【PRIO】夢魔のヒトガタ【ゴーストリック】

SHSP組、2・2・2。
LVAL組、2・1・2。
海外組 、2・0・0。

あわせて6・3・4。 さぁ何の数字かな?

答えは、ゴーストリックの☆3・☆2・☆1の収録数です。
海外組で膨れているアンデ組はさておき、層が薄かったのが魔法使い組。
3度目の収録となるPRIOでは、そこに追加が入りました。

公式予告

《ゴーストリックの人形》 PRIO-22
効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 300/守1200

自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードがリバースした時に発動する。
そのターンのエンドフェイズ時にフィールド上に表側表示で存在するモンスターは全て裏側守備表示になる。
その後、この効果で裏側守備表示になったモンスターの数以下のレベルを持つ、「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚できる。



《ゴーストリック・サキュバス》 PRIO-51
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/魔法使い族/攻1400/守1200

レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの攻撃力の合計以下の攻撃力を持つ、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する限り、そのモンスターカードゾーンは使用できない。
また、自分フィールド上にこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合、相手はこのカードを攻撃対象にできない。



吸血鬼アルカードに対して夢魔、嫁かな?(多方面に敵を作る発言

さんざっぱら追加で欲しいオリカを並べたてられてきたゴーストリックですが、これはまた曲者。
LVAL組のまとめも行っていないのに2枚で食いついちゃうたぁ、可愛いは正義か・・・いy
PRIO-23枠に空白があり、考察には早漏な気もしますが特性を見ていきましょう。
 前例参照だと、獣戦士武神の前にこないはずなのでGTほぼ確定、レベルは2か3。1欲しかったなぁ・・・
《ゴーストリックの人形》

また、このカードがリバースした時に発動する。
そのターンのエンドフェイズ時にフィールド上に表側表示で存在するモンスターは全て裏側守備表示になる。
その後、この効果で裏側守備表示になったモンスターの数以下のレベルを持つ、「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚できる。


主要な効果抜粋。はい、実質的に《ゴーストリックの神判》ですね。
残存効果で、EPの状況如何で効果適用。《W星雲隕石》《皆既日蝕の書》と逆というか。
 神判と違ってサーチも無ければリクルート範囲も狭いですが、相手をセットすることで場が整えられる。
 展開を絞られると場での効果がほぼ無い☆1を出すハメになる相手依存ではある。
 チェーン発動可能な神判と比べると除去されやすいですが、そこはパニック・アウトでカバー。
 しかし、確実にモンスターを場に残しターンを回せることが重要。召喚制約を満たしやすくなる。
 ランタン・フロストの弱点である「場が空の時にダイレクトアタックしない」対処策に対応可能。
 キョンシー・マリーが既に主力にいるからこんないいものもらえるとは思ってもみませんでしたよ・・・。


《ゴーストリック・サキュバス》

ランク2/闇属性/魔法使い族/攻1400/守1200  レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの攻撃力の合計以下の攻撃力を持つ、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する限り、そのモンスターカードゾーンは使用できない。

また、自分フィールド上にこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合、相手はこのカードを攻撃対象にできない。

範囲こそ自由が効かないが、待望の単体除去。しかもロックのおまけつき。
使用制限の条件が珍しく自身に限らないため、裁定如何でいろいろ変わる。

・1度適用したら不在→再登場後も効果が復活するか ←普通ない
・サキュバスが不在になっても他のゴーストリックが居る限りリレー維持を続けられるか ←実質自身が必要か

後者の効果は、アルカードの切込みロックに対し《コマンド・ナイト》型のロック。
【おジャマ】等、☆2の大量展開が得意なデッキならば適用もたやすい。
ロールシフトで対象を逸らす場合は、対象にされる攻撃宣言前に使いましょう。スタートステップ大事。


既存GTとの相性。

○ハウス・ミュージアム
 ほぼ前提条件。人形で全て裏にしてターンを回すことによりダイレクトアタックが活かしやすい。
 反面、ミュージアムは人形適用前に裏にされたり自爆特攻で裏にされGT不在でサキュバス解除されたり。
 上手くけん制札でコントロールしていかないと、逆に不利になる事も考えられる。

○パニック・ロールシフト
 攻撃を止めつつリバースが可能。
 パニックの場合相手側に表が残らないこともありえるが、こちらに相応の展開があればリクルート可能。
 人形生存だけでも☆+1は確定のため、うまく保護していきたい。
 ロールシフトには表にする効果もあるため、狙った相手を除去するのにも相性が良い。

○ランタン
 どちらも維持に強みがあるため、防御効果が活きる。フロストより優先したい。
 微々たる差だが、スペクターより攻撃力も高いためリクルートにも選びやすい。

