スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「同胞、一緒にどう?」「ほう」

これが

《同胞の絆》 原作・R版
魔法カード
同胞の絆はプレイヤーのライフを1000ポイント払うことで
デッキから場上のモンスターと同種族の四ツ星モンスターを2体まで召喚できる
ただし攻撃・生贄はできない


こうじゃ

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。


ルーラーさえ出なけりゃいいじゃん的な。
レベル4固定から同レベルになり対象の幅が広がった反面、ライフはIFデストロイヤー然り2倍へ変更。
リリース規制が無くなりアドバンス召喚は可能になっているものの、《マシンナーズ・フォース》の原作再現は許されず。
《スケープ・ゴート》《カバーカーニバル》の違いのように、時代によって求められるものの違いが見え隠れする制約の変更といえますね。

厳しい制約上《ソウル・チャージ》ほど環境に顔を出すことは少ないでしょうが、即効性と応用力は随一。
ともあれできること・やりたいことをまとめてみましょう。
 
○単純な使い方

原作通りの【ガジェット】【マシンナーズ】の他、同種族・同属性でシリーズ化されているデッキは今では数多。
 素材条件となるモンスターや、《ナチュル・フライトフライ》のような数を揃えて力を発揮するモンスターもよい。
 特に、目立った展開サポートのなかった結界像と並べられるのは魅力的。

☆3 闇・悪魔 【彼岸】
 今をときめく統一シリーズ。初ターンから《彼岸の沈溺》待機できる。
 ダンテにこそ繋げられないが、初手でスカラマリオン・グラバースニッチ辺りが並ぶと十分面倒くさい。
 《超融合》を控えて巡礼者を素で融合召喚することも狙える。
 儀式魔人の一部も同じステータスをもち、墓地に送られても構わないカードなので併用も考えられる。
 変わった所では【バグマン】とか。
 《深淵の結界像》はレベルが合わないが、《死霊騎士デスカリバーナイト》辺りとメタビを組む手はある。

☆4 風・鳥獣 【ハーピィ】
 幸いデッキ内では同名モンスターとして扱わないため、引っかからずに展開可能。
 通常召喚規制がないためダンサー効果は問題なく使える。《烈風の結界像》併用可能な点も優秀。
 そのため、ハーピストのバウンス効果発動の他《烈風帝ライザー》の様な2体リリースのアドバンス召喚も可能。
 《ハーピィ・レディ-鳳凰の陣-》はデッキSSに制約有で同ターンに撃てないため大人しく《スリーカード》。
 チェーンしてドラゴン族を特殊召喚し《ハーピィ・チャネラー》のレベルを7にすることで大型展開も可能。
 《霞の谷の巨神鳥》が呼べるのは大きいが、《神鳥シムルグ》がSS不可のため《ストーム・シューター》になるのは玉に瑕。 

☆4 地・岩石 【コアキメイル】【ゴゴゴ】【磁石の戦士】
 四種の無効コアキメイル、またはサーチャー・トークン役。
 《フォッシルダイナ・パキケファロ》《干ばつの結界像》も置けるため、メタビ性能は非常に高い。
 墓地にゴーレム・ギガースをとっとと置きたい【ゴゴゴ】でもある程度重宝し、ターンもアリステラで耐えられる。

☆4 光・天使 【幻奏】【光天使】
 特殊召喚で効果を誘発するため、アリアの起動の他ソプラノで音姫回収→セレナでアドバンス召喚なども可能。
 《閃光の結界像》によるロックも併用できる上、《オネスト》は自身の効果で手札に戻せるため戦闘対策も万全。
 他の属性と違い、結界像とリクルーターの種族が一致し《コーリング・ノヴァ》と2種体制であるのも強み。

☆3 水・水 【グレイドル】【水精鱗】
 共に役割分担のあるシリーズのため、まとめて揃えてしまえば使い分けもしやすい。
 《アビスコール》使用の余地もあるかもしれない。
 また、《沼地の魔神王》《魔力吸収球体》が対象にあり、《異星の最終戦士》を融合召喚可能。
 相手の展開をイーグルで奪いながら後続を封じられるため、《超融合》《瞬間融合》するだけの価値はある。

 《豪雨の結界像》と併用する場合はアトランティス下で。こちらも《沼地の魔獣王》で融合はタッチできる。
 《アイス・ハンド》《コアキメイル・アイス》【ペンギン】などそこそこ粒は揃っているので4軸もナシではない。

☆2 水・水 【ガエル】【氷結界】
 《魔知ガエル》《粋カエル》はフィールドでは《デスガエル》になるため同名を呼べる。
 3体揃えれば《死の合唱》チャンス。
 氷結界では伝道師と術者・御庭番が並ぶため、戦闘と対象効果へのある程度の簡易ロックは可能。

