スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリア日数:3日

私の本名はポケモンレンジャーやってました。

ということで引き続きポケモンレビューをお送りします。


 ポケットモンスター ホワイト 後半戦

2日目:ジム2つの後ネジ山にて力尽きる。
3日目:エンディング到達
             といったところでした。


・ヤーコンのオジキ
 地面。ラッコがハハコモリと交代でがんばりました。
 社長はストーリーにもちょくちょく参加。
 生き様からセリフまでいちいちカッコいいオヤジである。

・フウロ姉ぇ
 すいません・・・ほうでん3発でおわりました・・・。
 ジムから出たときにNイベントがあったりしますが。
 いったいどれだけのNさんがゼブライカの心を読むのだろう…。
 ジムでくれるマシンより攻略後子供がくれるつばめ返しのほうが有用な涙目姉さん。
 しかし人間大砲は噴いた。しかもご丁寧に引っ掛けポイントあるし。

・ハチクろ
 氷ジムは相変わらずすべり床。今回はカーブのクルクルで遊ぶ。
 格闘ナゲキと岩アーケンで無理する。くまさんつおいお。

・アイリスたん
 説明書読んで最も噴いたところ。アニメのメインがジムリーダー・・・。
  いや、確かにタケシとカスミもそうだけども・・・。
 しかもドラゴンジム。トレーナーもギミックもガチ。
 アニメのパートナーがオノノクスなんて物騒な進化するなんて・・・
 アーケオスの竜の息吹で誤魔化すつもりが、5匹が力技でがんばりました。

・四天王
 タイプが・・・ガチ過ぎます・・・。
 いつもの連戦形式と一味違った等価四天。
 でも全員余すことなくジェノサイド・イヴ。
 悪と格闘間違えて入ったときは酷い目に。先鋒悪格闘っておま。

・Nの嘆き
 まさかリーグにまでシナリオ引っ張るとは思わなんだ。
 そして相変わらずの図鑑穴埋めパーティ。ゾロアークてあんた
 捕まえられない伝説ポケとか初めて戦ったよ。

・最低のラスボス
 えー・・・強すぎでしょ・・・。
 ガマゲロゲ出て心の底から安心する鬼畜パーティー。
 1週目からそんな本気でハメ潰しにかからないでデスカーン様。
 一騎当千の名に相応しい魔竜サザンドラ。


・クリアパーティー

○ゼクロム
 だってあのシナリオじゃ仕方ないじゃん!!
 しかしこいつ、デスカーンにいいようにやられてんだよね・・・。
 想定済みは伊達じゃなかったゲーチス殿下。
 ごめんよゼブライカ・・・クリアメンバーにいれてやれなくて・・・

○ダイケンキ
 大建機って凄い名前だよな(違
 今作水あんまいらねぇなぁ・・・。

○ワルビアル
 情報出た時から投入確定してたメグロコたん。個人的趣味。
 悪くないんだが、地味に食い合わせ悪いなぁ・・・。
 4つ目の技が安定しない。 

○ハハコモリ
 ライモンジムで電気受け用に控えさせたらそのままメンバー入り。
 パラスの頃は4倍2つwプギャーwな草虫だったはずですが。
 意外とアタッカーとしてはいい範囲してるのねこの組み合わせ。
 みねうち⇔つばめ返し⇔フラッシュの換装要員。

○アーケオス
 化石。結構器用で優秀。
 特性よわきのせいかなかなかのオーバースペック。
 種族値まだわからんけどこいつ結構攻速共に上位か?

○ナゲキ
 角材たんで誤魔化そうと思った矢先出現。ダゲキは気づかんだ
 彼の仁王立ち受け性能と巴投げ・やまあらしは世界を救った。

・他メンバー

●ゼブライカ
 ゼクロムがいない間のメイン電気。
 ピカチュウ・デンリュウから脈々と続く初期電気。
 今回は炎も備え、無双先生の一角。
 いろいろ出た電気に浮気したかったが、強すぎる彼は不動。

●ムンナ
 アーケオスと交代。今作の悪環境じゃ無力すぎた。
 しかしこの子がいればナゲキにここまでいいようにされなかったろうに・・・。

●バオップ
 サブ御三家。なんか用意された戦力ってのが気に食わなくて早々に封印。


総評

おい、ナゲキの野郎どうなってんだ。
 トレーナーや野生のナゲキに滅ぼされかけてるんだが。
 自分のナゲキもともえなげ無双でアイリス戦捨て身のMVP。
 堅い格闘とリベンジがあそこまで強いとは・・・。
 こりゃハリテヤマも試してみるか。

 草鋼やら炎霊やら、実験的な新タイプが沢山いたのは好感触。
 反面、悪鋼だか悪竜だか(悪ばっかだな)、環境が心配になる連中も多々。
 あと、野生のがんじょうはウザい。

シナリオ中にいろんなメッセージがこめられていて、いい話だったなぁと。
 Nはいろんな意味でかわいそうな子だったなぁ。
 悩みぬいて開き直った最終版チェレンの追加メンバーが鬼畜でした。なにそれ
 
旧ブログで前作のトレーナーがあまりに戦闘狂で悲しくなったと書いた事があります。
 今作はくさいほどにポケモンと人の絆を前面に押し出したストーリーでした。
 そりゃトレーナーは戦いを挑むけど、誰も彼も交流としての対戦だった。
 友達自慢だとか、じゃれあい程度の認識だとか。まぁ研究者が多いのも印象的ですが。
  まさか一介のブログの記事が影響を与えたなんてことは無いはずですがね。
 まぁチェレンとベルは歴代ライバルトップの戦闘狂でしたがねwおまえら仲良すぎ。


野生がやたら強かったが、よい本編でした。
 しかし、俺たちのポケモンはこれ(クリア後)からだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。