師匠もワンキルしにかかってくるようです【幻想の黒魔導師】

《蒼眼の銀龍》《サイバードラゴン・ノヴァ》といった、旧作リメイクが捗る昨今。
ライバルのエースだけでなく、初代主人公にも回ってきたようです。

幻想の黒魔導師
 ランク7 闇属性 魔法使い族・エクシーズ ATK/2500 DEF/2100
レベル7モンスター×2

このカードは自分フィールド上の魔法使い族・ランク6のエクシーズモンスターの上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。
また、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、
相手フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードをゲームから除外する。
「幻想の黒魔導師」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


幻想から実像を呼び、原作さながらに2体で攻め立てる中々に胸熱な効果。
直接のエクシーズ素材にもなりうる《ブラック・マジシャン》を呼ぶだけでも5000。
除去能力も兼ね備えるため、トドメの二撃決殺も通りやすい。

また魔法使い族を複数並べる効果のため、《黒の魔法神官》の召喚条件を満たすことにも使えうる。
まぁ★7召喚の得意な【征竜】【ハーピィ】【幻獣機】にわざわざ割くスペースがあるかは微妙だが。
《魔導書の奇跡》による復活も可能なので、【魔導書】でビッグアイと共に過労死するのも面白い。
 エクシーズ素材として外した魔法使い族エクシーズを呼びなおして3体並べるのも面白い。

さて、大型展開能力とそれを通す能力があるとなると、狙いたくなるのはやはりワンキル。
《死のマジック・ボックス》を初めとしたトリッキーな戦法がウリでしたが、時代はここまで来てしまいました。
まぁ、《マジシャンズ・サークル》《賢者の宝石》等、元より展開力はある方ではありましたが。

それでは実際のワンキルルート例でも検討してみましょう。

記事構成:

1.召喚方法
2.SS効果による対象通常モンスター例
3.ワンキルルートの計算


ところで、混黒にあやかって幻黒(げんくろ)とでも呼べばいいのでしょうかね?
本記事では幻想と略しますが、《幻想召喚師》が先に存在感示してますからねぇ…

まず、エクシーズ召喚法にガイアドラグーンさながらの特殊条件あり。
対象となるランク6・魔法使いエクシーズは以下の通り。

《マジマジ★マジシャンギャル》
《風紀宮司ノリト》
《CX 風紀大宮司サイモン》
 (黄血鬼でランクダウン)
《魔導法皇ハイロン》 (黄血鬼でランクダウン)
《No.11 ビッグ・アイ》 (黄血鬼でランクダウン)
《幻想の黒魔導師》自身 (黄血鬼でランクダウン)

直接用いられる2体は魔法使い☆6×2という厳しい指定。
 特殊召喚の絡む素材モンスターもライトレイや《カオス・ソーサラー》《魔導冥士ラモール》程度。
 前者も準制限であり、基本的にどのルートでも専用構築が要求されることに。
 《マジックテンペスター》といった手もあるが、その召喚ギミック自体が重いため難しい所。
  魔法使いチューナー+魔法使いなら《ネクロの魔導書》でレベルも揃えられるため意味はあるか。

《黄血鬼》はエクシーズに反応してSS可能なので、魔法と似た感覚で使ってゆける。
 ビッグアイの攻撃制約も自身の効果によるATKダウンも、重ねることで無視できる。

そんな中でも《マジマジ★マジシャンギャル》は闇・魔法使いというステータス。
《ダウナード・マジシャン》+《RUM-アストラル・フォース》により比較的汎用な召喚法をとれる。
ただし低ランクからのランクアップを用いた場合メイン2となる。
そのため、ワンキル狙いの場合は正規の魔法使い☆4×2で満たしていきたい。

●それらを踏まえた召喚法例

《召喚僧サモン・プリースト》+《RUM-アストラル・フォース》+魔法コスト
 最も無理なく投入が見込めるギミック。同名カードをリクルートすればデッキスペースもかさばらない。
 3枚ギミックだがコストはダブったRUMでもよく、《アステル・ドローン》で消費も抑えられるため無難。