☆4 炎・炎 【ヴォルカニック】【ハンド】
 《業火の結界像》と併用が出来る。
 《ヴォルカニック・ロケット》は特殊召喚でも発動可能なので好相性。《ヴォルカニック・エッジ》も戦闘規制が重なる。
 《ファイヤー・ハンド》のほか《プロミネンス・ハンド》も対象のためシリーズとして併記。
 ただ《アイス・ハンド》《豪雨の結界像》然りだが、2属性を交代する性質上結界像とあまり相性はよくない。
 《炎帝近衛兵》は召喚誘発な都合上呼び水側だが、序盤に欲しいカードではないのが難点か。
 《プロミネンス・ドラゴン》《ビッグバン・ガール》など、変なカードは地味に揃っている。
 《炎を支配する者》もいるため、最上級モンスターによる打点確保もできる。


☆4 闇・魔法使い【墓守】
 場の維持を信条とする部族に、数で維持する選択肢。「ネクロバレー」系サポートも多少狙えるか。
 《召喚僧サモンプリースト》と《ダーク・ドリアード》が居るため、別の悪用も考えられる。

☆2 闇・魔法使い【ゴーストリック】
 戦闘もエクシーズもできない都合上、猫娘を即時展開できる事が最も狙い目。
 ゴーストリックの難点といえば序盤はセットでしか出せない立ち上がりの遅さ。
 このために通常召喚を1ターン目から行うための呼び水を採用し得る。
 例としては、猿まわしサーチも可能な《Emトランプガール》。
 もちろん闇アンデッド☆3組も揃えられ、ドラゴネクロを見越したP・融合軸も要検討。

☆1 闇・魔法使い【封印されし】
 《ワンチャン!?》《マジカル・アブダクター》等、地味にサーチの増えている昨今。
 1枚から2枚引きずり出せるため、これだけやるなら《撤収命令》による回収も視野に入る。
 または《馬の骨の対価》で墓地に送りこみ、《補充要員》で回収するのも良い。

☆3 地・魔法使い【魔導】
 レベル・属性の散った印象のあるシリーズだが、実は下級の半数5/9はこのステータスに集まっている。
 よくよく見ると、属性を散らしているのは水2種と炎・風1種ずつにすぎなかったりする。
 テンペルは発動できずマット・ラムールも十全には動けないが、システィが使えるのは利点。
 元々序盤で早急に必要かつ場を開けがちで隙が大きいカードだったので、先攻の安定感にも寄与するかもしれない。
 《マスマティシャン》《お注射天使リリー》など、元々採用候補となっていたサポート達も一致しているのは嬉しい。

☆4 光・雷【エレキ】【電池メン】
 シリーズ内だけでも角型サーチなどできる事はそこそこ。
 それよりもポイントは《電光-雪花》《ライオウ》《避雷神》 らメタモンスターを駆使できるところにある。
 雪花はSS規制があるため起点にしか使えないが、3種揃えば手持ちのモンスターだけでの突破を要求する布陣。
 P召喚も出遅れ、《端末世界》など雪花にかからない永続魔法によるメタも合わせられればより強固になる。


以下、ちょっと応用(またはひねくれた)使い方。

☆5 風・サイキック《覚星師ライズベルト》
 選択自体は☆4以下だが、チェーンされレベルが変わればそのレベルを参照する。 参考裁定:《召喚師セームベル》
 単体では《ガスタの疾風 リーズ》《スペースタイム・ポリス》が限度だが、同時に他の☆4を展開すれば様々な☆5を出せる。
 《ジェノミックス・ファイター》+効果無効から☆6《ストーム・サモナー》《ガスタの賢者 ウィンダール》なんてことも。
 
 同様にフリーチェーンでレベルを上げられるカード
 《スター・チェンジャー》《ギブ&テイク》
 《タイムパッセージ》(フォーチュンレディのみ、実質地・闇以外の魔法使い族)
 《大金星!?》《再転》(ギャンブルカード 前者はレベル任意だが不発アリ、後者はレベルランダム)
 《降格処分》《煉獄の虚夢》(下げる効果、チェーン除去でレベルを戻す)

☆3 風・機械【幻獣機】【SR】
 《空中補給》などでチェーンして幻獣機トークンを追加することで、+☆3の大型モンスターを呼べる。
 とはいえグリーフィン・テトランのみと対象不足でそのまま発動は出来ない。
  有用そうなものは☆5に集まるため、《妖怪のいたずら》などレベルを下げて調整する必要がある。二度手間。
 トークン無し利用では、コルトウィングを出してもトークン生成が阻害されるといった欠陥がある。
 逆に言えば安定供給しやすいトークンを起点に☆3を展開することは可能。
 ハムもペンギンもSS効果のため出足は遅れるが、亀と共に出すことで多少の延命は期待できる。
 ベイゴマックスやチューナーも範囲内なので、それなりに応用の余地はあり。
 トークン→インパラス+ハム他ならば3+6でヤクルスラーンの素材が揃うため、《緊急同調》を狙う手も。

