神峰「オレはアイドルのプロデューサーだ!」Op.Ⅲ

289 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:17:15.12 ID:WgQVQtrx0 [17/36]

神峰(アイドルソングコンテストが終わってから数日)

神峰(コンテストの為に結成された千早さん、雪歩さん、やよいのユニット)

神峰(これが好評につき今後も続けていくことになった……)

神峰(オレが今担当してるアイドルは全部で七人)

神峰(あずささん、春香さん、亜美、貴音さん、千早さん、雪歩さん、やよいの七人だ)

神峰(あずささんは相変わらず手がかかんねェし、二つのユニットもメンバー間で上手く助け合ってくれてる)

神峰(だから余力もあるし、担当アイドルを増やしてェんだが……)

伊織「」フシャー

神峰(水瀬さんをそろそろどうにかしねェとマズイよな……)


292 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:22:54.79 ID:WgQVQtrx0 [18/36]

神峰(今の水瀬さんの心……、イヤ今に限らず765プロに来てからずっとなんだが……)

神峰(オレに対する敵対心で心が包まれてる)

神峰(しかもこれが見るたびに大きくなっていってるんだよな……)

神峰(そろそろ何かしらの対策をしねェと、取り返しがつかなくなりそうだ)

神峰「あー、別に何もしないッスよ水瀬さん」

伊織「別にそういう問題じゃないわよ!」

  水瀬 伊織

伊織「他の皆がどうだか知らないけど、私はまだアンタを認めてないんだからね!」

伊織「気安く近寄らないで!」


297 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:29:48.64 ID:WgQVQtrx0 [19/36]

ガチャ

律子「プロデューサー、ちょーっといいですかー?」

律子「あ、伊織もこっちにいたの? 丁度いいわ一緒に来てちょうだい」

神峰・伊織「?」


神峰「秋月さんもユニットを組む……ッスか?」

律子「ええ、プロデューサーの担当アイドル、もう七人ですよね?」

律子「流石に、自分より年下のプロデューサーにこれ以上負担を押し付け続けるわけには……」

律子「それで、私も担当アイドルを決めて、ついでにその子らでユニットも作ろうかと」

伊織「な~るほど? それでこの伊織ちゃんも呼ばれたってわけね!」

伊織「私をユニットメンバーにしたいなんて、律子にしては中々いい目の付け所じゃない!」


300 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:35:27.48 ID:WgQVQtrx0 [20/36]

律子「……伊織はユニットに入れないわ」

律子「私がユニットにするのは違う三人」

伊織「な、なによそれ!」

伊織「このスーパーアイドル伊織ちゃんを差し置いて誰を選ぶっていうのよ!」

律子「私が選んだのは真、響、美希の三人……」

律子「名前は『ダンサブル』」

律子「その名の通り、ダンスに重点を置いて売り出していくつもりよ……」

律子「伊織なら、このコンセプトでなんで自分が選ばれなかったのか、わかるわよね?」

伊織「…………」

律子「もう肝心の三人には話して許可を取ってあるわ」

律子「あとは事務所のメンバー全員に伝えるだけ」


305 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:41:59.68 ID:WgQVQtrx0 [21/36]

神峰「……話ってのはそんだけッスか?」

律子「いいえ、あともう一つ……」

律子「プロデューサーがここに来てからの活躍は凄いです」

律子「担当したアイドルとは瞬く間に打ち解けて、ルーキーライブとソングコンテストでも結果を残す」

律子「聞く話によるとあの武田さんにも、プロデュースの極意を教わったとか……」

神峰「ああ、イヤ、別にそんな大したもんじゃ……」

律子「でも、プロデューサーのプロデュース、私は好きじゃありません」

神峰「……え?」

律子「プロデューサーはダンスのことを何にも考えてない」

律子「ボーカルだけに心血を注いで、ダンスのことはおざなりに放置しっぱなし!」

律子「……アイドルはボーカルだけじゃダメなんです」

律子「歌も、踊りも育ててあげないと」

律子「私は私のプロデュースするユニットで、それをプロデューサーに教えてあげますよ」

律子「……話はそれだけです」


307 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:46:29.71 ID:WgQVQtrx0 [22/36]

