その席、空いてーる? 【超量帝】ダウングレード

現環境の構成員の一角【帝】ではアイテール+クライスによるコントロールも重要な位置を占めます。

最近の創作デッキ、または出張セットとして非常に感心しているのが、その【帝】における《超量士レッドレイヤー》です。
このカードは同僚の《超量士ブルーレイヤー》、そして彼女に対応する《緊急テレポート》と合わせて真価を発揮します。

《超量士レッドレイヤー》 星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 800
「超量士レッドレイヤー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。


《超量士ブルーレイヤー》 星3/水属性/サイキック族/攻1200/守2000
「超量士ブルーレイヤー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「超量士ブルーレイヤー」以外の「超量」カード1枚を手札に加える
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「超量」カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。


既に使用・対戦経験のある方には解説不要でしょうが流れを記しますと。

1.《緊急テレポート》でリリース要員としてのブルーをSSし、そのサーチ効果でレッドレイヤーを確保。
2.レッドをアドバンス召喚、ブルーは両者の効果でデッキか手札に戻せる

これだけでは何のことは無い、手札1枚からATK2000のモンスターを召喚したにすぎません。
この動きが美しいのは、《帝王の開岩》をかませることによって《天帝アイテール》自身とリリース軽減のためのアドバンス召喚済みのモンスターを同時に確保できる点です。
ブルーを手札に戻せば消費はほぼ無く、《ツインツイスター》などのコストもキープ可能。
緊テレが手札SS対応であることに加えブルーの効果でレッド共々デッキに戻せ、少採用で再利用可能。
更にレッド自身SS可能で、《真帝王領域》での軽減時のリリース要員や《真源の帝王》とで★5になれるオマケ付き。

近年らしい誘発効果によるアドキープ力でこの組み合わせが最優秀なのは疑う余地がありませんが。
要旨としては「SS誘発で上級モンスターをサーチ」を満たせば、他のカードでも類似の動きが行えると言うわけです。
しかし、《増援》にはじまり上級モンスターのサーチは意外と少ないのが旧来からの自重のひとつ。
ファンデッキ考として、他にこのアイテールサポートを達成可能なカードを検証してみました。
事故率とかは検討外なのであしからず。緊テレが規制でもされない限り役に立たない記事です。

《ヒーローアライブ》→《E・HEROエアーマン》→《D-HEROディアボリックガイ》など
 緊テレと並ぶデッキリクルートといえばアライブ。
 《D-HEROダッシュガイ》《D-HEROダブルガイ》《E・HEROネクロダークマン》も選択肢になる。
 状況によっては《E-HEROマリシャス・エッジ》も圏内といえる。
 エイドス・トップデーモンに近い効果を持つものがおり、後続への活用の余地はある。
 D-HEROが軸となれば、《D・ドロー》で汎神とあわせスーパードロー気味に構築できる。
 ライフロスは大きいが、M・HEROへの派生も可能なため柔軟な運用が期待できる。

《ブリリアントフュージョン》
 《ジェムナイト・ラズリー》で通常モンスターを回収することで、同様にアドバンス召喚を行える。
  通常モンスターに力不足を感じるなら、《灼熱王パイロン》が上級デュアルで唯一対応している。
 セラフィ(光属性)ならば召喚権も増えるため、アドバンス召喚せずとも複数展開できる。
 それに限らず、岩石・炎・水・雷と幅は広い。除去を行えるものも居るのがありがたい。
 《Emダメージ・ジャグラー》から《Emスティルツ・シューター》を確保できたが、既に禁止なので《Emトリック・クラウン》との2体リリースで妥協。
 同様の事は《リバイバルゴーレム》もできるが、アドバンス召喚無し=開岩は使えない点は注意。
 《伝説の白石》→《青眼の白龍》も確保できるが、リリースの都合《トレード・イン》併用要員向け。
 ハイリスクだが、エクストラデッキを融合先1枚にすれば《真帝王領域》を使用する余地もある。

《銀河戦士》→《銀河戦士》
 同名カードのみで完結するため、3種6枚程度が最低ラインの超量セットよりコンパクトといえる。
 ★5エクシーズが可能な点も同様で、《セイクリッド・プレアデス》が作れる差は大きい。
 ただし手札コスト分で収支の上では劣るため、イデアを捨てるなどでカバーしたい。
 【銀河】に寄せると、《真帝王領域》を捨てる代わりにタイタニック・ギャラクシーが狙いやすくなるのが面白い所か。