☆4 地・機械【クリフォート】
 能動的なレベル変更効果の他に、「レベル変更制約を無効にする」という手もある。
 妥協召喚から大物を2体追加できるが、クリフォートは各レベル2体ずつのため、相方をもう1種採用する必要がある。
 そのため、結局はクリフォートのPスケールが無い状態でしか発動できない。
 有用なのは《超重武者ビッグベンーK》《メカニカルハウンド》《マシンナーズ・フォートレス》辺りか。
 ちなみに、☆4のままでも《惑星探査車》→《機殻の要塞》で召喚権を増やせるため、上手くいけばキラーも出せる。

☆5 地・獣《Emドラミング・コング》
 同様に妥協召喚から展開可能。Pマジシャンで場を開けて条件を揃えながらサーチできる。
 対象には生存に役立つ《ビッグホーン・マンモス》やチューナーの《虚栄の大猿》とそこそこの面子。
 《シーホース》も存在し、ネタ的にも優秀。

☆10 闇・悪魔《トラゴエディア》
 墓地のモンスターのレベルをコピーできるため、1~4の任意の闇・悪魔を呼び込める。墓地の対象と同名も可。
 発動チェーンで無効にし☆10に戻した場合、《ユベル》《地縛神コカパクアプ》と妙に豪華な面子になる。満足しよう。

☆6 地・戦士《ドドドバスター》
 上記同様の「効果無効によりレベルが戻る」カード。他にも幾許かいるが、対象となる同胞が居るのはこれ程度。
 《U.A.コリバルリバウンダー》《U.A.カストディアン》《渋い忍者》《アマゾネスの女王》など地・戦士シリーズのカードも。
 ☆4の方で適用させてもある程度の活躍は見込める。


番外編 《スチーム・シンクロン》とアクセルシンクロ
 自ターンでの展開が止まる以上、相手ターンで仕上げをしたい。そんなあなたのアクセルシンクロ。
 問題は☆3 水・機械というステータスが唯一無二で、種族か属性をいじる必要がある所。
 現状では呼び水側としての《A・ジェネクス チェンジャー》しか存在せず発動は不能。
 それさえできれば、3×3で《氷結界の龍 トリシューラ》か《ミスト・ウォーム》を待機出来て強力。
 地属性にすれば《C・コイル》なども使ってチューナー同士で《XX-セイバー ガトムズ》も可能。
 または、他のカードと共に展開すれば幅広いレベルを達成できる。
 《デブリ・ドラゴン》または《レッド・リゾネーター》+《スターライト・ジャンクション》等が狙い目か。
 単純に☆4と並べ☆7《月華竜ブラックローズ》待機などで妥協してもそれなりの拘束力を持つ。

 または《アクセル・シンクロン》+☆2シンクロンで、闇機械☆3で達成する方法がある。
 ジェネクスの関係でチューナーが多く、《人造人間サイコ・リターナー》《強化支援メカ ヘビーウェポン》辺りになる。
 《マジック・リアクターAID》は地味にペンデュラムメタなので、【リアクター】要素を加えるのも面白い。

 アクセルシンクロが可能なのは他に《フォーミュラ・シンクロン》《TGワンダーマジシャン》。
 多少レベルが合わせづらいので、シンクロ先をうまく選定して使い分け。
 同様にシリーズとしてアクセルシンクロ効果を持つ【竜星】は属性・レベルが散りあまり同胞意識が無い。
 アクセルシンクロが有効なのは《獣神ヴァルカン》《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》《強化外骨格》など☆6に多い。
 その他、《古神クトグア》《輝竜星ショウフク》など。《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》の制約逃れも可能。
 エンドシュテンドウーGなんかも面白いが、魔法カードを使う今回の話題では対象外。

 ☆4 闇・鳥獣【BF】
 上記の《スチーム・シンクロン》運用に関して好相性の期待できるシリーズ。
 2・3・4共にある程度層があり、カルートで迎え撃てるためシリーズ単体での相性も良い。
 手札効果による自力展開力も高いため、4,5体揃える事も狙える。
 チューナーのレベルが幅広く、オロシあたりから《スターダスト・ジャンクション》でスチームも確保しやすい。
 3×3も可能であるほか、ハルマッタンにより2+4も用意できる。
 ブリザードから少ない消費で展開でき、トリシューラの他にも応用幅は広い。
 もちろん、無理にスチームを使わずともアクセルをつくってもよい。

 ちなみにほぼ4統一の【RR】でも確かに有効そうに見えるが、インペイル・トリビュートが戦闘誘発であったりするためエクシーズできない状態ではできる事は《ゴッドバード・アタック》待機ぐらいしかない。


その他 いちいち語らないブレインストーミング例
 ☆4 光・獣 《武神器-タルタ》《武神器-チカヘシ》
 ☆2 光・獣 《魔轟神獣ケルベラル》【おジャマ】
 ☆3 光・サイキック 《幽鬼うさぎ》《エレキック・ファイター》《メンタルプロテクター》《Kozmo Farmgirl》

ガチメタモンスター《黒羽を狩る者》に注意してレッツ同胞。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。