ゴーストリック拡張論

前の記事でゴーストリックのメインギミックに関する検討を書いたので、今回は追加採用するカードとの相性をつらつらと。
現在実地研究継続中。たまには店舗代表ぐらいとりたい。

○各種エクシーズ・ひいては駄天使へのアクセス手段

カード1枚からエクシーズ可能なカードは、そのまま駄天使にアクセスすることでサーチ1~3とアルカード・デュラハンからのサルベージで単純に2アド以上を期待できるパワーカードといえる。
かといってそれらばかりを採用しすぎて「エクシーズしか立たない」だと本来の強みを活用できないため取捨選択が必要。

●《魔界発現世行きデスガイド》 最も扱いやすいアルカードへの案内人。
利点
 ・同名カードを呼び出せるため最低2枚採用が可能、事故になりづらい
 ・属性が一致しているため《御前試合》に屈しない
 ・スカラマリオンを利用することで2体目を確保可能、獲得アドバンテージが大きい
  (素引きスカラマリオンは主要動にうさぎを食らった等で場が空いた時の壁に便利)
 ・その他彼岸や魔サイ→トリック→エキセントリック他デーモンサーチ等といった応用力がある
欠点
 ・召喚誘発のため、召喚権が足りない
 ・対象カードを搭載しすぎるとそちらを素引きした時に重くなりがち
   特に主要な相方である彼岸のデメリットは場への展開を重視する主戦法と噛み合いが悪い

●《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》 最新のランク3のお供。
利点
 ・初動の際召喚権を消費しないため、駄天使+キョンシーor人形セット+パニックの布陣を最短で構築できる
 ・全ての召喚・特殊召喚に反応するため、蘇生やP召喚でも活用できる
 ・《トーテムバード》《ダーク・シムルグ》、風属性シンクロの選択肢(相性がイマイチのため利点としては弱い)
欠点
 ・タケトンボーグ単体での事故(デメリットが無い分彼岸よりは腐りにくい)
 ・属性の不一致(御前試合)

●《イービル・ソーン》 レベル1を3積。
利点
 ・アクセス先がデュラハンであるため、対アルカードの《浮幽さくら》を回避できる
 ・リリース発動のため、素材時点での《幽鬼うさぎ》を回避できる
 ・3積みでドロー効率も良く、後続は一度に全て処分されるのでデッキ圧縮でき、後のドローでの事故も無い
  実質的にデッキ枚数-2で検討可能
 ・《ワンチャン!?》のサーチ条件に使え、ダメージ+マリー発動に繋げられる
欠点
 ・召喚権(《ワン・フォー・ワン》などSS効果でカバー可能)
 ・バーン効果つき・リリース発動から不測のメタに刺さる場合がある
  《生贄封じの仮面》《H・Cサウザンド・ブレード》のトリガーなど
 ・同時に2枚引いたときに機能停止し、他よりも事故時のリスクが大きい
  デッキ枚数は増加傾向になるほか、温存しづらい

●《レッド・リゾネーター》《ゴヨウ・ディフェンダー》 
 ☆1とシンクロしディフェンダー×3とし、最終的にディフェンダー1+駄天使(+素材☆1の回収)となる
 または☆2とエクシーズしサキュバスにアクセス可能
利点
 ・《コール・リゾネーター》によりサーチ可能で初手率を上げられる
 ・駄天使以外に《ゴヨウ・ディフェンダー》1体を壁として残せる
 ・シュタインや猫娘を即表側攻撃表示で実質召喚可能
 ・各種シンクロ、《旧神ヌトス》の併用
 ・《ミラー・リゾネーター》も併用することで★1デュラハンもアクセスしやすくできる
   召喚条件こそあるが、X素材では除外されないため墓地からの無限素材にできる
欠点
 ・初動としては☆1モンスターとあわせて計2枚必要になる
   応用力の反面、獲得アドバンテージ総量は低下しがち
 ・エクストラデッキの圧迫