《マジェスペクター・ラクーン》→《マジェスペクター・ユニコーン》
《EMペンデュラム・マジシャン》→《EMモンキーボード》ほか
《秘竜星-セフィラシウゴ》→《セフィラの神託》→同名or《炎獣の影霊衣-セフィラエグザ》
 P召喚と合わせてみる際に。
 サーチに用いる開岩と相性が多少悪いが、使用済の開岩はクライスで割ってしまえるため滞りにくい。
 クライスはP召喚でも起動できるため、手札に戻るメリットも大きい。
 Pを使う時点で《真帝王領域》は期待できないため、★8エクシーズ等もふんだんに投入できる。
 《ワンダー・エクシーズ》で相手ターンにフェルグラントを出現させるのも面白い。

《電池メン-角型》→《充電池メン》
 蘇生カードは充実しているが、先攻でSSできそうな道は《フォトン・リード》程度。
 大量展開も得意な部類でエクストラへの依存度も低いので、相性自体は悪くない。

《ブンボーグ002》→《ブンボーグ006》 
 003の召喚権から動くことが多いため、P召喚や《磁力の召喚円Lv2》が必要となる。
 P召喚の場合は005とノヴァインフィニティできる《音響戦士マイクス》を頼る手もある。
 ☆5以上が主召喚先のためスケール4も致命的にはなりにくい。

《立炎星-トウケイ》→《威炎星-ヒエンシャク》
 「SS誘発で上級モンスターをサーチ」は確かに満たしているものの、チョウテン・リュウシシン・ホウシンが起点に必要。
 サーチ量・召喚権などカバー要素こそ揃っているが、全体的にまだるっこしい。
 差別化しやすいのは、クライスとホウシンでエクシーズ可能な点ぐらいか。
 永続魔法を貯めるため、ハモンやバッドエンドも多少の検討はできる。大事故の危険は知らない。

《H・C 強襲のハルベルト》→《H・C ウォーハンマー》
 自発SSとサーチを独力で兼ね揃えており、非常にスマートではあるが戦闘に依存する。
 後攻かつ相手の場に下級が残らないと活かせないため、初手の布陣向けではない。
 ミスラ等で相手の場に餌を投げ込む算段も合わせるとよいかもしれない。

《剣闘獣ティゲル》→《剣闘獣スパルティクス》
 《スレイブタイガー》に加え《炎王の急襲》も要するという先攻では撃てない難易度。
 サーチもあくまで手札交換の1:1交換のうえ、スパルティクスも別段効果を発動しない。
 見事に無駄な動き。

《ワン・フォー・ワン》→《海皇子ネプトアビス》→《青竜の忍者》など
 ネプトSSから竜騎隊経由で上級海竜を確保しようという目論見。
 《神竜アクアバザル》ならば、コストにした領域・開眼などの回収と一応のシナジーを見込める。
 《ワン・フォー・ワン》がコスト有りの制限カードである事に加え、ネプトSSが通れば他にやれることが多いのはいうまでもない。


他に可能性のある流れ

《忍者マスターHANZO》→《渋い忍者》ほか
《ジェネクス・ブラスト》→《A・ジェネクス・リバイバー》
《セイクリッド・エスカ》→《セイクリッド・スピカ》ほか
《インフェルニティ・デーモン》→《インフェルニティ・デストロイヤー》ほか
《RR-トリビュート・レイニアス》→《RR-ミミクリー・レイニアス》→《RR-ワイルド・バルチャー》
《幻獣機メガラプター》→《幻獣機グリーフィン》
《ダイナミスト・プテラン》→各種☆5ダイナミスト

上級モンスターをサーチできるカード
《先史遺産ネブラディスク》→《先史遺産ソルモノリス》ほか
《マシンナーズ・ギアフレーム》→《マシンナーズ・フォートレス》
《樹海の射手》→《ギガプラント》ほか


利用価値のありそうなのは《御前試合》対策にできうる《銀河戦士》プランくらいでしょうか?
下位互換を見ると、実戦化されている動きの凄さが改めて見えますね。
そう簡単に席は譲ってもらえない模様です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