神峰(……自分で意識してなかった、痛ェところを突かれた感じだ)

神峰(確かにオレの『目』は心も見えるし音も見える)

神峰(だけど踊りに関しちゃそれは全く使えねェ)

神峰(心が踊ってるからって体の踊りが上手くなるワケじゃねェし)

神峰(体を動かしてても心が沈んでることだってある)

神峰(アイドルをプロデュースするにあたって、この力はボーカル方面にしか使えねェ……)

神峰(今まで、何で気付かなかったって話だな……)


312 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 01:58:26.27 ID:WgQVQtrx0 [23/36]

神峰(だけど今の問題はそっちよりも……)チラッ

伊織「…………」

神峰(この子の方だな……)

神峰(もう秋月さんが出てって、オレと二人きりだってのに敵対心の心じゃねェ)

神峰(秋月さんに自分がプロデュースされねェって言われたこと、それなりにショックだったんだな……)

神峰(敵対心のねェ今はチャンスでもあるし、この機会にどうにか……)

神峰「なあ、水瀬さん」

伊織「なによ……」

神峰(おお!? 心の状態がもう変わりやがった!)
ぐぬぬ
神峰(呆然から……怒り、不安、悲しみ、不信感、警戒心、敵対心……)

神峰(次々、感情の膜が心を覆っていく……!)

神峰(この幾層にも感情が重なった心……、まるでミルフィーユみてェだ!)

神峰(一体水瀬さんの本心は、どんだけの層に隠されてんだ……?)


314 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 02:02:43.44 ID:WgQVQtrx0 [24/36]

神峰(これじゃあハンパな衝撃を与えても表面をいくらか剥がして終わりだ)

神峰(何層もの薄い感情の膜が、衝撃を吸収しちまう……)

神峰(この心……、開くには刃物かなんかで叩っ切らねェと……)

神峰(イヤ、でも、それでもし本心まで切っちまったら、心に治らねえ傷を負わせちまう!)

神峰(どうするこの心……!)

神峰(どうやって開く……?)


340 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 03:49:43.97 ID:WgQVQtrx0 [25/36]

伊織「自分から話しかけといて、ダンマリだなんていい根性してるじゃない」

神峰「あ、わ、悪ぃ!」

神峰(コレについてはとりあえず置いといて、後で考えるか……)

伊織「……ねえ、アンタは私のプロデュース、してくれるの……?」

神峰「! ……当たり前だろ、水瀬さんはアイドル、そしてオレは……」

神峰「オレはアイドルのプロデューサーだ!」

神峰「アイドルをプロデュースするのはオレの仕事だ!」

神峰「誰にも渡さねェし、渡すつもりもねェ!」

神峰「アンタも絶対、トップアイドルにしてやる!!」

伊織「……ふーん、そ」

伊織「ま、この私をプロデュースするっていうならトップアイドルにするぐらい出来て当たり前よね!」

伊織「精々頑張んなさい!」

神峰「ああ、任せとけ!」


342 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 03:58:59.31 ID:oXzYFYMk0 [1/14]
もしかして雪歩ルートってやよいルートに組み込まれる形でもう終了なのかな

344 名前:>>342 残念ながら[] 投稿日:2014/03/13(木) 04:02:57.01 ID:WgQVQtrx0 [26/36]


神峰「オハザーッス」ガチャ

真美「兄(C)!」ドンッ

神峰「うお、な、何だ真美!?」

神峰「いきなり体当たりしてくんなよ、危ねェだろ?」

真美「律っちゃんといおりんから聞いたよ兄(C)!」
 まみ

真美「ミキミキとひびきんとまこちんは律っちゃんが……!」

真美「いおりんは兄(C)がプロデュースすることになったって!」

真美「これでプロデューサーがいないの、真美だけじゃん……!」

真美「兄(C)はいつになったら真美のプロデューサー、やってくれるの!?」

神峰「真美…………」


346 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 04:21:14.31 ID:WgQVQtrx0 [27/36]

神峰「今まで後回しにしてて悪かった……」

神峰「オマエのプロデュースやってやる!」

神峰「今からオレがオマエのプロデューサーだ!」

真美「……うん! よろしくね!!」

神峰(真美の心は開いてんのか開いてないのかイマイチわかんねェ)

神峰(閉じちまってるときもあれば、開いてるときもある……)

神峰(まるで自分で自分の心をコントロールできてねェみてェだ)

神峰(亜美に影響されて、引き摺られてんのか?)

