スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神峰「オレはアイドルのプロデューサーだ!」【SC×アイマスSS】Op.Ⅱ

162 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:23:34.00 ID:n7y0NWTL0 [42/56]

神峰(雪歩さんがオレに心を開いてくれたことで、ユニットの結束力は強固なものとなった……)

神峰(そしてその高槻さん、千早さん、雪歩さんの三人ユニットで挑むコンテスト)

神峰(その出場権をかけたこのオーディションに……)

神峰「何で……! オマエが、ここにいるんだ……!?」

神峰「伊調!!」



伊調「なんでとはご挨拶だね、神峰翔太」

伊調「ここにいる理由なんて一つしかないだろう?」

伊調「僕も君と同じくジュピターを率いて、このオーディションに挑むのさ」

伊調「また君と戦える機会がこんなに早く巡ってくるなんて……!」

伊調「嬉しくてたまらないよ!」


166 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:29:46.13 ID:n7y0NWTL0 [43/56]

神峰(クソッ……伊調もこのオーディションに出てくるなんて……!)

神峰(961プロの持つ資金力ならコンテストの優勝賞金なんて微々たるものだろうに……)

神峰(これでこのオーディション、突破するのが段違いに難しくなった!!)

雪歩「ぷ、プロデューサー……この人が……?」

千早「話に聞いていた961プロ、ジュピターのプロデューサー……伊調鋭一さんですか」

千早「あの世界的指揮者、伊調剛健の孫……!」

やよい「そ、そんな凄い人と戦うんですかー!?」

伊調「はは、自分のアイドルに随分と僕のことを話してくれているみたいだね」

伊調「君も僕を意識してくれているんだね……、神峰翔太」

神峰「」ゾゾワッ

神峰(やっぱりコイツ、気持ち悪ぃ!)

神峰(心を見てると不安定な気分になってくる……!)


168 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:36:41.00 ID:n7y0NWTL0 [44/56]

伊調「残念ながら、僕らの出番は君達のあとだ」

伊調「進化した僕の力を早く君に見せてあげたいんだけど……」

神峰「オレは別に見なくてもいいんだけど……」

伊調「ツレないことを言うなよ、神峰翔太」

伊調「僕と君の、仲だろう?」

神峰「オレはオマエとそういう関係になったつもりはねェ!」

神峰「もうオレ等は本番前の打ち合わせがあるんだ、出てってくれ!」グイグイ

伊調「わかった、わかったよ。神峰翔太」

伊調「あとでまた会おう」ガチャ

神峰(会いたくねェ!)


173 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:41:39.34 ID:n7y0NWTL0 [45/56]

雪歩「プロデューサー……どうするんですか?」

やよい「とっても凄い人なんですよねー、あの人……?」

千早「春香たちがルーキーライブで勝てなかった相手……!」

千早「どこまで私たちの力が通用するのかしら……」

神峰「……皆聞いてくれ」

神峰「確かに伊調のプロデュースするジュピターはスゲェ」

神峰「実力的にはトップアイドルって言っちまっていいと思う」

神峰「だけど、オレ達だってあの夏祭りの日からずっと練習してきたんだ!」

神峰「長介君の為にも……このオーディション、絶対勝たせてやる!」

神峰「オレのプロデュースを信じて……ついてきてくれ!」


175 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:47:57.36 ID:n7y0NWTL0 [46/56]

千早「……ようするに、いつもどおりってことですね」

やよい「なんだか安心しましたー!」

雪歩「私たちは、いつもプロデューサーを信じてついていくだけです」

雪歩「普段と同じく、肩の力を抜いていきましょう? プロデューサー!」

神峰「……ああ!」

神峰「いつも通り、今日も全力で、皆のプロデュースさせてもらいまス!」


神峰「皆、行こう!」ザッ

千早・雪歩・やよい「はい!」ゾロゾロ




神峰「……いや、オレについてきても着くの客席だから」

これをオチに使うとは
176 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:54:13.11 ID:n7y0NWTL0 [47/56]

神峰(伊調率いるジュピターは認めたくねェけど、強ェ)パキパキ

神峰(アイドルの手前ああは言ったものの……)

神峰(オレのプロデュースがどこまで通用するか、自信はねェ)

神峰(だけど、土壇場で急成長なんて漫画の主人公みてェなこと、オレにはできねェから……)

神峰(普段と同じ方法で、プロデュースさせてもらう!)バッ

テ ン シ ョ ン 高 く !


