【妨げられた餅の分裂】

KOZMO-壊獣-バージェストマと、主軸にも出張にも荒ぶりそうな3種が上陸。
そんな環境を生き抜くための今期のデッキがこちら。

GFK-1.png

【壊獣ガエルグレイドル】といったところでしょうか。どれが主軸かといわれるとどれも活躍するので、順番が決めづらい。
とりあえずは幻影→彼岸、超量→帝 的な名付けに倣って枚数少ない順です。

いつもファンデッキ組んで事故りながらニコニコしてる自分にしてはちゃんと渡り合えるデッキを組めた気がするので、思考整理がてら解説記事。
タロットレイで頑張るんじゃなかったのかって? ああうん、がんばったけどやっぱ60枚デッキはおもちゃに過ぎなかったよ…

自分が好んで組んでいたタイプのデッキは、「全体がシナジーしている」が故にサイドチェンジのスペースがとれないのが欠点だったんですよね。
シングルベースの遊戯王創作的な思考だとそのタイプの構築で十分楽しいのですが、2戦先取の殺し合いには向かない。
無理なサイチェンでバランスを崩し、引きが噛み合わなくて動きが遅れて潰されるのが常套パターンでした。
その辺もあり、このデッキのポイントは「枚数バランス」です。

●主軸戦法
 とりあえず《餅カエル》による制圧が強いのは、特化デッキが結果残したことからも伺えます。
  なので仁義なき戦いを制するにあたって、先攻餅カエルが最優先事項です。
  そこにドラゴンをはじめとしたグレイドルによる返し性能、壊獣による後攻突破で打点を揃え早めになだれ込みます。
 先攻制圧と後攻突破どちらかに特化したデッキが多いので、どちらともメインから合わせられるようにしています。
  相手の選択権の元でも勝利しないといけないので、その辺を柔軟にすることを目指しております。


●先攻の虎、【ガエル】
 鬼・3 魔知・2 粋・1 餅・3
 ガエルは帝やワンキルの時代からぶんまわし側に属していますので、先攻制圧札による強化はある種必然でした。
 一方で特化デッキにおいて、《レスキューラビット》による2体リクルートギミック以外は手札が2枚必要です。
 《予想GUY》などによるバニラ採用は「鬼ガエルで切れるから最悪手札に来てもいい」が根本思想でしょうが、結局は《鬼ガエル》が引けるかどうかは大きな分水嶺です。

 特化型は確実な先制、《バハムートシャーク》型は別のギミックとの併用が利点といえますが、餅ガエルの性能単体を追及するのであれば、《粋カエル》を交えた持久力も兼ね揃えた動きが最も圧力を与えられます。
 罠が多くモンスター数を絞る【ガエルバージェストマ】で実感できますが、手札からもコストにできるため水属性・水族を手札に大量確保できる型の方が餅ガエルの真骨頂を発揮できます。使い捨てにするには惜しい化物です。

 そのため、逆に「鬼ガエルひけたら動く」ぐらいの気持ちで動きを絞り、事故要素を極力排除しています。
 それもあり「鬼と一緒に引けたら嬉しいカード」に分類される《グレイドル・スライムJr》がバニラより優先です。
 引きたいカードが限られるが故に、いつもよりデッキ枚数は絞ることになりました。本当はちゃんと40にしましょう。


●後攻の狼、【壊獣】
 海亀・2 壊星・1 次元・1 港湾・1 妨げ・メイン1サイド1
 近年の相手ターン誘発即時による妨害や対象・破壊耐性によるモンスターの鎮座を否定する破壊の化身。
 サタンクロースらと比べ自分の場にも出しやすいことから、多めに積んでも酷い事故は起こさないのは長所。
 グレイドルは既に混合デッキが存在する相性の上、鬼ガエルともドリブルによって打点と干渉待機を兼ねられる好相性です。

 それぞれも優秀ながら、《妨げられた壊獣の眠り》が非常に強いことが一番の採用目的。
 ブラックホール+1体ずつ特殊召喚という豪快な効果が単純に強い。何しろ禁止経験カードに色がついているのですから。
 破壊耐性は問題ながら、対象を取らないためエスケープ関係はほぼ許さない。
 特殊召喚効果を内包することで警告チェックにも使え、チェーン発動したくなる《虚無空間》を巻き添えにできる。
 これら2種を潰せることから、後続ギミックの安全確保能力にも優れていると思います。
 いつでも強いものの基本的には後攻での突破札なため、2枚目は後攻の時に投入するサイドとしています。