神峰(それとももっと、他の何かが……?)

神峰(果たして今のオレに水瀬さんと同時に、解決できるか……)

神峰(ダンスについても心を配らねェといけねェ、今のオレに)

神峰(二人同時に……心のプロデュース……!)



397 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 13:50:00.20 ID:WgQVQtrx0 [29/36]

神峰(ダンス……ダンスのプロデュース……)トボトボ

神峰(一体どうすりゃ……)

クルッポー

??「Hi!」フリフリ

クルッポー

??「Hi!」フリフリ

クルッポー

??「Hi!」フリフリ

クルッポー

??「Hi!」フリフリ

神峰「だああああ!! うるせええええ!!」

神峰「こんなとこで何やってんだ! オマエ!」

神峰「伊調!」


400 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 13:51:40.88 ID:WgQVQtrx0 [30/36]

伊調「何だ神峰翔太、見て分からないのか?」フリフリ

伊調「コールの練習に決まっているだろう」フリフリ

伊調「僕がいつまでも同じところで立ち止まっているとでも思っているのか?」フリフリ

伊調「僕はもっと上に行く……!」フリフリ

伊調「僕はもっと進化する!」ブンブン

伊調「すぐに君にも追いついてみせる!!」バッバッ

クルッポー! クルッポー!

伊調「はーいはーいはいはいはいはい!」ブンブン

神峰「だからって公園でハトを相手にコールの練習してんじゃねェよ!」

神峰「完全に不審者のソレじゃねェか!」

伊調「Fuw Fuw Fuw Fuw!」フリフリ

神峰「聞け!」


408 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 13:57:54.26 ID:WgQVQtrx0 [31/36]

神峰「というかオマエ、またオレのプロデュースをパクんのか……」

伊調「ふん、いくらこの個性に満ち溢れた業界といえど……」フリフリ

伊調「君のプロデュースを真似できるのは、この僕ぐらいのものだろう」フリフリ

伊調「むしろ、同じプロデュース方法を持つ仲間ができたと感謝して欲しいぐらいだ」フリフリ

クルッポークルッポー

伊調「Yeah!」ブンブン

神峰「う、……まあ、そりゃ……一理、ある……のか?」


410 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 14:01:55.90 ID:WgQVQtrx0 [32/36]

伊調「そうに決まっている」フリフリ

神峰(伊調のプロデュース……相変わらず凄ェな……)

神峰(相手の力を100%以上に引き出して……)

神峰(コールのタイミングだって、例によって一回見ただけで完璧だ……)

神峰(何でハト相手にやってんのかはわかんねェけど)

ポッポー

伊調「Fuu!!」フリフリ


412 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 14:06:47.92 ID:WgQVQtrx0 [33/36]

神峰(確かに自分と同じプロデュースをされて、見て参考になる部分もある)

神峰(あんなボーカルの解釈、オレには思いつかなかった……)

神峰(ダンスだってオレと違ってちゃんとプロデュースできて……)

神峰(!!)

神峰(伊調……コイツ、ダンスのプロデュース、できてるぞ!)

神峰(オレと同じプロデュース方法なのに!)

神峰(オレにできないダンスのプロデュースを!)