千早・雪歩・やよい「


181 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 22:59:42.45 ID:n7y0NWTL0 [48/56]

神峰(どうだ……? のっけから全力で、走り通したぞ……!)

神峰(審査員の心も、掴めたのが見えた!)

神峰(これなら伊調にも……)

伊調「神峰翔太……」ザッ

神峰「伊調! 見てたのか!」

伊調「素晴らしいプロデュースだったよ……」パチパチ

伊調「せめてものお礼だ、見ていて欲しい……」パキパキ

神峰「オマエ、何でサイリウムなんか取り出して……。というか何で客席に……。!」

神峰「まさか!?」

伊調「……これが僕の、プロデュースだ! 神峰翔太!!」バッ

伊調「ワッ トゥッ スリッ フォッ!!」

=恋 を は じ め よ う !=


冬馬・北斗・翔太「~~~♪」


184 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:07:21.07 ID:n7y0NWTL0 [49/56]

神峰「な……!? オマエも、伊調もサイリウムで指示を……!?」

伊調「」フリフリ

千早「プロデューサー! これは……!?」

神峰「み、皆……! コッチに来たのか!」

伊調「」ブンブン

やよい「ぷ、プロデューサー以外にこんなことする人がいるなんて……!」

千早「まさかこんなことをする変人が二人もいるなんて……!」

雪歩「し、信じられないですぅ……」

伊調「」サッサッ


188 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:14:06.54 ID:n7y0NWTL0 [50/56]

神峰(しかも……、伊調のプロデュース、上手ェ!!)

神峰(下手すりゃ……、いや下手しなくてもオレよりも数段!)

伊調「」フリフリ

神峰(折角オレ達が心を掴んでた審査員も!)

神峰(あっという間に、伊調とジュピターのパフォーマンスに引き込まれちまった!)

伊調「」バッバッ

神峰「伊調、オマエ……なんで、どこで……このプロデュース方法を……!?」

伊調「いやだなあ神峰翔太」ブンブン

伊調「君 が 教 え て く れ た ん じ ゃ な い か」サッサッ

神峰「な……! まさか、ルーキーライブのあの一回を見ただけで!?」

伊調「愚問を吐くなよ、神峰翔太」スッスッ

伊調「あんな面白いもの、一回でも見たら……」フリフリ

伊調「心に焼き付いて、離れない!」バッバッ

君には何が見えているんだ…!?

伊調さん()
189 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:14:57.71 ID:m4mkzPHg0 [7/9]
暴君の台詞取んなwww

192 名前:書き溜め尽きたわ[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:17:58.56 ID:n7y0NWTL0 [51/56]


神峰(オレのプロデュースが……オレの意図しねェところで伊調の心まで掴んじまってたのか……!?)

神峰(というか……ウソだろ……!?)

神峰(オレが楽譜を100枚写譜して、ようやく手に入れたプロデュース方法を……!)

神峰(たったの一回、見ただけで!)

神峰(オレより上手く、できるだと!!)

神峰(そんな……)ガシャアアアアアガク

神峰(ああヤベェ……)

神峰(勝てねェ……! 勝てるわけねェ……!)

神峰(心が……折られる……!)

伊調「」フリフリ


198 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:27:32.12 ID:n7y0NWTL0 [52/56]

伊調「いい仕合だったよ……神峰翔太」

神峰(何がいい仕合だ……)

神峰(伊調のオマエの圧勝じゃねェか……)

神峰「悪ぃ、高槻さん……!」

神峰「このオーディション、もう……!」

やよい「プロデューサー……」

伊調「今回僕達よりレベルの高いアイドルはいなかった」

伊調「まず間違いなく二つの合格枠は君と僕のものだろう」

神峰「え……?」

伊調「神峰翔太、この決着はアイドルソングコンテストでつける」

伊調「僕はもっと先に行く」

伊調「君も精々、牙を研いで、おくことだ」


202 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:33:00.54 ID:n7y0NWTL0 [53/56]

