【重装機甲】願い続けると期待を超えてくるコナミ【パンツド】

今年もジャンフェスはPPもプロモも中々に猛者揃いですね。
そんな中でも特に異彩を放つカード。


でもトレミスさん機械側や なんか似てる

《重装機甲 パンツァードラゴン》
融合・効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻1000/守2600
機械族モンスター+ドラゴン族モンスター
このカードが破壊され墓地へ送られた場合、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

え、なにこれは

○汎用性の高い種族同士の融合
 《スターダスト・ドラゴン》《速攻のかかし》など、別の種族デッキでの採用も可能な面子の多い種族。
 もちろんこの種族を含んだシリーズもそれだけ多く、《超融合》のメタ対象となる。
 ラギアも生きづらい時代になったもんだ・・・。
○攻1000/守2600
 火力は低いが、防御は固い。
 2600といえばトリケライナーと同じ。効果使用済の無零・タイダルまで止められる。
 低火力も、サポートを受けやすい利点ととらえることもできる。
○レベル5、光属性・機械族
 《サイバードラゴン・ノヴァ》《セイクリッド・プレアデス》両方の素材になりうる。
 その上で《簡易融合》対応。つよい(確信
 つまりは、《メカザウルス》と《魔導戦士ギルティア》《音楽家の帝王》の需要を一手に引き受ける形。
 あちらにもエメラル他のサポートやアーカナイトの利点こそあれ、まずはコイツ1枚で幅が広がる。
○破壊誘発の万能破壊
 《簡易融合》ではエンドフェイズに破壊されるため、そのまま《蛇神アナンタ》のような除去としても使える。
 その上、ステータスは《リミット・リバース》対応。素材再利用どころか爆弾にも使える。
 お約束の如く、場合となっていてタイミングを逃さない。

と、基本的に強い事しか書いてありません。

早速どんなことができるか考えてみましょう。早漏め
○受けられるサポート

《リミット・リバース》
 上記の通り、素材に爆弾にと過労死が期待できる。
 簡易融合は融合召喚扱いで蘇生制限を満たすため、問題なく運用していける。
 近しいサポートの使える【スーパーバグマン】に入れて、ぶん殴りにかかるのも一興かもしれない。

《タンホイザーゲート》
 機械族モンスターと並べてエクシーズ召喚に繋げられる。やったねV兄様!
 《ボルト・ヘッジホッグ》《アンノウン・シンクロン》など特殊召喚が容易なカードも多い。
 ちょうど《SDロボ・モンキ》と合わせて《廃品眼の太鼓竜》を作れる。

《サイバー・エルタニン》
 墓地に落ちても素材に使える。メインデッキにエルタニンしか入っていなくても使用可能となる。

○相性のいいカード

《サイバネティック・フュージョン・サポート》
 属性の都合でオーバーロードできないのは惜しいが、墓地融合は可能。

《サイバー・ネットワーク》
 除外融合に使ったカードを戻したり、自身も帰還できたりと【サイバー】のアクセントには十分。
 場合によってはモンスター除去を経由して能動的に破壊できる。

《チェーン・マテリアル》《フュージョン・ゲート》
 未来融合無き今、デッキから融合して消費を抑えられる最後の砦。
 【ボム・フェネクス】の繋ぎのひとつとしても利用できる。

《機動要犀 トリケライナー》
 相手ターンにフリーチェーンで特殊召喚できる機械族。
 聖刻・征竜・カオスドラゴンといったドラゴン族の連続召喚を得意とするデッキに一撃で水をさせる。
 そのターンに使わずとも、守備の下がった状態からの再利用という運用も可能。
 ついでに自身が闇・融合先が光のため、カオスの呼び水になる。

【機皇】
 機皇帝、ついにドラゴンシンクロを相手ターン吸収可能に。なんか変質するけど。
 《スクラップ・ドラゴン》の返しに使えると中々に様になる。
 《カオス・インフィニティ》でついでのように呼べる機皇兵も相性は悪くない。
 守備で寝ている《蒼目の銀龍》を起こしつつ、横の青眼を掻っ捌ける。

征竜
 《フュージョン・ゲート》《サイバネティック・フュージョン・サポート》の除外をトリガーにサーチ可能。
 【征竜HERO】よろしく、融合するほど手札が超えるキチガイじみた状況に。
 メタ対象はすなわち強力な味方である。
 レドックス入り【ガジェット】でも一族の結束を使っていきやすくなるという利点も。

○《超融合》によるメタ範囲
 何より優秀なのは、簡易融合対応のおかげでノヴァマスターやエクィテスのようにサイド枠を食いづらい点。
 超融合に加えて専用融合先が必要だったが、それがメイン投入なら問題は少ない。
 シンクロ・エクシーズ素材、リリース要員と応用幅は広いので比較的スムーズに投入を検討できる。

【征竜】
 ドラゴン族を素材に機械族の《幻獣機ドラゴサック》を展開するギミックのため、両者引っかかる。
 つまり、超融合を警戒するとサックを出した後後続が展開できなくなるといえる。
 そのためサックは執拗に除去効果で超融合を割る必要に駆られ相手の選択肢を縛れる。

【カラクリ】
 機械軸のギミックから、《ナチュル・パルキオン》が出せなくなる。
 展開極振りでモンスター自体の除去力は高いシリーズではないので、防御が多少楽になる。
 《ナチュル・ビースト》は食えこそしないがジャマもされない。いっそエクストリオも投入する価値も。

【マシンナーズ】
 《マシンナーズ・フォートレス》を使ったギミックのうち、《巌征竜レドックス》とのエクシーズが不可。
 単に投入しやすい征竜に食われるというだけでも機械族的には打撃だと思われる。

【SGV】
 ドラゴン族のSinと機械巨竜を併用する事も多く、端的に言えばフェルグラントが立てられない。
 1体ずつでも戦える戦力はあるためプレイングでカバーできるものの、防御はしやすくなる。
 
【聖刻】
 メインはドラゴンのアトゥムス・ドラグーンと戦士のバウンサーだが、機械族のトレミスがいる。
 意識していないとついでにメタられ地雷を踏むハメに。
 レダメ→グスタフは大抵片方しか居ないため対象外なのは惜しい。

【サイバー・ダーク】
 両種族併用こそするが、ドラゴンは基本的に装備のため影響は軽微か。
 ただし《ドラグニティ-ファランクス》からのシンクロは封じられる。
 また、《ダーク・アームド・ドラゴン》が使用しづらくなった点も向かい風か。

【シンクロン】
 クェーサーを出すギミックはあまりドラゴンは絡まないため、召喚後の機械族にさえ注意すればカバー可能。
 機械族フォーミュラ+ドラゴン族スターダストのシューティングはアクセルシンクロの間もなく完封なので注意。
  ピュラリス(ガタッ

【サイコ流】
 エクサビートルでリターナー送って除去+ショッカーSSというギミックを持つ。
 その後にドラグーンと2体で罠無効の中突撃するのが鉄板だったのだが、ドラゴン+機械である。ウヴォア

番外編

 《デビルフランケン》+《青眼の究極竜》
  やべー、帰ってくるんじゃねーのこいつら・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