神峰「伊調、オマエ! ダンス……ダンスどうやってプロデュースしてんだ!?」ガクガク

伊調「な、何だいきなり!?」

伊調「やめろ神峰翔太! そんなに揺さぶるんじゃない!」


416 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 14:12:58.77 ID:WgQVQtrx0 [34/36]

神峰「なあ……頼む、教えてくれ……!」

神峰「オレに、ダンスのプロデュース……!」

伊調「……ライバルの君に何かを教えるつもりはない」

神峰「な、オマエ、オレのプロデュースはパクっただろうが!」

神峰「不公平だぞ! オレにもオマエのプロデュース、教えてくれよ!」

伊調「……だが、ライバルである君が余りにも弱いと」

伊調「君をライバルにしている、僕のプロデューサーとしての格が下がる」

伊調「知りたければ……、見て盗め神峰翔太」

伊調「この……僕のように!」

神峰「……伊調!」

神峰「ああ! 必ず盗み出してやる! オマエのプロデュース!」


422 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 14:38:27.44 ID:WgQVQtrx0 [35/36]

小鳥「律子さーん……」

小鳥「新ユニット結成はともかく、ちょっと伊織ちゃんとプロデューサーさんにキツすぎるんじゃないですか?」

小鳥「確かに言ってることは間違ってないですけど、あんな言い方……」

律子「……プロデューサーはこれまでボーカルだけを伸ばして、あの子達をあそこまでのレベルに成長させました」

律子「そんなプロデューサーがダンスのプロデュースまで会得したら、一体どこまでいってしまうのか……」

律子「私にはそれが、楽しみでしかたないんです」

律子「大丈夫、プロデューサーならすぐに乗り越えてきます」

律子「そんなプロデューサーがついてるんです……、伊織も、あの子のことも心配ありません」

小鳥「律子さん……」


429 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 15:09:00.02 ID:WgQVQtrx0 [36/36]

神峰「オールスターライブ……ッスか?」

律子「ええ、皆のランクも順調に上がってきましたし」

律子「このライブで更に知名度を上げてしまおうという狙いです」

律子「今はまだ若干『ダンサブル』の方が知名度が低いので、プロデューサーは不服かもしれませんが……」

神峰「あ、イヤ、そんなことは全然! 大丈夫ッス!」

律子「じゃあ了承してもらえるということで、よろしいですか? プロデューサー」

神峰「ハイ!」

神峰(公園で伊調のプロデュースを観察し始めてから三日……)

神峰(未だにダンスのプロデュース方法はわからねェ)

神峰(実際に自分が同じことをやろうとすると、アイツが……伊調がいかに天才なのかがよくわかる)

神峰(一度見ただけで覚えられるなんて、とてもじゃねェけどオレには無理だ……)

神峰(幸い何故か毎度、オレの帰宅時間に伊調は公園にいるから見るのは何度もできるんだけど)

神峰(……なんで図ったように、毎日オレの通りがかる時間にいるのかは考えねェようにしよう)


443 名前:意識飛んでたわ[] 投稿日:2014/03/13(木) 16:32:06.67 ID:SbsH30930 [1/40]

小鳥「今日はいよいよライブ当日ですね、プロデューサーさん」

神峰「ええ……」

神峰(ついにやってきたオールスターライブ)

神峰(この日に至るまで、オレは伊調のプロデュースを身につけられてねェ)

神峰(水瀬さんと真美の心も開けてねェままだ……!)

神峰(恐らく、今日はオレに心を開いてくれてるあの七人に頼ることになる)

神峰(だからなるべくなら早く来て貰って、打ち合わせをしてェんだが……)

小鳥「遅いですね皆……、もう前の仕事はとっくに終わってる時間なのに」

神峰(『ダンサブル』の三人と水瀬さん、真美以外は未だ会場に着いてねェ)

神峰「一体どうしたんだ……!?」


447 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 16:39:05.30 ID:SbsH30930 [3/40]

プルルルルル

神峰「! 秋月さんから……!」ピッ

神峰「ハイもしもし!」

律子『あ、プロデューサーですか!?』

律子『今日私が連れて行くはずだった春香たちのユニット……!』

律子『すみませんが、リハーサルに間に合いそうにありません!』

神峰「な、なんでッスか!?」

律子『それがこっちは凄い台風で……! 飛行機が飛ばないんです!』

律子『レンタカーを借りて向かう予定ですが……、お預かりしてたユニットの三人、遅れるのは避けられないかと……』

神峰「そ、そんな……」

神峰(春香さん、貴音さん、亜美が間に合わねェだと……!)


