スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブヒロインが列をなす戦術Key【占術列車】

○アンナちゃんprpr勢としての序文

今年の日本代表に【列車影依】がいらっしゃるそうですね。
デュエルカーニバルでの初出の時から集めて愛用していた【列車】ユーザーとしては嬉しい限りです。
主軸3種がWP出身故に、世界大会では使用できないのでしょうが・・・
 (読みは「れっしゃどーる」ですが、ドールだけカタカナって表記カッコ悪くね?)

さて、低評価の時代に集めたが故に売れば収支+出ることはわかりつつも、私は愛で使い続ける。 
 ハッスルやりくりチェーンバーンかましてまで使っていたのはいい思い出。
とはいえ、現在の【列車】は如何に既定の動きにはめるかの比較的単調なデッキ。
シャドールとの相性の良さは理解しつつも、もっと楽しいデッキを作りたいところ。
加えて、現環境はPの発展も伴いフィールド魔法依存のデッキにも向かい風。
パーツが揃わなかった時にケアできるギミックを相棒に迎え入れたい・・・


○ミエルたんhshs勢としての序文

占術姫。
DT水勢力以外での初の儀式シリーズであり、同時にリバースモンスターのシリーズでもある。
エースたる《聖占術姫タロット・レイ》の効果はいわば《月の書》《太陽の書》《バースト・リバース》。
フリーチェーンの妨害と自己完結コンボと、弱いわけがない。
これまで忌避されてきたリバースコンボの使い手ともなれば、エンジョイする他ないでしょう。
散々な評価の『コレクターズパック 運命のデュエリスト編』。それを覆す反骨心も原動力になる。

問題は、儀式の運用。リチュア・影霊衣共に手札効果のサーチ特化であり、それだけしないと安定しないのが儀式の弱点。
加えてレベル9という特殊な位置。通常モンスターは☆8までのため、少なくとも《高等儀式術》では1体で出せない。
消費低減のため、高レベルモンスターの確保に長けたギミックを相棒に迎えたい・・・


いくぜ それね

くみあわせればいいんじゃね??

奇しくも、共にデュエリスト女子かつサブヒロインの使用デッキという妙な縁。

かくして、趣味全開デッキの構築がはじまるのであった・・・。


【タロット列車】の方が語呂はいい

さて、組んでみました趣味デッキ。
これが意外にシナジー形成しているもんだから何が起こるかわからないものである。


○【列車】概論
《深夜急行騎士ナイトエクスプレスナイト》の妥協召喚をトリガーに、《転回操車》《重機貨列車デリックレーン》のSS効果で☆10を2体並べエクシーズ。
《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》の耐性効果+素材デリックの除去妨害でコントロールし、高打点で圧殺する。
 このカードの制圧力は圧倒的で、相手の罠2枚の消費か数少ない打点突破が可能なホープ・ザ・ライトニング召喚を強いる。
2枚組から動くデッキながら、《テラ・フォーミング》をあわせ最大6枚体制のサーチカード《転回操車》と発動条件の緩い《無頼特急バトレイン》によるサーチを軸にするため、パーツを揃える安定性が比較的高い。

○【占術姫】概論
《聖占術姫タロットレイ》の儀式召喚を狙い、蘇生効果でリバースモンスターを展開する。
フリーチェーンの《月の書》効果による戦闘やシンクロ・エクシーズの妨害、またはリバース効果の相手ターンでの使用とターン1ながらコントロール性・プレッシャーの高さがウリ。
効果はノ―コストのため、召喚時の消費を解消すれば維持するほどにアドバンテージを確保していける。
儀式魔法《聖占術の儀式》にもサーチ効果があるため、後続の確保も可能。


○各デッキの弱点、【占術列車】としての利点
 【列車】で動ける札というのは「ナイト+操車」「ナイト+デリック」がメインであり、揃わないと高レベルもあり召喚すらできない。
 または、操車を《サイクロン》《幽鬼うさぎ》他で妨害されると手札コストとあわせ致命傷を受ける。
 この時に《マンジュ・ゴット》に召喚権を使い儀式をそろえることで、腐りかけの列車をリリースに用いられる。
 儀式が揃わなくても、全く動けないよりは下級を待機させられるように。
 コインノーマがリクルーターなので、ハンドのように戦線維持に使っていける。

 【占術姫】目線だと、☆9以上のカードは汎用性が低いものが多く、☆8以下のように他の役割をもたせつつの採用は難しい。
 そのため複数のリリースを要し、揃える労力・消費量共に非常に厳しい。
 よくきく【占術シャドール】も、誘発効果によるカバーが可能とはいえそこがネックになる。
 数少ない☆10もの高レベルカードをサーチできるカードがあることで、儀式召喚時のリリースコストを確保しやすい。
 みんな、一般的な儀式はシンクロと違ってレベル一致じゃなくてもできるのは忘れてないね?