《墓守の偵察者》+《RUM-アストラル・フォース》+α
 リバース効果からのリクルートのため、先行で耐えての3ターン目の返しワンキルに有効。
 即座に使うには《太陽の書》《ADチェンジャー》等を要するため即効性は微妙。

《レスキュー・ラビット》+《RUM-アストラル・フォース》
 やはり兎は格が違った。とはいえ準制限かつデッキスペースをとる点は注意。
 《ホーリーエルフ》等選択肢が広く、何より《ジェミナイ・エルフ》を擁する。
 《霞の谷の見張り番》も存在するため、神風・雷神鬼を使ったコンボも。
 多少打点は劣るが、幻想からのSS対象となるためドローしても邪魔になりづらいのが利点。

《暗躍のドルイド・ドリュース》+《RUM-アストラル・フォース》
 吊り上げモンスター。軽いように見えて、《おろかな埋葬》が必要な点であまりかわらない。
 主な対象はウィド、ゲイシャドウ。

《セイクリッド・グレディ》×2+《RUM-アストラル・フォース》
 手札SSから。魔法使いがグレディ・ハワーのみのためポルクス不可な上グレディ複数必須。
 類例に《ヴェルズ・ケルキオン》。こちらは更に墓地も必要。

《ゼンマイマジシャン》+効果発動可能な《ゼンマイ》+《RUM-アストラル・フォース》
 マジシャンが制限から帰ってきているため適用可能。ただし相方が確保しづらい。
 制限のシャーク以外に手札発動やSS持ちが居ないのが難点。
 あらかじめラビットを飛ばしておく等の工夫が欲しい。
 シャークさえ発動できれば、★3or5をついでに立てられるためキル力は高め。

《真炎の爆発》+《RUM-アストラル・フォース》
 《予言僧チョウレン》《フレムベル・マジカル》から複数狙ってゆける。
 とはいえラヴァルのように《炎熱伝導場》で一気に落とせるわけではないので、速攻はかけづらい。

《魔導書の奇跡》+《RUM-アストラル・フォース》
 早々にダウナードを作っておき、蘇生から奇襲をかけるパターン。
 初手ワンキルとは別物になるが、ガイド・ソーン等で1枚から簡単に用意できるため様々なデッキに仕込める。
 エクストラは4枠もの圧迫をするため、【暗黒界】等エクストラ依存度の低いデッキで採用したい。
 基本アルカードデュラハンで事足りる【ゴーストリック】なんかにも合う。
 とはいえ、「除外された魔導書」を要求するためなんだかんだ【魔導書】用。
 《マジック・クロニクル》で無理矢理除外するといった手も。


以下、非アスフォルート。

《ガガガシスター》(+《愚かな埋葬》)
 【ガガガ】ではキッドがバトルスキップ、連絡網はリクルート効果停止などあまり相性は良くない。
 しかしシスターの登場により、墓地に先輩がいれば《ガガガリベンジ》を介して1手でエクシーズ可能。
 ☆5+2で直接出しても、☆4+2でマジマジノリトを経由しても良い。
 後攻ワンキルルートとしてみるならば、墓地肥しギミックが欲しい所。

《魔導召喚士テンペル》+各種魔導書(クレッセン+ヒュグロorトーラ)
 ラモールの発動条件が墓地の魔導書5枚のため、1ターンで揃えきるのは難しいものがある。
 例えばクレッセン→グリモ→セフェル→ヒュグロ+トーラ等。
 セフェルコストを考慮し魔導書が2つ必要な他、実質空撃ちとなり勿体なさはある。
 除外の絡むゲーテ・アルマや墓地に落ちないラメイソン・エトワールも厳しくほぼ固定となる。
 クレッセンに多少の運ゲーが絡む他、魔導書以外の魔法を使えない制約が厳しい。
 とはいえ一度回して墓地の肥えた後なら無理なく狙ってゆける。