448 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 16:47:03.98 ID:SbsH30930 [4/40]

律子『本番までにはなんとか間に合わせるようにしますので……!』

律子『そっちの三人……『ダンサブル』について、お願いします……』

神峰(! そうか、秋月さんがいねェってことはあの三人もオレが見るのか!)

神峰(アイツ等は更にオレに心を開いてねェんだぞ……!?)

神峰「う……ああ……、あ……!」

律子『あと、社長から連絡ありました!?』

神峰「しゃ、社長からッスか? い、イヤ何もないッスけど……」

律子『私たちのいるところでこんなに台風が強いってことは社長の方はもっとってことです!』

律子『社長が担当してた千早たちのユニット……、下手しなくても私たちより遅れますよ!』

神峰「な!? そ、そんな!」

神峰(この大事な局面で……! オレのプロデュースを信頼してくれてる人たちの大半がいねェだと!?)

神峰(春香さん、貴音さん、千早さん、雪歩さん、亜美、やよい……この六人を欠いた状態で……!)

あずさ「すみませ~ん。遅れました~」


452 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 16:53:21.93 ID:SbsH30930 [5/40]

小鳥「あ、あずささん! 今までどこに……!」

あずさ「ごめんなさい……、久しぶりに道に迷ってしまって……」

あずさ「ところで~」キョロキョロ
さぁ、歓喜に至ろう
あずさ「春香ちゃんたちはどこですか? もうステージに出てるとか、ですか~?」

神峰(まだ……、まだあずささんは来てくれた……!)

神峰(だが……、それでも!)

神峰(厳しい、余りにも厳しい! この状況……)

神峰(メンバーの半分がいねェってだけでもなのに……!)

神峰(いるメンバーの大半がオレに心を開いてねェ!)

神峰(どうする!? これじゃあ……!!)


454 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 16:57:16.68 ID:SbsH30930 [6/40]

神峰(クソッ……!)

神峰(せめてオレが免許を持ってたら……)

神峰(今ここにいるのはオレがじゃなくて秋月さんだったのに!)

神峰(オレじゃ、アイドルの送迎は徒歩かバス、電車で行ける距離じゃねェとできねェ)

神峰(地方での仕事は何かあったときの為に、車を運転できる社長か秋月さんが行くことになってる)

神峰(それがこんなことで響いてくるなんて……!)


458 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:05:58.64 ID:SbsH30930 [7/40]

ひびき まこと 星井 美希

響「うがー! どうするんだ!?」

響「律子がいないんじゃ自分たち、ステージに立てないぞー!」

真「ボクらの持ち歌の二つ……」

真「『マリオネットの心』も『Day of the future』も、ユニットのコンセプト通りダンスに重点を置いた曲です」

美希「プロデューサーじゃ、ミキ荷が重いって思うな」

神峰(その通りだ……!)

神峰(今のオレにあのダンサブルな曲をプロデュースできるスキルはねェ……!)

神峰(だからといってあずささん、真美、水瀬さんの三人だけで場を繋ぐなんて、まず不可能)

神峰(絶対にこの三人にもステージに上がってもらわねェと……!)



459 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:12:03.44 ID:WOr4pxzi0 [10/18]
律子は別にサイリウム指揮するわけでもないよな?
本番までに完成させとけよwww
461 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:17:22.37 ID:SbsH30930 [8/40]
(あっ……!)
464 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:18:36.01 ID:oXzYFYMk0 [5/14]
あっ・・・ってなんだよwww
465 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:19:20.61 ID:SbsH30930 [9/40]
いや、もうしょうがないからこれで押し通す
冷静に考えればおかしいところなんてこれが初めてじゃないし大丈夫大丈夫

468 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:26:26.18 ID:SbsH30930 [10/40]


神峰(せめてこの子達がオレに心を開いてくれていたら……!)