●【EM】混合 ペンデュラム召喚から素材確保。
 特にドクロ+モンキーを揃えられれば、Pマジシャンによる2サーチの後直接★4駄天使にアクセス可能。
利点
 ・シュタインや猫娘を即表側攻撃表示でP召喚可能 全体としての課題である展開速度を補える
 ・EMのサーチ能力で後続はある程度用意できる
 ・サーチ対象に☆2闇魔法使い《EMトランプガール》がおり、《同胞の絆》による先攻猫娘ロックを達成できる
   トランプガールは◇4だが、レベル2・3がメインのゴーストリックでは問題なくスケール利用可能
 ・ドロー効果使用後のリザードローをP召喚からエクシーズ素材orドローソースとして活用できる
欠点
 ・デッキ占有量がかさばりがち
 ・アドバンテージ収支こそプラスにできうるが、初期必要枚数が多い(スケール+素材要員)
 ・非サーチャー(Pマジシャン,リザードローの様な☆4以上のスケール)素引き時に用途が無い

他例
《レスキュー・ラビット》《レスキューラット》
 ラットの場合は自壊できる《エキセントリック・デーモン》3積みによりSS効果を狙うのが無駄が少ない。
 ただしエクシーズのためだけに投入するにはデッキスペース・事故が危うい
 ドラゴネクロ・ワイアームといった融合ギミックを採用する際に検討しうる
《切り込み隊長》
 初期型も初期型のシュタイン実質NS要員兼アルカード呼び水
 リゾネーターと比べエクストラに負荷は小さいがシンクロ他の応用力は少ない
《召喚僧サモンプリースト》
 《終末の騎士》や《馬頭鬼》で後の仕込みをしつつ《ラヴァルバル・チェイン》と選択ができる
 しかし罠軸で魔法の採用はそこまで多くないため意識的に採用を増やすことになるが、あくまで制限カード
《金華猫》
 墓地からのため初動には使いづらい
 再利用性がウリとなるが、大体自身を素材にすることになるためオマケ程度
《ジェット・シンクロン》
 サーチ性・再利用性・シンクロ応用性とレッドとミラーのあいのこといった特性
 こちらも他の☆1前提・墓地からのSSと初動には向かない

○《浮幽さくら》について
 エクストラデッキ依存のデッキへの痛烈なメタであり、このデッキでは種族・属性も合いエクシーズ素材としても腐らない。
  《同胞の絆》からキョンシーらを呼べるが、同時にパニックも要する布陣のため初手展開要員としての期待はしづらい。
 効果はこちらにリスクがほぼ無いので、ピーピングカードとして後の戦略に活かすという使い方もこのデッキでは重要。
  直接攻撃により戦闘によるボードアド獲得はほぼ否定したデッキのため、それ以外の要素は貪欲に活用すべし。
  ヴェルズビュートの有無など、確認だけでも得られる情報アドバンテージは意外と多い。
 基本的に出鼻くじきのためのカードであるため、初手狙い3投入or不採用の2択だと考えている。
  一方トップシェア一角の【彼岸】は3軸で構成が近づきやすいため、初手ダンテ以外の場面でも活きる可能性がある。
  また駄天使ら主メンバーは7~10枚程度に収められるため、エクストラの空きにシルバーバレットを投入できる余地もある。

