ステマしてもしかたないもののステマ

( ;˘x˘)スカァ…

  ※カードとスリーブをとっぱらった状態


あ・・・あまりにもスカスカすぎる・・・。

と、いうわけで折角なので買ってしまいました「決闘王の記憶-決闘者の王国編-」
 カタパルトのエラッタと超電磁の新録が話題のまさかの亀箱
 今後はコレクターベースのエアデュエリストになりそうなので、まぁ記念品の一つぐらいね。

《タスケナイト》を2枚目側に落とし込む《超電磁タートル》も欲しかったですしね。
 この性能でパラディオス・ギアギガント・ツクヨミ対応はでかいですよ実際。

そんな感じで、中身についてつらつらと。

○箱

黒い薄紙箱の中に、ボール紙製の黄金櫃がすっぽりの2重構造。
上開けと前開けなので重ねっぱでは使いづらいため、いっそ箱が2つと割り切りましょう。
 ストレージにでも使います。確か1つ300円ぐらいだからここまでで600円分ぐらいのアド。

高さはコナミ謹製スリーブで横向きに立てられそうな程度。2重スリーブに関しては知らん。
 奥行きはカードの高さ以上あるのでそこそこスキマあり。
 SHSP箱までついてたセパレーターの出っ張りも収まるのでそれ想定ですかね。
 に対して、内容量はデッキ・スリーブ・カード・ペーパーなのでこの上図の如きスカスカっぷりよ。
 デュエリストボックス購入者は慣れたものなのでしょうか。


○スリーブ

遊戯とクリボー、ロゴはデュエルモンスターズ。
 55枚らしいので(未開封)、40枚デッキ+15枚のサイドorエクストラまで。せめて70下さい。
 最近は40超えても回せるデッキがそこそこあるので、劣化交換用含めて最大枚数60+30の90あると助かるのですが。
 2つ買って110枚にしろってことですね、わかりたくもありません
 70枚入りが500円弱なので、セパレーター無しとかも含めざっと400円想定。


○デッキ

本来のメインディッシュ。
 とはいえ、単純な中身では目玉と言えるのは開闢ぐらいなのよね・・・。
 蘇生はウルトラとはいえ、青眼ストラクにも再録されてましたし。
 そしてなぜか全ウルトラのクリボーセット。
 初期イラストの《ブラック・マジシャン》等、やはりコレクター向けの面が大きい。
エクストラ込41枚中でウルトラ15枚とみると、通常ストラクチャーより豪華。
 レアリティ補正も含めると、1050円のストラクに色をつけて1300ぐらい?

そして逆に大目玉はついでにエラッタされた《カタパルト・タートル》。
 攻撃力と特殊召喚のインフレで、固定値との火力差が大分開いたせいなのか。
 公式サイトで他のカードに対する告知が無いってことは、キャノソル他は無事なのかな・・・?
 実はカスタムパックがエラッタ祭りの再録パックなのではと勘ぐってます。

ネタ面ではそこそこ面白い面子。

 《グレムリン》+《一角獣のホーン》の電撃コンボ
 《岩石の巨兵》+《魔性の月》にダイレクトアタック ※できません あと獣戦士《ルイーズ》だけ
 《マンモスの墓場》+《魔法効果の矢》+《融合》の属性反発作用(※初めて聞いた)コンボ
 《グリフォール》もしっかり収録された《カオスの儀式》セット
     ※なお、ガイア☆7+クリボー☆1で足りる模様

 なりきり的な観点では、一通り網羅している模様。
 再録価値のある《魔法効果の矢》が印象的なシーンで使われていてよかったです(小並感)
 しかしいくらなんでも上級6下級14(うち5エクゾ)では辛すぎるので代償か呼ぶ笛下さい(切実
 捨て蘇生する方法も儀式リリースしかないんだ、これが
 あとホーリーエルフ落ちないと開闢すら出ない、つらい(確信