神峰(今のオレのプロデュースでもなんとかなるかもしれねェんだが……)

伊織「ちょっとアンタ、そんなボーッとしてて大丈夫なの?」

小鳥「プロデューサーさん、どうするにしてもセットリストは早めに作り直さないと……」

神峰「! あ、ああスイマセン!」

小鳥「プロデューサーさん、美希ちゃんたちのプロデュースできそうですか……?」

小鳥「無理なら最悪、ライブを中止にすることも……」

神峰「……イヤ、大丈夫ッス」

神峰「『ダンサブル』のプロデュース……」

神峰「オレが! やらせていただきます!」

神峰(五人が心を開いてくれてねェなら……!)

神峰(五人とも今日、この瞬間、心を開く!)

神峰(……今までの……五倍動くだけだ!!)


474 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:37:32.28 ID:SbsH30930 [11/40]

伊織「皆ー、今日は私たちのライブに来てくれてありがとー!」

真美「真美たち今日は、ファンの兄ちゃん姉ちゃんのこと、メッチャ楽しませちゃうからね→」

あずさ「楽しんでいってくださいね~」

真「全身全霊で、歌って踊ります!」

美希「よそ見なんかしてたら、怒っちゃうからね?」

響「だぞ!」


神峰(始まるか……!)パキパキ


神峰『最初の曲は、六人全員でいきまス』

伊織『な、六人全員って……何人かはぶっ続けでステージに立つことになるじゃない!』

神峰『ああ……、そうだ』

神峰『だけど、オマエらなら問題ねェ』


478 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:50:29.00 ID:SbsH30930 [12/40]

神峰『ダンサブルの三人はダンサブルな曲をやる為に体力凄ェつけてるし……』

神峰『水瀬さん、アンタもあの日からずっと体力作り、してただろ?』

伊織『な、なんのことよ!』

神峰『オレ知ってんスよ、水瀬さんが秋月さんからユニットに入れないって言われた日……』

神峰『その日から、隠れて人一倍ダンスの練習してたこと』

美希『デコちゃん……』

真『伊織がそんなことを……!?』

伊織『そ、そんなことしてないわよ! 皆の前でデタラメ言わないでよね!』

神峰『皆は気付いてなかったかもしれねェが、オレは知ってる』

神峰『水瀬さんをずっと見てたから』

伊織『は、ハァ!? んな、何言ってんのアンタ!』

神峰『アンタは、もうウチの事務所でも有数のスタミナを手に入れてる……!』

神峰『二曲続けて踊るぐれェ、わけねェさ』


479 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 17:56:10.29 ID:SbsH30930 [13/40]

神峰(さあいくぜ!)バッ

神峰「ワン ツー スリー フォー!!」

=R E A D Y ! !=

神峰(まず最初のとっかかりは水瀬さんからだ……!)フリフリ

神峰(水瀬さんの心を覆う感情の皮膜……)フリフリ

神峰(剥がさせて、もらう!)フリフリ

神峰「Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!」フリフリ

神峰(紫色のサイリウムで……あずささんへ!)フリフリ

=全 部 包 み 込 め !=

神峰(まずは海を……広げる!)フリフリ

神峰「Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!」フリフリ


482 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:01:20.68 ID:SbsH30930 [14/40]

あずさ「~~~♪」

神峰(よし! さすがあずささん、要求通り、ドンピシャだ!)フリフリ

神峰(これで皆の心が、あずささんの心の海に浸かった……)フリフリ

神峰「STAGE!」フリフリ

神峰(これで水瀬さんの心も……!)フリフリ

神峰(ふやける!)

神峰「Hi! Hi! Hi! Hi!」フリフリ


486 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:11:16.15 ID:SbsH30930 [15/40]

神峰(いくら大量に重なった層だろうと……)フリフリ

神峰(一枚一枚はそう対して厚くねェ……、というかむしろ薄い)フリフリ

神峰(薄い膜なら水につけてふやかしちまえば……)フリフリ

神峰(あとは少し揺さぶるだけで、自然に剥がれて落ちていく!)フリフリ

神峰「はーいはーいはいはいはいはい!」ブンブン


伊織(何よ……、一体なんなのよ……)~♪

伊織(あんな奴に……こんなに心を掻き乱されるなんて……)~♪

伊織(この伊織ちゃんをプロデュースするのにあんな変なやり方で……)~♪

伊織(どうせならもっとエレガントにやりなさいよ!)~♪

伊織(……でも)~~♪

伊織(本番前に言われたこと)~♪

伊織(まさか気付かれてるなんて思いもしなかった……)~♪


489 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:22:30.11 ID:SbsH30930 [16/40]

