スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備に上も下もあるものだろうか 《儀式の下準備》

あ、ツイート埋め込みだと紹介作り直さなくてよくて楽じゃん!公式ツイッターも捨てたもんじゃないね




というわけで、今回のネタは《儀式の下準備》。
一時《レスキューラビット》登場前後頃に、《同族感電ウィルス》や《サシカエル》といった禁止カードを意識したカードが作られていた時期がありましたが、今回は《儀式の準備》の露骨な調整版ですね。あれ制限カードなんやけど・・・
そのわりに、墓地参照の絡む先代と比べ2枚サーチ可能という、結構ぶっ飛んだカード。
対象範囲の差による特性の違いなど、まとめてみました。
 

 
○準備と下準備の違い

準備  儀式モンスター:☆7以下・デッキ
     儀式魔法    :墓地から(追加効果)

下準備 儀式モンスター:儀式魔法により指定・デッキor墓地
     儀式魔法    :デッキから


準備は単体ではモンスターの1:1サーチで、おまけの墓地回収でアドを得る形です。
 そのため使用済みからの後続追加に力を発揮し、序盤利用ではチェイン等による墓地落としが必要でした。
 一方、カード名やテキストは参照しないため《高等儀式術》のような汎用儀式も回収可能で、場合によっては儀式魔法と対応モンスターが一致していなくても収集可能でした。

対する下準備、地味に魔法サーチが前提で準備とは位置関係が逆
 モンスターならば、組み合わせが成立しないと発動できない儀式魔法より墓地に落ちる可能性は高い。
 同名リリースなどで墓地に全て落ちやすい方が墓地対象なのはありがたいところ。
 《光子竜の聖騎士》にとって特に都合がよく、墓地利用できる儀式魔法よりリリースで落ちやすい騎士側を回収できるのは有難い。
範囲面ではカード名が指定されてれば準備の対象外である☆8以上もサーチ可能。
 また一連の処理のため干渉されないとはいえ、「デッキから手札に加える前」に「謎空間上」で「カードテキストを参照」するというなかなかアクロバティックな効果をしております。
 《融合準備》ほかのようにエクストラデッキに居ないがためにややこしい形に。じゃあ手札参照にして墓地除外とかで段階組めばいいじゃんというのはさておき。
両方がデッキからとなり初手でも使いやすくなった半面、回数制限によりドローを絡めた連続展開は抑制。

 総合的にまとめると、《儀式の準備》は尖ったデッキタイプにも対応可能、《儀式の下準備》は旧来の正規儀式システムの単純強化がそれぞれの強みと言えるでしょうか。
 逆になったとはいえ「墓地回収不可の片方がデッキ外に集まりすぎると腐る」という特性は変わらず。むしろ《貪欲な壺》などで戻しづらい分、下準備の方が消耗限界は早いかもしれません。


○相性や運用

●《儀式の下準備》の恩恵を受けられないカード
 1.汎用儀式魔法
  《高等儀式術》《奈落との契約》《大地讃頌》《オッドアイズ・アドベント》

 2.名称指定の儀式魔法をもたない儀式モンスター・シリーズ
  《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》【カオス・ソルジャー】【リチュア】【影霊衣】

登場時点の儀式モンスター54種中で下準備外は17種、準備外の8以上は22種。
上記の非対応儀式モンスターたちも、専用サーチをもつシリーズに属するためさほど不憫でもないといえます。
《超戦士カオス・ソルジャー》《超戦士の儀式》も対象2種ながら例外でなく、旧来の《カオス・ソルジャー》《カオスの儀式》が差別化できる利点の一つになります。
【占術姫】のような一種類の儀式モンスターを全体でサポートするシリーズならまだしも、リチュアの流れを汲むシリーズ指定が今後出てきても強化されないというのは上手い調整点かもしれません。
下準備に対応させる場合、《エンド・オブ・ザ・ワールド》のような指定でしか作れないわけですね。

●《儀式の下準備》ではできない・向かないこと

 1.《ロード・オブ・ザ・レッド》《黒龍の聖騎士》のように複数種の儀式を同時に運用する場合
 名称指定の影響で一定の組み合わせしか集まらないため、互いの不足を集めあうことはできません。