神峰「合格枠が……二つ……?」

千早「もしかして……プロデューサー知らなかったんですか?」

雪歩「このオーディションの合格枠は二つですよぅ……」

やよい「律子さんから聞いてなかったんですかー?」

神峰「イヤ……全く……」

神峰「あ、もしかしてそれで本番前に雪歩さん……」

雪歩「あ、はい。ジュピターがどんなに凄くても、合格枠は一つしか取られませんから……」

神峰「じゃあ……、まだ……」

千早「リベンジする機会はあるってことですよ、プロデューサー」

千早「……今回、完敗したと思ってるのはプロデューサーだけじゃありません」

雪歩・やよい「」コクッ

雪歩「落ち込んで、穴掘ってる暇なんかないですよ! プロデューサー!」


205 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:40:59.64 ID:n7y0NWTL0 [54/56]

神峰(伊調や皆の言った通り、オーディションの合格枠は二つで……)

神峰(その二つの合格も、オレと伊調が手に入れた)

神峰(どうにか首の皮一枚つながったが……)

神峰(コンテストで伊調に……、アイツに勝てるビジョンが見えねえ……!)

神峰(オレの心は……折られたままだ)

神峰(どうすれば……)

神峰(このままじゃ……、伊調には……)


207 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:44:53.67 ID:tYOCTP7N0 [7/7]
これは原作でもまだ出てこないヘコミ神峰っちゃん
どういう展開にしてくるのか

208 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:49:05.95 ID:xf8zc2L/0 [20/20]
写譜はもうやったしなぁ……
アイドルに頑張ってもらうしかないか?

209 名前:ごめんこういう展開なんだ[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:52:05.47 ID:n7y0NWTL0 [55/56]


神峰(ハァ……)テクテク

神峰(ん……? なんだあの人、ハトにエサやってんのか?)

神峰(オイオイ、ここエサやり禁止だぞ……)

神峰(って、ん? 手にエサ持ってねえ……、一体何をやって……)

??「ほう、君のダンス……いい」

??「しかし、方向転換するときに右側に偏る癖がある……」

??「課題点は、そこだ」

??「そして君は鳴き声に若干陰りが見える」

??「食生活が原因だろう……そう、もっと炭水化物を取るべきだ」

??「イヤ、済まないが僕は今何も持っていなくてね……」


213 名前:この世界の剛健さんは指揮者です[] 投稿日:2014/03/12(水) 23:56:28.10 ID:n7y0NWTL0 [56/56]

神峰(まさか……ハトをプロデュースしてんのか!?)

??「おや……君は」

??「君……何か食べ物、持ってる?」

神峰「イヤ持ってないですしそもそもここエサやり禁止ですし!」

神峰「というか、アンタ……もしかして……」

神峰「あの業界屈指の音楽プロデューサーの……、武田蒼一さんじゃないっスか?」

武田「そう、僕だ」

武田「君のことも、知っているよ……神峰翔太君」


217 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:01:41.25 ID:WgQVQtrx0 [1/36]

神峰「あ、こ……光栄っス!」

神峰「武田さんに名前覚えられてるなんて……!」

武田「ルーキーライブは僕も見ていてね……」

武田「あのライブ……いいライブだった、掛け値なしに」
武田 蒼一

神峰「あ、あざっス!」

武田「特にあのサイリウムを使った指示だ」

武田「他の誰もがやらないことを君はやった」

武田「周囲の空気など読まないその姿勢……いい」


223 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:09:33.73 ID:WgQVQtrx0 [2/36]

神峰「ど、どうもッス」

武田「君……僕にプロデュースされる気、ある?」

武田「君は僕の夢を託せる人間かもしれない……」

武田「君さえよければ僕の持つ技術を全て君に教えてもいい」

武田「その顔……勝ちたい人間がいるんじゃないか?」

神峰「……武田さんに師事できるなら望むところッス」

神峰「教えられてないことまで、盗んでやるんで!」

武田「ほう……いい返事だ、掛け値なしに」

武田「ついてこい、特訓はすぐに始める」

神峰「ハイ!」


225 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:12:13.49 ID:xVH2kAz10 [1/14]
武田Pと神峰Pは中の人が同じなのか
自分の見識も広がる思いだ