伊織(アンタ、意外と私のこと見ててくれたのねプロデューサー)~♪

伊織(もう、そんなやり方でもいいわ、ちゃんと私を導きなさい! にひひっ!)~~♪

神峰(よし……! 水瀬さんはこれでいい)フリフリ

神峰(心を包んでた感情の膜は、サランラップみてェなものじゃねェ)フリフリ

神峰(例えるなら、そう、キャベツみてェな、植物の葉。そんな感じだ……)フリフリ

神峰(今気持ちの葉っぱが剥がれ落ちて……)フリフリ

神峰(本心の花が! 咲く!)フリフリ

神峰「Yeah!」ブンブン
にひひ
494 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:33:16.28 ID:SbsH30930 [17/40]

神峰(さあ次は真美……オマエだ!)フリフリ

神峰(オマエはオレに心を、開いてんだか開いてねェんだかわかんねェ……)フリフリ

神峰(オマエの心をそんな風にしちまったのはきっとオレだ……)フリフリ

神峰(亜美の方ばかりプロデュースすることで、オマエに寂しい思いをさせちまった)フリフリ

神峰(それが原因で、オマエはオレに完全に心を開けてねェんだろう……)フリフリ

神峰「FuFuu!」ブンブン

神峰(だから今、ここで見せてやる!)フリフリ

神峰(オマエのことも言葉だけじゃなく、全力全開でプロデュースしてやる、ってところを!)フリフリ

神峰「FuFuu!」ブンブン

=全 て 出 し 切 れ !=


497 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:38:25.65 ID:SbsH30930 [18/40]

真美(兄(C)……、やっと真美のことちゃんと見てくれるんだね……!)~♪

真美(亜美と一緒にでも、亜美のついででもない!)~♪

真美(他の誰でもない、真美自身を!)~~♪


神峰(ああ、見ててやる……オマエをプロデュースしてやる!)フリフリ

神峰(だから! もう!)フリフリ

神峰(心を開け放って、いいんだ!)フリフリ

神峰「Fuwa Fuwa Fuwa Fuwa!」ブンブン
マミr

498 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:46:11.76 ID:SbsH30930 [19/40]

神峰(続けていくぜ!)フリフリ

神峰(いよいよ本丸……、『ダンサブル』の三人!)フリフリ

神峰(一番最初は、星井さん! アンタだ!)フリフリ

神峰(このユニットの核はまず間違いなくアンタだ……)フリフリ

神峰(純粋なダンスの技術では、菊地さんと我那覇さんに一歩劣るけど……)フリフリ

神峰(アンタの存在感が、核となって元々凄ェユニットの力を、更に何倍にも高めてる!)フリフリ

神峰(アンタの心……今、開いてみせる!)フリフリ

神峰「Fu・Fuu!」ブンブン


501 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:53:27.32 ID:SbsH30930 [20/40]

神峰(星井さんからオレへと向けられる心は無関心……)フリフリ

神峰「FuFuu!」ブンブン

神峰(嫌ってるわけでも警戒してるわけでもねェ)フリフリ

神峰「FuFuu!」ブンブン

神峰(ただ純粋に、興味がねェってだけだ)フリフリ

神峰(だったら……!)フリフリ

神峰(否でも応でも、興味を持たざるを得なくしてやる!)ダンッ


真(!?)~♪

響(プロデューサーが……!)~♪

真美(兄(C)が……!)~~♪

美希(ジャンプしたの!!)~~♪


505 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 18:57:47.83 ID:SbsH30930 [21/40]

美希(何なの……)~♪

美希(何なのなのあの人……)~♪

美希(客席でサイリウムを振る……それはいいの)~♪

美希(歌に合わせてコールする……それもまだいいの)~♪

美希(でも……更にジャンプまでしてくるなんて……!)~♪

美希(もう無理なの! 気になって仕方ないの!)~~♪

美希(こんなの興味を払わないなんて出来るわけないの!!)~~♪

美希(あのプロデューサー……スッゴクキラキラしてるの……)~♪

美希(ミキなんかより、ずっと……!)~♪
欲しい君


神峰「Fuwa Fuwa Fuwa Fuwa!」ブンブン


510 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 19:07:43.94 ID:SbsH30930 [22/40]

