接的にガードナーの蘇生&暴走トリガーにも使えうる。
 しかし結局破壊手段が別に必要で、アド損ギミックからは逃れられない。

《タンホイザーゲート》
 レベルの合わないナージャ+バイパーを、共に☆3にしてラミアに繋げられる。
 もちろんレベル操作系はそれだけで消費がかさばる点は留意すべき点です。
 レベルが揃うのが長所のため、《エーリアン・ブレイン》で奪った相手という手段も?

《ハウスダストン》
 最大4つの的の確保とシンクロ素材確保を同時に行う凄い奴。
 《ホワイトダストン》登場で自分フィールドに素材に使える☆1×4がだせるようになったことで、実用的に狙う価値が大幅に上昇した。
 上記《波動共鳴》で1体をあげて★1と並べても良し、全部使っても即座に出せる。
 ラミアの除去が通れば4ドローに加え直接的なアドにはならないにせよ4つの効果で場を荒らせる。
 最低9枚+回転パーツでデッキスペースをとるが、逆にレプティレスも主軸がコンパクトなカテゴリなので混成は狙える。
 ただし、《ワン・フォー・ワン》等で召喚権をなんとか確保する必要がある点については注意。

《輝光子パラディオス》
 能動的に0を作れるエクシーズ。1ドローで消費カバーも完備。
 問題は、光×4という素材。通用するギミックはほぼ《電池メン単4型》のみといっていい。

《ゼンマイラビット》
 今度こそ現れた自立除外モンスター。その上フリーチェーン。
 とおもいきや、今度はレベルが合わない(☆3)。
 なんでや、そんなにゼロフォラミアやったらあかんのか!!
 しかしサーチ可能な手数・クイックと合わせ《ジャンク・デストロイヤー》と用途はある。

《ディメンション・ゲート》
 今度はある程度任意に除外・帰還共に行えるように。
 更に永続罠であることから、元々蘇生カードで相性のいい《マジック・プランター》を併用可能。
 墓地対象がとれない、罠なので即撃ちできない点を除けば《異次元海溝》の上位互換。
 これにより、バイパー除外+ゼロフォース→ブレイカーで割って帰還、シンクロ等も可能に。

《零鳥姫 リオート・ハルピュイア》
 数少ない複数0化カード。
 そして、まともなエクシーズ法がろくに存在しないという屈指のネタカード。
 ただでさえ直接除去ができるカードが居る激戦区だというのに、縛り有+達成不能とは。
 【レプティレス】的には、《BF-熱風のギブリ》と《シールド・ウィング》《クロクロークロウ》といった攻撃力0でヴァースキのリリースにも使えうる鳥獣族+《タンホイザーゲート》が臨界点。

《クレーンクレーン》
 ☆6シンクロを作る機械、タンホイザーもしやすい低打点。
 しかしそれは☆3チューナーが居る時の話であります。ゴルゴーンしか吊れねぇ

《カメンレオン》
 守備0なのでバイパーも吊れる☆4、チューナー同士やないかい
 相性が悪いわけではないが、デブリといい相変わらず一手シンクロはできない。

《アンブラル・グール》
 ☆4闇かつ攻撃力0を基調とした効果や《悪夢再び》兼用の守備力0をもったカテゴリ。
 比較的相性はいいが、消費が激しく現時点では層も薄い、扱いづらいシリーズでして。

《ゴルゴニック・ガーディアン》
 同じくゴーゴンと攻撃力0をモチーフとしたアニメカテゴリ。属性も一致。
 しかし岩石☆3×2にはついぞ縁がありませぬ
 効果も自己完結で除去までもっていけるため、混合を求めていません。
 どういうわけかベクターと仲がいいという事態に。

《先史遺産》
 カブレラの投石器の存在で、0効果につながりが。
 また、クリスタルボーンにより《ゴルゴニック・ガーディアン》を最も出しやすいといえます。
 フォーク・ヒュークという能動0確保も強い。
 しかし、当人たちだけでワンキルできるポテンシャルを持つため、混合しうるかは微妙な所。
 どれも先史遺産に割くギミックが多く、レプティレスメインは難しいという問題が。


このように、「相性が良さそう」はそれなりにあるものの、「強い動き」として昇華できるほどの確立したコンボが無いのが現状です。
【クイダンレプ】【兎レプ】【ゲートレプ】【ダストンレプ】と、色々型は考えられますが、どれも決定打に欠ける。
うまく回ったとしても、現状のレプティレスの層ではやはりヴァースキ型に寄りがち。
是非ともレプティレスの再強化の機会があるならば、まずは☆3チューナーが欲しい次第であります。
いつかロマン砲を放てる日を夢見て・・・!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。