 2.《祝祷の聖歌》《救世の儀式》《破滅の儀式》の墓地効果のために運用する場合
 専用儀式である一方、墓地効果は儀式モンスターの種類を問いません。
 特に魔法カードをコストにする効果をもつ《大邪神レシェフ》にはもってこいといえます。
 この目的で採用することは可能ながら、連続ではなく同時に加える性質上、本人の方も投入する必要あり。
 一応、本命の儀式モンスターのリリースに利用できるうえ、墓地回収できる側なので単騎投入で済むのは救い。


●《儀式の下準備》の悪用

さて、テキストをご覧のとおり、これは「ノーコストで」「複数枚サーチ」する「1:2交換」カードです。
 デッキ投入バランスという面でノーリスクとは言いませんが、近年のアド無視効果ここに極まりって感じですね。

ちなみにサーチャーをサーチし続けることも多い昨今でも、同時に複数サーチする効果を持つカードは数えるほど。
 《サンダー・ドラゴン》 《サンダー・シーホース》
 《おジャマジック》 《フォトン・ベール》 《レスキューラット》
 《魔導書の神判》
 《EMペンデュラム・マジシャン》  《ペンデュラム・コール》

特定カード縛りなどでバリエーションが少ないか、そうでなければろくでもないカードなのは一例から見て取れるでしょうか。
 そのうえコンボで帳消しにできるデザインとはいえ、基本的にはコスト・発動回数などで「消費分との交換」での枚数確保に対して、無償で+1しているのはそれこそ《サンダー・ドラゴン》ぐらいのもの。
 それだけの希少価値であり、実質的にエクセルギーの高い《強欲な壺》と言っても差し支えないわけです。

つまり、儀式召喚のためのカードであると同時に、単純に「モンスターと魔法を同時に確保するアド加算カード」でもあるわけです。
 そんな一面があるから、個人的には、《吸光融合》のようなサーチに合わせてディスアドを誤魔化すタイプの強化の方を期待したかったとかはなくもないですが…まあ重すぎて誰にも見向きされなかった頃と比べれば歓迎されるべきことでしょう。
で、それによってできることの一例。

1.カード種を生かした手札コスト
 もっとも単純な利用法。魔法カードのサーチ自体が珍しいので、それを踏み倒せるぐらいの意識でも十分。
 《召喚僧サモンプリースト》《封魔の呪印》、対《マジックドレイン》への保険確保など。
 名称だけを見れば、【彼岸】において《彼岸の鬼神ヘルレイカー》を儀式召喚せずとも《善悪の彼岸》共々ウェルギリウス・ベアトリーチェの手札コストの嵩増しにつかえなくもない。
 単体ではどうあがいても腐るカードであることを利用し、《エクスチェンジ》で押し付けることも。
 《崇光なる宣告者》ほどの高レベルをサーチできるカードもそうそうないため《アンティルール》の様なレベル参照にも一応使える。

2.枚数増加を生かした手札嵩増し
 具体例は以前《サンダー・ドラゴン》の記事末で総評した通り。
 
 圧縮性能は対象範囲の差から簡単には比べられないものの、《死なばもろとも》との併用ならばむしろこちらが好相性。
 デッキボトムに置かれることから「片方だけ引いて腐る」ことも防げ、2枚目を引ければ次のターンに再回収可能。
 使い切りに近い《サンダー・ドラゴン》よりも再利用の循環力が高いといえます。

 ちなみに魔法カードである点から、《左腕の代償》とも相性が良い。
 魔法カードであることからサーチできる上、場にモンスターを残したり儀式魔人を確保しておけば即儀式召喚できる。
 《オッドアイズ・アドベント》などリリース踏み倒し系が対象外なところが悔やまれる。《レッドアイズ・トランスマイグレーション》で我慢。
 逆に本命サーチのためのコスト嵩増しにももちろん使える。


《儀式の準備》はサーチ先に露骨に続きの動きができるブリューナク・クラウソラスが作られたせいで意図的に殺された一面もありますが、基本的にはデッキ多様化のためのマイナー救済であることは変わらず。
神カードに糞カードになるか、今後の使われ方次第といったところでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。