ところで、懐古向け商品なのに紙質が新バージョンなのは偶然買った旧ユーザービビらないだろうか。
 エクゾディアはこの紙質と光り方がアンティークっぽくて合ってるけど。


○付属カード

決闘者にとってのメインディッシュ。
 とはいえ、4枚中3枚が使用不可カードとトークンで実際にOCG的な意味があるのは《超電磁タートル》1枚。
 その上オシリスもタートルも、王国編のカードではないのよな・・・
 枚数的にはゲーム付属と同等か少し多いぐらい・・・ハッ、値段内訳がわからん
  500円ぐらいにしておこう


○アーカイブ

ファンにとってのメイン・・・ディッシュ・・・?
 しかもストラクについているようなペラい3つ折り1枚かよ!
 個人的には、ここが一番期待ハズレでつらいデース・・・。12P程度の小冊子期待してマーシタ・・・。

半面、OCGのあゆみをつづった内容はツッコミどころ満載で実にすばらしい
年代ごとにピックアップ。

1999:禁止から解除されたばかりのデビルフランケンのステマしてやがる…!! 唖然www
2000:マハーヴァイロ黄金期
2001:墓地は第二の手札の時代はネクロフィアから始まったらしい
   ジョウゲンが時を超え環境トップに躍り出るとはだれが予想しただろうか GSに収録した社員有能
2002:まさかの【ジャマキャン】紹介 マキュラの神髄はそこではない そして墓守ステマ 稀って君
2003:一番の話題(暗黒期的な意味で) まさかの帝龍八咫ロックを懇切丁寧に説明 黒歴史と向き合う強さを
2004:【お触れホルス】の強烈なプッシュからのハーピィステマ

~当時の子供たちは大人となり~
 これが15年の歴史を連ねるカードゲームの貫録である
 親子で楽しめるゲー…ム…?
 実際問題、当時中高生で現在小学生の子を持つ親もぼちぼち居そうだけど、親子でプレイしている家庭あるのかな
 もう5年して子供も中高生になってきた時期が本番・・・!?

「引き出しの奥に眠っていた青眼」という熱烈な青眼ストラクダイレクトマで締め。
 内容はぼちぼち面白かったので200円は出せる。
 再開してみてはとか言っちゃって、これは、露骨に回帰ユーザー狙ってますねぇ・・・。
パパに買ってもらった子供たちは、このアーカイブをパパに見せてみよう!ママも釣れるかもよ!

アーカイブが2004まで、宣伝ストラクが青眼。
これはまた記念箱出るなら、次はGXで行くのかな?サイバー推しのノリで。
しかしストラクがHEROなんだったか、被るから厳しいか・・・?
アーカイブ2005~2007は本当に知らない時期だからちょっと興味あったりする
もしくは6年分にするために遊星箱まで飛ぶとか?まさかのデブリHERO

●決算

箱+スリーブ+デッキ+付属+アーカイブ 定価¥2500

600+400+1300+500+200 = ¥3000相当


なんだ、コナミっていいやつじゃん!

低く見積もっても2000円分程度の内容はあるので、いかんせん単位はデカイがそこまで悪くない…?
どうせ、普通のストラクでも半分ぐらいしかカード使わないでしょ!(それ以上はいけない

まぁ、いいものだっつっても生産量的に購入できる限度あるけどね!ステマしてもどうしようもないね!

―――――――――

と、いった所で、結構露骨にユーザー開拓を求めているのが透けて見えるこの商品。
対ブシロードその他に相当苦戦しているんですかね、最近の動きすごく苦しそう。
ジョウゲンや青眼のように、他のカードゲームとの差別化点「歴史アド」を前面に押し出していますからね。
DTにEXPやGSと商品数も多かった5Ds期が、最初期に続く黄金期だったんですかね。

「こんなのコンマイじゃない」って仕事が多いのも近年の体感。いや、良いことですよ?
デザインメンバーもプレイヤーだった層が増えてきて需要への理解が進んだのかな、といった心もち。

はてさて15年目で5作目のARC-V,今後どのような動きを見せていく事だか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