スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンデュラムだけじゃないマスタールール3・フィールド編

 マスタールール3の詳細が公開されました。

変更点をまとめると、こんなかんじ。

○ペンデュラム召喚の導入、ペンデュラムゾーンの新設
○先行ドロー廃止
○フィールド魔法関連のルール変更
○ダメージステップ処理の整理
○名称、テキスト整理


以前の「召喚時の優先権起動効果」と比べ、微調整で済まない大きな変化も多い所。
特に先行ドロー関連が大きな影響を持ちますが、それはメタ的な高度な話になるため割愛。
事例羅列スタイルな本ブログと致しましては、フィールド・ダメステの悲喜こもごもを中心に紹介します。

とりあえず、フィールド魔法編から。


フィールド
上記公式ページより引用。

これまでは、フィールドは上書き合戦で主導権争いをしていました。
「実質ノ―コストで1枚除去できる」とも考えられ、それを目的としたフィールド採用も選択肢でした。

しかし、今後は共存可能となりそれが不可に。
すなわち、上書き対策不可によるメタ耐性が向上、相手への干渉を目的としたメタ性能が減少。
フィールドを利用した戦略の安定性が向上しました。
《竜の渓谷》《暗黒界の門》といった強力なフィールドも多い中、対策は更に厳しく。
フィールド効果同士での効果の干渉、ミラー時の影響2倍など、なかなか面白い変化も。
今後は相手フィールドに干渉する効果を持ったフィールドも増えるのかもしれません。

また、しれっと書かれていますが、自分による上書きが「破壊」から「墓地に送る」に変更。
【ギアバレー】の《歯車街》で有名な、上書き破壊による誘発効果発動が封じられました。
甲虫装機と除外の関係の様な、ルールの隙をついたプレイが1つ消滅することに。
《ライトレイ・ダイダロス》等の能動破壊は可能とはいえ、既存と同じデッキではいられないでしょう。
こちら一方だけの改変だと単なる弱体化だったため、残るだけよしとしましょう。

この改定によって影響を受けたフィールドカードの例。

《歯車街》《風雲カラクリ城》《D・フィールド》《機皇城》《幽獄の時計塔》
 破壊誘発効果を持った類例。こうしてみると機械族に多い。
 特に機皇城は1:1交換のサーチカードでもあったので、ちょっと厳しい向かい風。
 ちなみに、ラメイソンは元々できない裁定。

《極星の輝き》
 数少ない恩恵を受けた側。
 これまでは上書きでも自爆していたのが、共存&墓地送りで危険が少なくなりました。
 ひたすら自爆特攻バウンスをかます【ガルム特攻】、とかね・・・?

《王家の眠る谷-ネクロバレー》《天空の聖域》
 墓守のロック性能が単純に強固になったこと自体も脅威ですが。
 これらは《ネクロバレーの王墓》《神罰》といった専用カウンターをもつカードです。
 これまでは上書き対策にも撃たされていた所、共存可によりスルーの選択肢も。
 パーミッションが少々捗るようになりました。
 しかし相変わらずサイクロン等通常の除去にも撃たされるのはどうしようもない。

《クローザー・フォレスト》
 時期トップメタとなるフィールドです!!!(妄想乙
 フィールドの影響力が増したことで、発動封じの意味も強く。
 また、上書きセットで破壊されなくなったことで、自身は発動制限の影響を受けなくなりました。
 (これまでは上書きしても破壊誘発の発動封じに引っかかり、1ターンセットでやり過ごす必要があった)
 あとはフィールドを制圧する強力な獣族が来てくれれば…。
 もちろん、先に発動されているものは消せないためこれでメタる場合は先行取りましょう。
 《フィールドバリア》でもいいっちゃあいいんですが、サーチしやすさと残存効果で、ね?

フィールド2枚干渉による影響。自発的にやるには《エクスチェンジ》等が必要で無理ゲー。

《遠心分離フィールド》
 ミラーになってお互い張っていたら、素材2体を両方蘇生できますb^^
 いやー、ないだろうそんなシーンは・・・。

《古の森》《サベージ・コロシアム》
 ついに、「殴っても破壊、殴らなくても破壊」という夢の場が作れます。

《伝説の都 アトランティス》《忘却の都 レミューリア》
 レベル変更系。下がったりあがったり面倒なものである。
 アトランティスは《湿地草原》との干渉もあるため、《悪魔ガエル》とか少し喜んでいるかも。

《アドバンスド・ダーク》《クリアー・ワールド》
 揃うと全員闇属性効果が適用され、互いに攻撃不能状態に。
 《ダークゾーン》を無差別全体強化にするとか。移植手術でやれ。

《ガイアパワー》《アシッドレイン》
 ±ゼロ。てへっ☆

《紫炎の霞城》《六武院》
《ゴーストリック・ハウス》《ゴーストリック・ミュージアム》《ゴーストリック・パレード》
 同じシリーズでの被っていたフィールド併用。六武がめっちゃ戦闘に強い。だから何。

《フューチャー・ヴィジョン》《ブラック・ガーデン》
 干渉力がめんどくさすぎるフィールド代表が重なった場合。
 優先権と強制効果の兼ね合いで、ターンプレイヤーがチェーン1の先発動後適用となる。
 ヴィジョン側はガーデン→ヴィジョンで処理され、トークン生成後除外され元の数値で戻ってくる。
 ガーデン側はヴィジョン→ガーデンで処理され、先に除外されトークン生成が不発に。
 すなわち、ガーデン側に一方的にトークンが溜まるという状況になる。
 《洗脳解除》や全体攻撃といった相手の場のトークンを利用するデッキはガチメタということになる。
 対して《暴走闘君》等自分のトークンを使う場合は、相手の場に壁が出ないため有利と言える。

 ヴィジョンについては、コストを貯め強奪もできる《混沌空間》がガチメタになったりする。

番外、フィールド魔法サポート。

《終焉の地》《ラスト・リゾート》
 フィールド魔法を相手ターンに発動させる事もできるカード。
 突然の上書きという用途に使えなくなったため、出番が減った様子。
 特に後者はご丁寧にアド帳尻までついていたのに、除去不可になったことでただ損する形に。

《燃え盛る大地》
 フィールド魔法の能動破壊。これで場を綺麗にしつつクローザーを後掛けするのも一興。
 

フィールド魔法は現時点で89種、そのうち1割近くは初期の山・闇といった効果の小さな初期のカードで、実際の層は薄いんですよね。
(ちなみにカウンター罠92、儀式魔法35種 ADS調べ。)
新ルールにより、フィールドを駆使したデッキがどこまで伸びるか。楽しみでもあります。
で、だから、ムーブメントも出たし砂塵ツイスターとかあるし、サイクロン規制しよう、な?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。