 また、儀式モンスターの狙われやすい着地を、ドーラが先に待機していれば保護することが可能。
 消費し損を防げる。効果が無効にならないのはフェルグラントとの差別化できる利点。

 メインエース両方共に「出れば強い、出るまでが厳しい」が共通。
  しかしエクシーズと儀式は対策の方向性が異なり、特殊召喚封殺でもなければメタが被りにくい。
  片方が機能不全を起こしても、もう片方で突破できる余地があるのが混合デッキの美しいあり方。


○個別解説

《マンジュ・ゴッド》
 影霊衣のアオリを食らって遂に規制された万能儀式サーチ。本当はやはり3欲しい。
 【占術姫】におけるマンジュ・ゴッドの強みは、反転召喚で発動できるところ。
  儀式召喚後にタロットレイの効果が余れば、マンジュを反転しなおすことで後続の準備が出来る。
  タロットレイは最悪リバース運用しなくとも、後続連打で月の書コントロールするだけでも十分強い。
 追加採用するなら《センジュ・ゴッド》よりも《ソニック・バード》をお勧めする。
  儀式魔法の効果でタロットレイもサーチできる、墓地におくのには転回操車のコストにすればいい点から。

《転回操車》
 なにはともあれ、手札コストの確保が必須。一番強いのはバトレイン捨てたとき。
 次のターンにはサーチを使える《聖占術の儀式》、タロットレイの効果から別に墓地に置いてもいいリバースモンスターと、こういった所で地味にシナジーしている。
 儀式は3枚ギミックで腐りやすいので、タロットレイだろうが当てがない時は堂々と切ってしまう勇気が大事。
 一時期はsinスタダや閃光竜で守ることも考えましたが諦めました。
  なるべくSS効果のほうを狙って、手札コストよる空消費リスクを減らすように動きましょう。
  リバースの墓地送りをエクシーズ経由で確保するなら、《次元の裂け目》でうさぎはギリケアできる…?
 《テラ・フォーミング》1とあまり積んでいないのは、完全依存の型ではないため被り防止を優先。
  確実に引いて余りを処分するより、捨てても損の小さいカードと一緒に引きたい。

《除雪機関車ハッスル・ラッセル》
 初期【列車】を支えたが今は置いてけぼりのカード。如何せんこれ1枚で記事が書けるレベルでクセが強い。
 採用理由は列車が儀式コストを兼ねるため数を補強したい点と、相手ターンで《転回操車》を使うため。
 相手ターンの直接攻撃に反応してSSするため、操車のデメリットを無視してバトレインを引っ張れる。
 自身は守備3000で残りつつ、バトレインは死のうが残ろうがX素材を確保できる。
 《リビングデッドの呼び声》も、同様の理由とこのカードの破壊対象を残すことが目的。
 1伏せで除去を食らうと召喚条件を満たせず腐るため、バックは厚めの方が運用しやすい。
 サイドチェンジから抜けたりで重要度は低いカードだが、用途を理解しているといざという時に無くて困ったりする。
 効果をよく読むと《転回操車》はまきこまれないことは、お分かりいただけるだろうか・・・?ちゃんと考えてデザインされてます。

《占術姫コインノーマ》2、《占術姫アローシルフ》1
 タロットレイの効果対象としては不採用の型もあるだろうが、儀式魔法からのサーチ対象として一定数は欲しい。
 コインノーマは問題なく優秀だが、得体のしれないものを残さないために攻撃をストップされることも多いため2で十分。
 基本的に儀式後にサーチして使うぐらいの気持ちでもよい。
 アローシルフは純粋にマンジュだけじゃ足りないため。また、コインノーマの発動制限から1種は欲しい。
  《聖占術の儀式》はコスト要員としても便利なのでアクセス経路は多めに。
 クリスタルウンディーネは儀式魔法からのサーチ余地がある儀式モンスター対象の上、上級事故リスクに釣り合わないため見送り。
 ペタルエルフはロックしてグスタフバーンで殺すとか、用途がコアなので見送り。
 ウィジャモリガンも主軸に据えて使うカードのため混合デッキの今回は見送り。ただし皆既日食とは相性がよい。

《深淵の暗殺者》《幻想召喚士》
 【占術姫】構築に置いて、最も性格が出るのがこのリバースモンスターの選定。
  純構築ではサーチと守備コンボのみなので、何を混ぜ込むかが占術姫の戦術key。(うまくない)

 《深淵の暗殺者》は、手札にきてもサルベージ効果でコスト要員として活躍できるため。
  効果も汎用性のあるクセのない除去効果なので制限のピン採用としてはまるい存在。
  どうしても派手なことをしたくなるコンボデッキだが、いぶし銀な奴がいてもよいじゃないですか。