 一方で港湾(KYOUTOウォーターフロント)はピン差し程度だとこちらの初動がエクシーズなこともありあまり活躍せず。
 眠りの墓地効果でのサーチでも充分足りるので不要ともいえます。でも餅ガメパーミという鬼畜場はやってみたい。

 眠りの都合から採用する壊獣は多めかつバラけさせることになります。 
 それでも亀は2。最悪餅と相打ちになる打点であり、水属性・水族両方の用途につかえる他のギミックの一部でもあります。
 スライムからグレイドルドラゴンを釣れる状況なら、そこから特殊召喚も可能です。
 ラディアンはフィールド存在下で最も安全なため。☆7なのでシンクロ素材にもしやすい。
 ジズキエルは最悪《システムダウン》か《超融合》→《ジェムナイト・セラフィ》で処分できる。ブリリアントの素材にも。
 幸い結界像を使う偏屈は近場に自分しか居ないので光闇でもいけそうです。そこ気にするなら干ばつ躱せるクモグスにしましょう。


●反抗の龍、【グレイドル】
鷲・1 鰐・1 蛇・1 親・1 Jr・3 インパクト・3 スプリット・3 龍・2
 カエルを絞りつつも、鬼ガエルのコストとして水は積み増したいので相棒に水シリーズが欲しくなります。
 グレイドルは発売当初から1年使ってきたので実に手になじみます。楽しいです。
  除去も奪取も相手の展開を見て後出しで使う性質上、先攻特化のカエルとは補完関係と言えます。
  高打点を用意しやすいギミックでもあるので、打点を超えられると辛い餅のカバーにもなります。
 初手セットでも(対戦2戦目以降で警戒されていなければ)仕事は果たせるため、先攻でも無駄にはなりません。
 警戒されても、相手の展開をライトニング本位に縛るという捉え方もできます。
  カエルは打点の関係上、制圧を長期維持して地道に殴るタイプなので、警戒を与えテンポを遅らせつつ返しに除去と高打点で早々に潰しに入るグレイドルとは性質的にも好相性です。
 
 グレイドルの特性として、タイミングこそ遅いものの地獄門と並ぶ無償連続サーチ《グレイドル・インパクト》を擁するため息切れをしにくいことがあります。1枚でも仕事出来る点からも意外と省エネです。
 逆に召喚権を使ったそれ以上の仕事がしづらいこともあり、あまり手札に集まりすぎるのも考え物でした。
 リクルーターと蘇生を兼ねるスライムJrによって嵩増しが出来た事もあり、サーチのしやすさとあわせて1枚づつという省スペースをも実現しました。
 破壊以外の除去が増えイーグルの発動機会が一番乏しいので、どちらかと代えてもいいかもしれません。
 ドラゴンも3積んでも強いカードですが、ドラゴンしかアタッカーがいない純と比べ3体目が出せる頃には決着がつくクロック速度になったので2に絞られ。

 一方で、即シンクロ素材をそろえるという強力な札ながら使いづらさが目立つのが《グレイドル・スプリット》。
 最大の難点はサーチが遅い故に発動が2ターン後になる罠であること。
 そのため、最大限に積んでこちらはインパクトに頼らず素引きを狙います。
 餅カエルと粋カエルが持ち前の展開力で破壊媒体を作ってくれるので相性は十分です。
 妨げと異なり破壊と特殊召喚が同時のため、こちらは魔知ガエルのタイミングも逃しません。


●その他検討過程

《ブリリアント・フュージョン》
 鰤・2 ラズリー・2 水魂・1 アメジス・1 セラフィ・1
 ほぼメインギミックの4番手のような存在ですが。
 元々《ジェムナイト・ラズリー》回収《ウォーター・スピリット》+《ジェムナイト・アメジス》による8シンクロ、特に《グレイドル・ドラゴン》が1手で出せることから初期の【グレイドル】でも投入の選択肢にあったカードです。
 個人的には「下級グレイドルの奪取効果は警戒させる囮であり、無限蘇生ドラゴンを早々に成立させ物理で殴るのが一番強い」と考えているため、優先順位が高いギミックです。
 