●フロスト
 人形適用前に裏にしてしまうので、ギミック的には少し噛み合いが悪い。
 サキュバスも猫娘よろしく表維持でダイレクトされにくくなるため機会が減る。
 ランタンと異なり《悪夢再び》非対応なのも厳しい。
 他デッキでのワンキル避けサイドには強いのだが、GTではアルカード速攻ギミックがある型向け。

●魔女・雪女・猫娘
 同じ魔法使い組ながら、どれも表側表示の存在を前提とするためあまり噛み合わない。
 魔女を人形から出しても効果対象がおらず、猫娘グラールごと裏にしてしまうため並べづらい。
 新規の存在で、前の子たちが産廃扱いされかねないのは哀しい所。役割が違うが同時採用はされづらい。
 とはいえ、安全に猫娘をリクルートしそのままグラールでロックをかけられるため流れなら好相性。

○キョンシー
 戦闘リバースした際、セット効果→反転で表で残ってしまうorサーチなしというサイクル逆転の弱点があった。
 今までロールシフトでカバーしていたそれを、上手く処理できる。
  裏化に使ったロールシフトを人形に回すことで、相手妨害+共に裏化+☆2リクルートとなり文句なし。

○シュタイン
 直接攻撃を通したいのに、表側が残ってしまったシーンに待望の除去効果。
 普通の破壊であるため過信はできないが、対処範囲は広いため心強い。
 《エクシーズ・リボーン》《魔導書の奇跡》によるSSから展開しやすいのも大助かり。

○マミー
 人形のリクルート効果により、自身の効果も活かしやすくなった。
 シュタインと同じく、先に場に居座っていて欲しいからこそ有効。展開効果も効果範囲向上に相性がいい。
 使いやすくなったため、《悪夢再び》の採用が帰ってくるかもしれない。

○スケルトン
 サキュバスはどちらかというと質を要求するが、こちらは量を要求する。とはいえ併用はできる範囲。
 ダメージを受ける=攻撃を通すマリーと比べると、完封モードでも発動できる人形は悪くない。
 自ターンでも自爆特攻や手札消費なしで増やせるため、展開速度的にも都合がよい。

○アルカード
 人形からの素材リクルートが成功すれば、相手は全て餌になっているので流れができている。
 サキュバスとは攻撃規制は効果被りではあるが、除去範囲が逆なので網の目漏らさず始末可能。

○デュラハン
 攻撃力上昇・半減とサキュバスのサポーターとして非常に優秀。
 まぁ並んだ時点で2体400UPで2800となり、半減はオーバーキルのきらいがあるが。
 デュラハンが先にやられやすい都合上、素材のランタンの回収とあわせ防御力向上が著しいのは嬉しい。

サキュバスで処理できるラインを考える。

1400 単体。リクルーターまで。
1700 +イエティ。人形のみ3積みの暴走召喚でもできるライン。
1800 +キョンシー・猫娘。最低限2体揃えば並の下級は始末できる。
2000 +スペクター。人形戦闘破壊→スペSS&EP☆2SS×NS☆2から出せればいいかんじ。
2200 +ランタン。
2400 +雪女。暴走召喚などから。帝・テンペストライン。
2600 +魔女・スケルトン。オピオン・タイダルも食える。
2800 +サキュバス。★2の並ぶデッキならGT以外でも使えるライン。クリブレ・ブラスター。
  同 +デュラハン。半減効果も使えば5600、ハウスやシフトもあれば更に広がる。
2900 +マミー。☆2SS→マミーNS→効果☆2NSで比較的あり得るライン。
3000 +シュタイン。青眼ライン。理想場で大体の相手に対処可能。
3200 +アルカード。裏も表も生き残れない。
3900 +グールで効果対象グール。除去できない牙王も殴り倒せる。
62100  サキュバス・デュラハン×3・グール・シフト×3・ハウス・デュラ効果×3。
     GTのみでの理論最高値。グールATK10900。

もちろん、3体以上いればさらに大惨事に。
とはいえシュタイン3000・ランタン2200だけ把握しておけばよい感はある。

その他のカードとの相性。

○《皆既日蝕の書》・《W星雲隕石》、ひいては【ワーム】【ドロー型デッキデス】
 相手方全部をオープンする効果があるため、発動・適用順を工夫すれば☆3リクルートも容易。
 逆に日蝕をかいくぐったカードも裏にしてドローの餌に変えられるため、【デッキ破壊】採用もアリか。
 《ワーム・ヤガン》あたりはパニック・シフトとも相性が良いため混合も考えられる。
 GTはチェインが欲しい事もちょくちょくあるため、採用可能な☆4は活かしたい所。