 また、ラモールからも出せる《魔導鬼士ディアール》ならば、魔導書を除外することで蘇生できる。
 《魔導書の奇跡》の条件をみたしつつ、さらなるループに入ることが可能。
 推理ゲートで無理やり墓地に揃えることも視野に入る・・・か?
  この場合、ラモールさえ条件を満たせれば1枚からのルートもあるようです。 参考:アニ遊戯王チャンネル

《エキセントリック・ボーイ》+《ネクロの魔導書》+魔法使い族+各種魔導書
 エキセン+手札魔法使いでシンクロしつつ、ネクロで蘇生。
 この時シンクロ素材同士なら上昇効果でレベルが一致するため、そのままエクシーズに迎える。
 折角魔法使いを並べるギミックなのでマジマジを経由したいが、☆3素材要員は層が薄い模様。
 素材兼蘇生要員には、ネクロ見せコストを還元できるサモプリやドロー可能なアステルが無難な所か。
 《ジェネクス・ブラスト》→《レアル・ジェネクス・オラクル》と誘発させるのも面白い。
 幻想で呼んだ《コスモ・クイーン》とで《レアル・ジェネクス・クロキシアン》に繋がり更なるNTRが可能。
 魔法使い族シンクロも経由できるため、《ミラクルシンクロフュージョン》併用も。



●特殊召喚対象の魔法使い族通常モンスター例

☆8闇:《コスモ・クイーン》  2900
 単純な最高打点。2800ラインも超えているため、十分な戦力として期待できる。
 エクシーズ素材には直結しないので、特殊召喚用のためにピン挿しといった所か。

☆4地:《ジェミナイ・エルフ》 1900
☆6地:《魔法剣士トランス》  2600
☆7闇:《ブラック・マジシャン》2500
 ダウナード・マジマジ・幻想のエクシーズ素材候補。そのうちでの最高打点。
 これらを活かす場合は通常モンスターサポートも駆使してエクシーズを狙ってゆきたい。

☆4光:《魔法剣士ネオ》  1700
☆4風:《霞の谷の見張り番》1500
☆4闇:《魔導紳士-J》   1500
☆4水:《アクア・マドール》1200
 兎からのダウナード素材要員、各属性。地はヂェミナイ、炎不在。
 中でもアクアマドールは、レミューリアを用いることでも直接マジマジにアクセスできる。
 闇も黄血鬼と並べ《ヴェルズ・バハムート》等が使用可能なる、かも。

☆3闇:《封印師メイセイ》1100
 ロック効果を狙えるカードも。
 兎・★3経由でダウナードにもアクセスできるが、先行1ターン目はメイン2がないため注意。
 《ネクロの魔導書》を考慮すれば、3+3で直接★6素材にも使える。

☆1闇:《封印されし者の右腕》《右足》《左腕》《左足》200
  !?
 あぁ、リクルートだから遠回りとはいえ、サーチ手段増えたのね・・・。
 《ワンチャン!?》でサーチするための餌にもできるため、思ったより悪くない?
 うまくいけばおしゃもじで墓地に送りながらドローを足しつつ、ダウナードにもアクセスできる。
 


●ワンキル計算
 5000前後のダメージを狙えるが、単体ではワンキルに一歩足りない。
 除去効果を放棄するならば、《ストイック・チャレンジ》は検討範囲内。
 打点加算(600~)に加え、モンスターとの戦闘ならばダメージも倍加する。
 そのため、マシュマックワンキルばりに相手の状況も利用してゆく必要がある。


☆7から直接エクシーズする場合
 自身の基礎打点2500+α
 2600~3600の追加打点が欲しい所。
 ライフが下回っている場合は、《コスモ・クイーン》に《巨大化》を装備させれば+2900で達成できる。
《ストイック・チャレンジ》では素材1のため+600の3100打点。
 相手の場がATK500以下1体ならばキル圏内。
 《ジェミナイ・エルフ》1900+(3100- 0)×2=8100
《ブラック・マジシャン》2500+(3100-300)×2=8100
  《魔法剣士トランス》2600+(3100-400)×2=8000
  《コスモ・クイーン》2900+(3100-500)×2=8100