 ブリリアントを「水族用《おろかな埋葬》」と考えると非常に優秀で、手札に合わせて粋カエルやJr、スライムを落とすこともでき、ただのシンクロ要員に止まらない活躍をしてくれます。
 そしてアメジスSSのオマケつき。これが地味に厄介で、水族なため餅カエルのコストも同時に確保できるわけですね。
 更にバウンス効果もあるため、「餅を使わせて2枚目で仕留める」といったこともしづらくなります。
 引いてしまったラズリー自身はスプリットで割るか、《超融合》で光属性(or相手の餅)を食うことが仕事になります。
 だから1も困るが3は積みづらいので、発動1回しか期待していないブリリアント共々2。
 彼女以外の墓地で有用なジェムナイトが増えればもっと優秀になります。
 
《豪雨の結界像》《トランスターン》
 壊獣発売前の【カエルグレイドル】の頃から積んでいたギミック。先攻の際サイドから追加。
 1スピリット→2カエル→3グレイドル→4結界像→5スライム と、何処に撃っても役立つ展開ならぬ転回札。
 拘束力は強化できるものの、結界像防衛手段が少ないため、餅(攻撃誘導の魔知)を召喚権を使わず立てることが必要。
 つまり鬼+コストガエルor粋 に加え結界像自身orグレイドル+ターン と結構重い手札構成となります。
 現在の構成ではグレイドル採用減によりトランスターン対象も減ったため、今後は見送られることになりそうです。
 豪雨自身、防げたサタン他から低打点のガメシエルへの転向が多そうなことを見ると、有効度は落ちた方。

《アクアジェット》《水舞台》
 制圧力のかわりに打点を抑えられた餅カエルとガメシエル。または結界像。ならば戦闘に強くすればよい。
 マイナー水族の数少ない長所は、このマジックコンボで装備除去の余地を残さず永続強化できる点が挙げられます。
 3200パーミ持ちともなると、インフィニティを超えクェーサークラスの制圧力といえます。
 水舞台は餅どころか魔知が破壊できないという至極鬱陶しい場を作れる上、サイクロンケアも完備。
 遅滞からの覆しを達成する時間を稼げます。

《強欲なウツボ》
 デッキから直接使いたい粋・魔知を戻し、3ドローで鬼ガエルを引き込む。
 インパクトやウォーターフロント(ガメシエル)のサーチをドローに還元できるという使い方も。
 しかし必要枚数の多さが仇となり中盤以降は非常に使いづらいので既に落選。

《バージェストマ・ディノミスクス》
 水族・☆2とカエルとの相性がよいとされますが、果たしてなものなバージェストマ。
 罠であるが故に餅カエルの旨である「先行制圧」はできず、特殊召喚のためにも罠を増やす必要があります。
 罠がカウンターぐらいしか採用されにくい環境故、相手の罠に反応して出る機会も少なそうです。
 もちろん「バックのある餅」という至極いやらしい場を作れるのでバジェ軸での採用自体は悪くないものの、混成デッキ向けとは言い切れないのではといったのが正直な所です。
 そのためサイクロン他の代替としてオマケ付き採用程度の位置づけが妥当と考えています。

 それでもテキストミスで弱体化されかけたこいつは別、普通に出張要因として優秀。
 実質対象範囲が狭まったABCといえ、エメラルドポリス、ウォーターフロントと立て続けに破壊対策の為された主軸永続が出現したため、《コズミック・サイクロン》共々今後評価される存在といえます。
 このデッキの場合、SSはスプリットぐらいにしか反応できませんが・・・。
 ガメシエルなどでのパーミッション軸を強化する場合、戦闘を補助できるハルキゲニアやカナディアの優先度が上がるかと。

《砂塵の大竜巻》
 ディノミスクス同様、置物対策。グレイドルでこれが優先されるのは、サーチしたスプリットを早急にセットするため。
 とはいえそんなシーンは早々訪れなかったため、素直にメインコズミックでいいかもしれない。
 バジェが反応しちゃうのもよろしくない。

《超融合》
 《浮幽さくら》と悩ましい、空きエクストラを使ったメタ。エクストラは基本餅3ドラゴン2アメジスの6程度までしか使わない。
 今回は引いたラズリーでの始末(対餅・ABC)とHERO(ダークロウ餅)対策としてセラフィとZEROを選択。
 KozmoとDDDを両方相手にできそうなスターヴも採用。
 近場がやたら餅HERO多かったのでこの選択でしたが、使用者がKozmoなど他に流れてたようなのでメタ再考の必要あり。