○《マジシャンズ・クロス》
 サキュバスの攻撃力を一時的に3000まで跳ね上げる。相方はコンフィでもなんでもいい。
 発動ターンも魔法使い以外に攻撃制約はかからないため、グール4100を作るのも面白い。

○《強化蘇生》《リビングデッドの呼び声》
 EPの人形適用前に蘇生することで、裏にする対象を増やしつつ完全蘇生とすることが可能。
 強化蘇生はそれ以外にも墓地に貯めやすい☆1をサキュバスのエクシーズ素材にできるようになるため便利。
 人形のみ採用で★2を重視しない場合も、アルカードにまわせるため悪くない。
 リビングデッドはエクシーズ蘇生からダウナードやサルベージ効果を使える利点があるため要取捨選択。

○《RUM-アストラル・フォース》
 元々ダウナード経由で《マジマジ★マジシャンギャル》召喚可能で、《幻想の黒魔術師》登場もあり候補にあった。
 サキュバスの登場で《アルケミック・マジシャン》にも対応。
 フィールド魔法はサーチできないため、無難に《月の書》《サイクロン》あたりを使うことになるか。
 通常・装備等をサーチする場合は《スキル・プリズナー》による保護も考慮に入れたい。

○《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》
 ご存じ★2SSループ。手札1枚を犠牲にできれば毎ターン召喚権無しでSS可能。
 通常召喚制約のあるゴーストリックにはなかなかにありがたい存在。
 今まで召喚権依存のガイド・クレーン・金華猫に頼っていたことを思うと速攻軸の革新。
 一応《鬼ガエル》+水属性でもできるが、こちらは1発ネタですしね。
 とはいえ墓地肥しに難があるので初手速攻には使いづらいか。

○【素早い】
 ☆2展開に特化。モモンガ・マンタやアンコウによる同時SSが強力。
 お互いにデッキスペースを食い合うギミックなのが難しい所。
 類似の《プチトマボー》は属性一致チューナーかつアルカードにも応用できる。

○《神海のディーヴァ》《インフェルニティ・ビートル》
 リクルート効果で増殖可能なチューナー。後者はハンドレスがきついためあわないか。
 チューナー採用により、クラウソラス・バルムンク等を上手く使えるとよい。


○《召喚士セームベル》《クロクロークロウ》
 手札を利用したSS手段。セームベルは種族一致の他、召喚権制約をスルーできる即効性が利点。
 対してクロウはSS条件を満たしやすく、《No.65裁断魔人ジャッジ・バスター》を選択肢に入れられる。
 どちらもレベル変更と相性が良いため、《スターチェンジャー》《下降潮流》採用も検討できる。
 レベル変更系は消費がかさむのが難点。《妖怪のいたずら》を利用するべきか。

○【おジャマ】
 スペース封鎖といえばおジャマ。
 レッドからの展開で最大5体+カントリーで+1も理論上可能なため、3体並べることも。
 2800・4200まで射程圏内になるため、対象耐性のオベリスクこそ無理だが範囲も広い。
 カントリー反転でも1200・2400・3600で十分な性能。
 そのまま《おジャマ・トリオ》《おジャマ・ナイト》《おジャマ・キング》で封殺できれば強い。
 おジャマトークンも《ダウナード・マジシャン》で貫通できるため心強い。
 属性の組み合わせでカオスの投入がしやすくなるのも利点。
 フィールドが干渉・トリオのトークンでハウスは相性が悪いため《地盤沈下》を合わせるのも良い。

○【魔力カウンター】【魔導書】
 ゴーストリック外で用いる場合、戦闘誘導ができないため防御に難儀する。
 そんなとき、《魔導騎士ディフェンダー》で破壊耐性を外付けできる。
 《マジカル・コンダクター》で魔法1枚から蘇生できるのもおいしい。
  リバース誘発の登場により《見習い魔術師》も意味合いが増したが、マリーと役割が被るか。
  自軍モンスターも破壊できるため、《魔法族の結界》のカウンターを貯めることも。
 魔導書もエトワール・ヒュグロによる打点上昇=範囲広げもでき噛み合う。
 《魔導書士バテル》がエクシーズ素材にしやすいのもポイント。


既存構築から結構な調製が必要とみられますが、その価値のある新規だと思われます。
しかし、ミュージアムはなんとかならんのだろうか・・・
純統一でも半減のあるハウスの方が優秀だし、どうやって奴を活かしたものか・・・。
戦闘耐性得られないと、ミュージアムってあまり活かせる場が無いんですよね・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