神峰(いくぜ、ラストは二人まとめて菊地さんと我那覇さん!)フリフリ

神峰(アンタらが心を開いてねェ原因は、オレがダンスを軽視してると思ってるからだろ?)フリフリ

神峰(確かにオレはダンスに関する指示はしてこなかった……)フリフリ

神峰「Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!」フリフリ

神峰(一本のサイリウムに込められる情報量じゃ、ダンスに対しての指示までは伝えられねェ……)フリフリ

神峰(ボーカルに関する指示だけで精一杯だ……)フリフリ

神峰(だが! それは! 今までの話ッス!)フリフリ

神峰(土壇場で思い付いた……)フリフリ

神峰(一人につき一本のサイリウムで足りねェなら……)パキパキパキパキパキパキパキパキ

神峰(一人につき! 歌と踊り、二本のサイリウムでそれぞれ指示を出す!!)フリフリフリフリ

神峰「Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!! Hey!!」フリフリ

=ビ ブ ラ ー ト か け て !=

=重 心 右 に 寄 り す ぎ !=


513 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 19:12:50.08 ID:SbsH30930 [23/40]

真(ぷ、プロデューサー……ボク、もうわけがわからないですよ……!)~♪

真(一人で12本のサイリウム振って指示出して、しかもその指示も12本それぞれで違う……!)~♪

神峰「Hi! Hi! Hi! Hi!」ブンブン

響(更にそれと並行して、コールとジャンプまでやってるさー……!)~♪

響(プロデューサー……本当に自分たちと同じ人間なのか!?)~♪

神峰「はーいはーいはいはいはいはい!」ブンブン


さぁ踊ろう

522 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 19:18:31.34 ID:SbsH30930 [24/40]

神峰(これで全員の心はこじ開けた……)フリフリ

神峰(だけど、まだだ!)フリフリ

神峰(まだオレはいける!)フリフリ

神峰(アイドルは、ボーカルだけでも、ダンスだけでもダメなんだ!)フリフリ

神峰(ビジュアルも必要なんだ!)フリフリ

神峰(サイリウムを……更に増やす!!)パキパキパキパキパキパキ

神峰「Fuwa Fuwa Fuwa Fuwa!」ブンブンブンブン

=左 に 流 し 目 !=

=指 先 ま で 集 中 !=

=も っ と 声 を 震 わ せ て !=


528 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 19:27:33.15 ID:SbsH30930 [25/40]

春香「皆ー! 遅れてごめんねー!」

千早「ここからは、私たちも一緒です!」

雪歩「まだまだ楽しんでいってください!」

貴音「心の限り、歌いましょう……」

亜美「応援よろよろ→!」

やよい「それじゃあ皆揃っていきますよー!」

神峰(皆! 間に合ったんだな……!)フリフリフリフリ

神峰(よし! 皆の分も合わせて……!!)パキパキパキパキパキパキパキパキ

神峰(サイリウム、36本! 同時振りだ!!)ダンッ

神峰「Hi! Hi! Hi! Hi!」ブンブン

=伏 し 目 が ち に !=

=一 歩 を 大 き く !=

=ハ  ジ  け  ろ  !=


540 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2014/03/13(木) 19:34:28.39 ID:SbsH30930 [26/40]

アンコール! アンコール! アンコール! アンコール!

武田「いいライブだった……掛け値なしに」

武田「神峰君……やはり君こそ僕の夢を託すにふさわしい人間だ」


伊調「面白すぎるよ神峰翔太……!」

伊調「君はどこまで僕の上をいくんだ……」

伊調「おじーちゃんもそう思わない!?」

剛健「うむ……そうじゃな……」

剛健「あの男とアイドルのコミュニケーション……」

剛健「グッドじゃない! パーフェクト!」


(完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