スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河馬の馬力で種馬に出馬 《俊足なカバ バリキテリウム》

PP出身で登場から幾許か経っているカードですが、みなさんこいつを使った事ありますか?

S-HERO ヒポポタマス

《俊足しゅんそくなカバ バリキテリウム/Dynatherium》
 効果モンスター ☆4/風属性/獣族/攻1600/守 600
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法による「俊足なカバ バリキテリウム」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
この方法で特殊召喚に成功した時、
相手はレベル4モンスター1体を、自分または相手の墓地から選択して特殊召喚できる。


漫画ZEXALの遊馬がホープ召喚に使ったカード。
《俊足のギラザウルス》を彷彿させる誘発効果の制約を持つとはいえ、無償SSが駄馬なわけがない。
【光天使】に採用した縁でちょっと色々考えたので、ちょっと性質まとめ。

しかし我ながらひでぇタイトルだ エクシーズ素材=種馬って表現がおい ほぼ馬の話だし
バリキテリウムはそもそもサイ属が元ネタらしいですし、こいつ何の獣だ
○ステータス
 1600打点はアタッカーとして見るにはちょっと心もとない。
 汎用リクルーターは始末できるとはいえ、そいつらを蘇生させていちゃ意味が無い。
 しかしあれですね、ローズトークン2つ分ですね。
 自身のSSで1、相手が乗っかれば更に1。これで1600分揃うため、墓地の同名と2体並べることが狙えます。

○風属性・☆4
 風属性で数少ない比較的軽い自己SS持ちは《風の精霊 ガルーダ》《シルフィード》が代表的。
  その他専用デッキの《紋章獣アンフィスバエナ》、ちょっと用途が異なる《輪廻天狗》など。
  《スターシップ・スパイ・プレーン》など、やはり条件・用途が狭いカードが多い。
 そんな中で、デッキを選ばない無条件SS。これだけで市民権は得られうる。
 属性を考慮すると、《電光千鳥》の素材に使える点が大きい。《ハーピィズ・ペット幻竜》なども。
  《鳥銃士カステル》とも属性が一致。《御前試合》下での突破にも使えうるが千鳥と役割が被る。
  時によっては、墓地サルベージの再利用カードとみなすこともできなくもない。
 《ウィンドファーム・ジェネクス》と相性のいい数少ないシンクロ素材でもある。
 《烈風帝ライザー》のリリースに使いやすいのも優秀。蘇生モンスター共々《帝王の烈旋》に巻き込める。
  ハリケーン効果持ちの《疾風鳥人ジョー》にも使い道ができる。
 勿論《霞の谷の神風》の呼び水にも便利。ターン制限はあるが使いまわしやすい。
 エレメントモンスター(デビル・ドラゴン・マジシャン)に連続攻撃がつくため蘇生も邪魔になりにくいか。
 地味に《九蛇孔雀》のサーチに対応している。

 コンボ性能だけでなく、「風属性のSSモンスター」であること自体も利点となる。
 《フォトン・スラッシャー》《カゲトカゲ》など、SSモンスターには光闇が多い。
 そのため《コアキメイル・ドラゴ》を初めとした属性メタにぶつかりやすい。
 このカードはそれらをすり抜け、(《猛毒の風》こそあるが)干渉を受けづらいのがポイント。 
 光闇軸のデッキにおける緊急時の展開補助としての役割をもてる。

○獣族
 《大くしゃみのカバサウルス》と異なり哺乳類準拠の種族設定。
 《烏合の行進》で並べるためにも役立つ。
 《星見獣ガリス》のようにフルモンにせずともベヒーモスループに入れる。
 《モジャ》での墓地回収ができなくもない。
 《ライトニング・トライコーン》《猿魔王ゼーマン》のシンクロ素材となるため、結束軸の【獣族】も。
 《氷結のフィッツジェラルド》を《アンノウン・シンクロン》とでNS無しで作れるのも面白い。
 《チェーンドッグ》と共に《恐牙狼ダイヤウルフ》のコスト・素材になるが、それで対象増やすのは無駄が多いか。
 《Obedience Schooled》発動後にもSSできる数少ないカードなので悪用の余地あり。
 《幻獣の角》で破壊する餌確保もできるためアドにもなる。《ダイガスタ・フェニクス》と並べばさらに良好。 
 《キャトルミューティレーション》と合わせれば、獣族☆4全てに手札SSを付加可能とみる事もできる。

このように、ステータスに恵まれコンボを組むには適した面白い性能。

・・・リスクが無ければ。

使用上の問題は、「相手もレベル4以下を蘇生できる」ことと如何に上手く付き合うか。

裁定を考慮して現在仕様で更に詳細な効果を示すと以下のような形か。


「俊足なカバ バリキテリウム」の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードは手札から特殊召喚できる。
②:①の方法で特殊召喚に成功した時、相手は自分または相手の墓地からレベル4モンスター1体を選択して発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。