《幽鬼うさぎ》《増殖するG》
 現環境で一番腐らなさそうな手札誘発。
 それぞれセラフィ・アメトリクスの素材・キャットシャークの素材もギリギリ兼ねられる。

《タンホイザーゲート》
 エクストラ余ってるならじゃあ遊ぼう、という今回のオシャレ枠。
 《ブリリアント・フュージョン》でATK0になりラズリーから同種族バニラを回収できるため、実は★8~10を自由に選択可能。

 アクアマリナ(水)6+サフィア4   →スペリオルドーラ10
 セラフィ5(岩石)+プリズマン(光)3 →フェルグラント8
 プリズム7(雷)+団結するレジスタンス3 →グスタフマックス10
 マディラ7(炎)+逃げ惑う民2   →エンタープラズニル9
 アメジス7(水)+弾圧される民1 →アイガイオン8
        ウォータースピリット1 →アルティミトル・ビシバールキン

 などを一例として、大型モンスターを魔法2枚から出せます。
 このデッキではスライムJrからそろえることも検討するため、ドラゴン+ガメシエルでも出せるアイガイオンを選択。
 先攻ブリリアントでドラゴンをだしても旨みが少なかった点をカバーしたかったのです。
 Jrからのラインとしては、
  鰐or蛇3 +2 → クリスタルゼロ5 対象耐性を考えるとアビススプラッシュでもよい
  カエルJr2+2 → 深淵に潜むもの4 粋以外ならば4+4でグレイドルドラゴンも可能
  スライム5+2 → ガイオアビス7

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》
 グレイドルのオシャレポイントその2。スライム5+Jr2+その他3で達成できる。
 ドラゴンをスライムで叩き割った際に意外と無理なく召喚可能。そこまで回せれば。

《神樹の守護者 牙王》
 壊獣など大型モンスターが場に居る時にスライムでシンクロする要員。ABCなどの対象とる効果を躱し、上から殴れる。

《キャット・シャーク》
 浮幽さくらにカエルを泣かせられた時。セイントレアでもいいのかもしれないが、Jrから出すときを考えると水属性推奨。
 餅を4400にできるため、カオスマックスのような相手も捌けます。

《水晶機工アメトリクス》
 Jr保険。餅やグレイドルで奪った下級を処理したりも。地味に打点が高いのでそこそこ役立つ。

●サイドチェンジ
先攻用:《豪雨の結界像》《王宮の鉄壁》《コズミック・サイクロン》《魔封じの芳香》
後攻用:《妨げられた怪獣の眠り》《ハーピィの羽帚》《カオスハンター》《システムダウン》

 先攻制圧強化と後攻突破、《水霊術-葵》は思いつかなかったのでとりあえず突っ込んだ。
ABC・Kozmo・スワラルネクロ誘惑などの展開の要のため、自身の弱点対策を兼ね除外対策を多めに。
 実際の除外前にスワラル融合・ガジェット等が先行すると見てカオスハンターが効くはず。
 鉄壁はツイツイ食らって切ない思いをしたため、ロンギヌスの方が先攻後攻兼ねられて安全かもしれない。

●弱点
 粋1枚に絞るためDDクロウに脆いとかグレイドルはライトニングが致命的とかいろいろありますが、ギミックが分散している都合、1種類のカードで完封といったことはそこまで起こらないはずです。《マクロコスモス》が多少マズいくらい。
 ただ近場の環境にメタルフォーゼが全然いないため、ユニコーンがどれぐらい厳しいかはまだ検証できていません。
 餅で割れずグレイドルで対象にもとれないため、壊獣で始末する以外は相性が非常に悪いのは昔からです。

 最大の弱点は、かっぱらいテーマ三大巨頭を混ぜているため滅茶苦茶嫌われます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

戸付湯歌

Author:戸付湯歌
たかが知れている。

思いつきはツイッター経由。
 思考の嗜好であり、試行の歯垢に過ぎない。

主に遊戯王のカードやデッキの考察、自分専用まとめwiki。
たまに漫画・アニメ評とか。
神海英雄先生のソウルキャッチャーズは永遠の魂です。

主要記事
遊戯王 過去の妄言
ご当地大戦 布教用考察
SoulCatcher[s]章別感想

最新記事
カテゴリ
履歴
マーケティング
TL
検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