 以下多少のオススメ
 《彼岸の旅人 ダンテ》 
  ゴーストリックは墓地回収にも長けているため、墓地肥しを期待して普通に採用検討圏内のカード。
  2500というある程度の高打点をだせる貴重なカードでもあるため、そこでも役割を持てる。
  対【彼岸】要員という面においては、あちらの基本打点が2500で駄天使を突破できないため、無理してメタを意識した採用を行う相性ではない。
  お互い選択肢の多い持久デッキのため、試合時間を縮めるために徹底封殺を考えるという視点もある。
  どちらかというと増えつつあるヘルレイカーへの注意が必要。儀式魔法時点でアウトをうつべし。
 《爆竜剣士イグニスターP》
  対象を取らないバウンスのため、アウトが通じない急所。打点・デッキリクルートとマズい要素しか持っていない。
  マジェスターはシンクロ後、ダイナスターはエクシーズ後に特に強力なため、起点にしやすいここが最も有効打となりうる。
  唯一裏側表示でも可能な融合のダイナスターも面倒だが、こちらから破壊は少ないためさほど邪魔でもない。
 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《外神アザトート》
  メインギミックの大半が機能停止する、バトルフェイズ発動制限への対策。
  チェンジ元の2体でもいいが、エクシーズ前に止めると他に方向転換される恐れがあるため進化途中で止めた方が返しやすい場合も。
 《超量機獣グランパルス》
 元が3軸寄りのため腐らせず運用できる一方、アルカードと役割が被りがちなカード。
 しかしエクストラ有の【超量帝】でグレートマグナスを狙ってくるケースがあるため、ザボルグで素材を埋められる前に一角を処理できる準備をした方が安全。枠を割く価値はある。
 《RR-アルティメット・ファルコン》 
 グレートマグナスも然りながら、パニック・ロールシフトの効かない完全耐性高打点はライトニング以上に詰みカード。
 いざ出されてしまうと、グールで打点を超えるしか対抗策がなくなってしまう。
 遭遇頻度からいうと採用は相当な賭けだろうだが、まずい相手であるという認識は持っておいた方がいい。

○メタカードの採用

●《幽鬼うさぎ》 
 効果モンスター・Pスケールに対するメタカードであり、《緊急テレポート》などからエクシーズ素材の役割も持てる。
 ゴーストリックは「相手に場を構築させない」ことが必要になるため、先攻後攻の不確かな初戦はある程度手札誘発で対応できた方が対抗しやすい。

●《昇天の剛角笛》
 苦手な大量展開=P召喚、またはシンクロ・エクシーズによる突破の封殺。帝には即サイドアウト。
 駄天使を維持することでターンごとにアド差を開くゴーストリックにおいて、テンポアドは非常に重要な因子。
 猫ナイトの様な維持すべき場が既に固まってる場合、相手の手数が1枚程度増えても突破の決め手にならないことは往々にしてある。
 近年多いモンスター主体の場合、ブラックホールトップ解決といった憂き目に逢う確率は多少なりとも減っているためコストよりも1ドローリスクの方が許容しやすい。
 また、メイン2を行うためにバトルフェイズに入る必要があるため、ロールシフトを理解した相手を無理矢理引きずり込む効果も期待できる。

●《魔封じの芳香》
 罠主体の特性からこちらへのリスクも低く、アルカードとも好相性と非常に使いやすいカード。
 逆にペンデュラムというシステムはこのカード1枚で完封されかねない仕様なので、相性面で有利を取れる。
 一方であくまで永続罠であり先攻で張れないと脆い点、サイクロンorツインツイスターで崩れる点から、後攻ではあまり真価を発揮しない。
 一度でも通した後に設置しても、逆にフィールドの張り遅れや速攻魔法の発動し損ねでこちらの首を絞めることもある。
 諸刃の剣にならないよう、デッキ構成・サイドチェンジの見込みも合わせて採用検討を行った方がいい。

●《つり天井》
 相性の良さは顕在ながら、次のターンへの先送りにしかならないPモンスターやすぐに後続の出てくる彼岸の影響から、破壊自体があまり除去としての有効性に乏しい時代になった。

●《砂塵のバリア-ダスト・フォース》《波紋のバリア-ウェーブ・フォース》
 戦闘の支配者にさらに重ねられた、攻撃反応罠。
 前者は壁残りのデメリットを無視し邪魔石残しのメリットのみを享受可能、後者は狭い発動条件を発生させやすいという相性。
 このため前者は猫娘保持といったロック軸、後者は表エクシーズが残らない展開・妨害軸向けと多少用途が違う。
 ツイツイ環境ながらその倍は伏せるためそれなりに決定率は高いが、フィールドありきの相性な点は留意。

●《仁王立ち》
 新カードの中では一番の曲者。守備を多用することに不自然が無いこのデッキとはもちろん好相性。
 倍化効果で駄天使5000と、ライトニングを捌けるのは中々他に例が無い。
 墓地効果の対象が離れると以降の攻撃ができなくなる性質は遅延特性の他、スペクター等の生存にも役立つ。


毎度まっくろ記事。これ画像とかつけたからって印象変わるのか・・・?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