自身の効果ながら、相手に発動・適用処理の選択権があるという珍しい効果。
 こういった「自分の効果を相手に発動される」というデメリットシリーズも面白いかも。

相手のアドにしないという方針では以下の方策がアリ。

●効果を妨害する対策カード
《王家の眠る谷-ネクロバレー》
 あくまで対象をとる誘発効果の発動のため、自分ごと効果を封じれば適用はできない。
《群雄割拠》《御前試合》
 対象に出来るモンスターを絞っておけば対策も打ちやすい。適用不能状態を演出する。
《D・D・クロウ》など
 対象は発動時に取られるため、チェーンすれば普通にピンポイント処理は可能。
《スキルドレイン》など
 効果を無効にしてしまえばもちろん適用されない。
 相手が蘇生効果を使うことに躍起になって脱出でも使ってくれればある意味御の字。
《サモン・リミッター》
 あくまでこちらの効果によるため、2体目にSSすればロックにひっかかり不発となる。
 ミドラーシュ相手には無償でSSできそうである。ただしエクシーズなどには繋がらない。
 
●対象不在にもちこむ
・先攻1ターン目
 墓地に何もない状況なら何の問題も無く無償SSできる。
 1回使いきりとみなしてしまい後半ではNS運用にしてしまうのも手。
 初手率を上げる為に増やすか、1発ネタを信じてピン挿しかは各々の判断で。
《マクロコスモス》《次元の裂け目》【ネオフレムベル】ほか
 互いの墓地にレベル4を残さない。バリキテのSS自体は墓地状況に絡まないため問題なく運用。
 使い切りになりやすいほか、シルフィード等との併用がしづらくなる点には注意。
・レベル4帯を使わない
 相手が【ゴーストリック】など4軸ではない場合はこちらの墓地が使われることになる。
 その時に対象がいなければよいので、バリキテ以外の☆4を採用しなければ不発にもちこめる。
 この場合、☆1~3のチューナーとのシンクロ召喚軸にすると達成しやすい。
 バリキテ複数採用の場合は2体目以降の際に使われるので注意。
・特殊召喚制限・自壊モンスターで固める
 スピリットのようなSSに規制のあるカードならば、墓地に置いても対象にできない。
 その点においてワイパー・コラプは用途も似ていて相性がいいと言える。
 しかし☆4帯は一度使えば蘇生制限を満たせるものが多い模様。
 むしろ、《スクラップ・シャーク》のように自壊条件のあるカードで固め蘇生する意味をなくすのも有効。

●処理できるようにする
 【光天使】においては、セプターのX召喚時効果でそのまま破壊できるため、あまりアド損が気にならない。
 《洗脳解除》などで奪い返せばそのままエクシーズにも繋がる。
  ただ自分の墓地からとられた場合に限る上、先出しだと勿論使われなくなるため《所有者の刻印》向け。
 逆にバリキテを餌とみなして、《強制転移》を前提にしてしまうのも手。
  《溶岩魔人ラヴァ・ゴーレム》のリリースコストの数合わせをできる点と合わせ奪取とは相性が良い。
  《剣闘調教》による展開サポートとしてならばバレにくいか。
 番外編として、ガンマン・ハートアースといった最後のツメに使う場合は多少のSSも気にならない。

●なんかやだ
 デメリットモンスターや、いかにもなコンボモンスターのみを残しざわ…ざわ…に持ち込むプレイング。
 《D・HEROディフェンドガイ》《王虎ワンフー》《G・コザッキー》あたりが代表的か。
 《デビルコック》は多分普通に守備で出される。
 《聖鳥クレイン》あたりに飛びついて手札が溢れた相手に《大暴落》でもかませれば気持ちよさそう。


○相性
 以上のように対戦相手・環境のメタ読みや自身の構築によって対応することは可能。
 そうなると、「特殊召喚されるとマズい」カードが環境に多いか、も採用の際に考慮する必要がある。

●特殊召喚誘発
 真っ先に浮かぶ簡単な例はこれ。【星因士】なんかは全員が搭載しているのでろくな目に合わない。
 メッセンジェラートなら先に獣を始末すればいいとしてでも、エアーマンやノーデン級になるとどうもならない。
 ただでさえ塩を送っている上に、さらなるアドまで稼がれると何をしたいのかわからない。
 逆に言えば要所を指定してくるタイミングなので、そこに《D・D・クロウ》などをぶつけてもよい。
 ミラーマッチの場合はこちらのカードをバンバン利用されかねないのでそれも難しいが。

○《増殖するG》
 SS効果だが、前触れなく奇襲的に出せるため先撃ちされづらく展開を通しやすい。
 逆にこっちが相手のSSトリガーを引けるため、1ドローの交換にこっちから使ってゆける。
 《星因士アルタイル》《旧神ノーデン》などが対象の時が狙い目。

●《ライオウ》
 致命的に相性が悪い存在。
 先出しだろうが墓地に居ようが、自身やシンクロ・エクシーズ先を無効にされる場合があり詰んでいる。
 このカードが墓地にいるとSSする価値がなくなるので、同じデッキに入れられない。
 サーチの強い環境でこのカードが流行っている場合は大人しく採用取りやめの方が潔い。

大体言いたいことは「たかが下級1体よりぶん回すことの方が重要なデッキならアリな性能。ライオウは無理」程度。
まぁ所詮「光天使と相性良くね?」程度からのお話ですので。
千鳥のような2アド稼げるようなカードとも相性がいいので、用途次第といった所では。
面白いカードではあるので、色々利用が広がればな、と。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。