226 名前:>>225マジで!?[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:15:00.87 ID:WgQVQtrx0 [3/36]


やよい「うぅ~、今日はコンテスト当日なのにまだプロデューサーが来ませ~ん!」

千早「メールは送られてきてるけど……」

雪歩「『先に会場に行っててくれ、オレも後から必ず行く』……って」

やよい「だけどもうすぐ私達の出番も始まるのにー……」

千早「本当に遅いわね……」

伊調「神峰翔太は必ず来る」

やよい「! ジュピターのプロデューサーさん!」

千早「あなたが何故ここに……!」

伊調「神峰翔太に会いに来たに決まっているだろう?」

伊調「残念ながらまだいないようだけど……」

伊調「心配しなくても、神峰翔太は必ず来る」

伊調「僕との決着もついていないし」

伊調「彼は逃げるような男じゃない」


229 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:20:33.86 ID:WgQVQtrx0 [4/36]

「言ってることは何も間違っちゃいねェが……」

「それを担当アイドルじゃなく、オマエに言われるってのはなんか納得いかねェな」

千早・雪歩・やよい「!」

伊調「来たか……!」

伊調「神峰翔太!!」

神峰「ああ、オレだ」

神峰「伊調、今日のコンテストはオレが勝たせてもらう」

神峰「オマエの勝ち目は、万に一つも、ねェ」

伊調「大きな口を叩くじゃないか……!」

伊調「望むところだ、神峰翔太」

伊調「今日のステージ、まずは961プロが先だ」

伊調「僕のプロデュース、しかと見ておけ!」


234 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:23:02.23 ID:WOr4pxzi0 [1/18]
>ああ、オレだ

染まるのはええ


236 名前:>>231 まだ一応やよい編[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:26:29.12 ID:WgQVQtrx0 [5/36]


やよい「プロデューサー~! 一体何やってたんですか~!」

雪歩「そうですよ、連絡も殆どしないで!」

千早「当然、それに対する成果は、ちゃんと手に入れてきたんですよね?」

神峰「当たり前だろ、オレはオマエ等のプロデューサーだ!」

神峰「心配しなくても……今日のコンテスト」

神峰「オレのプロデュースで、必ず勝たせてやる」


伊調(さあ見ておけ、神峰翔太!)パキパキ

伊調(この、僕が! 一番優れたプロデューサーだというところを!)バッ

伊調「ワッ トゥッ スリッ フォッ!!」

=恋 を は じ め よ う !=


冬馬・北斗・翔太「~~~♪」


神峰(伊調のプロデュースが……始まった!)


237 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:27:54.13 ID:WgQVQtrx0 [6/36]

神峰(伊調のプロデュースが、終わった……)

神峰(伊調のプロデュース……、スゲェプロデュースだった)パキパキ

神峰(観客を沈黙させる超一流のライブを創り出して)

神峰(とてもじゃねェけどオレにあんなプロデュースはできねェ)

神峰(ここの観客に『オレと伊調のどっちのプロデュースが上手いですか?』なんて聞いても勝ち目はねェだろう……)

神峰(だったら!)

神峰(『今日のライブで一番好きになったアイドルは誰ですか?』って聞いて……)

神峰(『765プロのアイドルだ』と言ってもらう!)バッ

=R E A D Y ! !=



239 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:29:40.83 ID:WgQVQtrx0 [7/36]

やよい「ARE YOU READY♪ I'M LADY♪」

千早「始めよう♪」

雪歩「やれば出来るきっと♪ 絶対私NO.1♪」

神峰Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!フリフリ

伊調「!?」

神峰Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!」フリフリ

伊調「なっ……!!」

やよい「START始まる今日のSTAGE♪」

神峰「STAGE!」フリフリ

千早「CHECK!! マイク・メイク・衣装 IT'S……」


241 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:30:44.71 ID:WgQVQtrx0 [8/36]

雪歩「SHOW♪」

神峰「Hi!」バッ

やよい「TIME♪」

神峰「Hi!」バッ

千早「TRY♪」

神峰「Hi!」バッ

やよい「CHALLENGE!!」

神峰「Hi!」バッ

伊調(神峰翔太……、プロデューサーが自らコールまでしだすなんて、無茶苦茶だ……!)