 対する《幻想召喚士》は【幻想機皇】のような特化デッキも存在する派手な飛び道具の代表格。
  儀式やペンデュラムといった魔法が力をつけた現環境、みんな5000払ってでも《ナチュル・エクストリオ》出したいからね。
  【占術姫】で運用するメリットは、コインノーマとのレベルの一致。これが大きい。
 ☆3揃えて《機装天使エンジネル》で効果召喚で破壊制約のある融合モンスターを守る、この動きが自然にできるのです。
 さらにタロットレイによる裏守備や、このデッキではドーラの耐性効果で破壊を踏み倒すことも可能。
  自前で耐性のあるガイアドレイク以外でも、制圧の余地があるのです。
 タロットレイで相手ターン発動もできるため、1ターンだけ封じる運用も可能。そのテンポアドが命とりなのが現代遊戯王。
 ほかにはタロットレイが巻き添えくうので難しいが、《異星の最終戦士》も工夫すれば運用の余地あり。
 一応、共にレベル10のためX素材で処分することもできなくもない。
 《カオス・インフィニティ》も採用圏内。地味に《機皇兵グランエル》が地・機械なので、デリックの召喚条件を満たせる。 

《旧神ノーデン》《簡易融合》
 ☆4はそこまで主軸ではないためそこまで入れる必要性は強くないが、《幻想召喚士》の選択肢にもなるためやはり入る。
 単純に、バトレインの使い回しでサーチの数を稼ぐのも仕事になる。
 用途的に単騎で強いカードを採用したいため、安定のホープセットとビュートのほか、あえて101を選択中。
 趣味に走ってヒロイン補正上げるならマンジュ・シルフと天使×2で《フェアリー・チア・ガール》

《能力吸収石》
 今日の最強カード。効果を2度発動すると1ターン単位で発動不能もついたスキドレ状態に。
  クセが強い故に使いこなせると面白い。影霊衣のような準備にモンスター効果を駆使するタイプに強い。
 《スキルドレイン》搭載型もあるように、打点のある【列車】と永続無効の相性は周知の通り。
 自分がタロットレイを使いたいという都合も併せて、不完全無効にもそれなりの利点有り。
  フリーチェーン持ちがエースなので、相手の2度目発動に被せて不発にさせるのが得意。
  ドーラ+デリック、タロットレイ+リバースと、2段階発動はお手の物なので一方的な妨害も容易。
 更に、魔石カウンターを取り除くのはエンドフェイズの能動処理であり、効果無効はターン終了時までの適用ではない。
  そのため、カウンターを外し適用がきれた時点からエンドフェイズ効果を改めて発動できる
  タロットレイの仕込みの邪魔をしない非常に都合のよい設定。
   ちなみにこの発動回り、ADSではうまく再現できていない部分もあるので注意。
   適用状態の間にガイアドレイクの破壊制約を処理すると、耐性無効でお陀仏です。

《皆既日食の書》
 ネクロスの皆既日食がなぜ強いか言ってみろ。
 このデッキでも御多分にもれず、反転召喚からのマンジュ再利用ができることがひとつ挙げられる。
 儀式召喚や転回操車で、同時展開力もそこそこなので残り物の処分にも効く。
 リバースモンスターの再利用が美味いのはいわずもがな。エクストリオ生存にも使える。
 ハッスルラッセルの発動前に打つことで、特殊召喚制限をスルーすることも一応できる。
 ドーラによって1体は効果を受けず表を維持できるので、メイン展開中に撃ってもタロットレイは立ったまま、なんてことも。
 応用力は他のデッキ以上に高いが、ドローリスクを軽視出来る程甘くもないので採用数は抑え目。

《幽鬼うさぎ》
 環境の要請によりしぶしぶメイン採用。
 というか、サイクうさぎの妨害に加え《竜穴の魔術師》で常に操車が危険にさらされているのが非常にやりづらい。
 とりあえず場を開けておけば殴って解決できるという点でもまあ手っ取り早い。
 チューナーが一応いるわけなので、エクストラが余ればシンクロを仕込むといざというときよい。
 基本的にはマンジュ処理かノーデンからの☆7、コインノーマがうまく回れば☆3が揃うので☆6やトリシューラも狙える。
 高打点でぶん殴ってライフアドをとりやすいので、《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》も好きではある。
 ☆10余りが気になるなら、アンノウンやジェットから《星態龍》という手段はなくもない。

《トリオンの蟲惑魔》《奈落の落とし穴》《狡猾な落とし穴》
 目立ったシナジーは特にない。デッキ44枚のため、余計な枠ともいえる。個人的な対環境メインメタ採用枠。
 このデッキの初動で困るのが、ナイト・デリック共に不在で《転回操車》サーチしかすることが無い時。
 展開もできないとなると、そこそこ安定する下級を置いておきたい。
 トリオンは●除去のサーチ●奇襲での魔法罠除去 を共に持つため、ペンデュラム召喚に非常に強いカードだと思います。
 奈落はP召喚で出たカードをまとめて除外してしまえるので、サーチで見えていると割れるまで動けなくなるカード筆頭。
 リビデも採用しているため、サイクロン役としての活躍も期待。狡猾は趣味。
 自分も被害のあるライオウより、時間稼ぎのうまいこちらを選択。あとハッスル的にバックも欲しい。


今後、もーちょっとサイドの調整をして、環境勢にも太刀打ちできるようにしたい所。
9期産のパワーカードだし、といわれればそれまでですが変態構築でも結構戦えるのはいい傾向、かも?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。