☆6から《マジマジ★マジシャンギャル》を経由する場合
 このカードにコントロール奪取効果があるため、場合によっては更に簡単にワンキル可能。
 手札コストがあるため、必要枚数は上記の装備追加の例と変わらず。
 以下、相手の場に1体のみの場合。2体までなら幻想効果でも除去可能。

 《ジェミナイ・エルフ》1900+2500+3600=8000(sophia様、流石に1枚じゃ無理だが)
《ブラック・マジシャン》2500+2500+3000=8000(青眼)
  《魔法剣士トランス》2600+2500+2900=8000(スペルビア)
  《コスモ・クイーン》2900+2500+2600=8000(パールさん、タイダル)

 コントロール奪取or蘇生効果がハマれば召喚ギミックのみでキルに至れる。
 場に2体までなら対処可能であることを考えると、全盛期【聖刻】ばりのオーバーキルといえる。
 水精鱗はメガロタイダルのままで返すとそのままキルを食らうことになるので、ガイオアビス立てましょう。

《ストイック・チャレンジ》ではランクアップ分素材が増えるため上昇分も期待できる。
 最大は《牙鮫帝シャーク・カイゼル》スタートの8枚か。7300打点、流石に無駄すぎる
 正規ダウナードからならば5枚-効果使用分で5500~4300。

《黄血鬼》を利用する場合
 恐ろしい事に、幻想・マジマジ共に展開効果には名称によるターン制限はついていない
 すなわち、幻想→黄血鬼でダウン→★6幻想にさらに重ねることで、特殊召喚を2度発動可能。
 その際《魔法剣士トランス》2体を呼ぶことで、マジマジのエクシーズも可能。
 この場合通常モンスターが不在になるため除外効果こそ発動できないが、マジマジの奪取は問題なく機能。

 マジマジ経由でエクシーズした場合、幻想+マジマジ+黄血鬼+奪取2体まで到達。
 2500+2400+1000=5900+2α。
  奪取した2体と残り3体までの差が2100ならば、相手が5体展開していてもワンキル達成である。
  例えばグスタフでも攫われれば簡単に到達できるため、【聖刻】等は反撃のリスクが大きい。
  門グラファ2体6000等ならば、ベージスノウ程度まで超えてゆける。

 マジマジを考慮せずとも、トランス2体のままで殴れば25+26+26+10=8700 除去付でキルパターン。
  こちらは★7正規召喚でも問題ないため、ビッグアイと使い分けてゆく事も可能。
  トランスは地属性のため、引けばレドックスコストと割り切って【征竜】に採用することもできる。
 もちろん、トランスに限らず《コスモ・クイーン》等を呼べば+600打点or★8も狙える。

 ダウナード経由の☆4軸の場合でも、黄血鬼+バニラ☆4の★4を狙える。
 《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》ATK3000ならば幻想2500×2とあわせて8000に到達できる。

 構築枠上の問題で向かないが、バニラリクルート×2で大概の素材2体はエクシーズ可能。
 トリスだろうがヴォルカドラグーンだろうが呼んで行ける。
 クイーン×2からの《No.22 不乱健》ならば、25+45+10=8000でキル範囲内。
 無理してでも狙う価値があるのは《ラムーン》《セイレーン》からのプレアデスぐらいか。


召喚ギミックを3枚(兎+アスフォなら2枚だが)と仮定すると、追加コンボパーツ込で4枚ワンキルといった所。
ダウナードがメイン1でも行けたとしたら、クリスタルエイリアン+ユニコーンでいつでも始動できたという。
 いや、ランク3と紋章獣使うデッキってなんだよって話ですが。まぁ仮定の話ですし。
《黄血鬼》が絡めば、相手のワンキル場すら覆して返す事も可能という恐ろしさ。
制限食らってもわしゃ知らん()
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