伊調(そんな話、聞いたこともない!!)


243 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:32:03.25 ID:WgQVQtrx0 [9/36]

伊調(だが……)

雪歩「STADOM 光り光る SPOTLIGHT♪」

千早「眩しい輝きまっすぐ♪」

やよい「DEBUT♪」

神峰「はーいはーいはいはいはいはい!!」ブンブン

       

伊調(信じられないことに……! 観客の反応が、よくなっている!!)

伊調(観客をアイドルのオーラで圧倒する僕のプロデュースとは全く違う……)

伊調(アイドルから観客に向けての一方的なアピールだった僕のプロデュースとは!)

伊調(神峰翔太自らが率先してコールをしだすことで、周囲の観客もつられ……)

伊調(結果、この場はアイドルと観客が相互に影響し合うショーへと変貌した……!)

伊調(こんな方法で会場の一体感を演出するなんて……!)

伊調(面白い、やっぱり君は面白いよ! 神峰翔太!!)

伊調(君はどこまで僕の心を掴むんだい!?)


251 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:37:33.43 ID:WgQVQtrx0 [10/36]

武田『プロデューサーとアイドルの関係は一方通行ではならない』

武田『そしてまた、アイドルとファンの関係も一方通行ではならない』

武田『お互いがお互いに影響し合ってこそ……高みへと至る道が見える』

武田『君にそれが……できるか? 神峰翔太』



神峰(できる!)フリフリ

神峰(やってやる!)フリフリ

神峰(だってアイドルの最初のファンで……)フリフリ

神峰(一番のファンは……)フリフリ

神峰(プロデューサーである、この、オレ自身だから!!)フリフリ

神峰「Fuwa Fuwa Fuwa Fuwa!」フリフリ


260 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:45:00.90 ID:WgQVQtrx0 [11/36]

やよい「やれば出来るきっと♪ 絶対私NO.1♪」

ワァァァァァァァァァ!!

アンコール! アンコール! アンコール! アンコール!


剛健『いいか鋭一……「一流に対しては歓声が沸く」』

剛健『「超一流に対しては、人はまず沈黙する」んじゃ』

剛健『そして「究極の一流に対しては人はアンコールする」んじゃぞ』

剛健『覚えておきなさい』


伊調(おじーちゃん……、おじーちゃんが言ってた通りだったよ……)

伊調(コンテストなのにこれだけのアンコール……)

伊調(完敗だ、神峰翔太……)


268 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 00:53:22.53 ID:WgQVQtrx0 [12/36]

神峰「終わった……」

伊調「神峰翔太、君はどこまで僕の上を行くんだい……?」

神峰「伊調……」

伊調「悔しいが今回は僕の完敗だ……、あんなアイドルへの愛を見せられちゃ、ね」

伊調「だけど次に勝つのはこの僕だ……!」

伊調「初めてだよ神峰翔太!」

伊調「プロデューサーやっててこんな気持ちは……」

伊調「僕は君に、アイドルへの愛で、
絶対に負けたくない!!」

神峰「……いつでも受けてたってやるよ」

伊調「ふん、首を洗って待っておけ。神峰翔太」


270 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:00:07.40 ID:WgQVQtrx0 [13/36]

やよい「あの、プロデューサー! ホントにありがとうございました!」

やよい「これで長介の手術、できそうです!」

神峰「ああ、良かったな高槻さん……!」ポン

やよい「……あの、ずっと思ってたんですけど、その呼び方やめて欲しいかなーって」

やよい「私が高槻さんなのにかすみや長介が名前で呼ばれてるのは、納得いきません!」

やよい「これからはやよいって呼んでください!」

神峰「ん、ああわかったよやよい。……これでいいか?」

やよい「えっへへ、大丈夫でーす!」

やよい「これからも、私のプロデュースよろしくお願いしますねプロデューサー!」

やよい「うっうー! はい、たーっち! いぇい!」パチン

神峰「ああ、任せとけ!」

神峰「オレはオマエ達の、プロデューサーだからな!」


Op.Ⅲへつづく
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。